バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

Category:手術別情報 > 声の女性化

gid.jp 10月関西交流会のお知らせ


「声の壁を乗り越えよう」
~自然な声と話し方を自分のものに~

 私たち当事者が普通に暮らしていくためには、乗り越えたり、克服しなければならない課題は本当に多くあります。そのうちの重要なものの一つが、いわゆる「声」です。特に、ホルモン治療でもSRSでも克服できない「声」の問題はMtFにとって、大変悩ましいことです。たとえ、容姿では自認する性別で日常を過ごせている人でも、声を発すると、周りにバレてしまうのではないかという不安のため、発言や会話が億劫になり、コミュニケーションがうまくいかないという悩みを持っている場合もあるなど、自分の声に対してコンプレックスを持っている人は多くいます。

 「声」の問題を解決する手段として、たしかに、声帯の手術は有効な手段のひとつです。たしかに、声帯の手術でないと改善されない人もいるでしょう。しかし、「声」といっても、その高低だけが問題なのではありません。話し方や抑揚のつけ方、共鳴を利用した音の使い方などをトレーニングすることで、より自分らしい「声」を会得することができるものです。
 そこで、今回の交流会では、声の専門家の轟美穂先生を講師にお迎えして、「自分らしい発声と話し方」やボイストレーニング方法についてのお話をしていただきます。
 轟先生は、声帯の手術で有名な京都の一式クリニック(現在は閉院)でボイストレーナーをされていたご経験をお持ちで、現在では、ボイスコネクションを主宰され、日々、声に悩む方々のボイストレーニングに力を注がれています。

 声に悩まれている方はもちろん、普段の話し方を振り返り、自分にとってより自然な発声法とは何かを知るのにも大変有益な機会になる思います。もちろん、このことは、FtMさんにもあてはまることです。
MtFさんに限定した交流会ではありませんので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。



【日時】
 2015年10月3日(土) 13時30分~17時30分

【時程】
 13:00   受付開始
 13:30   開会 あいさつ・諸注意
 13:35  講演会
       演題:自分らしい声と話し方
               講師:轟美穂さん
           (ボイスコネクション主宰者  ボイストレーナー) 
 15:05  休憩
 
 15:15  交流会(質疑応答・自己紹介・フリートーク)
 17:30   閉会 片付け
 18:00   懇親会
 
  ※細かい時間は当日の進行に合わせて変更することがあります。
  ※途中参加、途中退席可能です。

【参加費】
 会員   500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
 非会員 1000円 (当日入会も可能です)
  高校生以下 無料(身分証明書などの提示を求めることがあります)

【懇親会】
 交流会終了後、会場を変えて懇親会を行います。
 参加費用は、別途実費になります(3000円程度)。
 会場は、当日ご案内いたしますが、参加ご希望の場合は交流会の 申し込み時に必ず明記くださいますようお願いいたします。
 なお、懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。

【参加資格】 
 gid.jp会員の方、GID当事者の方、およびそのご家族、ご友人の方、支援者の方、研究者の方などGIDに理解のある方であればどなたで
   ご参加いただけます。また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方などもどうぞご参加ください。
 学生さんや初めての方でも、歓迎致します。
 ※ 「交流会」ですので、取材や研究目的での来場は、お断りいたします。

【参加申込】
 参加される方のお名前(通称可)と、参加人数を書いていただき、
    meeting-kansai◎gid.jp
    まで、お申し込みください。
    (◎を@へ書き換えてメールをお送りください)
    折り返し、開催場所をお知らせ致します。

【その他】
 *飲み物は各自でご準備ください。会場の近くに自動販売機があります。
 *アルコール飲料はご遠慮ください。
 *差し入れ、持ち込み歓迎です。
   <差し入れ、持ち込みいただける方へのお願い>
   ※ 切り分ける必要がなく、そのまま配れるものでお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

弊社のお客様の「ちぃさん」の声の女性(女声)化に関するためになる記事を紹介します。
 
俺の嫁ちゃん、元男子。(ちぃのGID-MtFの4コマブログ) の記事が更新されました。


記事タイトル: [4コマ]☆女声のボイトレあるある(個人差アリ)☆

▼ブログを見る
http://ameblo.jp/infection1985/entry-12006626333.html?frm_src=favoritemail

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

声の女性化の詳細ページができましたので、お知らせいたします。

http://tsgcomori.thaisrs.com/ (PC・携帯ともにこのアドレスです)

手術をお考えの方の参考になれば幸いです。


【手術に行くまで】

◆お酒・刺激物(辛いもの)等をなるべく控える
◆タバコは1か月前からやめる
→タバコを吸うと声帯が腫れて盛り上がり、声帯の間に隙間が出来やすくなるため、嗄声(させい・かすれ声のこと)になりやすくなります。術後は特に弱った喉にダメージを与えます。どうしても止められない方は、病院や薬局等の禁煙ガムやパッチなどを利用する方法もあります。

◆風邪をひかないように注意する(健康状態の管理)
→喉の状態が良くないと、スケジュール通りに手術が受けられないことがあります。1か月前から健康管理をまめに。

◆耳鼻咽喉科で声帯の写真を撮ってもらう
→ヨーサガン・クリニックで手術を受ける場合、声帯の撮影の出来るスコープのある耳鼻咽喉科で術前の声帯の写真を撮ってもらっておくと、術後に日本に帰ってきた後に役立つことがあります。術後の回復の経過が芳しくないときに再度写真を撮影してもらい、それをタイの先生に確認してもらうというように使います。
ノンカム・フルタイムで「近くの病院を利用したくない」という方は、なるべく若い先生のいる個人病院等を探してみると良いかもしれません。事前に電話をして「声帯の写真を撮ってもらえるか」「その写真をもらうことは出来るか」ということを確認しておけば無駄足を踏まずに済みます。
ヤンヒー病院での術式の場合は、声帯を直接いじるわけではないので写真を撮らなくても大丈夫でしょう(☆手術直前の検査で撮ることもあるそうです)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

【 ご質問 】

声の女性化で失敗はないんですか?(変な裏声になったり掠れたり声が出なくなったり)
普通の女性声になりますか?

【 回答 】

手術当初は2週間発声禁止となり、その後徐々に話し始めますがかすれた声になる場合が多いようです。この状態は徐々に(本当に徐々にゆっくりと)改善されていきますが、人によってはかなり長い間違和感が伴うようです。

勘違いしないでいただきたいのは、手術したからすぐに普通の女性の声が獲得できるわけなではいと言う事です。訓練とリハビリが重要なポイントとなると考えていただけると幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

【 質問 】

日本人がこの手術を行った症例は何件ありますか?この手術のリスクについて教えて下さい。

【 回答 】

クリニックでは、忙しくて古い記録をまだ集計していないそうです。
今年だけでは、日本人だけで50人程度だそうです。


リスクとしては、一般的な手術のリスク以外に、特にこの手術特有のリスクは以下のようになります。

1.手術後は2週間発声禁止なので、生活に支障がでます。特に日本人の場合、筆談での会話ができるスタッフはクリニック内にはいません。

2.2週間を経過しても、すぐには元のように声を出せる人は少ないです。少しずつ改善していきますが、かなりゆっくりとしたペースと考えたほうが良いでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ