IMG_1634
ミナミヌマエビの稚エビが真ん中にいるのが分かるでしょうか?
生体の大きさは、1〜2mm程と思います。

抱卵したミナミヌマエビを確認してからようやく、稚エビを確認できて安堵しています。
水草の茂みからひょっこり姿を見て久しぶりに声がでました。

「あっ!稚エビ発見!」笑

水槽内の生体の繁殖はアクアリストにとって大イベントだと思っています。

前の水槽では、メダカの栄養になって、繁殖することはありませんでしたー。

やはり隠れ家はたくさんあればあった方がいいですね。
稚エビの生存率は格段に上がりました。
中でもウィローモスは隠れ家にもなって、エサにもなって、CO2の添加も、光の量もうるさくない。

万能な水草ですね。

これからどんどんミナミヌマエビは増えていく事でしょう。
しかし寿命は短く1.2年のため、繁殖し子孫をしっかり残して欲しいです。


⤵︎ポチッとお願いします!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村