2011年04月02日

体のゆがみ

「骨盤がずれている」「足の長さが違う」「足がO脚」と言われる患者さんが意外と多くいらっしゃいます。


なぜ骨盤がずれたり足の長さが違ったりするのか?

それは、足に体重がかかる比率が左右で違うので、歪みが出るのは当然ですびっくり!!

(ただしこれは筋・骨格系の視点で考えた場合です。)


人は利き腕・利き足(加重側、非加重側)がありますし、体の使い方も左右で違うので歪みがあって当然なのですよ。

ただ、歪みの程度が問題なんです。

歪みがひどくなると、体に痛みが出ることがあります。


施術をすれば、骨盤や足がまっすぐにはなります。でも時間がたつとまた戻ると感じている人も多いと思います。

何が大切かというと、左右対称にまっすぐ足が地面についているという感覚。この感覚が体でも頭(脳)でも実感できることが重要です。


難しくなってきましたね…はてな



うちでは感覚の正常化を基本としていて、筋・骨格だけでなく内臓や神経などにもアプローチしてますが、これはほんの一例です。


今のストレス社会、外への関心(外部感覚)が鋭すぎて、自分の体の内部感覚が鈍くなっている人が多いですショック!


皆さんはきちんと立てていますか?自分の体のことを労わっていますか?



takecareseitai at 14:48│Comments(0)TrackBack(0)健康・日々のできごと | 日々のできごと

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
肩こり、腰痛がどうしても改善しない・・・お悩みのアナタ。
大和整体テイクケア
ご相談ください。
TEL.03-3744-4855
定休日・水・日・祝
営業時間9:00~20:00
テイクケア
記事検索