キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

ランタン

逸品か珍品かが悩ましいロゴスのランタン。

近ごろのロゴスの製品はけっこう「意欲的」なプロダクトが目立ちます。

なにか、こう、「一風変わった製品」を出してくる傾向が強くなりました。

カモ柄のテント・チェア群も「ほほぅ」とうなる展開ですし、ピンストライプ柄のコットンシュラフも「そう来たか!」と思わず膝を打つ妙手と感じました。

そしてこれが悩ましい一品。

【→Amazon ロゴス パワーストックランタン2000】

一瞬ジェントスのワークライトかと思うようなデザインですが、ロゴスです。

充電式のパネル式ライトで、携帯電話等への給電も可能です。

「はっ、よくあるやつね」と思ってスペックを見ると、、、

「ロゴス基準色(ナチュラル色みたいな色?)」で1200ルーメンとある。

1200ルーメン!?

ジェントスのランタンは全ラインナップの中でも最高がナチュラル色で1000ルーメンですから、明るさではそれをしのぐことになります。

また白色で1115ルーメン、暖色で1099ルーメンと、各色で明るさがあまり変わらないのが特徴。

ジェントスのランタンは暖色は600ルーメンが最高ですので、特に暖色での明るさが際立っています。

しかも円筒形のランタンのように周囲360°を照らすのではなく、パネル型で片面照射なので、実用的な明るさはルーメン(=全光量)で示されるよりもずっと明るいはずです。

が、、、しかしこの形はジェントスならば「ワークライト」と位置付けているプロダクト。

【→Amazon ジェントス ワークライト ガンツ GZ-303SU】

例えばこのモデルは最大で3200ルーメンの光量を誇ります。

ほとんど工事現場で使えるレベルではないでしょうか。(←いや、実際は知らんけど。。。)

とすると、ロゴスパワーストックランタンの1200ルーメンというのも、特段優れたスペックに思えなくなってきます。。。

2017年3月現在、ロゴスパワーストックランタンが約25000円で(←高っ)、同等光量のジェントスのワークライトが約5000円ですから、相当割高です。

ただしワークライトは暖色を備えているものは皆無なので、この形で暖色で光るタイプを探している場合は、ほとんど唯一無二の製品といえます。

さて、続いてはモバイルバッテリーとしての機能を見てみましょう。

例えばジェントスの新製品。

【→Amazon ジェントス LED ランタン パワーバンク EX-964DL】

これもモバイル機器への給電機能を備えていますが、充電池容量は3000mAhです。

iPhone7のバッテリー容量が1960mAhなので、単純に計算するとiPhone7を1.5回充電できることになります。

対してロゴスパワーストックランタン2000はバッテリー容量は20800mAhです。

20800mAh!?

こ、これは。。。

ジェントスの3000mAhは「モバイルバッテリーとしても使う」なら、容量がだいぶ心許ない。いざという時の備えとしてならアリですが、メインの用途で考えてはいけない性能と思います。

20800mAhなら、寝るまではライトとして使って、就寝時にはスマホの充電を、という使い方に十分に耐えられる大容量ではないでしょうか。

しかも2Aのポートをふたつ備えているので、iPadなどのタブレットの充電も問題ありません。

ジェントスの給電機能はほぼおまけレベルですが、ロゴスはモバイルバッテリーとしても十分なスペックといえます。

とはいえ、今どき20000mAhレベルの大容量モバイルバッテリーも2000~4000円で買えるので、コストパフォーマンス的にどうなの?という疑念はもりもりと湧き上がってくるのですが。。。

他のスペックでは、充電はAC電源からもDC電源からもできたり、防雨・防塵性能を備えていたり、カユいところにしっかり手が届いた製品です。

しかもこれだけの機能を備えながら重量は700gと意外に軽量なのも驚き。

と、いうことで、、、スペックだけ見ると、なんだかすごくいい製品なのですが、、、

なんでしょうね?この全く食指が動かない感じ。

機能は分かったけどさぁ、、、それ欲しい?的な感想に留まってしまいます。

防災用としてはそれなりに優れている気もしますが、、、キャンプ用としてはかなりオススメできる用途・条件が限られてくるような。。。

例えば、縦走登山で山の中に見事な桜の木があって、夜はその桜の下でテントを張って、ロゴスパワーランタンでライトアップして花見を楽しんで、寝ている間にスマホの充電をして、、、という感じならかなりオススメできます。

にしてもお値段25000円。。。うーん。。。

GENTOS 2017年新作はコレ

GENTOS(ジェントス)さんのLEDランタン2017年新作がいよいよ販売開始です。

今年のランタン新作は3種類。

暖色・白色光色切り替えタイプが1種と暖色タイプが2種です。

まず光色切り替えタイプ。
 
【→Amazon EX-234D】

今までにないグレー色ボディのEX-234Dは最大光量は300ルーメン(ナチュラル色)のコンパクトタイプ。電池は単三×4本です。

続いては暖色モデルですが、昨年より投入している充電池内臓モデルの新作がこのEX-964DL。


【→Amazon EX-964DL】

シュッとしたボディが特徴的で、最大光量は400ルーメン。暖色系の中ではなかなかの光量です。

もう1台の暖色系LEDランタンはスタイリッシュでコンパクトなボディのEX-136S。

【→Amazon EX-136S】

光量は前述のEX-964DLに匹敵する370ルーメンで、電池は単三×6本です。

で、2年ぶりのジェントスランタン一覧表を作ってみました。
GENTOS2017
※クリック(タップ)すると拡大します
※価格は2017年2月某日時点でのAmazonの実売価格(送料除く)

さて一覧表で2017年モデルのポジションと所感を確認していきましょう。

まずEX-234Dですが、光色可変モデルの中では最も小型となっています。大きさ重さ共に350mlの缶ビールとほぼ同等です。

その分明るさが犠牲になっていて、1灯でファミリーキャンプのメインを張るにはちと物足りない印象。

しかしコンパクトな分、あえて2灯で使って照射範囲を増やしたり、影になる部分を減らしたりとフレキシブルな使い方ができます。

ただし新作だけに現時点での割高感は否めず。。。光色可変でコンパクトなモデルを望むなら現行品のSOL-036Cのほうがコスパが良いでしょう。


続いてEX-964DL

昨年のEX-000Rに続く充電池内臓モデルです。EX-000Rは超大光量モデルでしたが、今作は明るさに関してはほどほどです。

ほどほどとは言え、暖色モデルの中では大型のSOL-016Bに次ぐ明るさなので、できるだけコンパクトで明るいモデルを望んでいる方は一考の価値があるかもしれません。

が、とは言え、とは言え、です。点灯時間が5時間というのはいかがなものか。

一晩持たないではないですか。

そのくせ「充電池内臓なので、スマホ等に給電できます」というのはいかなる了見か。5時間しか点灯しないなら、スマホに給電している場合じゃないですヨ。むしろ「お手持ちのモバイルバッテリーから給電しながらお使いください」というべき製品かと。。。

なーーーーんか、コンセプトと機能のバランスが悪い製品に思えてなりません。このテの製品なら、超大型モデルとして充電容量を10倍くらいにして、「災害時も1週間は使える」等の防災用品的な側面を持たせ、明かりだけでなく、「家族全員分のスマホを数回ずつ充電できます」くらいのバッテリーステーションとも呼べる容量と機能を持たせた方がまだ実用性がある気がするのですが。。。

ま、これはワタクシの個人的主観です。「やっぱ充電池内臓がいい!」という方なら、光量を抑えれば1晩のみならず2晩ギリいける(中間光量で11時間点灯)ので、止めはしませんが。。。


最後にEX-136S

個人的に食指が最も動くモデルです。

実はジェントスは暖色専用モデルとしては、単三電池・大光量タイプが昨年まで皆無でした。

暖色専用モデルは大型の単一電池タイプしか選択肢がなかったのです。

セマフカは単三エネループ大好き派なので、単三・光色可変モデルのSOL-036Cを常用し、食事時はナチュラル色(380ルーメン)、食事後は暖色(160ルーメン)で使っています。

今作のEX-136SはSOL-036Cとほぼ同等のサイズ感で、暖色光量370ルーメンと、暖色としては非常に明るい光量が特徴。

コンパクトな暖色専用LEDランタンが欲しい場合には、最適なモデルと言えるでしょう。

明るい分、点灯時間が9時間と短いですが、1泊キャンプなら十分な時間数ですし、2泊の場合は替えのエネループを持参すればいい話です。(ていうか常に替えの電池は持っていくべきですが)


それにしてもひと昔前、LEDランタンの出始めの頃は、ほとんど全てのランタンが白色LEDでした。暖色のLEDでは十分な光量が得られなかったのですね。

技術の進化は早いなーとつくづく思います。今や十分な光量の暖色LEDランタンがたくさんリリースされています。(ていうか光色可変か暖色しかリリースされていない)

そもそもがフィールドでの明かりは、古来は松明やら焚き火に始まり、近代ではガソリンランタンやらガスランタンやらがそれに加わり、要するに何かを「燃焼」させることで発する明かりでした。

そのオレンジ色に揺れ輝く原始の明かりの有り様に、LEDという最新技術もまた寄っていくのは、必然と言えば必然でしょうか。


まあ確かに、私見偏見ではありますが、キャンプフィールドで白色に煌々と輝く明かりを見るにつけ、あぁ雰囲気がないなあ。。。と残念に思うこともしばしば。

セマフカではランタンといえば、より安全なLEDランタンを推していますが、でき得るならばぜひナチュラル色・暖色をお使いいただくことを、お勧めいたします。

ちなみに光色可変モデルは白色LEDと暖色LEDを同数内臓していて、両点灯でナチュラル色となります。これ、キャンプ場では黄色というか、明るいオレンジに見えるので、案外と雰囲気は悪くありません。

それにナチュラル色の方が(たぶん)光色スペクトルのバランスがいいので、実は食事が美味しく見えるような気もします。(確証はありません。そんな気がするだけです。。。そんな気がするだけ、かな。。。?)


というわけでジェントスLEDランタン比較表2017年版でした。よぉく比較検討してご自身のスタイルに最適なランタンをお選びください!

コールマン ノスタルジアLEDランタンはケースが要るゾ

満を持して発売されたコールマン バッテリーロックLEDノスタルジアランタンですが、ガソリンランタンであるツーマントル290Aシリーズのボディを使っているだけあって、当然グローブ(シェード・ホヤ)はガラス製。

今どきのLEDランタンはポリカーボネートなどを使っていて、シェードが割れにくい素材であるのに対し、ノスタルジアランタンはノスタルジックの名の通り、古き良きマテリアル感バリバリです。せめてここだけでもポリカーボネートなどにして欲しかった。。。

というわけでとりあえず純正ケースを購入。

コールマン ソフトランタンケース2 170-8017

これ、スペック的には「収納可能ランタン最大サイズ:直径17×31(h)cm」と書いてありますが、ノスタルジアLEDランタンも290Aも直径18×35(h)cmです。

え、使用不可?と思いきや、「対応モデル:2000-750J、290A740J」となっています。

うーむ、と首をひねりつつも購入。
IMG_4842_s
ぴったり入りました。
IMG_4843_s

このケース。内部はPCバッグによくあるようなクッション材が入っていて、ソフトと言っても適度の固さがあり、ランタンを保護するには十分な強度です。

今年展開のコールマン×Monroの新レーベルIndigoLabelでもランタンケースがラインナップされています。
2000030735_s
【→コールマン公式サイト IL ソフトランタンケース (アイボリー)】

これ「大型ランタン(ノーススターチューブマントルランタン<2000-750J>)などが入るサイズ」と書いてあるだけですが、サイズを見るかぎり、おそらく290AもノスタルジアLEDランタンも入りそうです。

うーん、可愛い。。。こっちが良かった、、、かな?

でも入荷が6月末。。。くっ。。。

コールマン バッテリーロック LEDノスタルジアランタン 到着直後レビュー

セマフカ的には「待ってました!」というコールマンのLEDノスタルジアランタン。(ノスタルジックランタンではなく、ノスタルジアランタンですヨ。ワタクシ何回Amazonで検索しても見つかりませんでした。「ノスタルジック」と連呼してましたヨw)

さて、コールマンといえばランタン。ランタンといえばコールマン。ワンマントル、ツーマントル、そしてノーススターと数々の名品を揃えています。

「ガソリンランタン」と言われて思い浮かべるフォルムというのは、キャンパーならほとんどがコールマンのガソリンランタンを思い浮かべるのではないでしょうか。

それほどキャンパーのDNAレベルにまで深く浸透しているのがコールマンのガソリンランタンなのですが、時代の波に乗って当然LEDモデルもあります。

ところがLEDランタンは伝統的なフォルムと全く異なる現代的なデザインの製品群。

もちろん過去の資産だけにこだわっていたのでは、ブランドの進化はありませんから、当然と言えば当然。しかし、しかし、どーも、物足りない感がセマフカとしてはありました。

コールマンらしいデザインのLEDランタンが欲しい!

と思い続けてようやく出たのがこのランタン。

コールマン ランタン バッテリーロックLEDノスタルジアランタン

おお!まさしくザ・コールマン!

なんでも、ボディはツーマントルランタンのをそのまま流用しているとのこと。

コールマン ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A740J

さて、さっそく届いたコールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタンを見ていきましょう。

まずは我が家のグループキャンプでの主力ランタン ジェントスのEX-1000Cと並べてみます。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_1
デカっ!

続いて2Lのペットボトルの比べます。
IMG_4825
デカっ!

次は一升瓶。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_2
ようやく大きさが釣り合ってきました。

そして1/100ガンダムと比べるとこう。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_3
ビグザム級のデカさですw


いっやー、デカい。ま、知ってるデカさですが、改めて見ると、本当にデカいです。

電池は単一×6本。電池を入れた総重量は2.6kg!

日本酒満タンの一升瓶とほぼ同じ重さです。(正確には1合飲んだ後の一升瓶くらい?)

さて裏返してみると、底面が電池蓋になっています。
IMG_4828
ウリの「バッテリーロック」機構を効かせるのは簡単です。底面のカバーを90℃回すだけ。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_4
このような赤いマークの状態が電極が外れた「バッテリーロック」状態です。

電池蓋の左右のつまみをスライドさせると電池蓋が外れます。(猫は気にしないでください。。。)
IMG_4831
堅牢な燃料タンクに守られて、電池室の防水性は全く問題がないように思えます。(先日の雨キャンプでテントファクトリーのLEDランタンは盛大に浸水してしまいました。。。)

さて気になるその明るさ。公称値は現行暖色LEDランタンの中でも最大光量の700ルーメン。(現行の暖色LEDモデルで最大光量だったのはジェントスのSOL-016Bで600ルーメン)

コールマンLEDノスタルジアランタンをバスルームで点灯させると、こう。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_5
お風呂に入るのに全く差し支えない光量。

ま、これだけでは分からないのでEX-1000Cを暖色モード最大光量(400ルーメン)で点灯させて比べました。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_7
パッとの感じはあまり変わらないように思えます。。。

ジェントスの暖色モードの光色を「オレンジ」というならば、コールマンLEDノスタルジアランタンはそれよりやや白みと黄みが強い「オレンジゴールド」といった印象。

ちなみにEX-1000Cの最大光量1000ルーメンで点灯させると、こう。
コールマンバッテリーロックLEDノスタルジアランタン_6

うーん、あまり写真ではうまく表現できませんでしたが、コールマンLEDノスタルジアランタンは1灯でファミリーキャンプのメインを張れる非常に明るいランタンです。

スイッチ・ツマミの操作性もよく、好感が持てます。

デカい!重い!(ついでい言うと高い!)というのが玉に瑕ですが、コールマンの伝統的なランタンのフォルムが好きであれば、けっして裏切らない佳品と感じます。

次回フィールドで実使用レビューをお届けいたします!(しばらくキャンプの予定、ないですが。。。)

【↓以下、各店へのリンクを掲載しておきます】

【Amazon】コールマン ランタン バッテリーロックLEDノスタルジアランタン

【楽天市場 コールマンLEDノスタルジアランタン 一覧】




 

発表!2105年度上半期ジェントスランタン売れ筋トップ10

セマフカの推しランタンがジェントスのLEDランタンシリーズですが、けっこう「どのモデルが一番売れてるの?」というのが気になってるんじゃないかと思います。

もちろんセマフカでもメーカーの売上や諸店での売上は知る由もありませんが、セマフカに掲載の商品バナーをクリックして購入があった個数ならわかります。なので、今日はジェントスLEDランタンの今年度上半期(4〜9月)のセマフカ経由購入個数Amazonトップ10を発表しちゃいます!

ドロロロロロ・・・(←お化けじゃないヨ。ドラムロールだヨ)

ジャーーーン!

栄えある1位は、

EX-777XP
124個の購入でした。

単一電池3本・暖色・最大280ルーメンというスペックで、最新のモデルよりも明るさでは劣りますが、旧モデルゆえの価格の安さが人気のようです。

実際280ルーメンというのは、メインランタンとして申し分ない明るさ。最新の明るくて高いランタンを1個買うよりは、EX-777XPを2個買う方が、同じ値段でずっと使い勝手がいいと思います。

続いては2位

SOL-036C

単三電池6本・マルチ色・最大380ルーメンというコンパクトモデルです。単三電池大好きのセマフカ一押しランタンですネ。

97個の購入です。

暖色では最大160ルーメンと明るさはやや物足りないものの、食事の時は最大光量380ルーメンで、お酒を飲みながらのくつろぎ時は暖色モード160ルーメンで、という使い方がおススメです。

なによりコンパクトなのがいいですね。我が家は常にシェードを外して使っていますが、それなら握りこぶし大の大きさなので、2個持って行っても全く苦になりませんゾ。

なんと1、2位で全体の売上個数の半分を占めています。

続いては3位

EX-757MS
73個でした。

これはセマフカらしい順位ですネー。
単三電池4本・暖色・最大150ルーメンというハンディモデルです。
メインランタンもサブランタンも単三仕様で統一して、メインを2位の036C、サブにこの777MSというのがセマフカのおススメ。

地味ぃ〜なランタンですが、使ってみれば実に重宝するモデルですネ。

4位

EX-1000C
36個

なんか4位からは急に個数が落ち込んでいます。ま、確かにセマフカ的に推してるランタンがそのまま1〜3位に入っていますので、当然と言えば当然、、、か。

2015年モデルの1000Cは、その型番の通り1000ルーメンという圧倒的な光量が魅力。単一電池4本。マルチ色です。

大人数のグループキャンプをやるなら、1灯で大リビングを照らせるコイツが重宝するのではないでしょうか。セマフカでは3家族以上のグループキャンプの時に出動しています。

5位

SOL-016B
28個

単一電池6本・暖色・最大600ルーメンという質実剛健なモデルです。暖色に限ればジェントスランタン全モデル中、最大の光量を誇りますので、「暖色でいちばん明るいの下さい」という方は、これがおススメです。ただし、デカくて重いです。

6位

SOL-013C
24個

単一電池1本・マルチ色・最大530ルーメンという中堅モデル。1000ルーメンの1000Cが出るまではマルチ色モデルのフラッグシップでしたが、すっかり影が薄くなりました。。。

1000Cは逆さにして吊るすための底面フックがありませんので、シェードを外しての必殺逆さ吊り派はこちらのモデルがいいかもしれませんネ。

7位

SOL-144S
16個

なんと単四電池モデルがここでランクイン。暖色・最大150ルーメンというハンディサイズランタンです。スタイリッシュなデザインと水に浮くというユニークな機能が特徴です。

8位

EX-313CW
13個

え、、、と、なんだっけ?これ。。。この順位になってくると、さすがに僕もスペックが出てきません。。。

なので、ジェントスランタン早わかり表で確認。。。

おおっ、もはや少数派のクール色のモデルでした。型番のCWというのが「Cool White」の頭文字を取っていると思われますネw

クール色モデルの中では最大光量の300ルーメン。単一電池3本です。

9位は3モデルが9個で並びました。

EX-1977IS

本体色がオレンジ×ブラックというユニークなカラーリングが特徴。単三電池4本・暖色・最大100ルーメンというハンディサイズのランタンです。


SOL-213P

単一電池3本・暖色・最大350ルーメンの珍しいピンクボディのモデル。コスパだけ考えれば1位のEX-777XPのほうが断然おススメですが、これを購入する方は、やっぱりピンクのボディが推しポイントということなのでしょうね。

9位は2台ユニークなランタンが続きましたが、いよいよオオトリ。

EX-837NX

もはや生産が終了しているモデルで、単三電池3本・暖色・最大80ルーメンという超コンパクトランタンです。

ランタンへの愛という観点で言えば、757MSに次いで愛してやまないモデルですネ。なによりこのコンパクトさ。そして中途半端な明るさがいいです。

タープの下で食事している間、テントの前室に吊るしておいたり、また夜間にタープの下に吊るしておいたりといった、補助灯的な使い方が実にいい。

トイレに行くときのハンディライトとしても使えますし、ソロキャンプならこれ1灯で十分です。

進化に伴ってランタンはどんどん明るくなる一方ですので、こうした「暗い」ランタンは姿を消していく運命。今持っているのを、大事に使いたいものですナ。

以上、2015年度上半期のジェントスランタンAmazon売れ筋トップ10でした!(←ホントはトップ12だけど)
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ