「阪神酒販株式会社」が、英会話学校「NOVA」「ジオス」や飲食チェーン「焼肉屋さかい」などを展開する「ジー・コミュニケーション」の株式50・98%を8月末までに譲り受け、子会社化するようです。

阪神酒販株式会社は、大証ヘラクレス上場で「牛角」「とり鉄」などを展開するアスラポート・ダイニング(3069)(連結売上高101億円、平成22年3月期)をTOBにより子会社化するとともに、日本アジアグループ(3751)の子会社であった大酒販株式会社(売上高310億円、平成21年3月期)の全株を譲り受けてます。ジー・コミュニケーションの連結売上高は515億円(平成22年3月期)。

2年前は売上27億円だった阪神酒販は、2年で連結売上高約1,000億円の企業グループを作り上げたことになります

ジー・コミュニケーション傘下のさかい (7622)、ジー・テイスト (2694)、ジー・ネットワークス (7474)の上場外食事業会社3社は、阪神酒販の孫会社となります。

阪神酒販は買収後も英会話事業を続ける方針とのこと。


▼阪神酒販概要
(アスラポート・ダイニング 平成21年3月12日IR資料より)
阪神酒販