キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

御殿場まるびオートキャンプ場 レビュー

たいへんご無沙汰してしまいました。実に4か月振りの投稿です。

4月に職を変えまして、なんだかバタバタしているうちに、すっかり夏も終わってしまうではないですか!

この間、キャンプもあまり行けてなくてですね、、、先週の富士総合火力演習見学のついでにと御殿場まるびオートキャンプ場に宿泊したのが実に2か月振りのキャンプとなりました。

今回のサイトはC7。

20180826-072953-0
スノーピークアメドSとエルフィールドタープでサイトいっぱいいっぱいの狭いサイトです。

地図の右側がデュオからファミリー向けのサイトが並んでいます。サイトによって大きさがまちまちなので、管理人さんが予約人数で割り振っているのだと思います。
20180826-073911-0
左側はグループキャンプも可能なゆったりとしたサイトです。

BサイトとCサイトの間の通路はこんな感じ。
20180826-073023-0
サイト間は植栽や段差で区切られているため、団地感はなく、適度にプライベート空間が保たれています。
20180826-073117-0
サイトは芝と砂利のハイブリッドです。

ほとんどのサイトには一部に富士山特有の赤黒い砂礫が敷かれていて、フラットになっているので寝心地もよいですし、なにより水はけがよさそうですね。
20180826-072231-0
地中は石がゴロゴロしている感じもなく、ペグがスムーズに刺さります。

キャンプ場全体は高低差があり、まわりのキャンプサイトがあまり視界に入りません。整備が行き届いている割には人工的な感じがなく、たいへん好感が持てるサイト設計になっていると思います。

さて設備面ですが、管理棟はいたってシンプル。
20180826-073941-0
売店もないに等しいので、必要なものはあらかじめ買い揃えて来るといいでしょう。

ちなみに24時間営業のマックスバリュが車で10分のところにあります。

トイレは場内3か所。サイト数に対しては過不足ない数と思います。
20180826-073228-0

残念ながら設備的な古さは否めず、和式中心です。
20180826-073645-0
一部、和式を改造した洋式もあります。

トイレ等の隣が洗面台。裏が食器の洗い場になっています。
20180826-073241-0
鏡があるところが女性に優しいですね。

洗い場は三角コーナーに使うネットが備え付けになっていて、セルフで交換する方式です。
20180826-073320-0
この工夫によってシンクがたいへん綺麗に保たれています。これは素晴らしい仕組みですね。

給湯機もあり、寒い季節は重宝しそうです。
20180826-073536-0

他、BBQグリルなどの洗い場も別で用意されていて、水回りへの配慮たっぷりです。
20180826-073255-0
炭捨て場も、
20180826-073343-0
ゴミ捨て場もばっちり申し分なし。
20180826-073446-0

自販機はソフトドリンクのみです。
20180826-073515-0

ざっと、こんなところですが、トイレを除く設備は非常に充実しており、たいへん行き届いたキャンプ場と感じました。

惜しむらくはトイレの古さ。まったく不潔ではありませんが、ここだけはセマフカ的に辛うじて及第点、といったところでしょうか。

都心からのアクセスも良く、スーパーも近く、(ついでに言うとアウトレットも近く)、自然もたくさん感じられて、ファミリーにはちょうどよいキャンプ場ではないでしょうか。


今回は非常に軽装で、ただ寝るだけのキャンプだったので、キャンプ短信は割愛。

今年はキャンプ出撃数が激減しているセマフカですが、次回キャンプは9月の末を予定!




【おまけ】
総火演最高でした♪
20180825-120541-3

塩原グリーンビレッジ レビュー 設備編

すっかりご無沙汰してしまいました。

3月に訪問した塩原グリーンビレッジの設備レビューがまだだったので、ご紹介します。

管理棟はどーんとこんな感じです。
20180210-121633-0
キャンプ場だけでなく、テニスコートなど複合レジャー施設の管理棟なので、立派です。

入ってすぐにキャンプの受付。
20180210-121724-0

奥が売店です。ざっと棚を回ってみます。

薪はぜいたくに袋入り。針葉樹と広葉樹がありますが、広葉樹は細いのがチョビっと入って1200円という王様価格です。ぎゃふんっ。
20180210-122032-0

20180210-122055-0
20180210-122103-0
20180210-122113-0
20180210-122119-0
20180210-122122-0
20180210-122127-0
20180210-122147-0
という感じで売店はたいへん充実しています。

冷蔵庫はチーズ類が豊富。那須という土地柄ですかネ。
20180210-122156-0
酒類も充実しています。
20180210-122206-0

レンタル品もクーラーボックスや炊飯器まで揃えてあり、隙がありません。
20180210-122138-0

管理棟内にはレストランもあります。
20180210-122255-0
20180210-122307-0

トイレ棟もしっかりした建物です。
20180211-065119-0

洗面台が謎の充実度。
20180211-065056-0

男子トイレは小用が2個と個室が洋式・和式各1です。
20180211-065028-0

洋式はウォシュレットとヒーター設置とうれしい仕様。
20180211-065041-0

トイレ棟の並びが炊事棟ですが、お湯が出る蛇口が複数設置してあります。
20180212-101145-0
これも実に嬉しい。

他、コインランドリーやビールが買える自販機など、
20180212-101128-0
20180212-101206-0
トータル的にさっくり「高規格」と言って間違いない設備群です。

野天風呂もありますが、今回は利用できなかったのでレビューなしです。

施設内の福のゆも日帰り入浴施設としては過不足なし。
20180210-145242-0

というわけで、欠点らしい欠点がない塩原グリーンビレッジ。初心者でも安心して楽しめるキャンプ場と思いました。(惜しいのは広葉樹薪の価格が高すぎることくらい。(っつか、1200円/束はないよネ。。。))

では、また。

※本業多忙につき、今年は更新少なくなります。ご容赦くださいませ!

塩原グリーンビレッジ 短信 2018年2月(その3)

【その1はコチラ】

朝食後は車で25分行ったところのヨークベニマルで買い出しをして、帰り道の途中にあるラーメン屋で昼食西、またもや途中にある彩花の湯で入浴です。

まったく曲がらず、1本道で全て完結ですw

キャンプ場に帰り、薪ストーブの効いたシェルターの中でまったりドラクエなんぞをやっていると、もう夕食の時間ですw(←やっていることがまったくキャンプっぽくない)

本日の材料はコチラ。
20180211-172700-0

小さめの土鍋にたっぷりの昆布を入れ、
20180211-172739-0

弱い中火で火を入れて、煮立つ頃に大根おろし1/2本分と醤油をひとまわし。
20180211-173513-0

煮立ったらネギと水菜を投入。
20180211-173922-0

これにブリをしゃぶしゃぶして、
20180211-174437-0

ポン酢とかんずりでいただきます。
20180211-175934-0
これは美味いっ!!!

ブリはこの季節「しゃぶしゃぶ用」として薄切りのが売っているので、それを利用すると早いです。

なければ刺身用のサクを購入して、がんばって薄切りにしましょう。

大根おろしでしゃぶしゃぶするとブリの生臭みが消えるので、ぜひたっぷり入れてください。

野菜は今回はネギと水菜を入れましたが、あまり多くの種類を使わない方がボクは美味しいと思います。あえて加えるなら、エノキなんかがいいと思います。

宇都宮を擁する栃木ということで、〆は水餃子にしますw
20180211-181220-0

あぁ、美味。
20180211-182017-0

さて、翌朝。朝6時頃の気温は約-5℃。夜中の最低気温は-7℃だったようです。
20180212-064843-0
塩原グリーンビレッジは東西を山に囲まれているため、夕日が沈むのが早く、朝日が差してくるのが遅いです。

朝から薪ストーブを焚いて暖を取ります。
20180212-070340-0
今回デビューの笠のおかげで排煙がスムーズです♪

最終日の朝のご飯はいつもの手抜きうどん。
20180212-065946-0

簡単で温まりますナー。
20180212-072656-0

というところで短信は以上。次回は設備等のレビューをお届けします。
記事検索
タグクラウド
プロフィール

ますたー

東京都世田谷区在住。嫁とふたり暮らし。酒とキャンプ(ギャンブルではない)と美味いものをこよなく愛するヒゲのアラフォー。職場でも友人からも「ますたー」と呼ばれている。(かつてカフェのマスターだったから)

【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ