というわけで、道志みちの最深部に位置する「山伏オートキャンプ場」に行って参りました。

道志みちのキャンプ場は東京方面から行くと、中央道を「相模湖」で降りるルートと「相模湖東」で降りるルートが考えられます。 

道志みちの(東京方面から見て)手前の方のキャンプ場なら相模湖東、奥の方なら相模湖で降りるのが常道ですが、道志みち唯一のスーパー「マルエツ三ケ木店」で買い物をするには、どちらの場合も相模湖東で降りるのが便利。

特にBBQを予定しているなら、さすがの道志みちのスーパーだけあって、BBQ用の食材が充実していますゾ。

さて、朝7時半頃にカーシェアリング「カレコ」の渋谷区役所ステーションでお気に入りのスバル フォレスターをゲット。

スノーピーク タシークを始め、レインボーストーブまで完全装備にて積み込みます。
IMG_3490

後方視界もバッチリ。
IMG_3493
いっやー、フォレスターは本当にいいナ。キャンプのベストパートナーですヨ。たくさん積めて、よく走る。特にスバル車全車種に搭載のアイサイトが感涙。

前の車の状況に応じて自動でスピード調整をする「自動追従モード」は、渋滞しがちな東名・中央道を走る時には必須の機能。渋滞時の疲れが全くもって違いますゾ。

さて、9時に世田谷の自宅を出発し、10時半にはマルエツ三ケ木店で買い出し。道志みちの紅葉ドライブを楽しみながら、12時ちょっと前に山伏オートキャンプ場に到着。

季節は秋真っ盛り。紅葉が美しい季節ですナ。
IMG_3725
IMG_3726

受付を済ませて、いざキャンプサイトへ。今回は14番をご案内いただきました。
IMG_3507

下記は山伏オートキャンプ場さんのHPに掲載のマップの転載ですが、管理棟からキャンプフィールドに入ってすぐのところ。トイレ・炊事場にもほど近い便利なサイトです。
07

IMG_3516

タシークを立てたらさっそく昼飯。「宅麺」のラーメンを持ってきました。
IMG_3527
たっぷりの野菜を食べたかったので、スーパーでカット野菜を購入。
IMG_3530

ユニフレームFan5Duoの大鍋にたっぷりの湯を沸かし、冷凍スープ・具材を温め、
IMG_3528
カット野菜をゆがき、
IMG_3546
麺をゆでたら、
IMG_3547
2人分をFan5Duoの中鍋に入れていただきます。
IMG_3548
あ、いや、中鍋を抱えて食べたわけじゃなく、小さいボウルに取りわけながらいただきましたヨ。っつか、昼飯はラーメンと決めていたのに、なぜどんぶりを持ってこなかったのか、といううっかりな話でして。。。

冷凍ラーメンの宅麺はスープもそのまま冷凍になっているので、調理は1バーナー・1鍋で済むところが実はキャンプ向き。保冷剤の代わりにもなりますゾw

飯を食ったら、スノーピーク レインボーストーブに給油。
IMG_3524
5Lの灯油タンクはアメリカ~ンなステッカーでデコっておきました。これで他の人の灯油タンクと間違えることはありません。(えっへん)
ちなみにレインボーストーブの灯油タンク容量は4.9L。朝晩だけの使用なら3泊くらいは余裕でもつ感じです。
IMG_3526
で、レインボーストーブをタシークにイン。
IMG_3552
残念ながら昼過ぎの気温は18℃。出番は夜ですかナ。。。

ちなみにタシークの前のレイアウトはこんな感じ。完全オープンエアなレイアウトにしてみました。
IMG_3554

キャンプ場の方が14時から鹿鍋をふるまってくれるというので、もらってきました。
IMG_3576
シカ肉はジビエらしい力強い風味があって美味でございましたナ。

この他にやったことと言えば、昼寝だけ。食って寝て、というぐうたらキャンプ。。。ま、中年親父のキャンプなんてこんなもんです。。。

夕方から焚火を始めて、、、オンウェーコンフォートチェアに座って、やっぱ、うとうと。
IMG_3623
もうほとんど老人です、、、ナ。

というわけで、続きは次回。

っつか、近頃ネコを飼い始めて、ですね、、、
写真 2015-11-13 7 12 57
あの、、、ブログが書けないんですケド。。。

というわけでブログの更新が滞る可能性大です!(爆

また来週!


【↓使用ギアのリンクを掲載しておきます】

■オンウェーコンフォートチェア
→ハイバックの背もたれが昼寝にベストですゾw この椅子はほんっとーにオススメ。

■ユニフレームfan5Duo
→名前はDuoだけど、3人ファミリーでも全然大丈夫。実に使い勝手がいい鍋セットですナ。

【Amazon】ユニフレーム(UNIFLAME)fan5duo(ファンゴーデュオ)

 
■燃料タンクゴリッタ
→5Lの燃料タンクはほぼこの製品の一択。コンパクトで使い勝手よし。

ポリ燃料タンク ゴリッタ(5Lポリタンク) BM-PT5