キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

那須高原アカルパ キャンプ短信 その3

2泊3日ずっと雨が降り続いた今回の那須高原アカルパでのキャンプ。

1日目は断念した焚き火を、2日目は意地で敢行します。
IMG_5920
テーブルをずずずっと後ろに1mほど下げて、ヘキサタープの軒下に生まれた三角形のスペースに焚火台を設置。

薪は昼のうちに細く割っておいて、タープが焦げないように小さ目の焚き火をちみちみと楽しみましたとサ。(←写真がなくて申し訳ない!酒を飲んだら写真は撮れましぇん!)

3日目の朝。あぁ、我が家のサイトはいつもとっ散らかっています。。。
IMG_5916
いつものように座った状態で全てに手が届く、複座席コックピットスタイルw

雨の中、焚き火はわずかな燃えカスを残すのみで頑張ってくれたようです。
IMG_5919

朝ごはんはカニクリームコロッケのホットサンド。

コールマンホットサンドイッチクッカーに8枚切りパンを乗せ、たっぷりの千切りキャベツを乗せます。(←もちろん袋入りのやつ)
IMG_5923

お総菜コーナーで買ったカニクリームコロッケを乗せ、ソースをたっぷりと。
IMG_5925

むぎゅぅぅぅぅと挟んで、こんがりと焼きあげます。(←中まで温まるようにゆっくり焼くのがコツです)
IMG_5926

このはみ出しっぷりがグッと来るw
IMG_5927
たいそう美味でございました。

2枚目はハムカツのホットサンドw(←ハムカツは予めカットしておくとよいですナw)
IMG_5928
朝からジャンクなものを食べて、満腹になったら撤収作業開始。

タープの軒下まで車を後退させてから、ハッチバックドアを開けて雨を避けます。
IMG_5930

タープとフライはその場できれいにたたまずに、ゴミ袋に適当に入れる雨の日ならではの「ゴミ袋撤収」。身体が濡れるのを防ぐための撤収方法ですネ。

(この後も東京はたっぷり1週間天気が悪く、ようやく次の週末に干すことができましたとサ。。。)

いっやー、それにしても2泊3日よく降り続きました。これほどまでに雨が降り続いたキャンプは今までになかった気がします。

そして分かった那須高原アカルパの威力。砂利が厚く敷いてあるので、水たまりがいっさい出来ず、雨の中でも快適なキャンプができました。

砂利の下の地面も水はけがいいのかもしれませんね。また、サイトが全般にフラットで、整地の際に丁寧にレベルを取っている跡が伺えます。

丁寧な整地と厚い砂利敷きの賜物による雨への強さ。セマフカが訪れたキャンプ場の中では、最も雨に強いキャンプ場と言えます。

時に那須高原アカルパの場内はところどころ栗の木があり、こんなイガ栗がたくさん落ちていました。
IMG_5903
あぁ、夏がすっかり終わってしまいましたナー、としみじみ。(いくつか拾って茹で栗にしてウマウマでしたー、ということはナイショです)

2泊3日雨続きのキャンプとなりましたが、たいへん快適なキャンプとなりました。さらばニャンコ。さらばアカルパ!
写真 2016-09-19 6 12 38_s

次のキャンプは、、、しばらく先だなー。。。

那須高原アカルパ キャンプ短信 その2

雨は一晩中降り続き、
IMG_5864
タープはびっしゃびしゃです。

しかし那須高原アカルパは細かい砂利が厚く敷いてあるため、水たまりはいっさいできず、テントのボトムも全く濡れていない状態。
IMG_5869
もちろん、フライをいっぱいに張って、万全の雨対策をほどこしてあります。
IMG_5867
フライの裾はこのようにガイラインアダプターを使って張っておきます。
IMG_5918
フライの隅のテープもバックルをいっぱいに締め上げて、インナーを極力隠してあります。

同じスノーピークでもランドブリーズのようなスカート付きの高級モデルなら、雨対策はばっちりですが、スカートが泥だらけになるのが玉に瑕。スカートのないアメニティードームのほうが通気性もよいし、オールマイティで大好きなテントですネ。

サイト全体の浸水等の点検を終えて、異常ないことを確認してから、朝の散策。

管理棟のあたりを通ると、、、ん?動く影が。
IMG_5877
柱に後ろにしっぽが見えていますw

出てきました。
IMG_5878

植木の間からこちらの様子をしばし伺ってから、
IMG_5880

ととん、とん、と降りてきてくれました。
IMG_5881

なかなかの美猫ではないですか。
IMG_5882

近いヨ(汗
IMG_5883

しばし膝にぐいぐい頭をこすりつけて、満足したのか、小雨の降る中散策に出かけていきました。
IMG_5885

散策、ではなくテリトリーのパトロールなのかもしれませんネ。
IMG_5886
「異常なーし」という声が聞こえてきそうですw

サイトに戻って、朝ごはんは簡単にうどんで済ませから車で出掛け「お菓子の城 ハードランド」に併設の日帰り温泉「源泉 那須山」にて入浴。

広くてたいへんよいお湯でした。

昼は「ナスノカフェ ジョイナス」というお店で昼食。
写真 2016-09-18 12 27 35_s
ワタクシがいただいたのはピッツァビスマルク。薪釜でピザを焼くので、たいへん香りがよいです。生地ももっちりしていて、なかなかに美味なピッツァでしたヨ。

ちなみに昨日はワタクシが餃子&ビールという夢の競演でしたので、今日は嫁がイタリアン&ワインというドリームランチ。くぅ、羨ましい。。。

またまたダイユーで買い出しをして、キャンプ場に戻って、一杯飲んで、昼寝して、気づくとすっかり夕暮れです。。。ううむ、雨の日のキャンプはほんっと食う寝る以外にやることがない。。。(←って、いつもそうかw)

続きはまた明日。

那須高原アカルパ キャンプ短信 その1

しとしと、しとしと、と降り続くいや〜な雨の中、せっかくの3連休なので行って参りました那須高原アカルパ。

3連休はとかく高速道路が渋滞します。3連休初日の関越・中央道・東名の下りはそれはもう目も当てられない混みっぷり。というわけで、比較的渋滞のない東北道に的を絞ってキャンプ場を探したというわけです。

いつもカレコのカーシェアリングでSUVを借りているワタクシですが、今回はちょっとトラブルがあり、スバル フォレスターもマツダ CX-5も借りることができず、、、

結局メルセデスベンツGLA180を借りることに。。。

いや、ね、ワタクシこう見えて日本大好きのナショナリストですので、できうる限り日本メーカーのものを使いたいんですネ。なので、車もベンツとかBMWとかには全く興味なし。もしもいつの日か高級車を買う身分になれた時にはレクサスを買うと心に決めております。(←ていうか車をまず買うところから始めたら?的なツッコミはなしでお願いします)

ステーションに到着すると、セマフカ大好きスバル車がベンツの隣に。。。
写真 2016-09-17 7 13 31_s
ああ、小さいなら小さいなりに、せめてスバルXVが良かったナ。。。などと思いつつ、じっと見比べてみました。

車体の大きさはパッと見どっこいどっこい。フェイスはかなりイカついですナ。(ワタクシ、比較的マイルドなドライバーなので、こういうイカついのは、ちょっと、、、ネ)

さて実際にキャンプ道具を積んでみると、、、つ、、、詰めない!
IMG_5800
見た目の印象よりもラゲッジスペースが小さい感じがします。諸元をしっかり比較したわけではありませんが、印象としてはホンダのフィットとどっこいどっこいの積載能力と感じます。(←ていうか図体の割りにホンダのフィットはほんとたくさん荷物が載りますネ)

これはたぶんメルセデスの車体剛性の故かと。。。日本車に比べて剛性が高いといわれるドイツ車ですが、その分外寸に比べて車内スペースが狭いのかと思います。

また運転席に乗った印象だと、1列目シートの居住性が非常に良いです。実に贅沢に空間を使っています。これもまたラゲッジスペースが狭い要因かと思います。

というわけで無理無理パンパンに荷物を積んで、辛うじて真後ろの視界は確保できた状態。

ま、ま、我が家は無駄に荷物が多いので、普通のデュオキャンパーなら全く問題ない積載能力と思いますが。。。

というわけで東北道の渋滞をなめくさって、世田谷の自宅を出発したのが午前9時過ぎ。

たっぷり渋滞に巻き込まれ、、、アカルパまであと20分というロケーションにあるラーメン屋さん「蔵鋤(ぞうすき)」さんでランチ。
写真 2016-09-17 12 57 51_s
写真 2016-09-17 12 58 01_s
残り僅かな道程なので運転は嫁に任せ、ワタクシは夢の餃子&ビール。全部乗せの担々麺も美味でございました。

食後にダイユー那須高原店で買い出しをして、14時頃に那須高原アカルパにチェックイン。

指定されたサイトは入り口に最も近いA14サイト。
IMG_5812
うぉぉ、、、サイアクなサイトだ。。。3連休の予約をうっかりして、けっこうギリギリで確保したので、そのせいかー。うっかりなオレが悔やまれるぅぅぅぅぅぅ。

と、どよーんとしてサイトに行ってみると、、、道路からやや奥まっているうえに、広っ!

ひととおり設営を終えた後はこんな感じ。
IMG_5871

どのキャンプ場でも入り口近くのサイトは車の出入りが煩わしくゆっくりできないことが多いもの。夜、車のヘッドランプに照らされたりと嫌な思いをすることもあります。

が、那須高原アカルパのA14サイトはやたらだだっ広く、非常に快適。(あるいは複数組用のサイトなのでしょうか。。。?聞きそびれました。)

小雨の降る中設営を終えると、もう夕食タイム。

まったりとスパークリングワインを飲みながら、ゆるゆると1品1品作っては食べ、作っては食べ、というおフランススタイル。

〆めはきのこのリゾット。
IMG_5857

いちおう簡単にレシピを。

乾燥ポルチーニを水で戻し、
IMG_5835
マイタケ・エリンギは小さめのひと口大に切ります。(キノコ類はなんでもいいですが、食感のいいエリンギは必ず入れた方がいいと思います。)
IMG_5837
オリーブオイルでポルチーニ以外のキノコを炒め、オイルが全体に回ったら米を入れ、さらに炒めます。
IMG_5850
米にも全体的にオイルが回ったら、戻し汁ごとポルチーニを入れ、ひたひたになるまで水を足します。
IMG_5852
あとはたまに米を噛んで、ほどよく煮えるまで、時々水を足してあげるだけ。火加減は弱めの中火です。水加減は米の頭が少し出ているくらいの感じを維持するとよいでしょう。

噛んでみてかすかに芯を感じるくらいが、ちょうどいい煮加減です。火を止めて調味に入りましょう。

塩・胡椒であっさりめに調味した後で、粉チーズをたっぷり振りましょう。写真はパルミジャーノの塊をおろし器で削ってますが、本格的なチーズグレーダーがあれば、雰囲気たっぷりの演出になるでしょうw(←今回は家に忘れました。。。)
IMG_5854
チーズが塩気があるので、最初の塩は少な目にしておくのがコツです。よぉくかき混ぜた後で味を見て、塩味が足りないようなら塩orチーズで塩味を最終的に整えます。

調味中、もしくは食事中に米がどんどん水気を吸っていくので、調味を始める段階では水分たっぷりの雑炊っぽい感じでOKです。

はじめからほどよい水気にしてしまうと、食事中にパサパサになってきちゃいます。これ、コツのコツですゾ。

さて、お腹いいっぱいになったら焚き火タイム。

、、、が、火をつけたとたんに土砂降りに見舞われ、、、敢え無く撃沈。
IMG_5858
あらかじめ薪を割っておけば、タープの下で細々と小さな焚き火をするところですが、今宵は焚き火なしの寂しい夜になりましたとサ。。。

続きはまた明日。

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ