バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)もご参照ください。 http://tcmg.blog70.fc2.com/

■ガモン病院に関して
・入院中の生活必需品等は病院に揃っているのでしょうか?

・ガモン病院での入院に特別なルールがありますか?
日本の病院だと細かく決められている場合が多いので気になります

・尿カテーテルが外されないとシャワーは浴びれないのですか?

【 回答 】
・ガモン病院では入院に必要な物は全て揃っているますので、何か準備しなければならない日用品はありません。
 
・カレーテルが外れなく場合でも、シャワーは可能です。
 
・入院中に関して特にルールはありませんが、現金の保管だけは要注意です。
過去にセフティボックスから盗難にあったケースが2件ありましたので、できれば私(横須賀)かプイに預けて下さい。

■宿泊施設「コンドータウン」に関して
・タオル、バスタオルは用意されているのでしょうか?

・夜の街中は暗いのでしょうか?夜中の外出は避けた方がいい?
日本では夜中によくお菓子を買いに行くもので…

・チップは必要ですか?

【 回答 】

・退院後の宿泊先「コンドータウン」にはタオル、バスタオルは用意されています。
1日1セットとして4セット(3日に一回補充交換)用意してあります。

・バンコクの夜は日本の東京などと比べて暗いです。街灯が少ないためです。
でも、お菓子などの買い物は一階にあるファミリーマートで買えるので、安全です。

・チップは利用する施設で違います。通常は特に考えなくても問題ありません。
なお、チップが当然のようにあるのがホテルやマッサージ店などです。

■その他
・もし体調が良くなり一日だけ観光を楽しみたい場合
1日2回の術後メンテナンスとダイレーションはどうするのでしょうか?
せめてお土産だけは購入して帰りたいのでショッピングの時間は欲しいですが…

【 回答 】

・帰国日2日前のフォローアップ(帰国前検診)が済めば半日観光は可能になります。
午前中のダイレーション後に出掛けて午後のダイレーションは時間をずらして行うか、最悪省略しても構いません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

■ちゃちゃっと取ろうパスポート

http://ta-bi.net/posts/passport/

■機内持ち込み手荷物の制限をチェック

http://ta-bi.net/posts/mochikomi/#ekitai

■預け入れ荷物の制限をチェック

http://ta-bi.net/posts/azukeire/

■持ち込める?預けられる?手荷物仕分けリスト

http://ta-bi.net/posts/docchi/

■荷造り・パッキングのコツ

http://ta-bi.net/posts/packing/

■機内で快適に過ごすために持っていくもの

http://ta-bi.net/posts/kaiteki/

■飛行機内で使える電子機器

http://ta-bi.net/posts/denshi/

【 ご質問 】

■ガモン病院
◎入院中のパジャマ及び下着の用意は?
◎病室でパソコンの使用は?
◎可能な場合のコンセントは?

■退院後
◎宿泊施設及び病院との往復の際の服装はショートパンツは避けるべきか?(スカートが良いか?)
◎出血が再度出る場合もあると聞いたのですが生理用品(生理用下着)の必要があるか?
◎個人のブログで必需品として
よく耳にした腰掛ける際に使用すると言うドーナツ座布団の入手方法は?

【 回答 】

・入院中はガモン病院の支給される入院服を着ますので、個人で用意する必要はありません。
入院着の下には下着も付けないため不要です。

・病室内でパソコン使用に何の制限もありませんが、テーブルが高めなので、ノート型パソコンのキーボードでたくさんの文字を打つのは簡単ではないと思います。
・コンセント形状は日本のコンセントで問題ありません。

通院の際の服装はショートパンツは日焼けも防げませんし、虫などもいるため避けるべきでしょう。タイでショートパンツで歩いていると軽い女(ナンパしやすい)と見られる可能性があります。

③.
出血はしばらく断続的に続くので、日本から当座用に1袋持参して頂き、足りない場合は近くのマックスバリューで購入して下さい。

ドーナツクッションはガモン病院から支給されますので、購入して持参する必要はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ