バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2011年01月

ニュースクリップより転載

出入国審査の長い列 バンコク空港、旧正月控え臨戦態勢
2011/1/31 (02:32)

【タイ】タイの人気ポータルサイト、パンティップ・ドット・コムの掲示板に、バンコクのスワンナプーム空港で出国審査を待つ長蛇の列を撮影した写真が投稿され、話題を呼んでいる。列は出国審査の区画に収まらず、広い空港ターミナル内に延々と延びている。掲示板には「出入国審査のカウンターはたくさんあるが、職員がいない」「これじゃあ絶対間に合わない」「(出入国審査担当の警官に対し)働きたくないなら辞めてくれ」「あせっているのは乗客と航空会社だけ。役人はのんびり…」といったコメントが寄せられた。タイ入国も状況は似たり寄ったりで、到着便が重なる時間帯では、入国審査で1時間待ちはざらだ。

 恐ろしいことに、スワンナプーム空港は旧正月前後の2月1―13日の旅客数が開港以来最高の1日平均18万人に上ると予想している。航空会社がチェックインの開始時間を早めたり、出入国審査を行う警察局入国審査課が人員を通常より2割増強する予定というが、修羅場になるのは避けられそうもない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

メディアと性的マイノリティ13●「ラストフレンズ」「金八先生」の功罪

dislocate主催「mediAction(メディアクション」
ディスカッション「ジェンダーとセクシュアリティの媒介」

2010年10月17日(日)3331 Arts Chiyoda

【パネリスト】伊藤悟さん(すこたんソーシャルサービス)、三橋順子さん(女装家、性­社会・文化史研究者)
【モデレーター】akaboshi(同日上映『竜超の現代狂養講座 同性愛とテレビジョン』監督)

【トーク企画概要】
それぞれの人がジェンダーとセクシュアリティに対して様々な表現方法を持っていますが 、どんな媒介を通せばそれをアウトプットできるのでしょうか。ジェンダーとセクシュア リティに対する思想はどのように構築されているのでしょうか。
何に影響されて構築されているのでしょうか。マスメディアはひたすらステレオタイプの 議論を続けているのでしょうか。ネットや個人メディアは、実際にそういったステレオタ イプの意見を越えているのでしょうか。
新しい技術を通して、ジェンダーとセクシュアリティの表現方法は増えているでしょうか 。ネットのバーチャルな世界では本当に身体・差別が超えられるのでしょうか。等々

●こちらの記事と連動しています。
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/blog-entry-2349.html
(C)akaboshi「フツーに生きてるGAYの日常」http://akaboshi07.blog44.fc2.com/

●このシリーズのPLAYLISTはこちらです。
http://www.youtube.com/view_play_list?p=8271FCC648404E75


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

【 ご質問 】

1つ目は、コンドータウンにて療養中に発生する水道光熱費は別途請求になりますか?
また、洗濯は可能だとHPを参照しましたが、洗剤等は日本から持参したほうが良いのでしょうか?

【 回答 】

光熱水道費用や飲料水、インターネット使用料そして朝食費用などが含まれています。
洗濯洗剤はタイの水質に合ったタイの洗剤をご用意しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2011年も明けました。今年もご愛顧をよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ