セマフカ一押しのキャンプ用ランタンはジェントスのLEDランタンですが、2016年の新作がコレです。
bm
【→ジェントス BMシリーズ】


従来のエクスプローラーシリーズから一線を画し「BM」シリーズとしてデビューしています。

肝心の性能ですが、ウリは「1m落下耐久」。そして明るさは50ルーメンです。単三タイプと充電タイプの2機種が今回デビューしています。

さて、明るさ競争の様相を呈してきているLEDランタンのマーケットにおいて、50ルーメンというのは思い切った仕様です。

2013年に廃盤になっている超小型ランタンのEX-837NXは80ルーメンという「ほどよい暗さ」が好みで、ソロキャンプのお供や、テントのルーフに吊り下げて常夜灯として使うのに最適でした。

今回のBMシリーズはそれを下回る50ルーメンですから、やはりリビングやテントを明るく照らすというよりも、ファミリーキャンプでテント・シェルター内に吊るしておく常夜灯という使い方が適当でしょう。

大きさは直径8cm・高さ9cmなので、リンゴ程度の大きさです。

で、このカラーリングは賛否両論分かれるところでしょうか。いかにもファミリーキャンプ用といった明るい黄緑色は、ユーザを選びそうです。

ジェントスさん曰く「竹をモチーフにした」「和風・アジアンテイスト」とのことですが、、、うーん、あまり伝わってきませんナ。

ま、セマフカとして一番のツッコミどころは、ボトムにビルトインフックを装備していて、いかにも「テントのルーフに吊るしてね」という仕様にもかかわらず、落下耐久が1mであること。

テントのルーフの高さ(およそ2m)からの落下は保証しませんヨ、という中途半端な仕様に思えてなりません。

と、落下耐久については疑問がありますが、テント・シェルターのルーフ専用常夜灯ともいえるランタンは他に皆無ですし、一定のニーズはあると思います。あれやこれやなんでもできる万能型のランタンよりも、特化型のほうがえてして使い勝手がいいと思います。

ライバル製品はスノーピークのたねほおずきでしょうか。

スノーピーク(snow peak) ソリッドステートランタン たねほおずき

たねおほずきの方がちょっと明るい60ルーメンで、ひと回り小さいです。「欲しいけど、60ルーメンのランタンに4000円も出せねぇよ!」というキャンパーなら、ジェントスのBMシリーズは代替候補になるでしょう。

まだ販売は開始されていないようで、価格がわかりません。1000円を切るような価格までこなれてきたら、ファミリーキャンパーなら複数個持っていてもいいかもしれませんヨ。

ちなみに、ワタクシ気づいてしまいました。2015年廃盤品のリストに名品EX-757MSが含まれていることを!慌ててAmazonを覗いてみましたが、すでにプレミア価格となっておりました。。。あぁ、残念。。。

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS