バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2006年07月

男性から女性への性転換手術は以下のおおむね次の手順で行われます。

1.尿道、前立腺、膀胱、直腸に膣のスペースをつくります。
2.睾丸を切り取る(両側の睾丸切開術)。
3.陰茎をディグローにする。
4.尿道を陰茎から分離。
5.2つのDorsal神経と脈管を陰茎から分離。
6.陰茎の皮を反転、膣空道ラインを陰のうの皮またはS状結腸移植片で用います。
7.クリトリス成形術(感覚)
8.尿道成形術
9.陰唇成形術

手術時間は約3時間半~4時間かかります。

結果としての外性器の外見はまったく同じにはなりません。

これはその人が持っている材料?の差によるものと医師のテクニックの差が出ると考えてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ヨーサガン・クリニックでは3,500US$、そしてヤンヒー病院では2,000US$ですね。

料金の差は恐らくドクターフィーの差がほとんどではないかと考えています。

経験と地位のあるドクターが直接行う手術費用とその弟子に当たる医師が行う手術で費用に差が出るは当然と思います。


なおヤンヒー病院の声の女性化を行う医師は、ソムヨット医師の弟子で、年齢35歳の女性医師と聞いています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

報告が遅くなりました。

7/10にタイのコンケンでタイ式の結婚式をあげました。写真をアップしておきます。

まずは、これから結婚式というところですが、緊張感はまったくありませんね。 (笑)
c9d4138b.jpg


これも結婚式の前です。後ろに見えるのはこの結婚式は誰と誰の結婚かをみんなに知らせるための垂れ幕?です。新婦の名前が先で、新郎が後になっているのが、いかにもタイ的です。 (笑)
8dba0586.jpg


神妙にタイ式座りをしていますが、足が痛いです。(泣)
673b93b4.jpg


式が始まりました。しかし参加者は各自勝手におしゃべりしています。緊張感も感激もあり得ませんね。(泣き笑い)
fad6555a.jpg


新婦と新郎の前に置かれた手作りの***の拡大写真です。(名前は不明)
23579765.jpg


右側のちっさいのが新婦の母です。140センチ位しかないと思います。
なぜはタイでは父は影が薄いですね。
9c110a39.jpg


式が済んで新婦の母がお説教を笑いながら冗談のように言って聞かせています。何か特別なことを言うのかと期待しましたが、すべて新婚向けの二人への当たり前のことでした。
0fbc84a2.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

1.まず、GID(性同一性障害)証明書を英文でご用意ください。
(もし英文が用意できない場合は当方で翻訳(1部3,000円)で請けたまります。)

2.合わせてお名前と手術希望日をメールでお知らせください。

3.希望日に合わせて仮予約を取ります。

4.仮予約が取れた段階でエアーチケットの手配をしてください。タイ滞在は最低10日以上(できれば14日くらい)のスケジュールを組んでください。

5.エアーチケットの手配をしますので、指定口座にパッケージ料金の内金をご入金ください。

6.入金が確認された段階で予約が本予約となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

【 ご質問 】

MTFで皮膚が足りない場合は?

もし皮膚が足りなくなった場合、お値段も変わってくると思うのですが、その場合、不足分の代金は、どの様にお支払いするのでしょうか。

【 回答 】

2つのケースが想定されます。ガモン・クリニックの場合ですと、

①他の皮膚を移植する場合は、+1,000で7,000US$です。

②S字結腸を使った場合は、+2,000で8,000US$となります。

手術代金はパッケージに含まれていませんので、当日支払うことになります。従いまして材料不足が予測される場合はその分の資金をご持参ください。

なお、スポーン・クリニックならそのような心配は無用です。最低でも6インチの深さを保障してくれます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ