キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

↓キャンプギア

ワイルドワークの必須ギア

先日、自然の中で仕事をするという試みをしました。

風景を眺めたり、周辺を散策したりと、サボっている時間は長かったものの、PCに向かっている間はすごく集中できました。なかなか、良かったです。

さて、オフィスじゃない場所で仕事をすることを「ノマドワーク」と言いますが、この場合はなんと言うのか?「アウトドアワーク」とか「ナチュラルワーク」なんてのも考えましたが、タイトル通り「ワイルドワーク」と呼ぶことにします!

というわけでワイルドワークはたいへん楽しい仕事の仕方なのですが、道具はしっかり揃えたほうがいいですネ。

普段モニタをデュアルで使っている方なら、ワイルドワークの時にもデュアルじゃないと効率が極端に落ちると感じます。また、電源が取れない環境であれば、PCに充電できるバッテリーも必要です。

今回は久保キャンプ場でワイルドワークした際にボクが持ちこんだギアを紹介します。
20160610_101651_0

まずはモバイルディスプレイ。

ASUS 薄い・軽量、USBで簡単接続 15.6型ワイドモバイルディスプレイ ( IPS / 広視野角178°/ 厚さ8mm / 重さ800g / 1,980×1,080 フルHD / USB3.0 / ノングレア / 3年保証 ) MB169B+

所有のノートPCが13インチのVAIOなので、並べるとちとアンバランスですが、案外と実用に差し支えはありません。

しかもこのディスプレイ、USB1本でPCから画像と電源の両方を取れるというのがスゴイ。

この軽さと薄さも感動モノですゾ。

で、ディスプレを立てるスタンドですが、付属のカバー兼スタンドは立てた時にスペースを使い過ぎるので、別にコンパクトなヤツを使っています。

Anker コンパクトマルチアングルスタンド ブラック A7135011

モバイルギアでは定評があるAnkerの製品。15インチのディスプレイもしっかり支えます。畳めばコンパクトだし、作りはしっかりしているし、これは良いモノです。

そしてモバイルバッテリーはこれ。

MAXOAK 50000mAh 超大容量 6ボート付き モバイルバッテリー グレー

これ高校生男子のお弁当箱くらいの大きさですが、ノートPCを数回満充電できるスグレモノです。

コンパクトなモバイルバッテリーはUSB出力しかありませんが、これはノートPC用に20V、12Vでの出力が可能で、アダプタもたくさん付属しています。

ものすごーく重い(お弁当箱に鉛を詰めた感じ)ので、常時持ち歩くには適しませんが、オートキャンプ場でのワイルドワークなら苦ではありません。

これはゴイスーなアイテムです。

以上のようにモバイルディスプレイと大型モバイルバッテリーがあれば、相当快適にワイルドワークが可能ですゾ。ぜひお試しあれ~。

コールマン ノスタルジアLEDランタンはケースが要るゾ

満を持して発売されたコールマン バッテリーロックLEDノスタルジアランタンですが、ガソリンランタンであるツーマントル290Aシリーズのボディを使っているだけあって、当然グローブ(シェード・ホヤ)はガラス製。

今どきのLEDランタンはポリカーボネートなどを使っていて、シェードが割れにくい素材であるのに対し、ノスタルジアランタンはノスタルジックの名の通り、古き良きマテリアル感バリバリです。せめてここだけでもポリカーボネートなどにして欲しかった。。。

というわけでとりあえず純正ケースを購入。

コールマン ソフトランタンケース2 170-8017

これ、スペック的には「収納可能ランタン最大サイズ:直径17×31(h)cm」と書いてありますが、ノスタルジアLEDランタンも290Aも直径18×35(h)cmです。

え、使用不可?と思いきや、「対応モデル:2000-750J、290A740J」となっています。

うーむ、と首をひねりつつも購入。
IMG_4842_s
ぴったり入りました。
IMG_4843_s

このケース。内部はPCバッグによくあるようなクッション材が入っていて、ソフトと言っても適度の固さがあり、ランタンを保護するには十分な強度です。

今年展開のコールマン×Monroの新レーベルIndigoLabelでもランタンケースがラインナップされています。
2000030735_s
【→コールマン公式サイト IL ソフトランタンケース (アイボリー)】

これ「大型ランタン(ノーススターチューブマントルランタン<2000-750J>)などが入るサイズ」と書いてあるだけですが、サイズを見るかぎり、おそらく290AもノスタルジアLEDランタンも入りそうです。

うーん、可愛い。。。こっちが良かった、、、かな?

でも入荷が6月末。。。くっ。。。

コールマン バッテリーロック LEDノスタルジアランタン 到着直後レビュー

セマフカ的には「待ってました!」というコールマンのLEDノスタルジアランタン。(ノスタルジックランタンではなく、ノスタルジアランタンですヨ。ワタクシ何回Amazonで検索しても見つかりませんでした。「ノスタルジック」と連呼してましたヨw)

さて、コールマンといえばランタン。ランタンといえばコールマン。ワンマントル、ツーマントル、そしてノーススターと数々の名品を揃えています。

「ガソリンランタン」と言われて思い浮かべるフォルムというのは、キャンパーならほとんどがコールマンのガソリンランタンを思い浮かべるのではないでしょうか。

それほどキャンパーのDNAレベルにまで深く浸透しているのがコールマンのガソリンランタンなのですが、時代の波に乗って当然LEDモデルもあります。

ところがLEDランタンは伝統的なフォルムと全く異なる現代的なデザインの製品群。

もちろん過去の資産だけにこだわっていたのでは、ブランドの進化はありませんから、当然と言えば当然。しかし、しかし、どーも、物足りない感がセマフカとしてはありました。

コールマンらしいデザインのLEDランタンが欲しい!

と思い続けてようやく出たのがこのランタン。

コールマン ランタン バッテリーロックLEDノスタルジアランタン

おお!まさしくザ・コールマン!

なんでも、ボディはツーマントルランタンのをそのまま流用しているとのこと。

コールマン ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A740J

さて、さっそく届いたコールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタンを見ていきましょう。

まずは我が家のグループキャンプでの主力ランタン ジェントスのEX-1000Cと並べてみます。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_1
デカっ!

続いて2Lのペットボトルの比べます。
IMG_4825
デカっ!

次は一升瓶。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_2
ようやく大きさが釣り合ってきました。

そして1/100ガンダムと比べるとこう。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_3
ビグザム級のデカさですw


いっやー、デカい。ま、知ってるデカさですが、改めて見ると、本当にデカいです。

電池は単一×6本。電池を入れた総重量は2.6kg!

日本酒満タンの一升瓶とほぼ同じ重さです。(正確には1合飲んだ後の一升瓶くらい?)

さて裏返してみると、底面が電池蓋になっています。
IMG_4828
ウリの「バッテリーロック」機構を効かせるのは簡単です。底面のカバーを90℃回すだけ。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_4
このような赤いマークの状態が電極が外れた「バッテリーロック」状態です。

電池蓋の左右のつまみをスライドさせると電池蓋が外れます。(猫は気にしないでください。。。)
IMG_4831
堅牢な燃料タンクに守られて、電池室の防水性は全く問題がないように思えます。(先日の雨キャンプでテントファクトリーのLEDランタンは盛大に浸水してしまいました。。。)

さて気になるその明るさ。公称値は現行暖色LEDランタンの中でも最大光量の700ルーメン。(現行の暖色LEDモデルで最大光量だったのはジェントスのSOL-016Bで600ルーメン)

コールマンLEDノスタルジアランタンをバスルームで点灯させると、こう。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_5
お風呂に入るのに全く差し支えない光量。

ま、これだけでは分からないのでEX-1000Cを暖色モード最大光量(400ルーメン)で点灯させて比べました。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_7
パッとの感じはあまり変わらないように思えます。。。

ジェントスの暖色モードの光色を「オレンジ」というならば、コールマンLEDノスタルジアランタンはそれよりやや白みと黄みが強い「オレンジゴールド」といった印象。

ちなみにEX-1000Cの最大光量1000ルーメンで点灯させると、こう。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_6

うーん、あまり写真ではうまく表現できませんでしたが、コールマンLEDノスタルジアランタンは1灯でファミリーキャンプのメインを張れる非常に明るいランタンです。

スイッチ・ツマミの操作性もよく、好感が持てます。

デカい!重い!(ついでい言うと高い!)というのが玉に瑕ですが、コールマンの伝統的なランタンのフォルムが好きであれば、けっして裏切らない佳品と感じます。

次回フィールドで実使用レビューをお届けいたします!(しばらくキャンプの予定、ないですが。。。)

【↓以下、各店へのリンクを掲載しておきます】

【Amazon】コールマン ランタン バッテリーロックLEDノスタルジアランタン

【楽天市場 コールマンLEDノスタルジアランタン 一覧】




 

続いてはロゴス版カーミットチェアです(―。―)

むーん。。。
昨日はロゴスの新作テントを「ロゴス版アメニティドーム」などと揶揄しましたが、、、今度はカーミットチェアです。

カーミットチェアとは1984年にTom Sherrill (トムシェリル)が考案した椅子で、今もってなおテネシー州ナッシュビルにてハンドメイドで生産されている木製のアウトドアチェアの名品です。
ハンドメイドゆえに高価なことが難点。

で、「庶民のカーミットチェア」として知られているのがこれです。


コールマンが手掛けていからには、意匠権などの問題はないんでしょうが、オリジナリティって、なんだっけ?という世界です。

んで、ロゴスも追随!
2903_1
【→ロゴス ニュースリリースを表示する】


むむん!もはや、なんていうか、清々しさすら感じてしまう!

本家カーミットチェアはパーツを「バラして」収納することで、コンパクトに収納できますが、コールマンのは椅子の形が似ているだけでバラすことはできません。一方でこのロゴスバージョンは本家同様フレームをバラすことが可能です。

そうして意味ではより本来のコンセプトに近いカーミットチェアオマージュ品wと言えるでしょうか。

にしても椅子ってのは、バイヤーのメインラウンジャーやヘリノックスの各種チェアの「オマージュ」品が出回っていますが、オリジナリティのある製品を生み出すメーカーを保護・育成するためにも、カッコいいキャンパーはオリジナル品を購入して使いたいものですナ。

これいいゾ!ウッド調のお皿。

近ごろ買い揃えて、すっかり気に入った食器があります。
20160507_182153_0
これ、木に見えて、実はプラスチックです。(お皿がネっ。箸は木)

Nature Heart HOMEというシリーズなのかな。ウッド調の樹脂製の食器が10数種類ラインナップされています。ライトブラウン、ブラウン、ブラックの3色展開です。

アウトドア用の食器はやはり樹脂製が使いやすい。軽いし壊れにくいし、また多くのアウトドアメーカーからリリースされてもいます。

しかしやっぱりオシャレなのがない。

かといって陶磁器では重いし、壊れやすい。木製は軽くて壊れにくいけれど、どうもラフに使いにくい。

というジレンマの中で探し当てたのがこのシリーズ。すごく自然なウッド調の加工がされていて、言わなければ樹脂製だとわからないくらいです。

2、3回使ってみて、使用感に全く問題なかったので、今回初めて紹介いたします。
【→楽天市場 Natute Heart HOME シリーズ一覧】

我が家の現在のラインナップはこんな感じ。
DSC06328_s

左の大きい2種類は、上が「ラウンドプレートL」、下の楕円のが「オーバルプレート」です。カレーやパスタ、またメイン料理やサラダをドンと盛り付けるのにいいですネ。

真ん中2種類は、上が「ラウンドプレートM」、下が「ラウンドプレートS」です。これは取り皿に最適な大きさ。

惜しむらくはラウンドプレートMが取り皿としては万能の大きさなのに、ブラウン系のラインナップがなく、ブラックのロゴ付きしか種類がないこと。(ぜひブラウン系の無地を販売していただきたい!)

ラウンドプレートSなんかは焼肉のタレを入れるような使い方がいいですナ。

右上は「木目ボウルL」。ちょっと小ぶりのどんぶりです。ラーメンやうどんのどんぶりにするには少し小さいので、大鍋から取り分けながら食べる感じならちょうどいいかもしれません。

右下は「木目カップ」。スープを入れるのにちょうどいい深さと大きさです。

ハムと缶ビールとの比較はこう。(冷蔵庫にあんまり食材がなくて申し訳ない。。。)
DSC06329_s
DSC06330_s

いやー、これ、ほんといいですヨ。

下記、セマフカ所有の各商品へのリンクを掲載しておきます。



記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ