野口由美子さんのIASB会議現地レポート。
のれんの償却処理の是非が議論されていましたが、また動きがあったようです。

[IFRS of the day]  IFRSにのれんの償却を再導入する案が再浮上。何があったのか

のれん償却の復活案は却下され、ヘッドルーム・アプローチの導入を検討されていましたが(詳しくはこちら)、評判がよくなく、方向転換することになったとのこと。

会議では、ヘッドルーム・アプローチのような、のれんの減損テストそのものの変更より、開示の改善を図る方がより実効性があるのではないか、という視点で開示の問題が取り上げられました。

議論が振り出しに戻った感もしますが、減損テストの簡素化→開示の拡充、という流れで落ち着くのでしょうか。また野口さんの現地レポートを待ちたいと思います。


なお、IASBのフーガーホースト議長が東京で講演し、のれんとコミュニケーションの改善(Better Communication)に関するIASBの取組みなどについて述べたようです。

[IASB]Chairman's speech: Japan and IFRS Standards