キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

バーナー・コンロ・焚火台

オンウェー ファイアグリルを試す

とある事情によりオンウェーのファイアグリルが手元に届き、「自由に使ってよし」とのことだったので、さっそくフィールドに持ち出してみました。


つうか、第一印象は「デカい」。
20161022_161907_0
ユニフレーム 焚き火テーブルと比べてもこの存在感。

直径45cmですから、スノーピーク焚火台 L(一辺45cm)と同等の大きさです。

帆布の専用袋はたいへん頑丈。オンウェーさんの真面目さを感じますナ。
20161022_161927_0

今回手元にあるのは蓋付きの「ファイアグリルプラス」。
20161022_161953_0

中に、脚・焼き網・(ダッチオーブン・焼き網用)スタンド・ロストル(底板)が収納されています。
20161022_162001_0

展開前の脚はこんな感じ。
20161022_162027_0

全ての脚が連動していて、ワンタッチでシャッと広がります。
20161022_162056_0
これ、地味にゴイスーです。こうした道具の「脚」というパーツはけっこう組み立て・収納が面倒だったりします。

同じ焚火台ではユニフレームのファイアグリルが地味に手間です。4本の脚が独立しているので、1本1本展開する必要がありますし、展開する方向をうっかり間違えがち。

それでも慣れれば10秒で脚の展開ができますが、このオンウェーは1秒未満。スッと広げるだけなので、コンマ数秒の世界です。

この脚の展開の機構には、相当のこだわりを感じます。率直に言うと「過剰なこだわり」とさえ感じます。ほぅほぅとうなずきながら、思わず何度も開閉を繰り返してしまいましたヨw

続いて本体を脚に乗せます。
20161022_162138_0

本体には4つの穴が開いていて、ここに脚の先端が入ります。
20161022_162130_0

続いてロストル。
20161022_162156_0

これも脚の先端が穴に入ります。
20161022_162205_0

試しにスタンドを乗せました。
20161022_162219_0
これが見事に脚にドッキング。
20161022_162225_0
脚・本体・ロストル・スタンドがこのように連結するので、たいへん安定感があります。これはアイデアです。

網を乗せました。さすがに網は穴に連結しませんが、網のフレームに絶妙な凹凸がつけてあって、スタンドにぴたりとハマります。
20161022_162251_0
しかもこの網が実に頑丈。1本1本が太いです。

これも率直な感想では「ここまでやる?」的な質実剛健さです。思わず「一生モノの焼き網」とさえ形容したくなってしまいます。

今回はBBQはやらないので、焚火のみ。さっそく中央に着火剤を置いて、奥に太い広葉樹を置きました。
20161022_163458_0

広葉樹の木端材と針葉樹を放射状に積みます。
20161022_163618_0
これが薪のセマフカ定番の積み方。太い広葉樹を奥に置いて、そこに扇形に立てかけていきます。丸く円錐型に組むよりも簡単です。

着火。
20161022_163719_0

メラメラメラ~。
20161022_164033_0
炎が立ち上がる、大好きな瞬間です。

まるでかがり火のような、美しいプロポーションですナ。
20161022_164050_0

円形の焚火台を使ったのは初めてですが、なにしろ薪をくべるのが愉しい。
20161022_174115_0
四角形だと薪を置く位置が限られる場合がありますが、円形だと燃えている薪や炎の状態に応じて好きな位置・角度で薪を置くことができます。

焚き火台というモノの制約を感じることなく、純粋に焚き火に向き合えるという感覚は、なかなか得難いものがありました。
20161022_205040_0

翌朝。盛大に焚き火をしたので灰がモリモリですが、大きく燃え残った薪はなし。
20161023_061719_0
本体は赤く焼け、いい感じに1晩分のエイジングが進みました。

というわけで、デカいのが玉に瑕ですが、造りは実に質実剛健なオンウェー ファイアグリル。なにより円形というのが新しい焚き火体験をもたらしてくれました。

手元にある限り、たま~に連れ出したい一品ですネ。


ちなみに他メーカーの同等品とハード的な比較をしてみると、スノーピーク 焚き火台L、ユニフレーム ファイアグリルラージと比べ、収納のコンパクトさは最も劣っているように感じます。

スノーピークは畳むと1辺はデカいですが、厚みわずか3cmの板状になるので、実は車への積載にストレスがありません。(セマフカキャンプでスノーピーク焚火台の出番が多いのは、この積載の便利さによるところが大きい)

ユニフレームは収納時も9cmの厚みがありますが、四角いのでまだ納まりがいいです。オンウェーは蓋なしで14cm、蓋つきで16cmと厚みがある上に円形なので、どうにも車の中で納まりが悪い。

円形という形のユニークさが最大の特徴なので、車への積載の利便性とはトレードオフの関係。これは使う人の優先順位次第ですね。

ギアとしての剛性はスノーピークとユニフレームの中間程度でしょうか。スノーピーク焚火台ほどの異常な頑強さはありませんが、ユニフレームよりはタフに感じます。

価格もスノーピークとユニフレームの間です。

オンウェーファイアグリル(蓋なし)19800円(税抜き)と同等の機能になるように各ブランドで買い揃えると、

スノーピーク
 焚火台Lスターターセット 24800円
 グリルブリッジL 5400円
 焼き網L 5600円
 合計 35800円(税抜き)

ユニフレーム
 ファイアグリルラージ 10000円
 ヘビーロストルラージ 4259円
 収納ケースラージ 2685円
 合計 16944円(税抜き)

となります。

それとルックスで気になる競合製品がコールマンのファイアーディスク。

実に美しい造形です。

かっちょいいだけで、機能性は、、、うーんという印象ですが、これも機会があったら使ってみたい。。。

これ以外には信頼できるブランドで円形の焚火台はオンウェーの他は皆無という状況。円い形にグッと来たら、オンウェーの一択と言えそうです。機能性も(積載時の利便性以外は)全く問題ありません。

以上、オンウェー ファイアグリルの試用レビューでした。以下、各店へのリンクを掲載おきます。
【Amazon】


【ナチュラム】

【楽天市場】




 

ユニフレーム クッカースタンドにも履かせてみた。

先日はシングルストーブの名品soto(ソト)レギュレーターストーブST-310の滑り止めとして、脚にシリコンホースを履かせました。(SOTO ST-310をフルアーマー化するの巻

今日はST-310の相棒ともいえるユニフレーム クッカースタンドにもシリコンホースを履かせてみます。


【→Amazon】(ユニフレーム) UNIFLAME クッカースタンド

ST-310はゴトクが小さいので大きなフライパンやダッチオーブンでの料理をする時には、こうしたクッカースタンドが便利です。

特にこのユニフレーム クッカースタンドは高さがST-310にジャストフィット。横幅もST-310を2台並べてツーバーナーっぽく使うのにぴったりです。

で、ST-310に滑り止めを履かせたらシリコンホースの分だけ高さが増してユニフレームクッカースタンドの下に入れる時に頭がつかえてしまうことがわかりました。

クッカースタンドのエッジの部分につかえるだけなので、入れてしまえば実使用に差し支えはありませんが、やっぱりちょっと不愉快。

もともとユニフレームクッカースタンドも滑りやすいという欠点があったので、ついでに(←全然ついででもないけど)シリコンホースを履かせることにしたというわけです。

購入したのはコチラ。

【→Amazon】AUTOMAX izumi シリコンホース (6mm) 黒

内径6mmのタイプです。

クッカースタンドの脚全体に履かせるので長めに切ります。約12cm取りました。
IMG_4118

脚を外して、
IMG_4117

滑りを良くするための台所用洗剤をホースの穴に垂らします。
IMG_4119

スルスルと挿入して、あっという間に装着完了。
IMG_4121

水を張ったボウルに浸けて洗剤分を洗い流します。
IMG_4122

完成。うん。まったく滑りません。ST-310も頭がつかえなくなったはずです。
IMG_4124

にしてもシリコンホースが無駄に余りました。。。何に使おうかな。。。

SOTO ST-310をフルアーマー化するの巻

先日はSOTO(ソト)のレギュレーターストーブST-310にアシストレバーをつけました。(SOTO ST-310 ユーザは括目せよっ!


【→Amazon】ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104

今日は脚をつけます。脚は耐熱性のあるシリコンチューブ(シリコンホース)を使います。内径4mmがジャストフィットです。

【→Amazon】シリコンチューブ  内径4mm  黒 2m 

今回はAmazonで購入しましたが、ホームセンターで内径の合うのを買ってくればいいと思います。色も赤とか青とかがあるので、好きな色を買えばいいでしょう。

どのように装着するかによって切る長さが異なりますが、今日は手っ取り早く接地部分だけに取り付けることにします。

約1cmをカッターナイフで切り取ります。
SOTO ST-310 シリコンチューブ

シリコンチューブが長ければ家庭用洗剤を1滴穴に垂らして押し進めるところですが、短いのでノー洗剤で入っていきます。端からすすすっと挿入。
SOTO ST-310 シリコンチューブ

はい。あっという間に装着完了。
"SOTO

ものの5分で4本の脚に装着できました。
SOTO ST-310 シリコンチューブ
ST-310の欠点は水平が取れていない場所で滑りがちなところ。これで滑りにくくなります。ていうか、ぜんっぜん滑らないな、これ。

ウィンドガードを取り付けてみました。
SOTO ST-310 シリコンチューブ
ウィンドガードは脚の接地部分ギリギリまで来るので、シリコンチューブを長く履かせると干渉してしまいます。この長さなら大丈夫です。


【→Amazon】ソト(SOTO) レギュレーターストーブ用ウィンドスクリーン ST-3101

下のアシストセットに付属のシリコンチューブはけっこう上まで履かせる長さなので、ウィンドガードが取り付けられません。(レビューでも散々な言われようです)

【→Amazon】ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用アシストセット ST-3104CS

これは熱くなるST-310の脚を素手でつかめるようにするための仕様だと思います。

ST-310ユーザなら使い終わった後で熱々のゴトクに触ってしまい、火傷をしたことが1度や2度ではないはずです。

ご自身の使い方に合わせて短く履かせるスリッポン仕様(ウィンドガード装着優先)か、長く履かせるブーツ仕様(火傷防止優先)かを決めてください。

ちなみに左がアシストレバー+シリコンチューブ脚(スリッポン仕様)+ウィンドガードのフルアーマー仕様。右がすっぴんです。
SOTO ST-310 シリコンチューブ
SOTO ST-310 シリコンチューブ
うーむ、同じST-310でも風格が違いますナ。型番はST310-FAがよろしいのではないか、とw

以上、ST-310のフルアーマー大作戦でした。

SOTO ST-310 ユーザは括目せよっ!

CB缶(カセットガス缶)が使えるシングルバーナーの名品といえばSOTO(ソト)レギュレーターストーブST-310。

僕も2個所有していますが、コレたいへん便利。

【→Amazon】ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

キッチンスタンドの上に並べてツーバーナーで使うもよし。テーブルの上に置いてコーヒー用の湯を沸かすもよし。

さっと取りだしてさっと使える。そんなフレキシブルさがどうにもこうにも使い勝手がいいです。

が、ちょいと弱点が2点ほどありまして、、、

まず「イグナイタ(点火スイッチ)が押しにくい」

これは点火の機構を全てストーブの中に内蔵したためという理由だそうですが、火力ツマミの下側の奥に付いているので、絶妙に押すのが面倒。

それと「脚がすべる」ということ。脚にいっさいの滑り止めが付いていないので、水平の取れていない滑らかなテーブルトップの上だと、ススーっとすべることがあります。これ、絶妙にやっかい。

ま、そうした欠点が全く気にならないくらい、このST-310は出来がいいんですが、ネ。

と、達観の域に達しているST-310ユーザの皆様にぜひ使っていただきたいのが、コレ。

【→Amazon】ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104

ドライバー1本で装着できて、かつ装着したままストーブがたためます。これはいいです。

ていうか、なんでデフォルトでこうなっていないのか?という素朴なツッコミ。。。

こちらのセットはアシストレバーに加え、脚に滑り止めとして履かせるシリコンチューブとケースのセット。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用アシストセット ST-3104CS

シリコンチューブはホームセンターで買えるので、このケースにグッときた方のみ買いですナ。

パッケージはこんな感じです。
IMG_4087_s
さっそくに取り付けてみましたが、本当に簡単。ものの2,3分で装着完了です。取り付け方は上記商品ページに掲載の通り。追加情報を掲載する余地すらありません。

あとはフィールドで試すのみ。んー、早くキャンプに行きたい!
 

ひそかにスノーピークのアイツをデビューさせていた件

そぉなんです。そぉなんですヨ。

ワタクシひそかにデビューしていたんです。

じゃじゃーん。
写真 2015-06-21 6 57 32
ごっちゃごちゃでスミマセン。。。

ま、しかし、これがリアルキャンプということで。。。

よく雑誌とかキャンプ情報のサイトとかで見る、あのオシャレで綺麗に整ったリビングは、本当に実在するのでしょうかネ?ま、、、ごちゃごちゃにしちゃうのは、性格、、、なんでしょうネ。あ、ちなみに血液型はA型ですが、、、なにか。

なんの話だっけ。。。?

あ、そうそう。スノーピーク アイアングリルテーブル。通称「IGT」を購入した話です。

今回のチョイスは、レギュラー幅のフレームに、レギュラー幅のジョイントテーブルをドッキング

家のキッチンを測ったところ、ガス台と作業台を合わせて150cmの幅だったので、キャンプでもおおよそそのくらいの幅のキッチンを作れば、家とあまり変わらないフィーリングで料理ができるのではないかと思ったのが、この組み合わせの根拠。

レギュラーサイズのフレームは幅が約85cmなので、同幅のジョイントテーブルを連結すれば、合計で170cmのキッチンスペースが生まれます。

また家のキッチンの高さが85cm。IGTの脚は4種あり、もっとも高いのが83cmなので、これを6本購入。

これで家のキッチンと同等のキッチンがアウトドアで使えることになります。

ちなみに当初レギュラー幅ではなくロング幅を検討したのですが、幅が110cmというのは、持ち運びの際にあまりに長い。

我が家の大物のキャンプギアはおおよその収納長さが70~90cmくらいです。例外がオンウェーの椅子で収納時の長さが120cm。これ地味ぃ~に車の中で納まりが悪いんですナ。他の物と馴染まない。

なので、IGTも幅110cmロングと幅85cmレギュラーを検討した場合、車への積載を考えると、圧倒的にレギュラー幅に軍配が上がったというワケでございます。

というわけで、総額5万円ほどかかりましたが、IGTキッチンテーブルをデビューさせました。

で、前回のふもとっぱらキャンプでなかなか使用感がよかったので、いよいよ本格展開。

っつっても、フレームとテーブルだけでかなり散財してしまったので、今回買い足したのはシングルバーナー1個のみ。。。

じゃじゃーん。
2299_main_s
ギガパワープレートバーナーLIです。(画像:スノーピークオフィシャルサイトより)

っつか、高い。。。税込みで2万円弱です。

素直にツーバーナーを買わなかったのは、その幅感です。たまに中華なべなども持参して料理をするので、ツーバーナーだとバーナー同士の間が狭く、隣に鍋が置けなくなります。

このようにシングルバーナー同士を離して設置すれば、大きな鍋でも平気でしょう。
3697
(画像:スノーピークオフィシャルサイトより)

IGTに限らず、ツーバーナー×1ではなく、シングルバーナー×2が最強。というのが今のところのボクの持論です。

しかしなによりギガパワープレートバーナーLIは美しい。ヘアライン仕上げのフラットなステンレストップの輝きにまじ萌えますナ。


で、このプレートバーナー。ガス缶を逆さにセッティングする「液出し」方式です。気化方式より強い火力を得られるとのことです。

説明書によると「点火・消火は正立させた状態で行ってください」と書かれています。

なぬっ?

逆さにセッティングされている缶をいちいち外して正立させろと言うのか?

むーん。なるほど、これは液出しであることに起因するようですナ。本来は逆さにしたままで使える設計なのでしょうが、例えば点火時に火力調整バルブを開けて、点火までもたもたしていると、霧状のガスが噴き出してきます。この時に点火すると大きな炎があがってたいへん危ない。(かつ、ものすごく驚く)

気化式ならすでにガス状になった燃料が漏れるだけなので、点火にもたもたした場合でもそれほど大きな炎にはなりませんが(といっても最大でサッカーボール大の炎がポンッと一瞬上がります)、液出しでは霧状(気体ではなく、液体なのですね)の燃料が勢いよく漏れだすので、その分炎が大きく強くなるということです。

ま、慣れればなんてことありません。バルブを開けてすぐに点火をする。それだけで大丈夫。なので、イグナイタに指をかけてから、バルブを開ける動作に入りましょう。

どのみち火器です。どのように使おうが大なり小なりの危険はつきもの。ただし、お子様はどうしてもうっかりしがちなので、液出しは使わせない方がベターかもしれませんね。

いずれにしてもメーカー推奨は「点火・消火は正立させて」であることをお忘れなく。逸脱した使用は自己責任です。


さて、これは伊豆の蛍キャンプでのユニフレームのライスクッカーDXとプレートバーナー。
写真 2015-06-21 6 57 13
あぁ、美しい。

朝からひとりで身もだえちゃいましたヨ。

あ、そうだ。まだ注意点がありました。

火力調整バルブからバーナーヘッドまでは20cmほどの長さのホースで繋がれています。このことが要因で起こることだと思うのですが、火力調整ツマミを回してから、それが実際の火力として現れるまでに1~2秒のタイムラグがあります。

バルブからバーナーヘッドまでの距離が長いからこそなのでしょう。慣れれば特に気になることではありませんが、使い始めはあれ?と思うことが何度かあるでしょう。

プレートバーナーは1個しか買っていないので、SOTO ST-310とコンビを組ませました。
写真 2015-06-21 7 30 38
ま、これはこれでアリなような。。。

実際、キャンプの料理ではバーナーを2個同時に使う瞬間はあまりありません。BBQグリル併用ならなおさらです。

上の例ではプレートバーナーで味噌汁を作りつつ、ST-310で作り置いたコーヒーを温めた、という感じです。ST-310がないならないで、味噌汁をいったん火から外せばOK。

ま、当座はプレートバーナー1個でしばらく様子を見てみることにします。

っつか、IGT重いス。。。プレートバーナーもけっこうデカくて重いし。。。いちいちデカくて重いのが玉に瑕のスノーピーク製品ですが、、、IGTはその代表格と言えそうですナ。


ちなみにIGTにはこんな使い方もあります。実はパソコンデスクになります。
IMG_1603
IMG_1605
大型のゴトクがしっかりとPCを支えています。

嘘です。

ホースの長さを測るのにキャンプ道具部屋から引っ張り出してきただけです。

が、、、ちょっと目を離すと、、、

おいっ、嫁っ。
IMG_1607

以上、引き続きIGTは折に触れレビューしていきます。


ギガパワープレートバーナーLIの各サイトへのリンク掲載しておきます。

【snowpeak】
2299_main_s
【→GS-400 ギガパワープレートバーナーLI】



【Amazon】

スノーピーク(snow peak)ギガパワープレートバーナーLI GS-400

【楽天市場】

【ギガパワープレートバーナーLI検索結果一覧】
 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ