キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

篠沢大滝キャンプ場 短信その2 (2017年6月)

その1はコチラ

ベーコンとジャガイモのドフィノワーズをつまみにしながら、次の料理に取り掛かります。

作るのは名付けて「ホタテのソテー サラダ仕立て シャンピニオンのソース」です。

下ごしらえは玉ねぎ1/4コ、ニンニク1/2かけをみじん切りにし、マッシュルーム1パックを薄くスライスするだけ。
20170603-175715-0

刺身用ホタテの水気をキッチンペーパーで拭いて、軽く塩コショウし、バターでさっと炒めます。
20170603-181329-0
表面に軽く焦げ目がついて、中は生という感じに火を通します。

ホタテをいったん取り出し、バターを追加して、玉ねぎとマッシュルームを炒めます。
20170603-181639-0

くったりしたらニンニクを入れて、香りがたったら、塩コショウします。
20170603-181803-0

続いて生クリームを入れて、強火で煮詰めます。
20170603-181815-0

生クリームが半量以下に煮詰まったら、味を見て、足りないようなら塩で調えます。サラダのソースになるので、気持ちしょっぱ目でOKです。
20170603-182008-0
味が決まったら、ホタテを戻し入れて火を止め、混ぜてなじませます。

ベビーリーフの上にソースごとどちゃっとかけて完成。
20170603-182120-0
今回は酒のつまみなので、野菜を少な目にしましたが、生野菜を2~3倍に増やせば立派なサラダとしていただけます。

野菜はベビーリーフのほか、レタスの細切りなんかも合うと思います。

夕食半ばにして、ようやく夕暮れてきました。6月は昼が長いですネ。
20170603-184148-0

夕暮れつつある空の下で飲む酒は最高♪
20170603-184214-0

さて続いては牛もも肉のタリアータを作ります。タリアータというよりは、タタキという感じでしょうか。まずは牛もも肉の塊に塩コショウをして、スキレットで全面を焼きつけます。
20170603-185659-0
中まで火を通さなくても大丈夫です。焼き時間は6-7分くらいでOK。はじめは強火で焼いて、焼き目がついたら弱火で温めるイメージです。

アルミホイルでくるんで、さらにタオル等でくるんで保温しておきます。今回は大きさがぴったりだったので鍋つかみのミトンに入れました。
20170603-190115-0
火から外した時にはまだ中心部は冷たい状態ですが、こうして保温してるうちに中心部まで温まってくるのです。

肉だけ食べても十分おいしいのですが、今日は野菜たっぷりのソースを作ります。アスパラ・ズッキーニ・ニンニクのみじん切り・ブラックオリーブをオリーブオイルでソテーします。
20170603-190735-0
火が通ったら赤ワイン・バルサミコ酢・醤油・塩コショウで調味し、くったりした感じに仕上げます。
20170603-191044-0

先ほどのお肉をスライスして上にどちゃっと乗せて完成。
20170603-191408-0
中は生なので、熱いスキレットの表面に押し付けながら食べるとちょうどいい食感になります。

スキレットが冷めてきたらもう一度火にかけてスキレットを熱く保ちながら食べるといいと思います。

というところで続きはまた次回。

【使用ギアはコチラ】



篠沢大滝キャンプ場 短信その1 (2017年6月)

篠沢大滝キャンプ場 設備・サイトレビューはコチラ

近頃、登山を始めたワタクシ。今回登る山は日向山(ひなたやま)です。

土曜日にキャンプを楽しんで、翌日曜日の朝のうち撤収し、午前中に登山をするという計画。

そこで、登山口まで車で30分という篠沢大滝キャンプ場にやってきました。

朝9時に世田谷の自宅を出発し、中央道の渋滞にどっぷりハマり、北杜市内のラーメン屋で昼食を食べて、買い出しをして、、、キャンプ場到着がなんと14時半。

スタッフの方々は対応がたいへん気持ちよく、気分よくキャンプを始めることができました。

設営を終えてすでに15時半。
20170603-155424-0
サイト編でも書きましたが、マツダCX-5とアメドS・ヘキサMでいっぱいいっぱいのサイトの狭さ。。。

写真では横幅が10m、奥行きが6mです。せめて10×8mあれば、通路側に車を置けたのですが、、、ヘキサのロープをいっぱいに絞ってなんとか設営ができました。

設営を終えて散策。

といってもキャンプ場も狭いのであっという間に終了。

バンガロー棟とオートキャンプ場の間にある小川(用水路的な)の水音が涼しげでいいですナ。
20170603-162730-0

今回のリビング・ダイニングは右からIGTショートフレーム+レギュラーフレーム+レギュラーテーブルという横長セッティング。
20170603-172853-0

サイドもユニフレーム フィールドラック+焚き火テーブル+フィールドラックの一直線展開。
20170603-172846-0

薪は家のストックを大量に持参。ユニフレーム フィールドラックを逆さにして薪ラックにしました。
20170603-172903-0
炭トングやレザーグローブ・チャッカマン等は焚き火台のそばのバケツに適当に放り込んでおきます。

ちなみにウォータージャグの水受けバケツと同じ大きさのバケツなので、車への積載時にスタッキングできて便利です。

このマーキュリーのバケツはデザインもよくカラバリも豊富だし、水漏れもなくバケツとしての用途をきちんと満たす優秀な道具。

冬の撤収時は、まだ熱い薪ストの灰を集めて捨てる時にも重宝します。

さて明るいうちから夕食の準備。

まずはベーコンとジャガイモのドフィノワーズを作ります。

角切りのベーコンを弱火でじっくり炒めている間に、ジャガイモを5mmくらいの薄切りに、ニンニクはみじん切りにしておきます。
20170603-174516-0

ジャガイモを加えて炒め、油が回ったところにニンニクのみじん切りを入れます。
20170603-174702-0

ニンニクのよい香りが立ったらひたひたの水を加えてジャガイモを茹でて火を通していきます。
20170603-175008-0

水気がなくなってきたらジャガイモを食べてみて、まだ固いようなら少し水を足してください。

水気がなくなってきて、ジャガイモがやわらかくなったら、軽く塩コショウして、香りづけにナツメグを振り、軽くなじませたら、シュレッドチーズを加えて、火を止めます。
20170603-180422-0

箸などでかき混ぜながら、余熱でチーズを溶かし、全体にチーズが絡んだら完成。
20170603-180711-0
ビールにも白ワインにもハイボールにも合う優秀なおつまみです♪

ドフィノワーズをぱくつきながら、次の料理に取り掛かりましょう。というところで続きはまた次回。

【使用ギアはコチラ】



篠沢大滝キャンプ場 レビュー 設備編 (2017年6月)

最初の記事「環境・サイト編」はコチラ

今日は篠沢大滝キャンプ場の設備を紹介します。

まずは気になるサニタリー系。

篠沢大滝キャンプ場は大きく第1サイト、第2サイトに分かれますが、第2は繁忙期のみの稼働でふだんは第1サイトを使うことになります。

その第1サイトのトイレ棟がコチラ。

比較的新しく、しっかりした建物です。
20170603-155446-0

男女別+ユニバーサル仕様となっています。
20170603-155512-0

男子トイレの中はこう。
20170603-155534-0
たいへん広く明るく清潔です。

個室はウォシュレット。
20170603-155544-0
やはり広く明るく、そしてたいへん清潔に保たれていて、今まで行ったキャンプ場の中でもハード面・ソフト面ともトップクラスの快適なトイレと言えます。

これは、たいへんありがたいw キャンプ場の方の気遣いと努力がうかがえます。

炊事棟はコチラ。
20170603-155439-0
こちらも新しい建物です。

台の設置はありませんが、シンクのふちなどが鍋・食器の置き場として使えそうです。
20170603-155454-0
たいへん清潔に保たれていますね。

2列それぞれ1か所ずつお湯がでる蛇口があります。
20170603-155501-0
給湯は春・秋にはたいへんうれしい設備ですね。

こちらはゴミステーション。トイレ棟の横です。
20170603-160641-0
こちらもたいへん清潔です。

管理棟はコチラ。
20170603-161810-0
売店のほかコインシャワーがあります。

売店はけっこう充実しています。お菓子・飲み物・調味料・消耗品など、生鮮食料品以外はだいたいこちらで購入することができます。
20170603-161844-0

サントリー白州工場が近いこともあって、サントリーウィスキーが充実ですw
20170603-162044-0
甲州ワインも品ぞろえ豊富。もちろん冷蔵庫にはビールもあります。

外の自販機はソフトドリンクのみ。
20170603-162325-0

管理棟の前がバンガロー群になっていますが、そこには遊具もあります。
20170603-162337-0

以上、次回は実際のキャンプの様子をご紹介します。

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ