環境省は22日、第2回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」受賞者を発表しました。

[環境省]第2回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」受賞者の決定について

「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」は、ESG金融の普及・拡大に向けて2019年に創設されたもの。

ESG金融に積極的に取り組む金融機関、諸団体や環境サステナブル経営に取り組む企業を評価・表彰し、その内容をESG金融や環境サステナブル経営に取り組む多くの関係者と共有することを目的としており、本開催が2回目となります。


▼受賞者一覧
〔投資家部門〕
金賞:BNPパリバ・アセットマネジメント
銀賞:野村アセットマネジメント
銅賞:日本生命、ロベコ・ジャパン、ヌビーン・ジャパン

〔間接金融部門〕
金賞:みずほフィナンシャルグループ、滋賀銀行
銀賞:三菱UFJ銀行
銅賞:滋賀県信用保証協会

〔資金調達者部門〕
金賞:東京建物
銀賞:長野県、ヒューリック
銅賞:東日本旅客鉄道、アサヒグループホールディングス

〔金融サービス部門〕
金賞:ブルームバーグ・エル・ピー
銀賞:野村證券
銅賞:みずほ証券、SMBC日興証券、
   MS&ADインシュアランス グループホールディングス

〔環境サステナブル企業部門〕
金賞:キリンホールディングス
銀賞:コニカミノルタ、積水ハウス、ダイキン工業
銅賞:アサヒグループホールディングス、味の素、大阪ガス、
   大和ハウス工業、富士通、富士フィルムホールディングス
特別賞:JFEホールディングス、ユニ・チャーム



【参考】第1回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」受賞者
〔環境サステナブル企業部門〕
金賞:花王、キリンホールディングス
銀賞:積水化学工業、日立製作所、富士フイルムホールディングス
銅賞:アサヒグループホールディングス、味の素、伊藤忠商事、大阪ガス、小野薬品工業、東芝、パナソニック、富士通、丸井グループ、社リコー

〔投資家部門〕
金賞:第一生命保険、ニッセイアセットマネジメント
銀賞:アムンディ・ジャパン、ロベコ・ジャパン
銅賞:アセットマネジメントOne、日本生命保険、りそなアセットマネジメント

〔ボンド部門〕
金賞:芙蓉総合リース
銀賞:東京建物、明電舎
銅賞:群馬銀行、ジャパンリアルエステイトアセットマネジメント、トヨタファイナンス

〔金融サービス〕
金賞:S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス
銀賞:SMBC日興証券、損害保険ジャパン日本興亜、三菱UFJモルガン・スタンレー証券
銅賞:CDPWorldwide-Japan、生命保険協会、ブルームバーグ エル・ピー

〔融資部門〕
金賞:三井住友信託銀行
銀賞:九州フィナンシャルグループ、滋賀銀行、日本政策投資銀行
銅賞:伊予銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行