バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2009年02月

ヤンヒー病院の手術料金が2009/02/15から改定されました。

第一ステージの1ステップ:乳腺摘出が+200の2400US$
第一ステージの2ステップ:子宮・卵巣切除は2,000US$で据え置き

第二ステージの1ステップ:膣閉鎖と尿道延長が+200の2,900US$
第二ステージの2ステップ:前腕皮弁による尿管形成(陰茎形成準備)が1,800US$で据え置き

第三ステージの1ステップ:陰茎形成(前腕遊離皮弁法陰茎形成)が+300の7,200US$
第三ステージの2ステップ:ペニス・インプラントが+800の2,800US$

詳しくはFTMパッケージのページをご覧下さい。

S字結腸のMTF手術料金も+1,500US$の9,000US$となりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

【 質問 】

タイで日本から持っていった携帯電話を使うことはできますか!?


【 回答 】

はい。基本的には可能です。
ただし、現在お使いの携帯電話機が「GSM」(海外の電波方式)に対応している機種であること、
ならびに国際ローミングの契約に加入している必要があります。

お手持ちの機種のGSM対応の可否や国際ローミング契約についての詳しい内容は、各携帯電話会社ホームページならびにショップ窓口にてご確認ください。

・docomo http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/index.html
・au http://www.au.kddi.com/service/kokusai/index.html
・softbank http://mb.softbank.jp/mb/international/
・e-mobile http://emobile.jp/service/world_roaming.html

※各社国際ローミングをご利用の場合、海外における通話料金は国内のものとは異なり高額になります。また、ウェブ閲覧など一部機能が利用できない場合もあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

退院後の宿泊先にコンドータウンを希望していますが、質問があります。

【 質問 】

内部設備(洗濯機、キッチンなどあったかと思いますが)の使用料はかかりますか?

【 回答 】

宿泊費用に含まれますので、別途費用はかかりません。

【 質問 】

ホテルであれば朝食をいただけるかと思いますがその部分は?

【 回答 】

宿泊費用に含まれています。

1回のレストランから朝食が08:30にお部屋まで届きます。

以下のメニューから選択していただけます。

Set A : ข้าวต้มกุ้ง+ผลไม้รวม エビおかゆとフルーツ盛り合わせ
Set B : ขนมปังปิ้ง+แฮม+โอมเล็ท+ผลไม้รวม トースト、ハム、オムレツとフルーツ盛り合わせ
Set C : ก๋วยเตี๋ยวไก่เส้นเล็ก(ไม่ใส่ผักชี)+ผลไม้รวม クイティアオとフルーツ盛り合わせ


配達時間が守れないようでしたので、キャンセルしました。

今は冷凍食品を冷凍庫に準備してありますので、それをレンジアップして召し上がっていただけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ガモン・クリニックでの子宮卵巣摘出料金が2/15から改定になります。

子宮卵巣摘出(開腹手術):120,000バーツ→80,000バーツ

子宮卵巣摘出(腹腔鏡手術):220,000バーツ→120,000バーツ



これに伴い各種パッケージ料金も改定いたします。

☆子宮・卵巣切除(開腹手術) 概算パッケージ料金:40万円

☆全腹腔鏡による子宮・卵巣摘出パッケージ 概算パッケージ料金:508,360円

☆子宮・卵巣切除(開腹手術)+陰核陰茎(ミニペニス)形成 概算パッケージ料金:142万円

☆皮下乳房切除+子宮・卵巣切除+陰核陰茎(ミニペニス)形成 概算パッケージ料金:170万円~

詳しくはhttp://www.thaisrs.com/FTM_Package.htmlをご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

バンコク9インターナショナル病院のピヤ院長によれば、国内の主要民間病院の多くが、世界経済低迷に伴う外国人利用者の減少でスタッフを削減するなどの経費削減を迫られている。
 
 これらの病院は、タイを域内の医療ハブに成長させるとの政府支援をうけて、同国で治療を受ける外国人が増加していた。そのため、近年の収益は増加していた。しかし、世界経済低迷の影響で外国人利用者が急減し、看護師を解雇したり、救急医療をやめたりするところが出ている。

続きはバンコク週報でご覧いただけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ