キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

ボスコオートキャンプベース 短信(2016年10月) その2

雨がしとしと降り続くボスコオートキャンプベース。

昼寝から目が覚めて、散策です。

いつ来てもたくさんのキャンパーさんがいますネ。
20161029_142541_0
特に秋はトイレも炊事場もお湯が出るキャンプ場がほんとに嬉しい。ボスコオートキャンプベースは自然豊かでありながらサニタリー設備が充実している稀有なキャンプ場です。

場内ちらほらと秋の気配が。
20161029_142619_0
20161029_143256_0
20161029_143242_0

さて明るいうちから夕食にします。

1品目は魚介のワイン蒸し。鍋の季節を意識して、甘塩のタラを使うことにします。
20161029_184927_0
甘塩タラは一口大のぶつ切りにして、アサリとブロッコリと人参(薄いスライス)とさっくり混ぜます。

味付け、風味付けはガーリックソルトにおまかせ。
20161029_184933_0
サラサラと小さじ1杯程度全体にふりかけます。甘塩タラもアサリも塩気があるので少し控えめです。

ワインを大さじ1杯見当でトポトポと。
20161029_185019_0

あとは蓋をして火にかけ、蒸気がシュパパパーと上がって3分くらいでもう出来上がり。
20161029_190029_0
お手軽簡単でうまうまーw

2品目は牡蠣のシチュー。
20161029_191311_0
水洗いした牡蠣と、白菜とほうれん草を茹でて、ハウスシチューミックスで仕上げて終わり。これも簡単で美味。

牡蠣のシチューは我が家の冬の定番。ふだんは牡蠣と白菜だけで作ります。あまり具材の種類を入れない方が美味しい料理で、料理はシンプルなほど美味しいということを教えてくれる料理です。

メインはヒレステーキ。(←バリエーションがなくて、ほんとスミマセン)

さっきワイン蒸しを作ったスノーピーク コロダッチオーバルのリッド(ふた)で焼き目を美しく焼き上げます。
20161029_192504_0

塩・コショーして小麦を薄くまぶしたフォアグラを熱したスキレットでバターで焼きます。
20161029_193435_0

フォアグラの両面をさっと焼いて取り出したらソース作り。同じスキレットにバルサミコ酢・醤油を入れて煮詰めます。
20161029_194050_0

これをヒレ&フォアグラにオン!(ヒレといっしょにキノコも焼いておきましたw)
20161029_194102_0
ふふふふふ。

簡単な料理ばかりながら、秋冬を存分に感じられるメニューでした。

ちなみに夕方~夜にかけての気温は約10℃。焚火がないと凍える気温ですネ。

さて翌朝。気温は約7℃。ひとケタはだいぶ寒いです。。。
20161030_072628_0
焚き火台の上は最後にくべた薪が雨ですっかり燃え残っています。。。寒いとはいえ、朝のコーヒータイムは外を眺めながらが相応しい。

かといってシェルターの中はストーブで暖めておきたい。。。
20161030_072005_0
ここで妙案。今回はタシーク+エクステンションという構成ですが、タシーク本体の正面扉を閉めて、3ルームにしました。

中央の部屋は、ストーブでぬくぬく。
20161030_073747_0

うん、いい時間です。
20161030_073813_0

朝食はいつも通りの温かいうどん。
20161030_081707_0
最近見つけたこの七味。ミル付きで挽きたての香りが楽しめます。これ、今年10本指に入るヒット。

以上、紅葉が始まったばかりのボスコオートキャンプベース。
20161030_110334_0
よいキャンプになりました。

11~3月は更新少なくなります!ご了承くださいませ~。
 

ボスコオートキャンプベース 短信(2016年10月) その1

10月最後の週末は丹沢のボスコオートキャンプベースに行って参りました。

昼前に着いたボスコオートキャンプベースは天気予報とは裏腹に小雨が降っていました。紅葉はあまり進んでいないようです。
20161029_105559_0

10月末ということで受付はハロウィン仕様w
20161029_105639_0

今回の幕はスノーピーク タシーク&4人用インナー。
20161029_141550_0
晴れの予報だったので、タープは持参しませんでした。雨と分かっていればスノーピーク エルフィールドを持ってきたのに。。。ブツブツ。

珍しく昼から炭を熾します。
20161029_121704_0

炭を熾している間に、串打ち。
20161029_124122_0

ユニフレーム ユニセラTGで焼きます。
20161029_124627_0
手前には串が焦げないようにアルミホイルを巻き付けています。

フフフ、(ΦωΦ)フフフ。。。
20161029_130314_0

焼き鳥のお供は発売されたばかりのキリンとれたてホップ一番搾り。
20161029_130425_0
あぁぁぁ~至福の時。

続いては秋の味覚、秋刀魚。今日のランチの本命です。
20161029_132555_0

秋刀魚のお供は秋味の特別版「秋味 堪能」。
20161029_132708_0
あぁぁぁぁぁ、日本人で良かった。

今回は湧水に至近のサイト。
20161029_140030_0
他のサイトから独立していて、サニタリー設備も近く、川面間近でよいサイトです。

(でも、ボク的には川の対岸にサイトが立ち並ぶようなロケーションが実は好きだったり。。。)

昼の気温は約15℃。上着を着ていれば特段寒くもなく、過ごしやすい気候です。
20161029_142221_0
かくして川のせせらぎと雨の音を聴きながら、午後の睡魔が襲ってくるのでした。

続きはまた明日。

秋冬のキャンプ靴のことなどを。

キャンプではテントと外の出入りが割とあるので「キャンプ中はサンダルが定番」という方が多いと思います。

ボクもそのひとり。キャンプ場ではクロックスのサンダルを愛用しています。

ただし、クロックスでの車の運転は危ないので、運転用はソールの薄いクロッグスニーカーを愛用。

でもこれ、所有のクロックスもクロッグスニーカーも、どうにも夏っぽい。。。

というわけで秋キャンプ用に買い揃えました。

まず運転用のスリッポン。

サイドゴアになっていて履き脱ぎが容易です。履き口がボアになっているところが秋冬ポイント。ソールの厚みも適度で車の運転もし易いです。

キャンプ場ではこれ。

クロックスの定番サンダルの中にボアのインナーを仕込んだバージョンです。

「所詮はサンダル」と侮るなかれ。これ、とぉっても暖かいのです。(←ていうか、完璧に侮っていました)

秋冬といえど、テントから出てちょっとトイレ、という時なんかはやっぱりサンダルが便利。これはよいモノを見つけました。

さて前述のキーンのスリッポンですが、アウター素材がナイロンなので、実は焚き火に弱い。

大きな火の粉が飛んできたならば、一瞬でジュッと穴が開くこと請け合いです。

で、購入したのがコレ。

キーンのブーツです。

ヌバックレザーですが、シリコン浸透の防水加工が施してあるそうです。なによりサイドゴアがうれしい。ごついブーツでありながら、脱ぎ履きがたいへん容易です。

実用的なワークブーツというよりは、完全にタウンユースの仕様。山野を歩き回るには相応しくないブーツですが、キャンプでまったり過ごすには実にいい。

インナーも防寒仕様になっていて、たいへん暖かいです。

あまりに良かったので、すでに廃盤になっている昨年のカラーを探して追加購入。
_UL1500__s
ブーツとしてはなかなかない配色です。

というわけでこの秋購入のフットウェアはいずれも大当たり。
20161023_070726_0
20161023_070627_0
うん、落ち葉の散るキャンプフィールドにしっとり馴染むじゃぁありませんか。

これからの秋冬のキャンプのシーズンが楽しみです! 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ