バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2006年08月

ダイレーションの時に使う潤滑ゼリーです。KYゼリーと同じ効果で価格が安いので、お得です。

c9ad3a18.jpg


申し込みURL:http://tsgc.cart.fc2.com/

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

タイの個人クリニックを主に提携先にしている関係で、クリニックにたびたびお邪魔するのですが、いつも感じるのはクリニックを仕切る奥様の存在です。

スポーン・クリニックなら「オイさん」

ガモン・クリニックなら「オームさん」

ピチェート・クリニックなら「ジヤップさん」

どの奥様も特徴があり、この奥様の存在がなくてはクリニックが立ち行かないだろうと思わせる方々ばかりです。

我がTSGC(タイSRSガイドセンター)にも「エーオ」が妻として加わり、より力がついてくることを願っている今日この頃です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

【 ご質問 】

MTF手術前にHIV検査は必要ですか?

【 回答 】

必要です。

もし訪タイ後にHIVのキャリアであることがわかった場合、手術を受けることができません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2006月の6月にガモン・クリニックで「皮下乳房切除」と「子宮と卵巣摘出」手術を受けたお客様からメールをいただきました。

その一部を転載させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------
訪タイ前後、訪タイ中は大変お世話になりました。細やかなお心配り、本当にありがとうございました。
下痢は帰国後1週間程度で治まりました。体の方も、術痕に少しだけ張りが残ってはいるものの、綺麗に治り、全く問題なく順調に回復して8月から職場にも復帰しています。念願の【海・プールデビュー】も果たし(笑)、充実した日々を送っています。胸のサポーターもずっとしており、しないと逆に違和感を感じるくらいです。半年以上、しっかり続けます。
ブログを拝見させて頂きましたが、FTMの場合はSRSにも段階があり特に熟考が必要になるので、僕もあまり急がず「まず“自分作り”をしっかりしてもらいたいな」とまだ若いFTMさんの事を思います。
---------------------------------------------------------------------------

このように喜んでいただけるとアテンダー冥利に尽きますね。

画像も送っていただきましたが、傷跡がとてもきれいに修復していました。やはりガモン医師の手術の腕は確かなようですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ホテルによって事情が異なります。

タウンインタウン・ホテルにはスリッパは備え付けてありますが、メリュキュール・チョンブリーホテルにはスリッパはありませんので、ご持参ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ