キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

2014年05月

ビクトリノックスのナイフは本当に使えるのか?

かれこれ22年になります。

僕のビクトリノックスユーザ歴です。

ずっと長く愛用していたのがコレ。

VICTORINOX(ビクトリノックス) キャンパーBK【→Amazon】

バックパッカー時代にはナイフはこれ一本でした。
大ブレードで簡単な料理はだいたいこなせます。ここぞの切れ味が欲しい時には小ブレードで。栓抜き・缶きり・コルク抜きを網羅していて、開けられないものはなし。

どこへ行くにも必ず持っていました。

耐久性・機能性・使い勝手・デザイン・携行性など、どれをとっても文句のつけようがない素晴らしいツールナイフでした。

ところがある時、海外旅行からの帰国時にうっかり手荷物のバッグに入れっ放しのまま空港のセキュリティで引っかかり、泣く泣く手放してしまいました。

近頃オートキャンパーに転向して買ったのがこの2本。

VICTORINOX(ビクトリノックス) ウェイター【→Amazon】


VICTORINOX(ビクトリノックス) ハンティングXT【→Amazon】

オートキャンプではちゃんとした包丁を持っていくので、ブレードはもっぱらワインのコルクの巻き紙を切る用。コルク抜きと瓶ビールのための栓抜きがあれば必要にして十分。
というわけで「ウェイター」を。

また、ナイフとしてなら大きいブレードのほうが何かと使えます。レギュラーサイズ(ハンドルサイズ84mm)ではなく、ひと回り大きいタイプ(ハンドルサイズ111mm)を選択。
プレーンブレードの他には、太いロープや段ボールをザクザク切ることができるガッティングブレード、また意外に役立つのこぎりがついた「ハンティングXT」に決めました。

ウェイターはオートキャンプ中も常に携行し、ちょっとした用途に。ハンティングは小物を入れるバッグに忍ばせ、ここぞという時に、と思っていました。

そう、「思っていた」んです、

実際は、料理は全て包丁でやってしまうし、ワインはたいていスクリューキャップだし、ビールは缶ビールだし、缶切りが必要な缶詰めなどない、という状況で、オートキャンプではほとんどビクトリノックスを使うことがありません。

ここぞのワインを持参するときには、もちろん専用のソムリエナイフ持参です。。。

ううむ。

哀しいかな。これがオートキャンプの実情です。

さて、これからオートキャンプを始める人に「ツールナイフって必要ですか?」と訊かれたら、どう答えるか。

僕はこう答えましょう。

「全く必要ありません。しかし、持っていると楽しいので、ぜひ買ってください!」

あぁ、ビクトリノックスを使うために、ソロのバックパッキング旅にでも出ようかしらん。

【ビクトリノックスが欲しい!という貴方。ぜひ下記からどうぞm(_ _)m】

【→Amazon ビクトリノックス ナイフ 一覧】
 

NEWS:コールマン スターウォーズのアウトドアグッズを7月に発売

コールマン、ディズニーとの初コレクション!
世代を超えて愛される『くまのプーさん』、SFの金字塔『スター・ウォーズ』とのコレクションアイテムを7月に発売
無題_s
【→コールマン ニュースリリースPDFを表示する】


と、いうことですが、、、デザイン、ちと中途半端ではないですかナ。。。


 

キャンプ場でいただく由緒正しき日本の朝ごはん~完結編~

前回から引き続き日本の正しい朝ごはん、別名「普通の朝ごはん」を作っています。(ご飯を炊く編はコチラ

ご飯は炊きあがって蒸らしに入っています。ハンカチを乗せていますが「蒸らし中だよ」という合図で、あまり意味はありません。いちおう、気持ちだけ保温している感じですが。。。
20140505_055920_0
 
さて、この間に味噌汁を作ります。今回は道志の森キャンプ場の近くの道の駅「どうし」で買ったこごみを使います。朝食でも夕食でも、必ず地元の食材をひとつくらい入れてやると、食事が生き生きとしてきますね。
20140505_060300_0

めちゃめちゃ新鮮です。
20140505_060323_0

切っていきます。ひとりの時はできるだけ料理を簡素に行いたいので、極力まな板を使わずにキッチンバサミ等で素材を切ります。
 20140505_060548_0

出汁投入。これも普段の家やファミリーキャンプ・グループキャンプでは天然素材で出汁を取りますが、ひとりの時はサボります。同じ料理でも誰かに食べてもらう料理と、ひとりで食べる料理では、楽しさが全く違うものなのですね。。。
20140505_060642_0
ちなみに鍋はソロ時代からお世話になっているEVERNEWのクッカーセット。購入から十数年は経っているはずですが、ほとんど茹でるとかの料理しかしていないので綺麗です。

なべいっぱいにこごみが入りました。贅沢!
20140505_060853_0

再沸騰して30秒くらいしてから火を止め、味噌投入。新鮮な素材なのであまり火を通さずにフレッシュな食感を楽しみたいと思います。味噌は岐阜の赤味噌です。
この後で豆腐を入れるので、気持ち味を濃いめにします。豆腐から水気が出てくるからです。
20140505_061157_0

豆腐投入。丸ごと入れちゃいます。
20140505_061410_0

豆腐を丸ごと食べるわけではありません。お玉でくずします。これも調理のステップをできるだけ省く工夫です。
20140505_061444_0

出来ました。
20140505_061742_0

サバ缶と納豆と生卵を添えて完成です。どうですか?普通でしょ(笑
20140505_062104_0
20140505_062119_0
20140505_062112_0

玉子をのせて、いいビジュアルです。
20140505_062302_0
卵かけご飯には香川空港で買った出汁醤油を使います。うどん県香川はこうした出汁醤油が豊富です。しかもお土産用に小さな容器で売っているので、キャンプに持ってこいです。(我が家は普段の家でも使っていますが)
20140505_062222_0

うーん、いいビジュアルです。(←しつこい)
20140505_062415_0

納豆でダメ押し。
20140505_062638_0

金のサバ缶。チョコボールで金のエンゼルを出すと当たります。嘘です。普通にスーパーで売っています。
20140505_062800_0
ただし値段はちょっとお高め。このサバ缶も日常の朝食でいただいているものですが、原材料がシンプルなので、この銘柄を選んでいます。
日常食で原材料に「調味料(アミノ酸)」などと書いてあるものは、できるだけ避けるようにしています。(たまにしか食べないものは全く気にせず食べます。マックのハンバーガーも大好きです)
20140505_062816_0

ごちそうさまでした。(ひとりでサバ缶1缶を食べたので、チト塩分過多ですナ。。。)
20140505_063737_0

ご飯がまったくこびりつかないのがユニフレームfan5炊飯鍋のいいところですね。
20140505_063902_0

道志の森キャンプ場はゴミ持ち帰りなので、缶詰の空き缶は中をペーパーでふき取って奇麗にしておきます。キャンプ場では炊事場の排水がどこに行っているか不安なこともあり、塩分の含まれた排水をできるだけ流さないようにも心がけています。
20140505_064323_0
このくらい綺麗になれば十分ですね。これを適当に放置すると、帰りの車の中がとっても臭くなります。
20140505_064434_0

以上、「キャンプ場でいただく由緒正しき日本の朝ごはん」でした。(ほとんど役に立たない記事で申し訳ない!)

しかし、キャンプという非日常で、日常の朝ごはんをいただくというギャップが萌えるんですよ、これが。ぜひお試しあれ。

【↓Amazon 本稿で使用している道具の詳細は以下からご覧ください】


Fan5Duoの兄貴分Fan5DXはコチラ。


【↓Naturum ご購入の際は価格を比較してからどうぞ】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】

単体よりガスカートリッジ付きのほうが安いという挑戦的なセットです。おススメ。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo



 
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX




エバニュー(EVERNEW) チロルコッヘルM
エバニュー(EVERNEW) チロルコッヘルM



 

キャンプ場でいただく由緒正しき日本の朝ごはん~ご飯を炊く編~

みなさんのキャンプの定番朝ごはんは何ですか?

我が家の朝ごはんは、
「普通の朝ごはん」
です。

と、いうわけで早速ですが、今回は鍋で炊く、ご飯の炊き方をお届けします。
とにかく作っていきましょう!

今回のギアは鍋がユニフレームのFan5Duoの炊飯鍋。バーナーはSOTOのST-310です。
20140505_054025_0
ST-310は微妙な火力調整ができるので、ご飯を炊くのにもってこいです。

Fan5Duoの炊飯鍋は3合まで炊けます。内側に米の量と水の量が示されているのが便利ですね。今回はひとりなので1合で炊いています。ちなみに米は研いだ後で20~30分くらい吸水させてくださいね。
20140505_053838_0

炊き方は結構てきとーです。
はじめは強火で、沸騰してきたら弱火。基本それでOKです。

沸騰後はこんな感じのぶくぶくが絶え間なく続く感じの火力。フタが上下してカタカタ言っている状態ですね。
20140505_054435_0

やがてぶくぶく・カタカタしなくなります。
そしたら、フタを開けちゃいます。
20140505_054947_0

「え!?開けていいの?」という声が聞こえてきそうですが、、、

いいんです。開けちゃっていいんです!(川平慈英風で)

ぶくぶく・カタカタがなくなったら、開けちゃっていいんです!

もちろんそれがベストの炊き方ではないですが、炊飯のステップの途中で中がどのような状態なのかを確かめることが、鍋で上手にご飯を炊くことの学びにつながります。

「外から見てこんな感じなら、中はこんな状態」ということを繰り返し繰り返し体験することで、炊飯のメカニズムがわかってきますし、メカニズムが理解できれば、飯盒だろうが土鍋だろうがバケツだろうが、どんな道具でもご飯が炊けるようになるはずです。(バケツでご飯を炊いたことはありませんが、、、)

さて、上の写真ではまだご飯がだいぶ水っぽいのがわかるはずです。ぶくぶく・カタカタが終わっても、まだ相当の水分が鍋の中に残っているのですね。

フタを戻して、さらに弱火で加熱を続けます。

しばらくしてまたフタを開けてみます。まだ水っぽいものの、なんとなく「ご飯っぽい」ですね。もうひと息です。
20140505_055246_0
このくらいになると、フタの隙間から登る湯気が少なくなってきます。中の水分量を判断するのに、飯盒だとよく「叩く」という方法が取られます。鈍い音ならまだ水分が残っていて、軽い音に変わったらOKというやつですね。しかし、鍋で炊く場合は湯気の状態を見ればだいたい中の状態が分かるものです。

フタの隙間から洩れる湯気が、「お湯が沸騰して勢いよく湯気が上がっている」という感じから、「熱いお湯から自然と湯気が上がっている」みたいな感じに変わってきたら、中の水分がだいぶ飛んできた証拠です。ここで火を止めてしまってもOKです。

そこからさらに加熱を続けるとおこげができるわけですが、ここまできたら匂いをかいでみるのも方法です。かすかに香ばしいおこげの香りが感じられたら火を止める、という感じに僕はしています。

こんな状態ならだいたい大丈夫でしょう。
20140505_055621_0

ちょっと見にくいですが、ほんのりとおこげができているのが分るでしょうか。このくらいの微妙なおこげが僕の好みです。
20140505_055728_0

この状態ではまだご飯に芯が残っているはずです。試しに一口食べてみるといいでしょう。これも学びです。

さっくりと底のほうから混ぜてから、20~30分程度蒸らします。布等でくるんで保温しておけばベストですが、今回はハンカチを乗せただけ。保温にはほとんど役にたっていませんが、「ただいま蒸らし中」という目印のために、毎度なにかしらのものを巻いたり、載せたりしています。
20140505_055920_0

ちなみにおこげを作らない場合は、混ぜなくても大丈夫ですし、おこげのパリパリ感を楽しみたい場合は、あえて混ぜないほうがいいでしょう。

さて、ご飯を蒸らしている間に味噌汁やおかずを作りましょう。ご飯と味噌汁は同時進行しなくていいので、シングルバーナーで十分間に合うところがいいですね。

以上、鍋で炊く、ご飯の炊き方でした。

次回は味噌汁付きの「由緒正しき日本の朝ごはん」完結編です。お楽しみに!


【↓Amazon 本稿で使用している道具の詳細は以下からご覧ください】


Fan5Duoの兄貴分Fan5DXはコチラ。


【↓Naturum ご購入の際は価格を比較してからどうぞ】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】

単体よりガスカートリッジ付きのほうが安いという挑戦的なセットです。おススメ。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo



 
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX



 

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 レビュー

「限定カラー」にやられて買っちゃいました。SOTOのガストーチ。


ソト(SOTO) スライドガストーチ レッド 【Amazon.co.jp限定モデル】ST-480RED [HTRC 2.1]

他のカラーもありますが(記事はコチラ)、やっぱり赤を買っちゃいますね。。。

どこにもバンダイとか書いてないので、非ライセンス商品なのでしょうが、きちんとライセンスを取ってジオン軍のマークでも入れてほしいものですナ。

さておき到着早々のレビューです。

IMG_9837_s
く、かっこいい。。。(レザーグローブは意味ありません。雰囲気です、雰囲気)

いわゆる真っ赤ではなくて、渋いピンクとエンジ色のちゃんとしたシャアピンク×シャアレッドというカラーリングがファーストファンを泣かせます。

その点、シャア専用オーリスとはひと味違いますナ。
o_s
【→トヨタ シャア専用オーリス スペシャルサイトを表示する】


さて見た目はいいとして、このソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480ですが、レビューで「安全装置が改悪されている」と書かれているのが気になるところ。

IMG_9841_s
点火スイッチの中央のスリット部分をぐいっと横に押し込んだまま点火スイッチを縦に押し込むと点火する仕掛けになっています。(意匠としてはかなりグッときますが。。。)

それまでのタイプは点火スイッチを横に引いてから、縦に押し込む2アクションが必要でしたが、これは1アクションで点火可能になっています。

2アクションが1アクションになったのなら改悪ではなく、改良だよね?

と思うところですが、なるほどなるほど、僕も使ってみてよぉくわかりました。

まず1点。慣れるまでが使いにくいんですね。スリットを横に押し込むのが中途半端だと縦に押し込めないので、けっこう気を付けてグイッと横に押し込まないといけません。

操作が下手くそだと「アレ、、、アレ、、、ちっ、押せないじゃん」とイラッときます。旧式では2アクション必要は必要ですが、両方の操作ともきわめて単純で、操作に手間取ることがありません。

もう1点。操作のコツをつかんでしまえば1アクションでスムーズに点火できるのですが、なんていいますか、「フィーリングが悪い」んですね。

クリック感ていうんですかね。本来2アクションであるところを1アクションでやることが原因なのですが、点火の時の音・手ごたえを擬音で表すと「カ・キャッ」という感じです。

いわゆる普通のライターが「カチャッ」ですが、
SOTO ST-480は「カ・キャッ」

なーんか、気持ち良くないんですよ。
クリック感が。


PCのマウスの好き嫌いって、重さとか機能とかではなくて、クリック感だったりするじゃないですか。クリック音がうるさいとか、クリックがちょっと重いとか、ストロークが浅すぎるとか。アレです。

これは「途中で引っかかったのを無理に押し込んでる感」があるんですね。どうも気持ち悪い。

2アクションだったチャイルドロックが1アクションになったのは進歩なのですが、「使う時の気持ちよさ」が退化してしまいました。

惜しいです。

実に惜しいです。

プロダクトエンジニアリングにありがちな罠だと思います。機械としては間違いなく効率性の進歩を果たしてはいるが、人間が使った時のフィーリングを犠牲にしてしまいました。


ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480と言えば、定番中の定番。名品中の名品です。

名品が名品たるゆえんは「使った時の素晴らしさ」に尽きると思います。

その点、改良型のソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480は、名品とは言い難い気がします。

SOTOさん、ぜひご再考、再設計をお願いできないでしょうかね?

にしても着火剤に火をつけるくらいしかライターを使わないオートキャンパーとしては、やっぱ100均のライターで十分ではないでしょうかね。
IMG_9843_s
100均のライターには軍手がよく似合うぜ、ふっ。

今回は少し残念なレビューでした。

しかし、SOTOさん応援していますヨ!再度の改良をよろしくお願いします!

→続編はコチラ
 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ