バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

2015年09月

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
邦人の皆様へ
                【在タイ日本国大使館からのお知らせ】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
例年,連休を利用して, 多数の邦人の皆様が観光などでタイに渡航されます。
今回,タイに渡航される皆様に,「旅券の管理」,「タイ出入国時の注意事項」等の事例を御紹介します。
皆様自身が安全対策を考える際,参考にして頂ければと思います。
http://www.th.emb-japan.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/

1 旅券の管理
旅券を紛失又は盗難された場合には,紛失・盗難場所を管轄する警察に行き,
通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。
当館において「ポリスレポート」と申請書に基づき,「旅券」,「帰国のための渡航書」を発給することとなります。
「旅券」又は「帰国のための渡航書」を受領後は,タイ入国管理局において,
諸用の手続き(入国印転記,入国年月日の確認等)が必要です。
帰国便が差し迫っている場合には,タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で予定どおり帰国
することができなくなることがあります。
フライト便の変更やホテル延泊などで,予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので,
旅券の保管管理には十分気をつけて下さい。
なお,警察官又は入国管理局職員に職務質問された際,パスポートを携帯していない場合,
罰金や身柄を拘束される可能性もあります。パスポート(最低でもパスポートのコピー)を携帯し,
職務質問を受けた場合には直ちに提示できるようにしておいてください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm

2 タイ出入国時の注意事項
タイ物品税局では,免税(納税シールのない)たばこの不法持ち込みで当局により摘発された者に対し
高額な罰金を科しています。
免税(納税シールのない)たばこについては,紙巻きたばこであれば200本(1カートン),葉巻等であれば250gまで,
また酒類については1リットルまで免税での持ち込みが認められます。これら免税たばこや酒類等を,
規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合,税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,
物品も全て没収されますので,十分注意してください。
詳細は,タイ国政府観光庁ホームページを参考にして下さい。
http://www.thailandtravel.or.jp/about/basic.html
こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので,
在外公館が摘発された人に代わって交渉したり,判断に異議を唱えたりすることはできません。
摘発を不服として罰金支払を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となりますが,
その間,身柄を拘束されることもあります。
邦人の皆様には,当地の法律を守り,快適なタイの滞在を過ごされるようお願いします。
http://www.thailandtravel.or.jp/
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/150817.htm

3 観光客が被害に遭いやすい犯罪,トラブル
  タイでは,「ひったくり,スリ,置き引き」などの一般的な犯罪の他,ホテル等宿泊施設における屋内窃盗等,
次のような観光客を狙った犯罪,トラブルが発生していますので,タイ滞在中は御注意下さい。
(1) 屋内窃盗
    ホテルの部屋の机等に無造作に財布を置いたまま,外出し,部屋に戻り財布を確認すると中から現金,
クレジットカードが盗まれていたことに気が付く,また,旅先で知り合った人を,一時的に自分の部屋へ入室させ,
その人物が退室した後に室内にあった貴重品が無くなっているケースがあります。
ホテル室内であっても,油断すること無く,「貴重品は常に身に付ける」または「保管場所を常に把握」する等
適正な保管,盗難紛失防止に努めてください。
また,ホテルのセーフティボックス(金庫等)は,必ずしも安全ではありませんが,利用する際には扉を確実に施錠し,
暗証番号等を他人に知られないよう御注意下さい。

(2) 薬物犯罪~薬物犯罪者にならないために~
タイ国家警察は,タイ国内全域,特に観光スポット,繁華街や有名ビーチリゾート等における「違法薬物
(覚醒剤,麻薬,大麻等)犯罪」の取締り・摘発を強化しています。
親しげに近付いて来る人物から,「怪しい錠剤」,「乾燥した植物の葉」等を
絶対に購入しないで下さい(無料でも受け取らない)。
これらは違法薬物の一種である「MDMA(合成麻薬)」,「ヤーバー(覚せい罪)」、「大麻」等の可能性があります。
タイでは違法薬物を所持していた場合,販売目的所持とみなされると起訴され,殺人罪よりも厳しい罰則
(死刑,終身刑,50年の懲役刑等)が科されます。

(3) レンタル業者とのトラブル~レンタルジェットスキーは要注意~
リゾート地(サムイ,パタヤ,プーケット島及びパガン島など)で
バイクやジェットスキーをレンタルした場合は注意が必要です。特にパタヤでジェットスキーをレンタルして,
いざ返却する際に「車(船)体に傷を付け,破損させた。」として高額な修理費を請求されるケースが後を絶ちません。
また,レンタル業者は,損害保険に加入しておらず,事故を起こした際には高額な修理費の支払いを請求します。
ジェットスキー,バイクをレンタルする際には,必ずレンタル業者立ち会いの上,船体,車体の損傷の有無を確認し,
カメラ等がある場合には必ず写真撮影を行い,トラブル発生時の処理方法が記載された契約書面の交付を受けるなど,
返却時のトラブル防止に努めてください。
なお,レンタカーやレンタルバイクの運転に関しては,有効な運転免許証が必要です。無免許運転や
飲酒運転等交通違反が原因で,事故を発生させた場合,法律により厳しく処罰(逮捕勾留)されます。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502,696-3002
 FAX :(66-2)207-8511
----------------------------------------------------------------------
◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・
携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),
または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,
外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。
登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,
また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し,
在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり,
返信を求める事により安否確認を行う場合があります。
本システムでは,原則英国の国番号(+44)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
・運用開始について:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
・よくあるご質問:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pd

gid.jp 10月関西交流会のお知らせ


「声の壁を乗り越えよう」
~自然な声と話し方を自分のものに~

 私たち当事者が普通に暮らしていくためには、乗り越えたり、克服しなければならない課題は本当に多くあります。そのうちの重要なものの一つが、いわゆる「声」です。特に、ホルモン治療でもSRSでも克服できない「声」の問題はMtFにとって、大変悩ましいことです。たとえ、容姿では自認する性別で日常を過ごせている人でも、声を発すると、周りにバレてしまうのではないかという不安のため、発言や会話が億劫になり、コミュニケーションがうまくいかないという悩みを持っている場合もあるなど、自分の声に対してコンプレックスを持っている人は多くいます。

 「声」の問題を解決する手段として、たしかに、声帯の手術は有効な手段のひとつです。たしかに、声帯の手術でないと改善されない人もいるでしょう。しかし、「声」といっても、その高低だけが問題なのではありません。話し方や抑揚のつけ方、共鳴を利用した音の使い方などをトレーニングすることで、より自分らしい「声」を会得することができるものです。
 そこで、今回の交流会では、声の専門家の轟美穂先生を講師にお迎えして、「自分らしい発声と話し方」やボイストレーニング方法についてのお話をしていただきます。
 轟先生は、声帯の手術で有名な京都の一式クリニック(現在は閉院)でボイストレーナーをされていたご経験をお持ちで、現在では、ボイスコネクションを主宰され、日々、声に悩む方々のボイストレーニングに力を注がれています。

 声に悩まれている方はもちろん、普段の話し方を振り返り、自分にとってより自然な発声法とは何かを知るのにも大変有益な機会になる思います。もちろん、このことは、FtMさんにもあてはまることです。
MtFさんに限定した交流会ではありませんので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。



【日時】
 2015年10月3日(土) 13時30分~17時30分

【時程】
 13:00   受付開始
 13:30   開会 あいさつ・諸注意
 13:35  講演会
       演題:自分らしい声と話し方
               講師:轟美穂さん
           (ボイスコネクション主宰者  ボイストレーナー) 
 15:05  休憩
 
 15:15  交流会(質疑応答・自己紹介・フリートーク)
 17:30   閉会 片付け
 18:00   懇親会
 
  ※細かい時間は当日の進行に合わせて変更することがあります。
  ※途中参加、途中退席可能です。

【参加費】
 会員   500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
 非会員 1000円 (当日入会も可能です)
  高校生以下 無料(身分証明書などの提示を求めることがあります)

【懇親会】
 交流会終了後、会場を変えて懇親会を行います。
 参加費用は、別途実費になります(3000円程度)。
 会場は、当日ご案内いたしますが、参加ご希望の場合は交流会の 申し込み時に必ず明記くださいますようお願いいたします。
 なお、懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。

【参加資格】 
 gid.jp会員の方、GID当事者の方、およびそのご家族、ご友人の方、支援者の方、研究者の方などGIDに理解のある方であればどなたで
   ご参加いただけます。また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方などもどうぞご参加ください。
 学生さんや初めての方でも、歓迎致します。
 ※ 「交流会」ですので、取材や研究目的での来場は、お断りいたします。

【参加申込】
 参加される方のお名前(通称可)と、参加人数を書いていただき、
    meeting-kansai◎gid.jp
    まで、お申し込みください。
    (◎を@へ書き換えてメールをお送りください)
    折り返し、開催場所をお知らせ致します。

【その他】
 *飲み物は各自でご準備ください。会場の近くに自動販売機があります。
 *アルコール飲料はご遠慮ください。
 *差し入れ、持ち込み歓迎です。
   <差し入れ、持ち込みいただける方へのお願い>
   ※ 切り分ける必要がなく、そのまま配れるものでお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

会員の皆様、最近は夜の時間が少しづつ延びて、季節の移り変わりを感じる頃と成りました。

 次回、北陸支部交流会(福井)のご案内です。
内容は、テーマを設定してのグループトークを予定しています。
 福井県にお住まいの皆様、お近くにお住まいの皆様には、お誘いあわせの上、是非ご参加くださいます様お願い致します。


gid.jp 北陸支部交流会(福井)

【日時】
9月26日(土)13:00〜17:00

【場所】
福井市内の公共施設内の会議室
(お申込戴きますと、詳しい場所をご連絡致します。)

【内容】
11:30~12:50 ランチ懇親会

13:00 交流会会場 開場
13:10 開会・諸注意
                参加者自己紹介・グループトーク
14:30 休憩
14:45 グループトーク(メンバーの入れ替えなど)
16:50 片づけ
17:00 閉会

※細かい時間は当日の進行に合わせて変更することがあります。
※途中参加、途中退席可能です。

【参加費】
会員 500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
非会員 1000円 (当日入会も可能です)
高校生以下(同等年齢含む) 無料
 (学生証または年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)

【申込締切】
  2015年9月23日(水・祝)
ランチ懇親会のみ定員の関係上、申込期限を設けさせて戴きます。
  締切日以降の参加申し込みは、会場施設の予約の関係上、お受け出来ない可能性が有りますので、ご了承下さいます様お願い致します。

【懇親会】
   今回は、交流会の前にランチ懇親会として、お昼に懇親会を行います。
参加費用は、別途になります。(参加費2,000円、ドリンク代は別途必要です。(ドリンク代1杯 432円(税込))
   場所は、懇親会をお申込戴いた方に別途ご案内致します。
(ランチ懇親会は最大20名までの申し込みとさせて戴きます。予めご了承下さいます様お願い致します。)
    ランチ懇親会のみの参加も可能ですので、お問い合わせください。

 【参加申込】
   参加される方のお名前(通称可)と、参加人数をお書きになり、 meeting-hokuriku☆gid.jp
(☆は@に変更ください)まで、お申し込みください。
   ※ 携帯メールをご利用の方は、「gid.jp」 からの メールを受取許可に設定してください。
   ※ Yahoo!やhotmailなどのフリーメールをご利用の方は、迷惑メールに仕分けされてしまうことがありますので、ご注意ください。

【参加対象】
gid.jp会員の方、性同一性障害当事者の 方、ご自分の
性別に違和感のある方、性別について悩んでいる方およびそのご家族、ご友人の方、支援者の方、研究者の方など、性同一性障害に理解のある方であればどなたでもご参加いただけます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの 活動に興味のある方などもどうぞご参加ください。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~
gid.jp 北陸支部 副支部長
    桐山 あかり
    akari@gid.jp <javascript:;>
 ~~~~~~~~~~~~~
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

FtMのためのタイでのGID治療の進め方 ―自分らしく納得した医療を―

インターネットやスマートフォンが日常生活の一部となり、GID治療の進め方については、いつでも気軽にアクセスできる時代になりました。しかし、その情報は、発信者側が自分の都合の良いように商業的に作ったものだとしたら…?
今回は、アテンド会社のタイランドSRSガイドセンターとMalaiwan(マライワン)が共催で、タイでのGID治療の進め方だけでなく、GID治療後の「健康」をどのように守っていけば良いかなど、大切なカラダを守っていくことの重要性についてお話しします。

〇日時
2015年9月26日(土曜日)19:30~21:30
2015年9月27日(日曜日)11:30~13:30
2日間とも同様の内容を行います。
ご都合の良い日でご参加下さいませ。

〇場所
2015年9月26日(土曜日)について
喫茶室ルノアール新宿小滝橋通り店
JR新宿駅西口小滝橋通り馬場方面徒歩3分
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-9-7 新宿ニッカビル1階

2015年9月27日(日曜日)について
新宿3丁目ビッグスビル店
都営地下鉄新宿3丁目駅徒歩分1分ビッグスビル地下2階
東京都新宿区新宿2-19-1 ビッグスビル地下2階

※2日間とも場所は新宿ですが、お店が異なりますのでご注意下さいませ。

〇参加人数
予約制。FtMの当事者を対象とした内容です。


〇当日のプログラム
・タイで受けるGID治療の説明(ヤンヒー病院とガモンコスメティック病院)
・FtMとカラダの話 ―子宮・卵巣摘出後のカラダの変化を知っていますか?―
・SRSを受ける前に考えてもらいたいこと ―当事者の立場から―
・タイでの手術に関する質疑応答

〇参加費
1,000円
個室のカフェスペースです。
※飲み物代を別途ご自身でご負担下さいませ。

〇申込みの方法
gidnext14★excite.co.jp
★を@に変えて送って下さい。
件名に「タイでのGID治療の進め方」、本文に「お名前(ペンネーム可)」「参加人数」「希望の参加日9/26(土曜日)もしくは9/27(日曜日)」「(もしあれば)聞きたいこと」を書いて、上記アドレスにご連絡下さい。もしくは、Malaiwanのホームページよりお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

〜九州におけるSRSの現状と今後について〜

 今回はナグモクリニック福岡院院長の北村 薫先生をお招きして九州における(主に福岡)におけるSRSの現状と今後についての
お話して頂こうと思います。
もちろん質疑応答の時間も設けておりますので、皆様がSRSについて普段から疑問に思っていることをお聞きすることも可能です。
私達にとって重要な課題の一つであるSRSについて詳しく聞けるチャンスですので、皆様お誘い合わせの上ご参加下さいませ。

 【日時】
 2015年9月12日(土曜日)
 13時20分開場(受付開始)
13時45分〜15時45分

 【会場】
北九州市内の施設
※参加申し込み頂きますと詳しい場所をお送り致します。

 【参加費】
gid.jp会員500円(会員のご家族・パートナーも含む)
一般1,000円
高校生以下(同等年齢含む)無料
(学生証か年齢を確認できる公的証明書をご提示下さい。)

 【参加申し込み】
参加される方のお名前(通称名可)と、参加人数をお書きになり、
meeting-kyushu◎gid.jp(◎は@に変更して下さい)までお申し込み下さい。
※携帯メールをご利用の方は、gid.jpからのメールを受取り許可に設定して下さい。
※yahoo!やhotmailなどのフリーメールをご利用の方は迷惑メールに仕分けされてしまうことがありますので、ご注意下さい。

 【懇親会】
交流会終了後、会場を変えて懇親会を行います。
参加費用は別途になります。(3,000円〜3,500円)
場所は当日ご案内致します。
参加ご希望の場合は交流会申し込み時に必ず明記下さいますようお願い致します。
懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせ下さい。

【参加対象】
性同一性障害当事者の方、ご自分の性別に違和感のある方、性別について悩んでいる方及びそのご家族、ご友人、支援者の方、研究者の方など性同一性障害に理解のある方であればどなたでもご参加頂けます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方なども、どうぞご参加下さい。初めての方でも歓迎したします。
   ※取材や研究目的の方は必ず事前にお問い合わせ下さい。

 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

                       gid.jp九州支部    黒部 美咲



--
********************************************************
一般社団法人 gid.jp
日本性同一性障害と共に生きる人々の会
九州支部 副支部長

黒部 美咲 (Kurobe Misaki)

九州支部問合せ: 0705498-0993
個人携帯: 080-3999-2867
Mail: misaki_k@gid.jp <javascript:_e(%7B%7D,'cvml','misaki_k@gid.jp');>

URL: http://gid.jp
BLOG: http://ameblo.jp/gidjp-kyushu
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ