山伏オートキャンプ場で過ごす午後は、ひたすらぐうたら。
IMG_3638
 午後3時の気温は13.5℃。焚火がうれしい気温です。

相棒はアサヒ スタイルフリー。
IMG_3639
メタボ中年のマストアイテムです(泣

昼から飲んで、のんびり焚き火にあたる。あぁ、至福の午後。

焚き木はたっぷり確保していますからネ。ふふ。
IMG_3551
針葉樹の薪は山伏オートキャンプ場で買ったものですが、広葉樹は道志みちの「久保の吊り橋」の売店で買ったもの。

山伏オートキャンプ場では広葉樹の薪を売っていないので、じっくり焚き火を楽しむには、道志みちのどこかで広葉樹の薪をゲットしておく必要があります。

道の駅「どうし」の向かい側、有名な「きこり」で買うのがオススメですが、それより手前の「久保の吊り橋」売店なら、地物の食材も買えるので、いつも寄っています。

地物の食材を調達するなら道の駅「どうし」がいいような気もしますが、ここはいつも混んでいて、駐車待ちの渋滞すら発生するので、近頃は敬遠気味。。。

久保の吊り橋売店では楢(なら)の薪が1束400円。
IMG_3550
薪の運搬はイケアの買い物袋が便利です。今日は2束購入。

焚き火をゆるゆる楽しんでいる間に、すっかり陽も暮れました。。。
IMG_3659

夕食はお手軽にクリームシチューと、
IMG_3661
牛ヒレ肉のステーキ。
IMG_3663
上に載っているのはフォアグラです。近ごろフォアグラも安くなったもので。。。w

いちおう作り方を伝授。

サラダ油を薄くひいたロッジのスキレットで塩コショウした牛ヒレ肉を焼いて、最後はバターで風味をつけてからまな板の上に休ませておきます。

次にもう少しバターを足して、アツアツに熱したスキレットに軽く塩コショウしたフォアグラを乗せてさっと焼き上げます。じっくり焼いてしまうと火が入り過ぎて食感が悪くなるので、火を入れるのは1分以内です。

フォアグラもまな板にいったん退避させ、牛ヒレ肉をカットして、スキレットに戻します。その上にフォアグラを乗せてあげます。

以上、出来上がり。

ますたーずポイントはバターの使い方。ヒレ肉とフォアグラは別々に焼きますが、どちらもバターで風味をつけることで、双方のなじみが良くなります。このように後から合わせる食材は、同じ調味料を使うと味に一体感が出るのです。これ、覚えておいてソンはないテクニックですゾ。

さて、合わせるお酒は発売されたばかりのキリン とれたてホップ。華やかな香りが実に美味。
IMG_3669
人気のプレミアムモルツは味も香りも芳醇過ぎて、ちと食事に合わせるのは苦手。ヱビスなんかが食事と共にいただくには美味しいですナ。このキリン とれたてホップは遠野産フレッシュホップを使った毎年この時期に発売される限定ビール。とっておきのごちそうと合わせるのが吉というもの。

今宵のハイボールはこれまた発売されたばかりの知多。
IMG_3668
味は、、、この辺りになるともう酔っぱらっているので、、、よく分かりません。この飲んだくれの中年オヤジは飲み食いは好きですが、味が分かるわけではないので、そのへんは期待しないでいただきたい(汗

さて、今宵はこの辺で。

ネコと遊ぶのに時間を取られて、ちっともブログが進まないのでした!(爆