キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

ウェットティッシュ問題。

キャンプフィールドでは割とたくさんのペーパー類を使うもの。

・ティッシュペーパー
・ウェットティッシュ
・キッチンペーパー

などはリビングに常駐のレギュラーではないでしょうか。

我が家ではティッシュペーパーはコットン生地のカバーに入れていて、キッチンペーパーはむき出しで置いてあります。どちらも主張しすぎない外観で、キャンプの雰囲気を邪魔しません。

問題なのはウェットティッシュ。だって、これですから、、、ネ。

エリエール 除菌できるアルコールタオル 本体 100枚入り

世の中にティッシュカバーはいっぱい売っているのに、なぜかウェットティッシュカバーがない。ミンネなどハンドメイドのマーケットでわずかに散見するくらいです。

自作すればいいのですが、、、ワタクシDIYが苦手なので、レザーを加工したり帆布を縫ったりができません。

で、思いついて作ったのが、コレ。
IMG_5228_s
ジャジャーーン!

これ、壁紙の余りを使いました。
IMG_5230_s
テキトーに切って、両面テープで貼っただけです。

フタはいったん外して壁紙に両面テープで貼りつけてから、カッターナイフで切り抜きます。
IMG_5229_s
なんか、試しにテキトーに作ってみたら、まあまあイケる感じになりました。

壁紙はAmazonでもたくさんの種類が売っているので、お暇な方はぜひお試しください~。

壁紙 生のり付き/リザーブ1000/木目調/1m単位/【CC-RE7452】(CC-RE2622)/JQ




 

ヘリノックスコンフォートチェアのことを少し。

セマフカは夏はシーズンオフ!ということで更新が滞っておりますが、ワタクシ自身は冷房の効いた部屋でネコと戯れており、すこぶる元気です(爆

春に購入したキャンプギアをあまり紹介できず申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、、、なにしろブログ執筆時間であるはずの早朝は猫の遊んで攻撃と腹減った攻撃にさらされてですね、、、しかも部屋がネコグッズだらけで写真を撮るスペースがなくなり、、、あ、はい、言い訳ですネ。言い逃れです。スミマセン!!!

というわけで本日はヘリノックス コンフォートをちらりと。

Helinox(ヘリノックス) コンフォートチェア ベージュ

これがチェアワンですが、

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック

これ、スペックを見ると実は座面高が違いますね。。。

コンフォート:25cm
チェアワン:34cm

今、初めて知りました。。。この辺りはチェアワンをどうにか入手して、改めて座り心地などの違いをレビューいたします!(っつかこのスペック本当かな。。。?)

生地はコットンに見えますが、実はざっくりした風合いのポリエステル生地です。手触りはどちらかというと麻っぽい雰囲気です。いずれにしてもナチュラルな風合いで好感が持てます。

コットンでなくポリエステルなのは、やはり張りの耐久性の問題かと。コットンだとどうしても使い込むうちにだれーんとなってきてしまうのではないでしょうか。

で、重さはチェアワンと比べるとちと重いです。

コンフォート:980g
チェアワン:890g

やはり生地の分が重くなっているのでしょうか。しかし1kg未満というのは凄い。これで耐荷重145kgですから、その性能には頭が下がります。

ヘリノックスチェアの形だけ真似た製品が世の中に蔓延してますが、これだけの耐荷重を誇っているのは元祖ヘリノックスだけですゾ。

さて収納時の大きさはこんな感じ。
ヘリノックス_IMG_5221
2Lのペットボトルと比べるとふたまわりほど大きい感じ。しかし重さは半分です。

一升瓶と比べると存在感はどっこいどっこい。胴回りがひとまわり大きいくらいです。
ヘリノックス_IMG_5222

収納はテントと同じく、畳んだフレームを生地で巻くスタイル。
ヘリノックス_IMG_5226
ヘリノックスのチェアはフレームの機構もテントのポールと同じ。ポール内部にショックコードが通っていて、フレーム同士がカチャカチャカチャっと組み合わさる仕掛けです。
ヘリノックス_IMG_5227
これ、実に簡単で気持ちがいい。

フレームの組み立ては30秒あれば十分です。その後でシートを引掛けるのにさらに30秒。袋から出して1分で確実に組み上がります。

もしもヘリノックスチェア早組み大会なんてやったら、たぶん優勝タイムは15秒くらいになると思いますヨw

というわけでヘリノックス コンフォートのちょっとだけレビューでした。続きはまたおいおい。。。(猫の機嫌次第。。。)

お詫びと言ってはなんですが、サービスショットを1枚。
image
にゃ。

ではまた(笑)

朝霧ジャンボリー あっさりレビュー(2016年6月)

仕事のロケで行ってきた朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の超簡単レビューをいたします。

女子キャンプロケの小道具 兼 大道具 兼 料理担当だったので、ほとんど取材らしき取材もできず、環境や設備等の超簡単レビューです。

まずロケーションですが、有名なふもとっぱらのご近所です。
asgt

今回のロケも当初はふもとっぱらを予定していましたが、ワタクシがふもとっぱらの仮設トイレがどうにも気に入らないのと、スラックラインやハンモックの紹介も予定していたので、ふもとっぱらは木立が少ないことから、朝霧ジャンボリーに変更したといういきさつ。

航空写真で見ると朝霧ジャンボリーの全景はこんな感じ。
asgr2
ゴルフ場のように木立に囲まれた芝生の広場がつながっています。

ロケを行ったサイトはNサイト。
20160626_160147_0

map
【→朝霧ジャンボリー 場内マップページを表示する】


実はこの朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。富士山が至近とはいえ、富士山が見えるサイトは少ないのです。

木立が多いせいで、富士山への視界が遮られているんですネ。このへんがサイトのどこからでも綺麗に富士山の全体を見ることができるふもとっぱらと決定的に違うところです。

逆にサイトのプライベートが保ちやすかったり、日射しを遮る木陰が確保しやすいなどのメリットがあるので、特に富士山にこだわらなければ、快適なキャンプサイトだと思います。

また、この朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は朝霧ジャンボリーゴルフクラブというゴルフ場も併設していて、芝生の管理能力が高いのか、芝生の状態が実にスバラシイ。

ほとんどの場所がこのようにふわっふわのふさっふさな芝生に覆われています。
20160626_172314_0

Nサイトはこんな感じ。
20160626_171811_0
20160626_171855_0
20160626_172004_0
スペースの大小はあれど、ほとんどのサイトがこのような雰囲気です。

さて気になるサニタリー。

トイレ棟はこのような立派なものがキャンプ場内のあちこちに建っています。
20160626_172117_0
男子用の中はこんな感じ。なんと小用がありません。個室が3つです。
20160626_172135_0
中はごくごく普通の洋式水洗。
20160626_172203_0
清潔に保たれています。トイレットペーパーの予備も置いてあり、ウォシュレットの設置がないのは残念ですが、まずまず及第点でしょうか。

トイレ棟のすぐ前が炊事棟。
20160626_172052_0
屋根付きで清潔なステンレスシンクです。給湯設備はありません。
20160626_172101_0
水は富士山の天然水なので、飲み水・料理用の水に思う存分使えます。
20160626_172107_0

上記のトイレ棟・炊事棟はNサイトの施設です。他のサイトの様子はほぼ見れなかったので、またいつかレポートしたいと思います!
20160626_172538_0

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ