バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2010年09月

面談会に関してのQ&A

【 ご質問 】

もし当日に何があって、横須賀様に連絡したくなった場合はどこに連絡すればいいでしょうか?
日本での携帯の番号はお待ちですか?

【 回答 】

日本国内の連絡用にSoftBankにレンタルSIMカードを申し込んでありますが、番号確定が渡航2日前となります。
番号確定次第にメールでお知らせしますが、もしお知らせが届かない場合はサイト(ホームページ)をご覧いただければわかるようにしておきますので、よろしくお願いします。

【 ご質問 】

面談時間外の対応は可能ですか?

【 回答 】

可能ですが、面談場所は会場以外となります。
この会場外のどこかは事前に決定できないためケースバイケースになります。

【 ご質問 】

今回の面談にパートナーが同席したいと言い出したのですが、かまいませんでしょうか?
その際、料金は変わりますか?

【 回答 】

変わります。お一人様1,000円/時間で計算してください。
同行者料金は不要としました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

以前頂いたとても有り難いお手紙を公開します。 このようなお手紙をいただけると本当にこの仕事をやっていて良かったと心から思います。 

感謝です。ありがとうございました。
4a019d9c.gif

2010-09-29追記

この手紙をタイでの手術を賛成していない(反対している)親御様に見せていただけると強力な口説きアイテムとして使えると思いますので、ご利用頂いて結構です。

今後は「心配する親の気持ちにも配慮する」記述をサイト(ホームページ)内に増やすようにしますので、よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

この分野に関わる別なお客様とのメールでのやり取りから転載します。(転載許可済み)

私(横須賀):

タイ⇒タイでSRS手術をしたい人達の親の年代では東南アジア=遅れている、汚い、危険という見方がまだまだ残っていますね。

お客様:

>水上生活や歩道にびっしりならぶ屋台もタイの日常なら性転換先進国であるのもタイの日常ですからね。
>
>◆年間性転換手術数がべらぼうに多い。
>◆見た目の仕上がりがキレイ=上手い
>◆社会復帰までが短い=早い
>◆物価が安い=金銭的負担が少ない
>◆日本人が数多く行っている。
>◆同じアジアなので欧米人より日本人の体に近い=投薬量の違い
>
>あたりを説明して、タイのもう1つの顔を知ってもらいつつ
>
>◆言語面でのサポート
>◆文化的背景・習慣面でのサポート
>◆経験・実績に裏打ちされた交渉力
>◆現地法人ならではの強み=コンドータウンなど
>
>のサポート力を訴求すれば、親御さんの不安も少しは払拭されるような気がします。
>なんにせよ「心配する親の気持ちにも配慮している」ことを
>アピールすれば、大人同士の信頼を築けるのではないでしょうか。
>海外での医療コーディネートですから、
>アテンドする人間が子供であっちゃいけないんですよね。

私(横須賀):

時間はかかると思いますが、頑張ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

8568137d.jpg

「コンドータウン」のお部屋に備品として「歩くバンコク2011年版」と「DACO(バンコクの博物館を制覇せよ!297号」を揃えました。
バンコク滞在中にいろいろ見て回りたい場合に重宝(ちょうほう)すると思いますので、存分にご利用下さい。

間違ってもカバンに入れたまま・・・持ち帰らないで下さいね。(^^ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

体外受精 IVF (In Vitro Fertilization)はお腹の中のことなので、なかなかイメージが掴めませんが、この画像を見ればご理解いただけると思います。


>>>>>>詳しくはタイランドIVFサポートセンターのサイトをご参照下さい。<<<<<<
http://www.thaiivf.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

尼僧界の重鎮、村瀬明道尼。

貧しい時代にわずか9歳で仏門の世界へ・・・事故で半身不随になるなど、

波乱に満ちた人生を歩みながら、様々な金言を世に伝えている。

その心に染み入るいくつかを・・・

「愛とは命懸けで相手を思うこと その覚悟なしに愛を語るはまがい物」

「生きている事が何よりも尊い どれほど不自由で不幸せでも人生は尊い」

「人間は一人で生まれ 一人で死ぬ やがて来るその時まで 人生を楽しむべし」

「不自由を嘆くより自由を得ていく喜びを知る それが一生を明るく照らす道である」

「人の世に 五体満足に生まれた以上の幸福は無い」


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ