たけべにこ。

たけべー・べにこのゆる~い日常日記。 べにこは乳がん2年生、 現在経過観察中です(`・ω・´)ゞ びょうきのこと、日常のこと、ペットのこと そして大好きな楽天イーグスルのことetc. 笑って見ていただけると嬉しいです♪

July 2008

ねにゃもにゃ。

いやー、今日の雷雨はマジ怖かったデス!!!

あたし、年甲斐もなく雷大っ嫌いなのですが、
あれだけピカピカ光って、
ドドドドドーと地鳴りがすると、
両肩上げまくりで
誰がみてもビビリマクリスティな歩き方して
道を歩くわけですよ。


ドドーンと大きな雷がなった時、
女子高生風の女の子たちが

「キャアッ!」

と黄色い悲鳴をあげていたけど、

あたいだって叫びたかったわっ!!!!!



まぁ、信号待ちしてる
ミソジすぎたおばはんが
突然「きゃぁ黒ハート」なんて言ったら
周りドン引きでしょうね・・・w


とりあえず、京浜止まる直前に降りれたのはラッキーでした^^;







そしてなんと今日は
たけべーが手料理を振舞ってくれましたっ!!
すごいっ!!
ラッキー クッキー カンゲッキー!(フルw


どれもこれもめちゃおいしくて
ダイエットなんてそっちの気で食べました。
たけべーよりも食べたカモ。(ノ∀\*)キャ



しかーも。


デザートつきデス!!



CIMG1460.JPG

あたしの好み、どストライクの
オレンジ&チェダーチーズのケーキ(季節限定)

ほっぺた落ちました。
あー、幸せ(@'ω'@)




なので、お礼にたけべーが寝るときに
おなかをポンポンと叩きながら
子守唄を歌ってあげました。

女子高の時の
合唱コンクールの課題曲として歌った
青森県の民謡だそうなのですが、



そのタイトルは







『ねにゃもにゃ』







♪ねーにゃもにゃ~ ねねにゃもにゃ~
お前の子供は ど~こ行った~
ね~んにゃぁこぉやぁ~~~~~い・・・・











怖すぎっから!!!Σ(`д´/;)/





おびえるたけべーに満足しつつ部屋を出て、
ネットでねにゃもにゃを検索しました。








すると大変な事実を発見!!!






正しい歌詞はこうでした。















♪ねーにゃもーにゃ どこさ行った
 あの山こえて 里さ行った
 里のおみやに 何もらった
 でんでんたいこに 笙の笛
 それでも泣くのか ねんねこせ
 ヤーイ ヤイヤイヤイ




怖くナーイ(´∀`)




いやぁ、大変失礼いたしました。



けど、この歌を女子高生が3部合唱で歌ったのよ。
曲調も寂しげで
怖さはありました。

あたしはアルトだったので
サビの部分で


「ね~にゃも ねねにゃも ねねにゃも ねねにゃも(クレッシェンド)」


と被せる部分は鳥肌もんでしたなぁ。




ちなみに、曲はこんな感じ。





さて、さすがに雨もやんだようです。
あたしはただいま
寝る前4時間は絶対食べない!ダイエットをしているので
あと2時間30分がんばらねばなりませぬ。


久しぶりに信長でも入るかのぉ。w

おきなわ子~その③

シェリ子の左目が赤いのデス。


171b6dce.jpg



やっぱり、結膜炎か角膜炎か・・・眼病でしょうね・・・
細菌感染したんだろうな・・・

ネットで少々調べると、
目薬で治ったという話もあったので
早速次のお休みには動物病院デビューをしたいと思います。



近所にあるのが「犬猫病院」ばかりなのですが。だ、大丈夫かな??




さて、いい加減、終わってから一ヶ月以上たってしまった沖縄旅行。
もーなんかね。







俺たちの夏は終わった(´ー`)感がものすごくて・・・w

すでに気持ちは秋めいていたり、なんちゃって。

とはいえ、せっかく水着も買ったし
もう一回くらい海へ行きたい気もするなぁ。
行ける時なんて、あるのかしら(’’



で、沖縄3日目ですが。



海三昧な一日でした♪


umi1.JPG

午前中はホテルのプールで泳ぎ(虫がいっぱい浮いていたのは内緒・・・)


午後は提携のホテルのサービスで
シュノーケリングへ♪

CIMG1377.JPG

もちろん、二人とも人生初のシュノーケル!!
船に乗って約10分。
とても親切なインストラクターの方2名に助けられて
いざ海へザブーン!!





・・・そこはもう、
夢の世界でしたね・・・(人´∀`).☆.。.:*・°


まずツバメオーと呼ばれる
手の平大きく2枚広げた大きさの熱帯魚が
ワンサコワンサコ寄ってきて、
あたしたちが手にしていた餌をオネダリしてきます。

もーね、超きゃわわ!

そのうち、いろんな種類の熱帯魚の群れが
あっちにも、こっちにも。

海底まですっごく綺麗に見える沖縄の海に
ベニコカンゲキ!!

おとといちゅら海水族館で見た魚の生態が
そのまま目の前に、本物の姿で繰り広げられているのです。

手を伸ばすと、なんかそのままスーっと吸い込まれてしまいそうな
怖さもアリ。




あ、海中の写真なんて、
そんな装備ないですから。w



時々、インストラクターの方が
素もぐりして、ふぐやヒトデやハリセンボンなどを取って来て
目の前で見せてくれたりして、とってもサービス満点でした♪

あたしは一度間違って浅瀬の方へ行ってしまい
ウニを踏むところでした。。。
(毒針に刺される恐れがあり、大変危険なのデス)
そこを、スっと腕を引っ張ってくれて助けてくれた
インストラクターのおじさん・・・アリ(´・ω・)(´_ _)ガト♪



思い切って、シュノーケルやると決めて
本当によかったです。
機会があれば、ぜひまたやりたいのぉ゚*。(・∀・)゚*。





さて、その後は、
同じホテル内のプールで飼われているイルカのジャンプショーを見学。

ケケケケッ!
ケケケケッ!

と鳴くイルカに始めビビリましたが、

サカナ君似のお兄さんの指図を
着実にこなし、

手を上げたり、ジャンプしたり、グルっと回ったり、

もー、かわいいのなんのって!!

CIMG1389.JPG

思わず帰りに
ショップでイルカグッズを買ってしまいました。

・・・あぁ、あたしってホントかわいい観光客゚.+(〃ノωノ)゚.+°





海を満喫したあとは、
車を飛ばし、嘉手納地区へGO♪
米軍基地が近いこともあり、
ボリュームたっぷりのステーキ屋さんがあるという・・・


そこで行ったのは、サムズステーキ♪

まぁ、車のレンタル会社さんからもらったチケットがある、という理由だけで行ったのですが、
ここは、沖縄ではめっちゃ有名らしいのですが、
パフォーマンスしながら目の前でステーキ焼いてくれるところだったのです。
あたしたちの目の前にコックさんがやってきて自己紹介と肉紹介(笑)

野菜~お肉~バターライスまで
見事なパフォーマンスで
コショーをまわしたり、すばらしいナイフ裁きでお肉を切ってくれたり。

しかも、一人前セットで約2500円と決して高くはないのです。

見てるだけで胸いっぱい、お腹いっぱいになりました。・・・

カクテルで飲んだシーサーのグラスも
お持ち帰りできるとのことだったので、いいお土産になりました。
(家でどう使うのかは不明・・・)




そしていよいよ最終日。



那覇に戻り、ショッピングゥ~→ガイドブックに載っていたお店で山盛りのゴーヤチャンプルーなどを食べ→首里城→ひめゆりの塔のコースで車を走らせます。
最終日は、もんのすごく日差しが強く、
肌がジリジリ焼けました。。。

首里城では
たけべーがカメラを落っことし、
一瞬あたしがマジギレしたため
非常に険悪なムードになったのが一番の思い出だったり・・w


今だに
「あれ?カメラどこだっけ?」
と普通に聞くと、

「オレが壊したカメラね・・・」

と、すでにネタになっておりますが。
(本当は壊れるほどではなかったのですがw)


とはいえ、世界遺産です!!
柱の模様や装飾、たくさんの宝物。
いやぁ、綺麗でした♪







e302d547.jpg


ひめゆりの塔近くの売店では
こんなイカスシーサーたちが・・・



ひめゆりは、・・・その歴史的背景を思うと涙が出ますね。





最後にレンタカーを無事に返すことができて
ホっとしました~。
ナビにはすっごく助けられた!!
ありがとう、素敵な走りでした、ヴィッツ♪




584155fb.jpg


最後に那覇空港から綺麗な夕陽が見えたのも一生の思い出です。。
+゚.。+。(´ω`*)♪♪





少々駆け足になりましたが
これが沖縄旅行の思い出です。

3泊4日・・・いろんなことがあり、
いろんな人と出会い、お話をしました。

旅行って、ホントにすばらしいですねぇ。




あー、時間とお金があれば
また絶対行きたいっ 沖縄っ!!





ところで、お土産用にと買った
サータアンダギーの賞味期限がすでに切れているのですが、
これどうしましょうね?たけべーさん・・・

髪を切りたい。

おきなわ子~ 一回お休みして雑談。




先日TVに押切もえちゃんが出ていたので
「最近よくTV出るねぇ。なんか貫禄でたよねぇ、この人きれい!」
と絶賛していると、




「この人、確か俺と同い年!」


とたけべーが嬉しそうに自慢しはじめました。


へぇーそうなんだ!と聞いていると
上機嫌なままのたけべーが
あたしにこう言いました。






「ちなみに、ベニコは髭男爵と同い年!!」









































ボンジュールΣヾ(`д´)ノ!!







そんな髭男爵世代のベニコです。。。コバワチワー。



昨日までなんだかしっくり来ない体の状態だったのですが、
今日は結構軽いっ♪
なんか、気持ちが軽いっ♪
夏バテ脱出か!?


そんなわけで、土曜日の結婚式に向けて
髪をどうにかしようかと思っています。

どーしよー。どーしよー。
ストパかけるか、思い切ってウェーブかけちゃうか。
ショートに戻しちゃうのもアリか!?

乙女心は複雑なのです。。。



そして、今夜は東京ドーム(楽天vs日ハム)に行きたい!!!








なぜなら今日は絶対日ハムに勝つからっ!! (イイキッタ!)

そして、予告先発ダルビッシュだから!!

ちなみに楽天の予告先発はドミンゴ・・・





東京ドームまで電車で10分なんて好立地、今しかないしぃ。
(秋に引越しだから)
ドームで楽天戦なんてそうそうないしぃ。

やっぱ行っちゃおうかなー。
テンションあがってきてるし、行っちゃおうかなーw

おきなわ子~その②

沖縄行ってからはや一ヶ月・・・(o´д`o)=3
楽しかったなぁ・・・なんて。
いまだに旅行ボケちうかしら、あたい。


あそこで夏を体験したので
気持ち的にはただいま秋に向かっている感じデス。


だのに~

なぜ~








こんなに暑いのだぁぁぁぁっ!!щ(`Д´щ;)


それは これから夏だから・・・。






さてさて。沖縄旅行記その②にまいります。





で、魅惑の青い島、ウソリコ島ですが。

実はウソリコ島とはあたしがテキトーにもじった名前で
本名は「古宇利島」といいまして、
平成17年に本島と結ぶ大橋の開通によりにわかに脚光を浴びた 
沖縄人類発祥伝説が語られる”神の島”のことです。



海が・・・


めちゃくちゃエメラルドグリーンなんだよね・・・


ため息ばかりでした。フゥ。





二日目は、沖縄本島最北端「辺戸岬」へ向かってドライブ!
を予定していたので、
マップルとナビをあれこれ見ながら車を走らせ、

なんか海見えてきちゃったから
こっちの方行ってみるか~

みたいな感じで方向転換。


「あれ、こっちってもしかして
初日に行きたかった ウソリコ島(←すでにそう読んでいた)の方じゃね?」


てことで、急遽ウソリコ島に寄り道していくことに。





それが、まさか・・・





あんな冒険に繋がろうとは
このときのあたしたちには
想像もできないことだったです・・・














正直、ウソリコ島はグルっと一周ドライブしておすまいっ!
と思って行ったのですが。


まず、島へ行く前に 広大なサトウキビ畑が眼前に広がったことで
ボルテージがあがりました。

次に、ウソリコ大橋が見えると同時に
ほんとうにため息が出るほどきれいな海が
左右に見えて、ナチュラルハイ状態に。


橋を渡り終えたところのお土産やさん&海水浴場で海に足を入れ、
初・沖縄の海入り!







c3d4ca70.jpg


そんなテンションマックス状態で
島一周ドライブの途中に出会ったのが

ここ、「さ~た~屋」さんです。





ある意味、運命的な出会いでした・・・





ここは、あとで知ったのですが、
”黒糖製造”を主な仕事としているところだそうです。






・・・だ、そうです。というのは、

うちらが通ったとき、
ここにいたおっちゃんたちは

この船の上でみんな寝そべってダラダラお話をしていたので

「きっと、これがガイドブックでみた”森の茶屋””海の茶屋”的な
沖縄風のんびりカフェに違いない!」

と、期待に胸躍らせ車を止めて
おっちゃんたちに話かけたのですが・・・








「おう!はい、これ切って!」




と、いきなりおっちゃんにスイカと包丁を渡されたあたし・・・





カフェだと思っていたので
このスイカがいくらなのか?誰が食べるのか?何にするのか?
はたまた、誰かと勘違いしてるんじゃないか??
ぐらいに思ったのですが、




もたもたしてるあたしを見て、





「切らなきゃ、食べれないでしょ~!!」




とハッパをかけるおっちゃん。




「あ、ハイ!」



と、空気の読める女であるあたいは
一瞬たけべーとアイコンタクトをかわし
(”やるしかない”と)
ザクザクとスイカを切り始めたのです・・・




ほどなく、スイカを切り終わり




「切りました~!」



とおっちゃんに報告すると
「よし、食べよう!」


と、船の上にいた人たちやあたしたちに
スイカを振る舞い、

ふつーに無言でスイカを食べるおっちゃんとあたしたち。。。





何かを話しかけてくる風でもなく、
ただ、スイカを・・・w





一体、なんなんだぁぁっぁ~!!!




そんな疑問が頭の中をグルグル回りっぱでスイカを食べていると


「ほい、ビール」


と、おっちゃんがオリオンビールも持ってきてくれました。www




たけべーは運転だったのでお断りすると

「そうだそうだ!運転者は飲んじゃだめだ!!」

深追いすることなく引っ込めてくれました。

あたしは飲める環境ではあったけど、
さすがに 飲まなかったw
今思えば、絶対遠慮しないで飲んでおけばよかった!!w




そのうち、おっちゃんが
沖縄三味線を持ってきてくれて
「ひきな~」
と、楽譜とともに渡してくれたり
ほら貝持ってきてくれて
「ふきな~」
と渡してくれたり。

今までここを訪れたであろう人たちの写真を持ってきてくれて
「見な~」
と渡してくれたり。




あたしらがそれに興味を示していると、
今度は、ジャージャーといい音たてて
ゴーヤーチャンプルーを作り始めたおっちゃん。


作りながら、


「この島はねぇ、なにもないから、女がみんな逃げちまう。
だから、男が料理を作るのさぁ~」

とか話をしてくれ、

「お兄さんたち、観光?どこから?」

みたいな、やっと世間話へ。



写真やメッセージノートをみながら
みんな、三味線弾いたり、ゴーヤー食べたりしてるの見て
ちょっと安心してきたあたしたちも
少しずつ緊張が解けてきて

「気をつかったら損!」

なのがわかったので、
だんだんと砕けて話し始めました。





ゴーヤーは、普通におっちゃんたちのご飯だった、というオチがありますがwww




しかも、最後に食べ残しをもらいましたwwwww



すっごくおいしかったなぁ!!





なんつーか、気を使ってないというか、
あくまで自然体だったのよね、おっちゃんたちは。


”いちゃりばちょ~で~”
という言葉が沖縄にあるのですが、
これは、
”一度会ったら、みな友達”
という風に訳せるみたいです。


まさに、”いちゃりばちょ~で~”なんですね。





その後、うちらも船の上でゴロゴロしたり
ロバにお水あげたり、ロバに乗ったり。
ハンモックで寝転がったりして
ゆるゆる時間が過ぎました。


三味線は”涙そうそう”を、
たどたどしく弾けるくらいになりました。


「すごいじゃん!」

みたいにおっちゃんに言われて嬉しかった、、、のですが。


サビの部分を弾いていたときに
おっちゃんたちが
「ふ~ん ふんふん ふんふん♪」とハミングし出したので
緊張して引っかかってばかりになり
完全に雰囲気壊しましたw


たけべーは、
ホラ貝をかなり上手に吹いて、いい音が出たので

「なんか楽器やってたやろ!?」

とおっちゃんたちを驚かせてました。





そんなまったりな時間に染まりきりそうになったとき、
ふと、



「ハッ!辺戸岬に行くのに、そろそろ出なくては!!」



と、現実に気づき、
「そろそろ帰ります」
ということをおっちゃんたちに告げると、




「帰る前に、このすぐ近くに、子宝の神で有名な場所があるから寄っていけ」
と言われて、
その流れで
”洞窟のある、誰もいかない小さな海岸”の場所をきき、
その二つに立ち寄ることに。




海は、、、




入り口からジャングルのように草が生い茂っていたので
ある程度の覚悟をしていたのですが。。。














死ぬかと思いました、マジで!∑(゜∀゜)





くもの巣がはりまくっているジャングルを掻き分けて
(かろうじて獣道みたいになっていた)
地面には、沖縄やどかりといわれる
でっかいやどかりがワンサカいて、
海が近づくにつれ、
急な下り坂になるし、
岩肌は痛いし、


しかも、道を間違えたらしく、


完全な岩場の上から
無理やり下って海岸に出た。(’’










けど、そこは 本当に透き通った青い海が広がる小さな海岸でした。
トロピカルな雰囲気満載で、
日本にいることを忘れてしまうくらいでした。


あたしたちが降りたところから
少し東の方向に、
もうひとつ小さな海岸と洞窟らしき場所が見えたので
多分、そこがおっちゃんたちのいった海岸だったのでしょう。

岩場を伝って
そこまで移動し、無事到着。

事前におっちゃんに言われていた
「ハシゴつかってもいいけど、終わったらあげておいてね~」
というアドバイスどおり、

岩場の上にはハシゴがありました。




帰るためには、
このハシゴをなんとかおろさないと
上れないわけですよね(’’;




で、悪いけど・・・


と、たけべーを踏み台にして
あたしが岩場をよじ登り
ハシゴを下ろし、、、


セッティング完了。





晴れて、海で遊べます!!





急いで水着に着替えて
チャパチャパ泳ぎ始めるあたしたち。



汗だくだったので、もう最高です!!



写真を撮ることも忘れ
ただひたすら海でパチャパチャ遊びました。













が、しかし。














あっという間に 満ちる潮Σ(´Д`lll)










ハシゴの袂まで水が迫ってくる勢いです。




足場が緩んだら、到底ハシゴをのぼれるわけもなく。



ハシゴを使わなければ、到底のぼれる岩場でもなく。




「やばいっ!」




と、慌ててハシゴを上り、なんとか避難・・・








そこで初めて写真を撮る余裕ができて、




CIMG1319.JPG


これだけパチリ。



右下が洞窟だったのよ!!






帰り道には、ロープが張られていたり
簡単な階段が設置されていたので
道さえ間違えなければそれなりに安全な道だったのかもしれません。


いや・・・


やどかりや蜘蛛がワンサカいたことを思うと
大して変わらないかな・・・




とにかく、
かなりの大冒険気分でした。



両手、両足、あちこちに 何かに刺された跡も・・・




やっと道路にたどり着いたときの喜びといったら、アナタw





で、子宝祈願を経て、
さ~た~屋に戻り、





「もー、おっちゃん!めちゃくちゃ大変でしたよぉ~!!」




と、冒険話をしてやろうと思ったら、














おっちゃんたち、帰ってしまって、いなかった( ゚д゚)










呆然と立ち尽くすあたしたち・・・








「ア・・アハハ・・・いないねぇ」



「あれは・・・きっと沖縄の妖精だったんだねぇ・・・」




思いっきり脱力して
車に乗り込んだのでしたw





これが沖縄旅行で一番濃かった出来事かな。w




もしまた沖縄に行けたら
また 古宇利島にいって、このおっちゃんたちに会いたいな。

そのときは、お土産を持っていきたいw



「この間は、スイカごちそうさまでした~!」

って。










その後、車を走らせ辺戸岬~絶景ポイントドライブへ。



CIMG1350.JPG  CIMG1354.JPG


断崖の上から見える水平線は本当、圧巻の一言でした。
見下ろす海は、吸い込まれてしまいそうな怖さも・・・!



ふと、海と逆の方向をみると、



CIMG1362.JPG

絶滅の危機に瀕している
飛べない鳥、
ヤンバルクイナがいたり。




そういえば、マップルの特集で
「ヤンバルクイナを探せ!」という旅プランもあったなぁ・・・







ウソリコ島、辺戸岬で、この日はものすごくおなかいっぱいな一日でしたw
三日目も濃かったんだけど、、、
今回はとても書き入れないので。







もう少しだけ続くのじゃ!!(亀仙人風)








ちなみに二日目の帰り道に
沖縄料理の居酒屋さんで
泡盛にノックアウトされたことは内緒デス・・w






ぷろふぃーる
IMG_NEW - コピー (2)


たけべー・べにこ・ペットのジェリー(モルモット)のゆる~い日常を徒然と綴っています。

平凡な毎日を過ごしていましたが・・・
2013.10 乳がん発覚
 術前化学療法にて治療開始
 (HER2 3+)
2014.3手術
 (温存手術・ステージ2a) 
2014.10
 ハーセプチン投与終了
 (全17回)
2014.11~2015.1
 放射線治療中終了
※現在経過観察中

1年3ヶ月に渡った治療が終了。
これからはすっかりなまった体を引き締めるべく、体調管理ガンバるぞー!
たけべーと二人三脚、一日一日を大切に楽しく過ごしています♪

コメント・メッセージお気軽にどうぞ~ヾ(*´∀`*)ノ



★当ブログ内の画像およびイラストの無断転載・使用は固くお断りいたします。

★リンクの際は一言コメントorメッセージをいただけると嬉しいです。
最新コメント
ギャラリー
  • 言ってみたいセリフ。
  • おそろしや~認知症チェック。
  • 天才。
  • 天才。
  • 天才。
  • 天才。
  • 天才。
  • 天才。
  • 結婚記念日。
メッセージはこちら

お気軽にどうぞ♪ 返信はPCからになりますので、携帯・スマホの方は takebeniko@yahoo.co.jpからの受信を可にしていただけると助かります。

名前
メール
本文
アクセスカウンター

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ