キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

鍛造ペグは一生モノじゃなかったのかよっ!の巻

メーカーの売り文句もそうですし、当ブログでも何回も言ってきました。

「鍛造ペグは一生モノだよ」と。

なによりのその堅牢性。どんな固い地面にもぐいぐい入っていきます。多少曲がっても、ハンマーで叩けば実用に支障ない程度にはすぐに真っすぐになります。折れるなんてことは絶対にありません。

たまに間違えて鋳造(ちゅうぞう)ペグと呼ばれようと、それがどうした鍛造(たんぞう)ペグ。

何度使っても、何年使っても、決して壊れない、そしてキャンプにおいては必ず必要とされる道具。それが鍛造ペグ。

まさに鍛造ペグはキャンプになくてはならない相棒の中の相棒と言える存在です。

ですが、、、

ですが、、、

失くしたんですよぉ~、ペグ。。。


僕自身はけっこうな確率で前利用者が忘れていったペグを見つけます。多くは廉価なペグですが、中にはスノーピークのソリッドステークなんかを複数本忘れている例もありました。

自分では、撤収する最後にサイト全体を見て回り、忘れ物のチェックがてら、ごみを丁寧に回収するようにしていますので、鍛造ペグを忘れるなんてことは絶対にないと思っていたのですが、、、

先日、撤収時に数を数えてみたら、、、定数より2本足りないではないですか!!!

セマフカの定数は村の鍛冶屋のエリッゼステークが、
・38cm(クローム)8本
・28cm(アルティメットゴールド)20本
・18cm(ブロンズ)20本
という内訳。

我が家で道具を準備して友人をキャンプデビューさせることが多いので、テントを複数張るのに備えてペグは多めに持っています。

それが今回、38cm1本と28cm1本の紛失が発覚。

そういえば最近、撤収時のペグの本数確認を怠っていたなー、と思い返しても後の祭り。

いっやぁー、鍛造ペグは一生モノだと思っていたけど、そうかー、失くすのかー。。。

というわけで買い足しました。


【→Amazon エリッゼ(ELLISSE) エリッゼステーク 38cm クロームメッキ】

【→Amazon エリッゼ(ELLISSE)エリッゼステーク Ultimate 28cm ゴールド】

セマフカ的に「失くしたり壊れたりしても、また同じものを買う」という道具はいくつかありますが、エリッゼステークなんかはその代表格。

迷わず同じものを追加です。


何が良いのか?

エリッゼステークは断面が長方形なのが特徴で、このことが「抜きやすさ」につながっています。

抜く前にペグハンマーのフックをペグヘッドの頭に引掛けて半周ぐるりと回転させることで、ペグ本体と土の間に空間が生まれ、抜きやすくなるのです。

この辺りがスノーピークのソリッドステークと違うところです。ソリッドステークは断面が円形なので回転させても隙間ができずペグが緩まないのです。

ペグ自体の堅牢性は各メーカーで拮抗していると思いますが、「抜きやすさ」という非常に重要なスペックでは、エリッゼが優れていると思うのです。

それと豊富な色展開も地味によいところです。

セマフカでは長さ別に色を揃えているので、38cm、28cm、18cmを色で見分けることができます。

これ、初心者といっしょの時に役に立っていて、「28cmのペグを取って」と言っても???になるところを「金のペグ取って」だと一発で伝わります。

これはお子さんや奥さんに指示を出す時にも同じことが言えると思いますヨ。


というわけで、失くさなければ一生モノの鍛造ペグ。大事に使って参ります。

(ボクのエリッゼステークを拾った方は、返さなくていいので、代わりに大事に使ってやってくださいw)

近況のご報告

みなさまこんにちは。

2018年の暮れから約半年間も更新をサボってしまいました。

身体はいたって健康で、キャンプにも行っています。ご心配をいただいた皆様、すみません。めちゃめちゃ健康ですw

さて、ブログを更新しなかった理由が2点ありまして。。。

仕事を変えたことと猫を飼い始めたことから生活のリズムが以前から変わって、なかなかブログ執筆の時間が確保できないことが1点。

もう1点が、セマフカの存在価値が薄れてきたことです。

実はこれは喜ばしいことで、ブログを始めた2014年当時は、キャンプメディアもほとんど世になく、ブログでもきちんとキャンプ場の紹介をしている方がほとんどいない状況で、自身がキャンプ場を探す時にも、情報が少なくとても困っていました。

なので、自身のブログではキャンプ場の様子や周辺環境、またトイレや炊事場等のサニタリー設備のことを重点的に伝えるように努力してきました。

その紹介の仕方が多くの方に支持を得たのは本当に喜ばしいことでした。

時は流れ、キャンプの予約サイトもメジャーとなり、キャンプメディアも多数展開されるようになりました。そしてなにより、キャンパーの皆様がブログ等で発信する情報が本当に豊かになりました。

今やどんなキャンプ場の名前で検索しても、多くの方がブログを投稿しており、サイトの状態や、最寄りのスーパーの情報、トイレや炊事場の様子など、実に仔細に分かるようになりました。

そのようなスタイルのキャンプ場紹介がひとつの大きなストリームとなったことに、一定の貢献ができたのかなあ、という自負もありますが、このブログもそろそろ一定の役割を終えたのかなぁという感慨が同時にあります。

また、自身の好みのキャンプ場も固定され、なかなか新しいキャンプ場に行かないというのもブログの使命を果たすうえでは良くないなあ、と思ったこともひとつです。

今回、どっぷりと暇な週末ができたので、過去半年分のキャンプ短信をまとめて執筆・投稿をしました。ここ半年は写真もあまり撮っていないので、中身の薄い記事となっていますが、何卒ご容赦ください。

なんか、ブログを辞めるみたいな文脈になっていますが、、、

ご安心ください。(←え?べつに興味ない?)

ブログは継続します。

ただ、前述したように、今やキャンプ場の情報、キャンプ道具の情報、キャンプ料理の情報、どれを取ってもひと昔前の100倍くらいの情報があふれていますので、そうした情報の紹介を積極的に行うのではなく、自身で使っていて、良いなーと思う道具の深堀と紹介、またちょっとしたキャンプでのテクニックなど、キャンプの短信に織り交ぜながら、読んでいて楽しいブログにしていきたいな、と思っていますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

バウアーハウスジャパン 短信(2019年5月)

今年の10連休GWは前半に2泊3日のキャンプに行ったほかは家でじっとしていたセマフカですが、GW明けに丹沢のバウアーハウスジャパンに出撃しました。

はやり5月は山の新緑が気持ちよく、キャンプのベストシーズンとも言えますので、できるだけ空いていそうなGW直後の週末を狙いました。

今回のセッティングは前回同様にスノーピーク ランブリ4&ヘキサL。
20190511-123302-0
テントはアメドSと迷ったのですが、5月中旬の山はまだまだ冷え込むということでスカート付きのランブリ。バウアーは1区画が広いことが分かっているので、広めのヘキサLというチョイスです。

川沿いのよいサイトを使うことができたので、川に向けてリビングを設置しました。

久しぶりにTIPS的なアレですが、川側の地面というのはどうしても緩いので、ペグを効かせるときにはこのように2本クロスで打ち込むのがよいですネ。
20190511-123329-0
セマフカお気に入りのキャンプ場はおおむね川沿いですが、川側のペグはほとんどこのようなクロス打ちです。

川側に限らず、ペグを打っていて「あれ、なんか妙にスッと入るな」と感じたら、必ずペグを2本打って対応をしています。

特に鍛造ペグは強風で抜けた時に凶器と化しますので、どんな状況下でも抜けないように打つのは大事だと思っているのです。

さて、昼は冷凍食品のチャーハンとかシュウマイで適当に食べて昼寝して、さあ夕食です。

ユニセラの上でピラミッド積みで炭を熾します。
20190511-175909-0
(※ピラミッド積み=中央に着火剤を置いて着火し、それを囲むように炭をピラミッド状に積んで炭を熾す方法。うちわであおぐ等いっさいなしで、ビールを飲んでいるだけで炭が熾きるセマフカ的炭熾し法)

今日の夕食は焼鳥&野菜巻きです。
20190511-183115-0
野菜巻きとは博多が本場の串焼きで、いろんな野菜を豚肉で巻いて焼いたものです。今回はテレビで見て、見よう見まねで作ってみましたw

実は昼食時に気づいたのですが、今回、調味料一式を家に忘れてきてしまいました。

料理は好きなので、調味料は塩・コショウのみならず、白ワインビネガーとかバルサミコ酢とか、イタリアンなんかを作るにも困らない調味料を揃えています。

それを一式忘れたことに気づいた時の絶望感は筆舌に尽くしがたいのですが、、、あれ?今日は冷凍食品と焼鳥・野菜巻きなので、、、塩・コショウだけでよくね?と改めて気づいた時のなんとも言えない落ち込み方も、、、また人には伝えづらいものですネ。。。なんだ、オレの料理、、、塩・コショウだけでいいんじゃん、、、みたいなw

これまたTIPSですが、串側にはアルミホイルを敷いてで火力をガードしてやると、串が焦げずによい感じです。
20190511-183122-0

家から持参したピュイイフュイッセを開けて、ああ、今日も美味しゅうございました。
20190511-184427-0

今回は日中気温がぐんぐん上がり、土曜日の最高気温は28.4℃。翌朝の最低気温は9.1℃でした。

バウアーハウスジャパンは3年ぶりに利用しましたが、相変わらず質の高いサニタリー設備を備え、静かでよいキャンプ場と感じました。

価格が高いのは玉に瑕ですが、キャンプブームでどのキャンプ場も混雑している昨今、このようなキャンプ場はたいへん貴重ですネ。

ではまた。





記事検索
タグクラウド
プロフィール

ますたー

東京都世田谷区在住。嫁とふたり暮らし。酒とキャンプ(ギャンブルではない)と美味いものをこよなく愛するヒゲのアラフォー。職場でも友人からも「ますたー」と呼ばれている。(かつてカフェのマスターだったから)

【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ