キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

伊豆自然村キャンプフィールド サイトコレクション(2016年6月)

というわけで、蛍が飛ぶキャンプ場「伊豆自然村キャンプフィールド」のサイトコレクション、行ってみよう!

お隣のグループはリビングはひとつで、小テントをたくさん張る「ヴィレッジスタイル」
20160619_052804_0
なかなかに手慣れた感じです。

川沿いの芝サイトは今年も満員。
20160619_053028_0

こちらはスノーピーク アメニティドームとエルフィールドヘキサ。バリバリのスノーピーカーですネ。
20160619_053208_0
川側をポールで跳ね上げて視界を広く取っています。リビングでくつろぎながら蛍が見れるスタイル。さすがです。

こちらはスノーピークのタシーク、かな。右側の小テントはアネックスですかね。
20160619_053238_0
確かに家族3人ではタシークのデフォルトのインナーでは狭いですから、ファミリーキャンプでアネックススタイルがよいでしょう。(4人用インナー、高いし。。。)

こちらはスノーピーク ランドロック。
20160619_053617_0
先ほどのタシークもそうですが、この日は雨の心配もなかったので、みなさんこのようなフルオープンスタイルが多かったですネ。

全体的にスノーピークの2ルームが多かった中で、唯一のコールマン ウェザーマスター。
20160619_053702_0
近ごろはキャンプ場内に必ず1張りは見るようになりました。徐々にシェアが上がってきている気配ですゾ。

コチラはスバルWRXでキャンプ。くぅ、たまらんですナ。
BlogPaint
ワタクシもいつかスバルブルーのWRXでスマートにワイルドにソロキャンプに行きたいものです。

以上、写真は少ないですが、オープンスタイルが目立った初夏の伊豆自然村キャンプフィールドでした。
20160619_053415_0

にしてもタープがないと日射しが、、、と思うのですが、みなさん平気なのかな、、、と。

スノーピークの2ルームならシールドルーフがありますが、これは真上からの日差しは防げるけれど、サイドはノーガード。本当に日射しが強い日は、2ルームの上から日射しを遮るように大型のタープを張る等の対策が有効な気がするのです。

スノーピーククラスでも2重じゃないと、強い日射しは防げませんし。

うーん、ワタクシ真夏にキャンプをしないので、なんとも分かりませんが。。。今年は真夏の直射光芝サイトにチャレンジしてみようかしら。。。

伊豆自然村キャンプフィールド 短信(2016年6月)

今年も出撃してきました。蛍が見れるキャンプ場「伊豆自然村キャンプフィールド」。

3組のグループキャンプでしたが、到着が遅くなったため大きなサイトが取れず。。。林間サイト2か所に分かれての設置です。

広い1サイトは車3台+ノルディック アスガルド+リビング。もう1サイトに小さなテントを2張りして2組分の寝室を設置しました。

雨の心配がなさそうだったので、リビングはタープなしのオープンスタイル。林間で木陰だったので日差しも遮ってくれました。
20160618_164754_0

夕食は各家の男子がそれぞれ1-2品作る方式。

ワタクシ提供の1品目はグリルパンで金目鯛・エビ・イカ・ホタテを香ばしく焼いて、
20160618_182316_0
家で仕込んでおいたガスパチョを敷いた上に乗せます。(なんか、色悪いな。。。カメラの設定間違えた。。。?)
20160618_182527_0
ガスパチョは凍らせておいたのでシャーベット状です。熱々の魚介のグリエと冷え冷えのガスパチョのソルベを合わせていただく夏にふさわしいお料理。

料理をあまりやらない諸兄は、レトルトのパスタソースの「ポモドーロ」(トマトソース)を凍らせた奴を持参して、細かく砕きながら皿に敷いて、バルサミコ酢とオリーブオイルをそれぞれ大さじ1杯程度まわしかけた上に、焼けた魚介類を乗せていただくとそれっぽい感じになると思います。

フレッシュバジルかイタリアンパセリを飾るとグッとオシャレになりますゾ。

2品目はハンバーグ。(やっぱ、色、、、変。昼間から飲み過ぎた。。。?)
20160618_184237_0
スキレットでじっくり焼きます。

両面焦げ目をつけたらフタをして蒸し焼きにしておいてください。(専用蓋を用意しなくても、手持ちの鍋セットの蓋で大丈夫。そもそも買い揃える時に鍋の直径を合わせておいて、蓋を共用できるようにしておくのが吉)

ハンバーグが焼けたら、別のフライパン(今回はユニフレームのFan5Duoのフライパン)で作っておいたソースをぶっかけます。
20160618_191526_0
こちらの料理、名づけて「夏こそ!スパイシーハンバーグ」。

ハンバーグのタネを作る時に入れるスパイスは、通常は黒コショウとナツメグですが、これらを3倍に増量したうえにクローブ・クミン・タイムを入れてスパイシーに味付けてあります。

ソースはナス・ズッキーニ・トマトといった夏野菜を炒めて、市販のデミグラスソースでさっと煮込みました。こちらにも上記同様のスパイスが入ります。

料理というのは、使うスパイスや野菜を変えるだけで、簡単に季節感を演出することができますヨ。

他にも友人夫婦が美味しい料理を振る舞ってくれました。
20160618_193104_0

さてお楽しみの蛍タイム。
20160618_195152_0
夜景を撮るのは初めてなので、勝手が分からず。。。あまり良い写真が撮れませんでした。(←予習しておけよっ。というツッコミはグッとこらえていただきたい)

20160618_195500_0

一匹が明滅しながらす~っと飛んできた時はこんな写真が撮れました。
20160618_202035_0

去年はとても蛍が多くまさに「乱舞」といった感じですが、今年は数が少なく残念。

原因は以下の2点ではないか、と。
・湿度が低く、気温が低かった
・満月が近かった

湿度・温度は仕方ないですね。これは時の運です。本当は雨上りのムッと蒸し暑い日がいちばんいいのだそうです。この日はからりと晴れて、夜は少し気温が下がるという、普通のキャンプでは過ごしやすい天気だったのですが、蛍鑑賞に向かないコンディション。

月については、新月のほうがよく蛍が出るらしいですが、この日は満月の2日前くらいの明るい夜でした。

蛍を鑑賞した後は、みんなでまったり焚き火タイム。

伊豆自然村キャンプは売店がなく、管理棟でわずかな量の薪・炭を売っているだけなので、薪は家から持参です。

翌朝の気温は17℃。半袖短パンではちょっと肌寒い気温です。
20160619_052334_0
アメドSはフライのすべてのファスナーを開くフルオープンスタイルですが、インナーのメッシュは閉めたまま。このくらいでちょうどいい夜を過ごすことができました。

フライをかけるのは万が一の雨に備えるためと、夜露を避けるためです。写真手前の三角形の部分のわずかな軒下に靴を入れると、ちょうどいい靴置き場となります。

気持ちのよい朝です。
20160619_053735_0
20160619_052910_0

恒例のコーヒータイムは、いつもチャムスのマグではなく、スターウォーズ ストームトルーパー柄のタンブラー。
20160619_061204_0
うーん、よい蛍キャンプとなりました。

伊豆自然村キャンプフィールドの過去の記事はコチラ。
【→タグ「伊豆自然村キャンプフィールド」一覧】

あ、ちなみに去年はワラビを採りましたが、、、橋にはこんな立て看板が。。。
20160619_053307_0
これ、去年は橋を使わずに、山側からワラビゾーンに入ったので気づきませんでしたが、去年以前からあったのでしょうか。。。関係者の皆様深くお詫びいたします。申し訳ありませんでした。m(_ _)m

良識あるキャンパーはルールを守ってキャンプをしてくださいネ!

NEWS:村の鍛冶屋 本店オープン

セマフカ御用達の鍛造ペグ「エリッゼステーク」を製造・販売している「村の鍛冶屋」さんが本店をオープンさせました。

おめでとうございますー!
(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*) 

kanban
【→村の鍛冶屋 本店を表示する】


今なら会員登録で300円分のポイントプレゼント中なので、みなさまぜひ本店でお買い求めください〜。

(※重ね重ね言っておきますが、セマフカは村の鍛冶屋さんの回し者ではございませんっ)(←単なるファンでございます)


 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ