キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

↓キャンプ場

ふもとっぱら 短信(2018年1月)その1

さぁて、ふもとっぱらだ!

極寒のふもとっぱらだ!

というわけで、8時に世田谷の自宅を出発し、10時半にふもとっぱら到着。
20180127-103825-0
天気は快晴。気温は0.4℃。うっすら5cmほどの積雪です。

今回は地面からの冷気を遮断するために、8mmのシルバーマットをグランドシートの上に敷きました。
20180127-110733-0

身体と地面の間を上から並べると、
・マイクロファイバー敷きパッド
・電気毛布
・コールマンインフレーターマットw
・スノーピークアメドS用フロアマット
・テント
・8mmシルバーマット
・グランドシート
という7層構造です。

これで明朝の最低気温予報-15℃という凶悪な寒さをしのぎます。

ちなみにふもとっぱらは電源サイトがありませんが、モバイルバッテリーのアンカーパワーハウスを使って、電気毛布を「弱」でひと晩点けておく作戦です。


ちなみに、上掛けは冬用ダブルサイズの家庭用羽毛布団。詰め物重量1.6kgはほとんどの冬用スリーピングバッグの詰め物重量をしのぐはずです。

ロマンチカル薪ストーブはシェルター内で90度曲がりを用いてセッティング。ひとりなのでテーブルはユニフレームの焚火テーブル2台のみ。
20180127-125806-0
20180127-163020-0

新兵器はストーブファン。
20180127-130611-0
ストーブの熱で発電して羽根が回るというアイテムですが、「役に立つ」という意見と「気休め程度」という意見が2分する道具でもあります。効果は後ほど検証。

外側のセッティングはいつも通りですが、ふもとっぱらの突風を考慮して、左右の揺れを抑えるべくロープを張ってペグダウン。
20180127-160622-0
左右に大きく揺れると煙突が幕よけのベニヤに触れる恐れがあるためです。

さて、おおざっぱにセッティングを終えたら、来る途中で買ってきたモスバーガーで昼食にしますw
20180127-112323-0
今回は食事に関しては「徹底的に手を抜く」という作戦ですので。。。

テーブルは外ですが、身体は半分シェルターの中。
20180127-125932-0
薪ストーブで背中を温められながら食べるモスバーガーは最高。
20180127-165417-0
ストーブファンもビュンビュン回ります。

正面に座るとほのかに暖かい空気が当たるので、一定の効果はあるようです。サーキュレーターほどではありませんが、ある程度シェルターの中の空気を攪拌していると思います。(本当は上下方向に攪拌したいのですが、、、ネ)

西の山に日が落ちてすっぽり影になったふもとっぱら。富士山だけが東の空に輝きます。
20180127-162226-0

やがて夕焼けを浴びて赤に染まる富士山。
20180127-170238-0
あぁ、これぞふもとっぱらの醍醐味。
20180127-171429-0
20180127-171459-0
この頃の気温は-1℃。お風呂が楽しみです。

と言いたいところですが、、、

実はその前にアナウンスが流れ、

「本日、水道凍結のためにお風呂はありません」

とのこと。。。

氷点下が当たり前で凍結対策は十分なはずのふもとっぱらでさえ、想定外の水道凍結。

すでにビールを飲んでしまったので、車で近隣の入浴施設に行くわけにもいかず、風呂なしで過ごします。とほほ。(←どの道、風呂上がりのビールが楽しみなので、車で風呂に行くのはイヤ)

というところで続きはまた次回。

青根キャンプ場 短信(2017年12月)その1

やっと届きました!新保製作所さんのロマンチカル薪ストーブ煙突横出しバージョン!

9月半ばに注文して、待つこと3か月。いやぁ~、長かった。。。

というわけで早速、青根キャンプ場にてデビューと相成りました。

どどーん。(バッグも同時購入しておきました。)
IMG_0633

さっそく組み立てて、試し焚きです。
IMG_0634
お気づきかと思いますが、煙突は赤の塗装をオーダーしました。うーん、いい色です。

たいした煙も悪臭もなく、試し焚き終了。スノーピーク タシークにインします。
IMG_0635
錆止めラッカーなどを焼き切るための試し焚きなのですが、これ、本当に必要だったのかどうか。。。?(ま、どんな場合でも準備は入念に、ですな)

以前の薪ストーブより煙突位置が高いのですが、煙突径が106mmから80mmに細くなったことで相殺され、以前から使っているベニヤの幕よけがそのまま使えました。
IMG_0636
ちなみにレジューサーを使って80mm径の煙突をつけた状態で、地面から煙突下端までの高さは39cmです。

外のセッティングはこんな感じ。
IMG_0637
以前の煙突支えの脚立は30cm高さでしたが、39cm高さのものに変更しました。

熱に弱い樹脂素材なので、鍛造ペグを1本かませています。
IMG_0639
踏み台が金属製で高さ40cmという製品があればいいのですが、、、どうも見当たらず。。。

煙突の縦部分はいつものようにスノーピーク パイルドライバーで固定しますが、手持ちの106mm径の二つ割が使えないので、シリコン製のバンドで固定してみました。
IMG_0638
煙突の比較的高い位置なら200℃を超えないと思うので、大丈夫だと思うのですが。。。

改めて薪ストーブに火を入れると、赤く塗装した煙突トップがみるみる黒ずんでいきます。。。
IMG_0644
宿命は宿命なのですが、、、綺麗なのはほんの一瞬でしたネ。

今回のキャンプはボクの会社でやっている山ガールファッションのネットショップ「アルココ」のロケも並行して進んでいます。
IMG_0649
ボクは大道具・小道具と飯当番。

ロケ用のテーブルにはいつもと違って華やかな料理が並びますw
IMG_0655

朝9時から始めたロケは15時まで慌ただしく進行し、終了。日帰りのロケ隊を見送って、ようやく静かなキャンプです。

まずは青根キャンプ場併設の日帰り温泉施設「いやしの湯」にまったりとつかり、食堂でビールとぬか漬けで今日初のアルコール。

キャンプ場に戻るとすっかり夕方で、さあ夕飯の支度です。

というところで続きはまた次回。

続きはコチラ

今回新購入の小物はコチラ。


ふもとっぱら 短信(2017年11月)

今年に2月に訪れて、すっかり「冬のふもとっぱら」の信者になったワタクシ。

今年は11月から繰り出すことにしました。

小雨がぱらつく中、設営完了。
20171118-130838-0
今回は友人夫妻を招いて、幕はスノーピーク タシーク+エクステンションをリビングに。テントはアメドSとアメドMを隣に設営しました。

昼食はおでん。
20171118-114646-0
前日に三軒茶屋の茶沢通り沿いにある「たまや」というおでん屋さんで買ってきたのを、薪ストーブで温めるだけという手抜き飯。

「たまや」の名物は「肉おでん」。今回は牛バラ・牛アキレス・豚ナンコツ・手羽中・鶏つくねと、お肉系のおでんをたっぷり入れてもらいました。
20171118-114858-0
からしだけでなく、柚子胡椒がこれまた合うんです!うめー!

「ふもとっぱらでそとあそび」というイベントに偶然重なったので、会場をそぞろ歩き。
20171118-131853-0
もちろんビールもいただきますw
20171118-131800-0

たらふく飲んで、たっぷり昼寝したら、夕飯です。(←飲むか、食うか、寝るかのどれかしかしていない)

今日のメインディッシュは牛肉のタタキと、
20171118-191140-0
ポルチーニのリゾット。
20171118-191845-0
美味でございました。

ちょうど新月だったので、実に星が美しい。
20171118-213534-0
星を撮る技術はまだまだです。。。

翌朝の最低気温はマイナス5℃。ふもとっぱららしい冷え込みとなりました。

そして空が白んできて、富士のシルエットが荘厳。
20171119-054646-0

20171119-060926-0

あぁ、寒い季節のふもとっぱらは、いぃなぁ。
20171119-084145-0

と、急ぎ足でしたがふもとっぱら短信でした。


ちなみにこの日は夜に突風が吹き荒れ、場内あちこちでテント・シェルターが飛ぶ、潰れるの大騒ぎ。

我がタシークも上から吹き降ろす風にやられポールが2カ所曲がってしまいました。

帰りに二子玉のスノーピークストアに寄って即入院です。

今回は幕が3つだったので、手持ちのロープ・ペグでは、1幕あたりの張り綱・ペグダウンが十分でなかったというのが猛省しなければいけない点です。(←さっそく村の鍛冶屋さんでペグを買い足しましたとサ。)

みなさま、くれぐれも安全に十分留意してキャンプを楽しんでくださいネ!

ボスコオートキャンプベース 短信(2017年11月)その1

一ヶ月ぶりのご無沙汰でございます。

ちと、本業が忙しいのと、、、ドラクエ10を再開してしまってです、、、ネ。(←ドラクエ10をやる時間も取れていないのですが。。。)

すません!

というわけで11月始めに訪れたボスコオートキャンプベースの様子をお届けします。

今回は11/3-5の3連休を使って2泊3日のキャンプ。

3連休はとにかく高速道路が渋滞するので、早朝6時に世田谷の自宅を出発。

若干の事故渋滞に遭ったものの、おおむね順調に走り、はだの・湯河原温泉 万葉の湯で朝風呂に浸かり、スーパーで買い出しをして、ボスコオートキャンプベースに11時頃に到着。

渋滞を避けるためには早朝に家を出る必要がありますが、キャンプ場のチェックインの時間を勘案すると、そんなに早く出発しても意味がない、というジレンマがありますが、ボスコオートキャンプベースは今年からアーリーチェックインがデフォルトになり、なんと午前10時からチェックインできます。

秦野市は朝早くから営業しているスーパーもあるので、早朝自宅出発→7-8時:万葉の湯で入浴→8-9時:スーパーで買い出し→10時:ボスコオートキャンプベースチェックインという流れが最も美しいスケジュールではないかと思います。

ともあれ、紅葉真っ盛りのボスコオートキャンプベースに到着。
20171103-132945-0
今回の幕はスノーピーク タシーク+エクステンションに今年の雪峰祭で購入したコネクトタープの組み合わせ。

コネクトタープは前側は通常通り1本のメインポール使用ですが、後ろ側はタープに固定できるという仕様。

真横から見るとこんな感じになります。
20171103-152424-0
面倒な小川張りをしなくてもシェルター前面にタープを展開できるので非常に便利です。

設営を終えてさっそく昼食。
20171103-130519-0
昼食ド定番のラーメンです。

凝ったラーメンに見えますが、インスタントのラーメンに、カット野菜・チャーシュー・メンマ・煮卵を入れただけ。手抜きリッチなラーメンに仕上がりました。

昼食を終えて散策です。紅葉真っ盛りなのは管理棟近辺だけで、場内はまだ緑が残っています。
20171103-151841-0
20171103-151954-0
20171103-151805-0
20171103-151750-0
ボスコオートキャンプベースはキャンプ場全体が紅葉!という瞬間に出会ったことがありません。割と場内バラバラに色づいて散っていく感じがします。

我が家のサイトの周りも赤ではなく、黄色と緑。。。
20171103-152401-0
20171103-152436-0
一方で落ち葉がぎっしりですが。

っつかタシーク+エクステンション+コネクトタープという組み合わせはおっそろしく縦長ですネ。。。

ちなみに今回も車はいつものカレコカーシェアリングで、マツダの新型CX-5です。
20171103-155158-0
旧型よりも安全装備が充実していて、ストレスの少ないドライブを楽しめました。いい車です。

と、今日はこんなところで。

11月はふもとっぱらにもキャンプに行っているので、ボスコの残りを併せ、急いで書きますのでお楽しみに!

【→その2はコチラ】

キャンプラビット 短信(2017年10月) その1

秋の3連休!ということで行ってきました。

那須のキャンプラビットです。

関東近辺の紅葉は10月上旬なら那須岳が色づき始めている頃です。裾野に点在するキャンプ場の紅葉はまだまだでしょうが、2泊3日のキャンプなら中日に那須岳でハイキングが楽しめると思っての出撃です。

思い立ったのが3連休も間近の水曜日。電話で訊ねると、狭いサイトなら空きがあるとのこと。

「幕はなんですか?」と訊かれたので、「スノーピークのタシークです」と答えると、「あぁ、でしたら先日トルテュを張っている方がいたので、タシークなら大丈夫だと思います」とのお答え。

キャンプ場の人にしては、テントに詳しいなぁ、というのが第一印象。(←キャンプ場の人はたいていキャンプにあまり詳しくない)(←あくまで個人の意見ですw)

さて、出撃当日。関東一帯は午前中雨という天気ですが、3連休の渋滞を避けるために6時半に世田谷の自宅を出発です。

全く渋滞に遭わずに買い出しを予定していたダイユー那須高原店に9時過ぎには到着。キャンプ場から車で20分足らずという便利な場所にあるスーパーです。かつ比較的大型で品ぞろえも申し分なし。

当日の夕食と翌日の朝食分の買い出しを済ませ、さあキャンプラビットへ!
20171007-135233-0
というのは嘘で、雨設営も嫌だし、そもそもチェックインが13時なので、、、(←1300円でアーリーチェックインもできます)

スーパーから車で20分の那須どうぶつ王国へw

カピバラさんがお風呂に入っていますw
20171007-102855-0

うーん、実に気持ちよさそう。
20171007-103018-0

お目当てはキャットショー。
20171007-111229-0
うちの猫にもなにか仕込みたくなりましたw

普通の動物園と違って、犬・猫・ウサギ・ハムスターなど触れる動物が多く、(カピバラも触れます)、また展示の動物もたいへん距離が近いです。敷地も広大で、ファミリーならたっぷり半日は楽しく過ごせそうな施設でした。
20171007-120959-0

昼食も那須どうぶつ王国で済ませ、13時過ぎにいよいよキャンプラビットにチェックイン。
20171007-135307-0
ちなみに那須どうぶつ王国からキャンプラビットも車で20分です。

キャンプラビットのロケーションとアクセスですが、
キャンプラビットmap1
那須高原ICからこれまた20分と好アクセス。ただし、このルートは途中にスーパーがないので、来る途中に買い出しをしたい人は、ひとつ手前の那須ICで降りればダイユー那須高原店まで10分です。

同じ範囲を写真で見るとこう。
キャンプラビットmap2
キャンプラビットは山の中ではなく、那須岳の裾野に広がる農村部に位置することがわかります。

拡大するとこう。
キャンプラビットmap3
キャンプラビットと示されたマーカー周辺の森がキャンプ場です。

場内はこんな雰囲気。
20171008-055954-0
20171008-161623-0
広葉樹中心の明るい森です。

下の写真はグループ専用のサイトですが、さすがに3連休では団地状態ですネ。

さて、わがサイトはG29。渡されたマップで見てもひときわ小さい(汗
20171009-072325-0

オフィシャルサイトのマップで見ると、
map4
Aと書かれたゾーンの上の方ですね。

目測で幅6m、奥行き10mくらいでしょうか。トヨタハリアー+スノーピークタシークが難なく設営できました。
20171008-160344-0
プラス オープンタープもギリギリ張れたかもしれません。今回はもう雨が降らない予報だし、平地で天気予報もある程度あてになると思うのでタープはなし。にわか雨はキャノピーでしのぐことにします。
20171007-151018-0

というところで続きはまた次回。

【続きはコチラ】



記事検索
タグクラウド
プロフィール

ますたー

東京都世田谷区在住。嫁とふたり暮らし。酒とキャンプ(ギャンブルではない)と美味いものをこよなく愛するヒゲのアラフォー。職場でも友人からも「ますたー」と呼ばれている。(かつてカフェのマスターだったから)

【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ