「イグルー ジャグ」とか「スタンレー ジャグ」とか検索すると、必ずサジェスチョンに表示されるのが、「蛇口」とか「コック」とか「交換」とか「改造」というワード。

やはり皆さんコックを交換したいんですネ〜。

おしゃれウォータージャグといえば、なんと言ってもイグルー。

【→Amazon igloo(イグルー) ウォータージャグ400S】

もうちょい渋いのが好みの人はスタンレー。

【→Amazon STANLEY(スタンレー) ウォータージャグ 3.8L】

といったところが定番ですが、コールマンから当初限定版として販売されたターコイズカラーのスチールベルトジャグがたいへんな人気で、ストロベリー色と共にほぼ定番商品並の扱いです。

【→Amazon コールマン クーラースチールベルトジャグ/1.3G ターコイズ】

【→Amazon コールマン クーラースチールベルトジャグ/1.3G ストロベリー】

ボクもスチベルジャグのターコイズの可愛さにやられたクチで、同色のスチベルクーラーと共に所有していますw

【→Amazon コールマン クーラーボックス 54QTスチールベルトクーラー】

さて、メインの話題に移りますが、、、

スチベルジャグはルックスは可愛いんですが、コックの仕様が、ボタンを押している間だけ水が出るタイプなのが難点。

単に飲み水をコップに注ぐ的な使用法ならそれで構わないんですが、キャンプでウォータージャグの役割は、手を洗ったり、食材を洗ったりと実に多様です。

レバー式で水を出しっぱなしにできないとたいへん不便。

というわけで交換の儀。

まずはAmazonでポチります。

買ったのはコレ。

【→Amazon カクダイ 平成カラン】

レビューに「コールマンスチベルジャグにシンデレラフィット」と書いてあったのが決め手です。(←いやー、本当にありがたい!)

実は以前に別のプラスチック製のコックで換装を試みて、うまくいかずに断念したことがありました。(数百円、ムダにしました。。。)

(少々お高いのがなんですが、、、)今回こそは!と意気込んでポチっとし、翌日届いて早速交換。

元々のコックは中に手を入れてナット状の部分を回せば簡単に外れます。

両コックを並べてみました。
20170531-063048-0

新しいコックを差し込んで、内側から見てみます。
20170531-063254-0
シンデレラフィット・・・? まずまず隙間が空いていますが、ま、ねじ長さとパッキンサイズが合えば大丈夫でしょう。

20170531-063459-0
特段工具は使わず、手で回すだけで十分に締まりました。パッキンのサイズはジャスト。スチベルジャグ本体の厚みがけっこうあるのでナット部分が余り気味ですが、ま、実用に差支えはないと思います。

じゃじゃーん。
20170531-063610-0

水の出は、ジャバーっという勢いのある感じではなく、チョロロローという感じ。

1.3Lしか容量がないので、このくらいの出方がちょうどいいのかもしれません。

これで手を洗ったり、食材を洗ったりが便利になります。

コックの仕様のせいで購入して1年以上もお蔵入りになっていたコールマンスチベルジャグ。次回からはレギュラーに格上げか!

使い勝手は次回キャンプを経て報告いたしますー。
20170531-063735-0