昨年、視察レビューをお届けした山伏オートキャンプ場に今年ようやく行くことができました。

去年の記事はコチラ。
山伏オートキャンプ場 視察レビュー 設備編(2014年10月)
山伏オートキャンプ場 視察レビュー サイト編(2014年10月)

あまり変更はありませんが、いちおう2015年アップデート版ということでお送りします。

まずはトイレ。
IMG_3537
このようなトイレ棟が場内2か所あります。

個室が4つ。一番奥は男性小用です。個室に男女の区別はありません。
IMG_3538

中はウォシュレット設置。清潔に保たれています。
IMG_3540
なお、和式の設置もありますので、「男は黙って和式っ!」という硬派なお父さんもご満足いただけるはずです。

男性小用は中央のトイレ棟のみ設置。
IMG_3541

外には鏡と手洗いシンクの設置があります。けっこう低めなので、お子様でも手が届きやすいと思います。
IMG_3539

続いて炊事場。
IMG_3508

コイン式給湯機が付いています。ひとつのシンクのみお湯が使えます。ちなみに100円で4分使えます。
IMG_3509
湯量ではなく時間なので、バケツ等を持参してお湯を溜めて使うとよいでしょう。

冷蔵庫も設置してあります。宿泊していれば自由に使えます。特に夏場は重宝しますネ。
IMG_3511

洗濯機も置いてあります。
IMG_3514
いくらでも長期宿泊できそうです。

なんといっても山伏オートキャンプ場のウリは釜風呂。
IMG_3584
「これがあるから山伏に来る」というキャンパーも多いみたいです。近隣の日帰り温泉は600~900円なので、無料で入れるお風呂はうれしいですね。

大きさは大人が3人も入ればいっぱいなので、脱衣所を見て人数が多そうだったら時間をずらしてみましょう。

洗い場は立って使えるシャワーが2か所と、釜風呂のすぐ横の合計3か所。シャンプー等の設置はないので、持参しましょう。

脱衣所にドライヤーの設置もないので、女性の方はどうしているんでしょうか。。。?(スマセン。次回確認しておきます)

なお、昨年は男女1時間ずつだったお風呂の時間がそれぞれ1時間半ずつに延びていました。さすがに1時間ではあわただしいですからネ。
IMG_3501

以上、山伏オートキャンプ場のサニタリー設備でした。
・ウォシュレット設置の清潔なトイレ
・お湯が出る(←有料だけど)炊事場
・無料の立派なお風呂
の3拍子揃ったナイスな設備ですナ。

次回はその他設備編をお送りします。

山伏オートキャンプ場 オフィシャルサイトはコチラ
無題_s