バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(Livedoor版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)などタイの医療情報を日本語で発信しています。

Category:お客様のサイト&ブログ > タイSRS体験談

とても有意義な記事なので「澪のSRS日記」から許可を得て転載します。


さて本題ですが、正直SRSはまとまったお金が必要ですよね。
それに加えて、術後働けないことなどを考えると、ある程度の蓄えはほしいところです。
私がなんとなく思うのは、250万円くらいは貯金があったほうがいいと思います。
また、人によってはSRS後から一気に女性として生活し始めるチャレンジを考えている人もいると思いますので、その場合は洋服やメイク道具など、もっとたくさんのお金が必要になります。

そんな中、とてもありがたいのが、傷病手当と医療保険です。
今の世の中は、このあたりの制度もかなりハードルが低くなっておりますので、普通に出ますよ!

まず、「傷病手当」は勤めている会社で社会保険に加入されている場合があると思います。
全国健康保険協会、いわゆる「協会けんぽ」という組織になります。
内容としては、手術などで働けない期間が生じたとき、証明するものを揃えた上で、その期間の収入の2/3を保証し、後に銀行などに振り込んでもらえる制度です。
準備としては、働けなかった期間が確定してからの申請ですから、術後や帰国後で問題ないです。
また、海外の手術だからと心配もお有りでしょうが、実績として海外手術が原因でも問題ないです。
必要なことは、会社に働いていない期間を証明してもらうことと、関係医師に病気と同じく働けない期間を証明してもらうこと。
こちらの申請用紙を埋めることで申請ができます。 ⇒ 健康保険傷病手当金支給申請書
1~2ページは自分で書きます。
基本普通に書いて言って大丈夫です。
傷病名は「性別違和」となり、発病時の状況は空欄で良いです。
3ページは会社に書いてもらいます。
加えて、下記のような必要な添付書類もお願いします。
労務に服することができなかった期間を含む賃金計算期間とその期間前1か月分の出勤簿(タイムカード)と賃金台帳のコピー
4ページは担当医師に書いてもらいます。
こちらは、手術をおこなった病院でなくても良いので、日本の掛かり付けのジェンダークリニックにお願いします。
療養担当者の意見書が必要な場合はこちらもお願いしておきましょう。
これらのものが準備できれば、郵送でも手続き可能です。
ただし、人や地域によって異なる場合もあると思いますので、手続き前に自ら確認することはお忘れなく。
また、会社の有給休暇などを使った期間は含むことができませんので、気を付けてください。
ちなみに私の場合は、6/1~6/30のきっちり1ヶ月を完全に休んだので、毎月の給料の2/3にあたる二十数万円が支給いただけました。
あと注意すべき点は、社会保険料は自分が休んだからといって免除されるわけではありませんので、復帰した月の給与から、まとめて引かれます。私の場合は、休んだ1ヶ月分と当該分、合計2ヶ月分が引かれましたので、手取りにして二十数万円のお給料になりちょっと苦しかったw
あと、会社や病院さえ証明してくれればその期間で手当をいただけますが、働けるようになったらさっさと働きましょう!
みんなで積み立てている保険料です。GID治療のためとはいえ、不慮の事故などで必要になる人、生命に関わる病気の治療が必要な方への手当、その他色々な事に本来使われるべき資金ですので、自分本意に悪戯に期間を伸ばして給付を受けることなどないようにお願いしたいです。
社会人のマナーであるとともに、GIDを抱える者のプライドとしてぜひ心得て欲しいです。

次は、「医療保険」で、民間保険会社などを利用して、個人的にかけている保険などで、入院給付金や手術給付金を保険請求することができます。
こちらに関しては、保険会社のサービスや掛金などによりバラバラです。
保険請求の方法も異なると思いますので、確認は必要になります。
注意したいのは、入院や手術に対して出る保険金ですので、海外で入院手術した場合は、その病院でないといけないということ!
ちなみに一般的な流れとしては、保険会社ごとに記入する書類があり、海外用のフォーマットもあります。ベストなのは渡航前に全てを把握していて、書類を持って行って現地の病院に記入してもらう方法です。次によくあるのは、現地で保険適用になることを知って、日本の保険会社に連絡し、現地病院に国際郵便で送ってもらう方法です。あと、手術も終わって帰国してから、アテンドさんを頼って、書類を国際郵送して、病院に記載してもらったあと、さらに国際郵便で返送してもらうパターンで、私は恥ずかしながらこのパターンです。
帰国後、保険会社に聞いてみると、給付金が下りる可能は大いにあるとのことで、必要手続きと書類を確認して、現地アテンドの横須賀さんに連絡を取ると、事務所宛てに送ってもらったら、ガモン病院に頼んであげるから。あと、返送郵便費用として1000円を振り込んでくださいとの指示をいただき、快く対応していただけました。ガモン病院からの返送はガモン病院でお世話になった小路さんがしていただいたようで、お手紙までいただきました♪
ちなみに、ガモン病院だけかもですが、この手の書類を記載してもらうための費用は無料です。日本なら数千円は取られちゃうと思いますが、良心的ですね。ですから私の場合、往復郵便代の2000円程度だけ必要でした。
あとは、日本のジェンダークリニックの診断書が必要だったり、保険会社によってまちまちだと思います。
ちなみに私はメットライフ生命でしたが、問題なく保険がおりまして、約10日程の入院に対しての入院給付金と手術自体に対する手術給付金で、約30万円の給付金をいただけました。
保険会社の査定にもよりますが、SRS自体はかなり上級の手術に当たる場合が多いです。

この結果から、保険関係で約55万円弱の援助を受けられたため、結果的にはSRS関係だけに関する費用計算をすると、135万-55万となり、私は80万円程度でSRSを受けれた計算になります。
ただし、前述のように、その間に収入が絶たれていることを考えると、それ以外の準備貯蓄は出来るだけ必要なのも現実ですね。
あと、SRSを受ける予定があるのであれば、保険に加入する際、入院・手術給付金に手厚い物を選ぶのもいいかもしれません。ただし、事前にSRS受けるって、言っちゃったらダメだと思いますよw

こんな感じで、GIDに冷たい日本というイメージや先入観で最初から諦めてしまうと受けられないサービスですが、積極的に自ら動くことで有効活用できるものもあるということを覚えておいていただければと思います。

澪さん、ありがとうございます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「MtFのパートナーへの直撃インタビュー!」

 2012年11月現在、今なおSRS後の情報は極めて少ないように思います。
少しでもお役に立てたらという思いで執筆するに至りました。

・SRSを行った場所は、ガモン・クリニック(現ガモン・ホスピタル)です。
・術式は、陰嚢反転法による感覚重視のオペです。

Q=MTF(Hさん)からの問い
A=パートナー(一般男性)の受け答え
→=MTF本人による補足説明


Q:正面から見た外陰部の見た目は普通ですか?
A:人によって個人差があるからなんとも言えないが、特に変な所はない。

Q:外陰部の感触はどうですか?
A:少し骨っぽい固さがあるように思う。女性器は柔らかい。
→確かに少し固い気がします。私のが固いだけかも知れませんが。

Q:強いて変な所を言うとしたら?
A:恥丘が盛り上がっている。上付き。
→普通に立っていると、確かに上付きに思います。

Q:陰毛の生え方が一般女性と比べて違うように思いますが?
A:確かに一般女性は、陰毛が真ん中に向かって生えている感じだが、
  年数経つに連れてHさんのも一般女性のような生え方に変わっている気がする。
→確かに、陰毛の生え方はSRS前と比べて真ん中に向かって生えるような感じに変化しました。

Q:大陰唇の見た目は普通ですか?
A:天然物のようなビラビラ感はあまりない。覆い被さっている感じ。
→天然物のような幾重にも重なった感じは確かに無いです。個人差の範囲内だと思います。

Q:小陰唇があまり目立たないように感じるのですが、変ではないですか?
A:そう言われてみれば、という程度であって気にする事はないように思う。

Q:開いてみた場合の、見た目はどうですか?
A:天然物の膣口は徐々に広がっていく感じがするが、SRS後の膣口は穴という感じ。尿道がはっきりとわかる。
→確かに膣口は穴として、はっきりと認識出来ます。尿道は女性器に比べ太いように思います。

Q:陰核(クリトリス)の見た目はどうですか?
A:極めて普通。個人差が大きい部分なので全く問題ない。
→私個人の意見ですが、大きさが常に一定な気がする。天然物は大きさが変化する気がする。

Q:色的な部分で何か変化はありましたか?
A:SRS直後は痛々しいようなピンク色をしていたが、月日が流れるにつれて落ち着いた色に変化した。
→確かにSRS直後はグロい感じでした。

Q:挿入の際に気になる点はありますか?
A:体位が限定される。挿入の角度が常に一定。
→いわゆる、かき回す感じがあまり無いようです。

Q:濡れる感じはありますか?
A:膣内が濡れてくるという感じはない。
→S字結腸式ではないので、理論的に膣内から濡れる事は無いと思います。

Q:膣内の感触はどのような違いがありますか?
A:亀頭部の横の方は天然物よりも擦れる感じはあるが、先端部分は宙に浮いている感じがある。

Q:一番の違いはどのような部分ですか?
A:やはり、先端部分が天然物に比べて膣内でちょこちょこ当たる感じが無い。

Q:総合的にはどのような印象をお持ちですか?
A:見た目は普通で、膣内は感触の違いがはっきりと分かるが、気持ち的な部分が大きい。
  そもそも性行為は暗い場所で行うので、見た目はそれほど気にする必要は無いように思う。



「パートナーからの逆質問コーナー」


Q:膣内が濡れる感じはあるのか?
A:膣内が濡れる感じは無いが、尿道から分泌液が出るので問題はないように思います。

Q:陰核の方が感じるのか?
A:男性の亀頭部に相当するので膣内より陰核の方が感じます。

Q:挿入の際に、気持ち良さに違いがあるのはどうしてなのか?
A:一般的にも言える事ですが、前戯のあるなしによって、感度が変化するように思います。

Q:挿入だけで満足するのか?
A:膣内はあまり性感は無いのですが、いわゆる満たされてる感はあるので、
  十分に満足出来ます。

Q:性交と自慰とは感覚に違いはあるのか?
A:自慰の際は陰核の圧迫によって感じるのですが、性交の際はいわゆる擦れる感じとして膣内で感じます。

Q:素股の感じはどんな感じなのか?
A:以前に比べ邪魔な物が無いので、より繊細に感じます。

Q:膣内の奥の方が細いように感じるのですが?
A:それはダイレーションをサボっていた為、塞がってしまった為だと思います。

Q:SRS直後は痛がっていたように感じますが、最近は痛みを感じにくいのですか?
A:奥の方は確かに痛みを感じましたが、最近は塞がってしまったので行為自体には痛みは感じません。
  おそらく痛みの度合いは奥の方が強いように思います。

Q:コンドームを装着して挿入するより、生で挿入する方がスムーズに感じるのですが?
A:コンドームを装着していた場合は、男性器からの分泌液が出ない為、
  その都度ローション等を使用しなければなりませんが、
  生の場合は男性器からの分泌液が出るのでスムーズに性交する事が出来るからだと思います。

Q:SRS直後に比べて膣内の柔軟性が無くなっているように感じるのですが?
A:以前は痛みを感じながらも様々な動きが出来ましたが、ダイレーションをサボると柔軟性が無くなっていくように感じます。

Q:総合的に満足はしているのか?
A:見た目的な部分や感覚的な部分でも実生活において全く問題ないと思います。
  確かに天然物と比べると若干の違いはありますが、個人差の範囲内に収まると思います。
  それよりも気持ち的な部分がすごく大きいので、現状には非常に満足しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(全腹腔鏡)手術体験談と皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(膣式)手術体験談をアップしたお知らせを忘れていました。

皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(全腹腔鏡)手術パッケージの体験談
http://www.thaisrs.com/report/FtM/Experienced_report_2012_01.pdf

皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(膣式)手術パッケージの体験談
http://www.thaisrs.com/report/FtM/Experienced_report_2012_01_2.pdf

ダウンロードしてご購読下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

タイのガモン・ホスピタルでのSRS手術経験談です。なにかご参考になればと思います

【タイに行くまで】

帰国後すぐに動けないことを想定して揃えたもの

*お尻が痛くならない自転車サドルカバー(あまり使えないかも、、ですが

http://home.att.ne.jp/blue/kirico/outdoor3.html

*買い物に行くキャリーバック

自転車に乗れないので、スーパーで買い物した物を運ぶために。


【帰国して】

コンドームの通販
http://www.condo-m.com/

ゴム手袋
アスマルで買えます
http://www.asmaru.com/

ダイレーションのやり方は病院のようなベッドがないので
自宅のベッドにビニールシート(レジャーシートなど)をひいて
ダイレーションのサポートベルトを引き、あとは病院と同じです

エアコンをつけていると、どうしても乾燥気味になり
ダイレーターにつけたゼリーが乾燥してします場合があります

あるいは入りにくい日などは、最初入れてから、20分ぐらいしたら
一旦だし、再度ゼリーをつけて入れると入りやすいです


最初のころは、ワンサイズ小さいダイレーターを入れてから
後で太いのに変えてました

ダイレーターは時々洗い、また膣内は下記のようなビデを使っていましたが
あまりやりすぎると膣内を痛めるのでほどほどにしたほうがいいようです
http://store.shopping.yahoo.co.jp/frontier/14-311-41.html


大陰唇に下着やナプキンによると思われる擦れができ、とても痛い思いをしました
1年を経て、ようやく治ってきましたが、地方へ出向いているときに耐え切れなくなり
ホテルで紹介を受けた、産婦人科に行ってみましたが、SRSそのものに知識がなく
GIDに関しても皆無でした

ホルモン療法なども含めてSRSしてからの治療は、専門医に絞られてくるような
感じがします


【胸】
GIDオペと、豊胸がセットになったプランでされる方が多いと思いますが
病院でのオペ後ですが、ダイレーションと胸のマッサージが同時に行われるので
どうしても、胸の痛みに耐えるのが必死でダイレーションがおろそかになるようでした

帰国してからの胸のマッサージですが

プレマリンクリームを最初に塗ります

ちょうど、平たい胸の上に肉まんが乗っているイメージを持ち(笑)
肉まんの紙のついている部分(一番下のほうです)を上下左右に動かすような
イメージを持つと効果があるようです

他には、右手で左の胸の脇から真中へ引っ張るようにし、左手を
肩から後ろへぐぐ~っと伸ばすようにします
これを両方向すると柔らかくなります

胸のマッサージはネットで調べましたが、どれも純女さんのマッサージで
シリコンをいれたマッサージはあまり見当たらないようです

胸そのものをマッサージするより、付け根のところの皮膚を伸ばすような
感じをもつといいようです


その他

【*手術代金の国際送金について】
私はUFJ東京三菱で送りましたが、なかなか送金自体が高額なため難しく
対応している支店が少ないです。

何のために送るのか?、お金はどこで準備したのか?等々尋ねられました
手術の料金だと言うと、そんなにいるのかと失礼な事を受けました

送金はタイに行くわりと直前にあることが多いと思いますので、対応している
支店をよく調べたほうがいいようです


【*健康診断】
健康診断書を書いてもらうには保険が効かなく一般的にどこでも
高く(2~3万)時間もかかることが多いです

私が行ったところは下記です(英語記載可)1万ぐらいでした
http://www.nagashio.jp/


日本に帰って思ったのは、SRS前の情報、あるいはGIDそのものに関する情報は
多いのですが、SRS後の情報は極めて少なく、またSRSをしようと思っている人から
「いいなぁ~」といったような目で見られるのか
自慢話に聞こえがちで、あまり話さない人が多いようです


【*円座】
病院でもらった円座はつい最近まで使ってました

なかなか、東京で円座を持って電車に乗ったりするのは恥ずかしいのと
座ったり立ったりが多い仕事場ではつらいものがありました。

職場では、無印商品で売っている低反発クッションをU字型に切り抜き
ちょうど、トイレの便座のように作り変えて使ってました
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761388335

市販のものは一長一短があり自分で加工するのがいいようです


*服装に関して
術後、患部をなるべく乾燥させたほうがいいのは私も思いましたが
実際、夏季でもない限り寒い日本でなかなかできることではなく
わたしもつらい思いをしました

そこで、いいと思ったのは

スカートをはく場合

生足(何も靴下を履かない)でいられればいいでしょうが、そうもいかない時は

ガーターベルトにストッキングがよいです
そんなになやましいものでなく会社でもOKなのがありました
★http://www.okadaya.co.jp/hobby/

パンツとガーターベルトを履く順番を間違えないようにすれば多少時間は
かかりますが、慣れれば結構使えます


ヒップ部の広くなっているタイツはこの前お話しした通りです

他には、サルエルパンツという腰部がゆったりめのパンツがあります
これもよかったです(どこにでも売ってるものではありませんが
最近ですとユニクロ系列のGUというサイトで「ゆるぱん」というのが
あります。

タイツ、ジーンズはピタッとしたものを履かない、ワンサイズ上の着るのがいいようです

可能であれば、患部にあまり枚数がいかないほうがいいようです

例:ジーパンだと、パンツにジーパン。ショートパンツだと、パンツにタイツにショートパンツ
スカートだと、パンツにストッキング。

つまり、パンツ(下着)の上にあまり重ねない方がいいです

服装は自分の好みがあると思います。感じとしてヒップ部を圧迫しないような物が
いいです。さがすと結構あるし、サイズを大きくするだけでも効果はあります


【*下着など】

コットンのもので肌触りのいいものがよいようです
オススメはワコールの普通のショーツです

http://www.wacoal.jp/product/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_CD=PPA101&SEASON_CD=12SS


【*ナプキンについて】
使ってみてよかったと思ったのは

ソフィー:ボディフィット軽やかスリムの羽なし(17,5cm)
羽ありはオススメしません

ソフィー:ふわごごち(パンティーライナー)

ナプキンはかなり色々種類があり、使っているうちに自分にあったものを
見つけるようにした方がいいです。試した中ではソフィーがよかったですが
これも、いつも同じではなく患部の変化と共に変わっていきました

また、本来の目的と違うところもあるので、試してみるしかないです


【*体調管理】

とにかく体力気力共におちます(他の方も同じようにおっしゃってました)
疲れやすい、SRSを受ける前の自分との差異に落胆する、、などなど鬱になります

日々の食事で、肉、プロテインなどのたんぱく質をしっかり取ることが大事のようです
あとは、いくらでも寝れるのでとにかく寝てました(笑)


【*戸籍変更】
実はまだ変更が終わってないのですが、大森様に電話で聞いた
大学病院の診断書に関しての話は事実かもしれません。

つまり、自分のところの病院で手術してない患者にたいして診断書を
書いていいものか、、、云々というとこです

その後、針間メンタルに行き診断書を書いてもらえるようになりましたが
ここまで、待っていた当事者としては理解できないところがありました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

○○です。
昨日、無事、日本に着きました。
色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

心が晴れ晴れとして、今の日本の季節の秋の空の様に清清しい気持ちです。
苦しかった48年間がうそのようです。そして何より、タイの皆さんに、大切な事を教えていただきました。
横須賀さん曰く。言葉が通じないから、心で伝えると言う事。心で話すと言う事でした。

本当に、いい方達と出会いました。思い出が、宝物です。人生の大いなる1ページになりました。
山元さんには、車の運転、ショッピング、心のケア、その他面倒を見てくださりありがとうございました。
プイさんにも、言葉のフォロー、手を握ってくれたり、足をさすって励ましてくれたり、手術室の前まで着いてきてくれて、心で話してくれました。

名前はわかりませんが看護婦さん、その他の皆さん、体を洗ってくれたり、麻酔からさめた時、粗相(お漏らし。嘔吐)した時。本当に日本語で、大丈夫!大丈夫!問題ない!といってくれた人が居ます。嬉しかった。

ガモン先生。最高です。
タイ語。英語。が話せないので、十分に御礼が言えなかった。本当にありがとうございました。コップン、カップ!です。
楽しかったのイメージしかありません。冗談も分かり合えた。又タイに行きたいと思います。タイは、希望です。
伝えたい事が、うまく文章にできなくて、支離滅裂でもうしわけありません。

ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ