証券取引等監視委員会は6日、「令和元事務年度 証券モニタリング基本方針」を公表しました。




今事務年度は、こうしたビジネスモデルの動向・変化の中で、過大な営業目標や現場のリソースを超えた多大な負担から生じ得る投資家への不適切な営業の可能性を念頭に、必要な内部管理態勢の構築状況、更にはこうした問題の背後に潜む経営の意図・経営資源の不十分な配分等に着目したリスクアセスメントを行っていく。

令和元事務年度は令和元年7月〜令和 2年6月までを指します。