先日、自然の中で仕事をするという試みをしました。

風景を眺めたり、周辺を散策したりと、サボっている時間は長かったものの、PCに向かっている間はすごく集中できました。なかなか、良かったです。

さて、オフィスじゃない場所で仕事をすることを「ノマドワーク」と言いますが、この場合はなんと言うのか?「アウトドアワーク」とか「ナチュラルワーク」なんてのも考えましたが、タイトル通り「ワイルドワーク」と呼ぶことにします!

というわけでワイルドワークはたいへん楽しい仕事の仕方なのですが、道具はしっかり揃えたほうがいいですネ。

普段モニタをデュアルで使っている方なら、ワイルドワークの時にもデュアルじゃないと効率が極端に落ちると感じます。また、電源が取れない環境であれば、PCに充電できるバッテリーも必要です。

今回は久保キャンプ場でワイルドワークした際にボクが持ちこんだギアを紹介します。
20160610_101651_0

まずはモバイルディスプレイ。

ASUS 薄い・軽量、USBで簡単接続 15.6型ワイドモバイルディスプレイ ( IPS / 広視野角178°/ 厚さ8mm / 重さ800g / 1,980×1,080 フルHD / USB3.0 / ノングレア / 3年保証 ) MB169B+

所有のノートPCが13インチのVAIOなので、並べるとちとアンバランスですが、案外と実用に差し支えはありません。

しかもこのディスプレイ、USB1本でPCから画像と電源の両方を取れるというのがスゴイ。

この軽さと薄さも感動モノですゾ。

で、ディスプレを立てるスタンドですが、付属のカバー兼スタンドは立てた時にスペースを使い過ぎるので、別にコンパクトなヤツを使っています。

Anker コンパクトマルチアングルスタンド ブラック A7135011

モバイルギアでは定評があるAnkerの製品。15インチのディスプレイもしっかり支えます。畳めばコンパクトだし、作りはしっかりしているし、これは良いモノです。

そしてモバイルバッテリーはこれ。

MAXOAK 50000mAh 超大容量 6ボート付き モバイルバッテリー グレー

これ高校生男子のお弁当箱くらいの大きさですが、ノートPCを数回満充電できるスグレモノです。

コンパクトなモバイルバッテリーはUSB出力しかありませんが、これはノートPC用に20V、12Vでの出力が可能で、アダプタもたくさん付属しています。

ものすごーく重い(お弁当箱に鉛を詰めた感じ)ので、常時持ち歩くには適しませんが、オートキャンプ場でのワイルドワークなら苦ではありません。

これはゴイスーなアイテムです。

以上のようにモバイルディスプレイと大型モバイルバッテリーがあれば、相当快適にワイルドワークが可能ですゾ。ぜひお試しあれ~。