■CFOのための最新情報■

公認会計士武田雄治のブログです。

証券市場

東証 書籍『東証公式ガイド 精選例題でわかる株式取引ルール』を刊行

東証は12日、株式市場の価格形成ロジックを解説した書籍を刊行しました。

[東証]『東証公式ガイド 精選例題でわかる株式取引ルール』の刊行について

東証の株式売買システム「arrowhead」で採用されている価格形成ロジックを、全68題の例題をとおしてわかりやすくかつ詳しく解説しています。



東証公式ガイド 精選例題でわかる株式取引ルール
株式会社東京証券取引所IT開発部
金融財政事情研究会
2021-04-12

東証 山道裕己社長  SPAC(特別買収目的会社)は「非常に注目」「真剣に検討すべきだと思っている」

1日付で東証の社長に就いた山道裕己社長へのインタビュー記事が、朝日新聞に掲載されていました。

以下、一部抜粋。
東京証券取引所の山道裕己社長(66)は、米国市場で上場が相次ぐSPAC(特別買収目的会社)について、東証への導入を「真剣に検討するべきだと思っている」と述べた。2008年にも検討したが、ニーズがないとして見送った。投資マネーの受け皿として世界的に注目されており、導入の道を再び探る。
(略)
SPACは自社で事業を営まずに、有望な未上場企業を買収・合併する。どの企業と組むかは上場時に決まっていない「空箱会社」だ。新興企業はSPACと組めば、通常より手間や時間をかけずに上場できる。

山道氏は、「新興企業による新しい資金調達の道。非常に注目している」と話した。念頭にあるのは東証の国際競争力強化。米国ではSPACが大ブームで、今年に約300社が上場。コロナ危機を受けた金融緩和であふれた投資マネーが流れ込む。シンガポールやロンドン、香港の各市場でも導入が検討されている

ただ、SPACは本来必要な手続きを飛ばした「裏口上場」との批判もあり、山道氏は「上場企業にふさわしい開示・ガバナンス体制なのか。それをどう担保するか。投資家保護をいかに図るかも考えないといけない」と語った。

金融庁によると、SPACは現行法に抵触せず、東証が新たに上場規則をつくれば導入できるという。政府の成長戦略会議でも活用が検討されている。(以下省略)
([出所]朝日新聞(2021/4/7)より一部抜粋)

先日、配車アプリのグラブ(Grab)がSPACを通じた米国株式市場への上場を検討していると報じられていました(2021/4/7日経)。

米SECは、SPACは証券法回避する手段でないと警告を発しています

JPX 「新市場区分への移行に向けて」清田瞭CEOのご挨拶を掲載

日本取引所グループは5日、「新市場区分への移行に向けて」という清田CEOのご挨拶を掲載しました。

[JPX]新市場区分への移行に向けた当社グループCEOからのご挨拶

新たな市場区分への移行まで残り1年となりました。

既に昨年11月に新規上場に係る審査基準は一足先に新しい市場区分を意識したものに変更させていただき、グロース市場を念頭に、ベンチャー企業の事業計画や成長可能性に関する充実した情報開示の実務がスタートしています。また、プライム市場の上場会社への適用を想定するコーポレートガバナンス・コードの改訂に関する有識者の議論も大詰めを迎えるなど、移行に向けた制度的な枠組みの検討は予定どおりに進捗しています

JPX

日本取引所グループ 「先端研究開発センター」(DigiMa Lab.)を設置

日本取引所グループは30日、4月1日付けで「先端研究開発センター」(通称:DigiMa Lab.)を設置することを発表しました。

[JPX]先端研究開発センター(通称:DigiMa Lab.)の設置について

本センターの設置は、昨年 11 月に公表された、システム障害に係る独立社外取締役による調査委員会の調査報告書で提言された「独自のシステム開発能力、設計監理力、保守運用力をさらに高めるための検討」を踏まえた対応となりますが、本センターのスコープはこれに留まらず、利用者とともに創出する新しいコンセプト市場の構築や、JPX ビジネスの競争力を維持・向上できるようなシステム設計のグランドデザイン検討といった幅広い活動を行っていく予定です。

金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」の改訂版を公表

金融庁は15日、「つみたてNISA早わかりガイドブック」の改訂版を公表しました。

[金融庁]「つみたてNISA早わかりガイドブック」の改訂について

税制改正を踏まえの改訂です。

つみたてNISA

東証 英文開示ポータルサイト「JPX English Disclosure GATE」を開設

東証は5日、英文開示ポータルサイト「JPX English Disclosure GATE」を開設しました。

「JPX English Disclosure GATE」の開設について

海外投資家による投資機会の拡大を図るため。

英文開示資料の様式例や英文開示における慣用的な表現・用語を整理した日英対訳集等の提供など、上場会社の英文資料作成の負担軽減に役立つ情報を提供していくとのこと。

日本取引所グループ「日本取引所グループ規則集(2021年版)」を刊行

日本取引所グループは4日、「日本取引所グループ規則集(2021年版)」を刊行しました。

[JPX]日本取引所グループ規則集(2021年版)

各取引所の諸規則等を収録した規則集です。

日本取引所グループ「有価証券上場規程」等の改正を公表

日本取引所グループは1日、「有価証券上場規程」等の改正を公表しました。

[JPX]定款等諸規則/諸規則内規


▼改正概要
1.社外取締役の確保
・ 上場会社は、社外取締役を1名以上確保しなければならないものとします

2.電磁的方法による株主総会資料の早期提供に関する努力義務
・ 上場会社は、招集通知、株主総会参考書類、計算書類・連結計算書類及び事業報告等を、株主総会の日の3週間前よりも早期に電磁的方法により提供するよう努めるものとします。

3.株式交付制度の創設に係る制度整備
(1)適時開示事由の追加
・ 株式交付に関し、以下の場合に適時開示を求めます。
上場会社の業務執行を決定する機関が株式交付を行うことについての決定をした場合
上場会社の子会社等の業務執行を決定する機関が株式交付を行うことについての決定をした場合

(2)株式交付に係る料金
・ 株式交付に係る料金は、株式交付に際して発行する株券等の数と交付する自己株式の株券等の数との合計数に当該株券等の価格を乗じて得た金額の万分の2に相当する金額とします。

4.その他
・ その他、ストック・オプションの付与に係る適時開示事由を株式又は新株予約権の募集等に係る適時開示事由に統合するなど、所要の改正を行います。

3月1日から施行します。

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則
IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務
公認会計士の仕事
公認会計士の仕事












B面ブログ
公認会計士武田雄治のブログ
  • ライブドアブログ