キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

↓キャンプ場

ボスコオートキャンプベース 短信(2016年10月) その2

雨がしとしと降り続くボスコオートキャンプベース。

昼寝から目が覚めて、散策です。

いつ来てもたくさんのキャンパーさんがいますネ。
20161029_142541_0
特に秋はトイレも炊事場もお湯が出るキャンプ場がほんとに嬉しい。ボスコオートキャンプベースは自然豊かでありながらサニタリー設備が充実している稀有なキャンプ場です。

場内ちらほらと秋の気配が。
20161029_142619_0
20161029_143256_0
20161029_143242_0

さて明るいうちから夕食にします。

1品目は魚介のワイン蒸し。鍋の季節を意識して、甘塩のタラを使うことにします。
20161029_184927_0
甘塩タラは一口大のぶつ切りにして、アサリとブロッコリと人参(薄いスライス)とさっくり混ぜます。

味付け、風味付けはガーリックソルトにおまかせ。
20161029_184933_0
サラサラと小さじ1杯程度全体にふりかけます。甘塩タラもアサリも塩気があるので少し控えめです。

ワインを大さじ1杯見当でトポトポと。
20161029_185019_0

あとは蓋をして火にかけ、蒸気がシュパパパーと上がって3分くらいでもう出来上がり。
20161029_190029_0
お手軽簡単でうまうまーw

2品目は牡蠣のシチュー。
20161029_191311_0
水洗いした牡蠣と、白菜とほうれん草を茹でて、ハウスシチューミックスで仕上げて終わり。これも簡単で美味。

牡蠣のシチューは我が家の冬の定番。ふだんは牡蠣と白菜だけで作ります。あまり具材の種類を入れない方が美味しい料理で、料理はシンプルなほど美味しいということを教えてくれる料理です。

メインはヒレステーキ。(←バリエーションがなくて、ほんとスミマセン)

さっきワイン蒸しを作ったスノーピーク コロダッチオーバルのリッド(ふた)で焼き目を美しく焼き上げます。
20161029_192504_0

塩・コショーして小麦を薄くまぶしたフォアグラを熱したスキレットでバターで焼きます。
20161029_193435_0

フォアグラの両面をさっと焼いて取り出したらソース作り。同じスキレットにバルサミコ酢・醤油を入れて煮詰めます。
20161029_194050_0

これをヒレ&フォアグラにオン!(ヒレといっしょにキノコも焼いておきましたw)
20161029_194102_0
ふふふふふ。

簡単な料理ばかりながら、秋冬を存分に感じられるメニューでした。

ちなみに夕方~夜にかけての気温は約10℃。焚火がないと凍える気温ですネ。

さて翌朝。気温は約7℃。ひとケタはだいぶ寒いです。。。
20161030_072628_0
焚き火台の上は最後にくべた薪が雨ですっかり燃え残っています。。。寒いとはいえ、朝のコーヒータイムは外を眺めながらが相応しい。

かといってシェルターの中はストーブで暖めておきたい。。。
20161030_072005_0
ここで妙案。今回はタシーク+エクステンションという構成ですが、タシーク本体の正面扉を閉めて、3ルームにしました。

中央の部屋は、ストーブでぬくぬく。
20161030_073747_0

うん、いい時間です。
20161030_073813_0

朝食はいつも通りの温かいうどん。
20161030_081707_0
最近見つけたこの七味。ミル付きで挽きたての香りが楽しめます。これ、今年10本指に入るヒット。

以上、紅葉が始まったばかりのボスコオートキャンプベース。
20161030_110334_0
よいキャンプになりました。

11~3月は更新少なくなります!ご了承くださいませ~。
 

ボスコオートキャンプベース 短信(2016年10月) その1

10月最後の週末は丹沢のボスコオートキャンプベースに行って参りました。

昼前に着いたボスコオートキャンプベースは天気予報とは裏腹に小雨が降っていました。紅葉はあまり進んでいないようです。
20161029_105559_0

10月末ということで受付はハロウィン仕様w
20161029_105639_0

今回の幕はスノーピーク タシーク&4人用インナー。
20161029_141550_0
晴れの予報だったので、タープは持参しませんでした。雨と分かっていればスノーピーク エルフィールドを持ってきたのに。。。ブツブツ。

珍しく昼から炭を熾します。
20161029_121704_0

炭を熾している間に、串打ち。
20161029_124122_0

ユニフレーム ユニセラTGで焼きます。
20161029_124627_0
手前には串が焦げないようにアルミホイルを巻き付けています。

フフフ、(ΦωΦ)フフフ。。。
20161029_130314_0

焼き鳥のお供は発売されたばかりのキリンとれたてホップ一番搾り。
20161029_130425_0
あぁぁぁ~至福の時。

続いては秋の味覚、秋刀魚。今日のランチの本命です。
20161029_132555_0

秋刀魚のお供は秋味の特別版「秋味 堪能」。
20161029_132708_0
あぁぁぁぁぁ、日本人で良かった。

今回は湧水に至近のサイト。
20161029_140030_0
他のサイトから独立していて、サニタリー設備も近く、川面間近でよいサイトです。

(でも、ボク的には川の対岸にサイトが立ち並ぶようなロケーションが実は好きだったり。。。)

昼の気温は約15℃。上着を着ていれば特段寒くもなく、過ごしやすい気候です。
20161029_142221_0
かくして川のせせらぎと雨の音を聴きながら、午後の睡魔が襲ってくるのでした。

続きはまた明日。

道志の森キャンプ場 写真集 (2016年10月)

今日は先日ソロキャンプを楽しんだ道志の森キャンプ場の風景をどぞ。
20161022_163032_0
20161022_163119_0
20161022_163135_0
20161023_061914_0
20161023_062140_0
20161023_062359_0
まだまだ緑の樹々の中に、ちらほらと黄や赤に染まった葉もあり、秋の深まりを予感させます。

名物のプールの周りは濃い赤に色づいた樹が多いですネ。
20161023_063040_0
20161023_063051_0
20161023_063108_0
20161023_063117_0

逆さ富士ならぬ、逆さアスガルドw
20161023_063219_0

サニタリー棟の上は、良い雲です。
20161023_063144_0

山の上の広場は静かに過ごしたいキャンパーの絶好のオアシス。
20161023_063909_0
20161023_063943_0

相変わらずバイクのキャンパーも多いです。
20161023_065526_0
20161023_063732_0
20161023_065636_0
今のところバイクには興味がありませんが、こういうミニマムなキャンプはちょっとグッときます。

フィールドキャンディのテント&タープは女性ライダーでしょうか?
20161023_065621_0

タープを撤収した後で見上げる樹々は緑から黄のグラデーションが美しい。
20161023_085458_0
20161023_085506_0

稲刈り前の黄金色の稲穂を前景に、はざかけの稲と色づき始めた森。いい風景です。
20161023_102200_0

道志の森キャンプ場と道志村、ほんっといいところですナー。

道志の森キャンプ場 短信 (2016年10月) その3

起きたのは6時。ジジイ体質のワタクシとしては遅い時刻です。
20161023_061759_0

派手に燃やした焚き火台には、盛大な灰が。。。
20161023_061719_0
ピカピカだった表面が、赤く焼けてよい感じになりました。

革製品や木製家具と同様、焚火台もこうした「エイジング」が楽しめるギアかと。

スノーピーク ポンタの上には落ち葉がチラホラ。
20161023_061735_0
あぁ、秋ですナ~。

空には月が。
20161023_062114_0

鉈で割ったようなハーフムーンです。
20161023_062059_0

朝の散策を終え、
20161023_064954_0

今日の朝ごはんは、、、ランチパック!(←朝ごはんなのに)(←しかも半額)
20161023_072255_0

これをコールマン ホットサンドイッチクッカーに乗せて、
20161023_072341_0

焼きます。
20161023_072417_0

はれ?
20161023_072659_0
パンの厚みが足りないために、焼き目が綺麗につかない。。。

ま、中の具材は温まって美味かったですが。。。

次は2枚まとめてイン。
20161023_072820_0

ふむ。焼き目はそれなりにつきましたが、
20161023_073405_0
ピーナツソースがはみでて端っこがぐちゅぐちゅです。。。

一口かじると、ピーナツソースがとろ~りとはみ出して、ウマーーーーーー!
20161023_074304_0

っつか手がめっさ汚れる。。。
20161023_074348_0

ちなみに今朝の最低気温は10.0℃。
20161023_085056_0
紅葉は最低気温が1ケタになると色づきが進むと言われます。道志の森はこれからぐんぐん紅葉が進んでいくのでしょうネ。

朝10時に撤収。
20161023_101116_0
すでに気温は15℃ですが、、、汗だくです。。。(ひとりだと撤収作業量が倍)

道志村は稲刈りが済んだ田んぼも多く、これは自家消費米でしょうか、はざかけの風景がちらほら見られます。
20161023_102014_0
車を停めて写真を撮っていたところ、地元の農家さんらしき方がいたので、お話しを伺ったのですが、、、

ワタクシのヒアリング能力が至らず、、、ほとんど何を言っているかわかりませんでした。。。

以上、セマフカのホームグラウンド道志の森キャンプ場でのソロキャンプでした。

【登場のギアはコチラ】




 

道志の森キャンプ場 短信 (2016年10月) その2

この日の道志はたいへん天気が良く、日中は20℃超という気温。

夕方でもそれほど寒くはありませんが、たっぷり薪を持ってきてしまったので、点火!
20161022_163719_0
丸い焚火台は薪がきれいに組み易いですナー。

明るいうちから焚火にあたって、読書なんぞを。。。(「Giant Killing」の新刊出たし。。。あ、マ、マンガ、ですけど、、、ネ)
20161022_170512_0


いやいや、サッカーの話なんですが、チームビルディングの教材にもなっているマンガでして。経営者や人事の方は(それを口実に)読んでみるのもよいでしょう。

日が暮れてきた頃にはビールも3本目。
20161022_181556_0
左奥、使い古しのiPhoneは音楽プレーヤー専用です。スピーカーを下にしてシェラカップに置けば、シェラカップがスピーカーの代わりになります。

ああ、至福の時。。。
20161022_174115_0
とっぷりと日は暮れていきます。

ボクは料理が好きなので、よくホームパーティーも開くし、キャンプの時にはデュオでもグループキャンプでもボクが料理を担当します。

が、、、ひとりだとちっとも料理の意欲が沸かない。。。

これ、不思議です。

やっぱ料理ってのは、食ってもらってなんぼ、ということなんでしょうか。

という言い訳をしつつ取り出したのは今日も鶏の手羽中。。。
20161022_181649_0
ワンパターンでほんとスンマセン。。。。

ファイアー!
20161022_183203_0

、、、という写真の遊びはともかく、ユニセラで美味しく焼けています。
20161022_183526_0

ファイヤー!
20161022_184810_0
あ、、、しつこい?

すません。

鶏が無くなったら、イカです。
20161022_185457_0

ファイヤー!
20161022_185502_0
・・・。

すません。

イカもなくなったら、オイルランタンを灯して、静かに過ごします。(静かにマンガを読みますw)
20161022_194801_0


夜のお供は「夜廻り猫」。なんか、ほろりと来るよいマンガです。

ていうか、焚火はぜんぜん静かではなく、、、派手に燃えていますが。
20161022_203651_0

ああ、いい夜です。
20161022_205124_0

続きはまた明日。

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ