キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

↓キャンプギア

キャンプの蚊取り線香立てはコレがいいんじゃないでしょうか

1ヶ月半ぶりのご無沙汰でございます。

というのも、セマフカ的に夏はキャンプのオフシーズン。

理由は、子供たち(特に大学に通う大きなキッズ達)が夏休みでキャンプ場が混んでいる&うるさい。

暑い。

虫が多い。

なんて感じで、もっぱら夏は家に引きこもっております。(特に今年はドラクエ11が出たものでして。。。w)

ま、お盆休みに帰省がてら1泊だけ日光でキャンプをしてきたのですが、蚊避けに蚊取り線香を数カ所立てるのが夏キャンプの必然で、蚊取り線香スタンドにはもっぱら鍛造ペグを利用しています。

村の鍛冶屋さんではセット商品もあったりw
sinrinkoupegset01
【→村の鍛冶屋本店 エリッゼステーク&蚊取り線香セット】


というふうに、キャンパーの間ではアウトドアでの蚊取り線香立てに鍛造ペグを使うテクニックは割とメジャーなのですが、これ、難点は蚊取り線香を最後まで使い切れないこと。

ペグと触れた場所が冷えて火が消えてしまったり、途中で落ちてしまったりします。

やっぱり中心の穴にブスッと刺すタイプじゃないと、完全に使いきるのが難しいのです。

かといってこれもどうにも雰囲気ないし、使用中に倒れがち。

【→Amazon 金鳥 蚊取り線香立て 3枚入り】

割とかわいいのも世の中にはあるのですが、


【→Amazon スパイス バーベキューグリル型蚊遣り】

何個も買って持っていくのは、財布的にも荷物容積的にもちと苦しい。。。

と悩んでいるところに、コレいーじゃない!

地面にブスッと刺すシンプルタイプと、

モチーフが付いていて、かわいいタイプの2種。

くぅぅぅ、これはいい!

非オシャレキャンパーのボクは、シンプルタイプをとりあえずポチりましたとさw 使用レビューはまたいずれ。。。
 

コールマンスチベルジャグコックを交換するの巻

「イグルー ジャグ」とか「スタンレー ジャグ」とか検索すると、必ずサジェスチョンに表示されるのが、「蛇口」とか「コック」とか「交換」とか「改造」というワード。

やはり皆さんコックを交換したいんですネ〜。

おしゃれウォータージャグといえば、なんと言ってもイグルー。

【→Amazon igloo(イグルー) ウォータージャグ400S】

もうちょい渋いのが好みの人はスタンレー。

【→Amazon STANLEY(スタンレー) ウォータージャグ 3.8L】

といったところが定番ですが、コールマンから当初限定版として販売されたターコイズカラーのスチールベルトジャグがたいへんな人気で、ストロベリー色と共にほぼ定番商品並の扱いです。

【→Amazon コールマン クーラースチールベルトジャグ/1.3G ターコイズ】

【→Amazon コールマン クーラースチールベルトジャグ/1.3G ストロベリー】

ボクもスチベルジャグのターコイズの可愛さにやられたクチで、同色のスチベルクーラーと共に所有していますw

【→Amazon コールマン クーラーボックス 54QTスチールベルトクーラー】

さて、メインの話題に移りますが、、、

スチベルジャグはルックスは可愛いんですが、コックの仕様が、ボタンを押している間だけ水が出るタイプなのが難点。

単に飲み水をコップに注ぐ的な使用法ならそれで構わないんですが、キャンプでウォータージャグの役割は、手を洗ったり、食材を洗ったりと実に多様です。

レバー式で水を出しっぱなしにできないとたいへん不便。

というわけで交換の儀。

まずはAmazonでポチります。

買ったのはコレ。

【→Amazon カクダイ 平成カラン】

レビューに「コールマンスチベルジャグにシンデレラフィット」と書いてあったのが決め手です。(←いやー、本当にありがたい!)

実は以前に別のプラスチック製のコックで換装を試みて、うまくいかずに断念したことがありました。(数百円、ムダにしました。。。)

(少々お高いのがなんですが、、、)今回こそは!と意気込んでポチっとし、翌日届いて早速交換。

元々のコックは中に手を入れてナット状の部分を回せば簡単に外れます。

両コックを並べてみました。
20170531-063048-0

新しいコックを差し込んで、内側から見てみます。
20170531-063254-0
シンデレラフィット・・・? まずまず隙間が空いていますが、ま、ねじ長さとパッキンサイズが合えば大丈夫でしょう。

20170531-063459-0
特段工具は使わず、手で回すだけで十分に締まりました。パッキンのサイズはジャスト。スチベルジャグ本体の厚みがけっこうあるのでナット部分が余り気味ですが、ま、実用に差支えはないと思います。

じゃじゃーん。
20170531-063610-0

水の出は、ジャバーっという勢いのある感じではなく、チョロロローという感じ。

1.3Lしか容量がないので、このくらいの出方がちょうどいいのかもしれません。

これで手を洗ったり、食材を洗ったりが便利になります。

コックの仕様のせいで購入して1年以上もお蔵入りになっていたコールマンスチベルジャグ。次回からはレギュラーに格上げか!

使い勝手は次回キャンプを経て報告いたしますー。
20170531-063735-0

アイアン系のギアがどうにもヤベーぞ、の巻

近ごろやっぱり気になるんですヨ。

こういうのとか。
DSC_0230_3
【→アイアンクラフト TopPage】

こういうのが!
DSC_00324
【→キャンプマニア TopPage】


いや、まあ、単純にカッコいいからなんですが、、、

鍋が汚れるのが嫌で直火では料理をしない軟弱キャンパーのボクが欲しがるギアではないんですが、ね。。。

でも最近のキャンプフィールドでは。このテのギアをほんとうによく見かけるようになりました。

みなさま直火で湯を沸かしたり、調理をしたりと、ワイルドに使いこなしています。(なんか、憧れちゃう。。。)

うーん、試してみたいナ〜、と思っていたところ、知人で登山・キャンプ用品を扱っている方がキャンプギアブランドを立ち上げたと聞き及び、、、

無理を言って貸していただきました!
cpt-img
【→キャンプスミス ブランドページ】

前述のアイアンクラフトは静岡県菊川市、キャンプマニアは岐阜県岐阜市と、どちらも地方発のガレージブランドですが、このキャンプスミスも群馬県高崎市の地方発ブランドです。

立ち上がったばかりのブランドなので、プロダクトは大別して2種。焚き火用ハンガーとキッチン系ラックです。

ハンガーがコチラ。(キャンプスミスより)
cpt-a100001-3
ううむ、男らしい。

こちらが焚き火ラック。(キャンプスミスより)
cpt-a100200-5

そして焚き火ラックを含む複数ラックを連結したのがコチラ。(キャンプスミスより)
cpt-a100303-2
脚の高さが3種類あって、高さを変えながら横に何連結でもできる仕様です。この写真は左から、クーラースタンド・キッチンテーブル・ツーバーナースタンド・ウォータージャグスタンドの4連結。

実に実に男らしいワイルドなキッチンです。

ボクはスノーピークIGTのユーザですが、IGTをアイアンでワイルドにしたのがキャンプスミスのアイアンラックと言えそうです。

実際にフィールドで組んでみましたが、組み立てはとても簡単。ただし立てた後で脚の位置とか脚と天板の角度とか、微調整が若干ムズカシイ。(←たぶん慣れればなんていうことはないはず)

しかしせっかく(無理を言って)貸していただいたにも関わらず、、、
・IGTでリビング兼ダイニング兼キッチンを組んでいるので、キッチンスタンドは使わない
・直火で料理をしないので、焚き火ラックは使わない
となにひとつ活用できませんでした。。。

またウッドの天板を使いたい場合は自前で用意する必要がありますが、それも今回用意せず。。。

あ、いや、やる気がなかったわけではないんですが、、、このテのギアって、どう使えばいいかよくわからなかったので、持っていけばなんとかなるだろう、、、的な、あは〜。

いや、それにしても、なんか、このアイアン素材が存在感凄い。

サイトに置いておくだけで、ベテランキャンパーになった気がします。

これがボクが実際にセッティングだけした写真ですが、、、
20170527-134146-0
こんなんで直火でスキレットで厚切りのベーコンなんか焼いちゃったら気分いいだろうなぁ。。。(←妄想だけはしっかり膨らむ)

通称「火の番人」なるセットはボクでも使えそうなので、夜をイメージしてセッティング。
20170527-134342-0

ふふふふっ。
20170527-195407-0

というわけで初めてのアイアンギアはあまり使いこなせませんでしたが、キャンプスミスのギアは、キッチンシステムを武骨なアイアンでキメたいというワイルドキャンパーなら大好物のブランドだと思います。

campsmith
【→キャンプスミス ブランドページ】


アイアンギア、使いこなせるようになりたいナ~。

この発想はなかった!斬新すぎるDoDのヘキサタープ

いっやー、DoDがやってくれました。

前代未聞のガイドリボン付きのヘキサタープ!

【→Amazon DoDスマートタープ】

ヘキサタープはキャンプ初心者にとってひとつの一里塚・目標となるアイテムだと思うのですが、「自分に立てられるか」とほのかな不安も伴うのが本当のところではないでしょうか。

しかも、ヘキサタープを立てる時の最初のハードル「ペグをどこに打てばいいのか?」というのが、ヘキサタープの設営に関わる不安の大部分でもあります。

ま、実際はペグなんて何回も打ち直せばいいわけで、難しいことはなんもないんですが、しかしそうした不安・疑問を一気に解消してくれるのがこのDoDスマートタープでしょう。

四角のガイドリボンが付いているので、そこに沿ってペグダウンして、ポールを差し入れれば、あっという間にヘキサタープが立ち上がるという仕様。

いっやー、これはアイデアですヨ。斬新すぎます。

しかも白・黒リバーシブル仕様で、遮光性が高そうに思えます。生地は75D(デニール)なので、それほど厚くはありませんが、表面に特殊な加工をしてあるようですネ。

まあ、でもこれ、恥ずかしいっちゃあ、恥ずかしい。

「なんだアイツ。ヘキサもまともに立てられないのかよ。。。」という冷ややか~な眼差しを意識しなくてはなりません。

うーん、でも、それがどうした。便利なものは便利なんじゃい!という気骨のある方だけ購入をおススメいたします。

いや、でも、これ、ちょっと試してみたいゾ。。。

【近況報告】
実は昨日まで休暇をいただいて梅雨真っ只中の宮古島へ行っておりまして、、、ブログ記事はまとめて書いたのを少しずつアップしていましたが、コメントへの返信が滞っておりました。

今朝まとめて返信いたしましたが、コメントいただいた皆様、遅れましてスミマセン。

日本全国高気圧に覆われて猛暑!というニュースを聞きながら、毎日毎日雨の宮古島でシュノーケルを楽しんでいました。

宮古島の梅雨は、梅雨入り・梅雨明け前後1週間程度は天気がぐつつくものの、その間はスコールの回数が増えるくらいで、基本的には雨が降り続くことは少ないのですが、いかんせん、今回は梅雨入りにもろかぶってしまいました。。。

梅雨時期の先島諸島は、
・そんなに暑くない
・実際、雨はそんなに降らない
・観光客が少ない
・旅行代金が安い
といいことづくめなのですが、今回は大敗北です。

ま、ワタクシ、雨男で有名でありまして、、、今回3回目の宮古島も過去累計でもなんだかんだで雨の方が多いという、、、呪われたこのチカラが恨めしい。

それにしても、今年の夏は宮古島のほか、屋久島、モルディブと旅行の計画が目白押しでして、、、キャンプの計画が少ないのです。。。(非キャンプの旅行ブログ立ち上げようかしら。。。)

でも今週末はキャンプに行きますので!ヒミツのアイテムも初使用の予定につき!今年の夏もお付き合いくださいませ〜。

COOL?

ワタクシ、仕事はネットショップなんぞをやっておりまして。。。

キャンプ道具屋はやってないんですが、 山ガールファッション専門店とか、キッズ家具専門店とか、マイナーな店を細々と運営しています。

で、本日仕事中にふとオフィスのテラスを見るとですね、、、 
写真 2017-04-19 14 54 47_s
むぅ!あのシルエットは!

シアトルスポーツのソフトクーラーではないかっ!

しかもホワイトとブラックで超かっちょいい!

そんなん出てたの知らなかったーーーー!

むふーーーーーー!(←隠しようのない鼻息)(←社販でゲットする気満々)

で、近づいて見ると、
写真 2017-04-19 14 52 43_s
ぬ?なんかロゴが書いてある。

写真 2017-04-19 14 53 45_s
く、、、COOL?

クール?

なんで?

クール?

担当に訊きました。

ますたー「ねえ、これってカッコいいの?」

担当「これがカッコいいんです」

ますたー「本当にカッコいいの?」

担当「カッコいいです」

ますたー「心の底からカッコいいって思ってる?」

担当「心の底から思ってます」

ますたー「ふ、、、ふぅん。。。」(←すごすごと引き下がる)

というわけで、ロゴを見た瞬間に物欲が萎えたワタクシですが、どうやらイケてる感性から見るとカッコいいらしいです。

ま、これ、たぶんデザインした方もいわゆる「逆にカッコいい」的な感性で作ったのかもしれませんけどネ。

うーむ、、、しかし。

ていうか、、、

ふっ、オレも年かな。。。



 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ