バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2006年05月

【 ご質問 】

睾丸摘出のみの場合にもGID証明が必要でしょうか?

【 回答 】

特にGID診断書などの書類は不要です。

しかしカウンセリングで睾丸摘出の理由を聞かれますので、納得できる理由を説明する必要はあります。

(例):将来の性転換手術に備えての手術など・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

一般の観光客の方なら不利とはならないでしょう。空港内の両替所は、すべて銀行の支店ですので両替レートは市中の銀行と同じです。しかも24時間営業です。

しかしそうかといって手持ちの現金を全てバーツに買えるのも危険であり後日レートが上がることもありますので、次の日に大きな買い物の予定でもない限りはせいぜい3万円以内にしておきましょう。

高額の治療費を払う目的で両替する場合はやや不利となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

よく勘違いするのですが、手術代金がドル表示なので円をドルにして持ってこないといけないと考える方がいますが、ドルにする必要はありません。

手持ちのドルがないのでしたら、わざわざドルに両替する必要はありません。手数料分が無駄になります。

現地バンコクでトラベラーズチェック(円建て)または日本円現金での清算をお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

タイには銀行以外にも両替業務をしているところがあります。
宝石屋の中にあったり旅行代理店の隣でやっていたりします。
これらの両替レートは銀行系のところよりもややレートが良いです。
しかしわざわざ探し回る時間のロスと手間を考えると小額の両替の場合はメリットがありません。
もしホテルなどの近くで両替所を見つけたら試しに覗いて見てレートを確認するのも良いでしょう。
気をつける点は受け取ったら必ずその場で金額を確認することです。銀行系のところでも係員が100バーツ札を間引いたりすることもあることを確認しています。

この他に闇の両替商もありレートも他のところに比べて少し良いのですが、レート差は一万円で50バーツ程度です。
もし高額の治療費を現金で払った方が得な場合はお勧めです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

手術等を前提に訪タイされた方は避けた方が良いでしょう。

入院せず簡単に終わるプチ整形的な処置のみの方ならチャレンジするのもいいかもしれません。

その場で調理してくれる屋台がありますが、火を通すので安全性が高いと考えていいと思います。しかし100%ではありませんで最後は自己責任で取捨選択して下さい。

ただ体調が悪いときはなるべくきちんとしたレストラン等で食事をとってください。普通なら何でもない食べ物が体調が悪い時には、お腹を壊す確立が高くなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ