キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

↓キャンプ場

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場 短信 その1

お盆休みを利用して、栃木県のナラ入沢渓流釣りキャンプ場で2泊3日のキャンプに出掛けてきました。

セマフカ的に栃木県は初上陸。住んでいる世田谷区は東京23区の南西部に位置するので、車ででかける場合はどうしてもアクセスしやすい神奈川・山梨県方面に行ってしまいます。

ボクは地元が福島県なので、今回は帰省のついでにキャンプ、というわけでした。(キャンプのついでに帰省、という説もある)

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場は、入り口に近い順から林間区画サイト→草むら区画サイト→草むらフリーサイト→林間フリーサイトとなっています。

夕方前に到着したので、区画サイトはほぼほぼ埋まっている状態。

どのみち区画サイトは性に合わないので、フリーサイトを選択しました。

さくっと設営。
IMG_5559
今回の相棒はスバル レガシィアウトバック。スバル フォレスターと並んでお気に入りの車種です。いつものカレコカーシェアリングで借りています。

幕はスノーピーク アメニティドームMとエルフィールドヘキサ。

夫婦ふたりでアメニティドームSだと荷物があまり入らないので、2泊のキャンプではちと不便。Mを選択しました。(Mだと逆に持て余すんですが、、、ね。ボトムサイズ240×200cmくらいの、アメドMS的なサイズを展開してくれませんかネー)

で、タープは区画サイトの可能性も考慮して、省スペースなエルフィールドを選択。天気予報と天気図をにらんで、雨の心配がほぼないことからの判断です。(雨の可能性があった場合はヘキサLだったと思われ)

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場は東西を山に挟まれた谷状のロケーション(川沿いなので当然といえば当然)ですが、空が広く開放的です。
IMG_5560

風がなく蚊がけっこう飛んでいたので、蚊取り線香をセットぉ!
IMG_5567
蹴っ飛ばさないように、ポールの足元に設置です。

夕方18時半の気温は約21℃。実に過ごしやすい気候です。というわけでさっそく夕食。

来る途中に買い出しをしたスーパー、リオン・ドール鬼怒川店で馬刺しをゲットしておきました。
IMG_5575
福島県の会津坂下町が馬刺しの産地なのですが、リオン・ドールには馬刺しがこのようなパックで売っています。(実家の近くのリオン・ドールにも売っています。もちろん帰省のたびに買います)

合わせるお酒はもちろん芋焼酎w

他、テキトーな料理を作って食べて、焚き火タイム。(←展開早い)
IMG_5580

南の空には月が輝き、よい夜ですナー。
IMG_5587

ていうか気づいたのですが、焚き火をしているキャンパーがあまりいない。。。

夏だから・・・?

でも真夏の道志の森キャンプ場では焚き火率は7、8割くらいの印象。ほとんどのサイトが夜は焚火を愉しんでいます。

今回のナラ入沢渓流釣りキャンプ場は焚き火率が2割に行くか行かないかという印象。

むぅ、、、薪は豊富に売っているのに。。。

と、なんとなく釈然としないまま眠りに落ち、翌朝。
IMG_5664
山にはうっすらと朝もやがただよい、爽やかな朝です。ちなみに朝6時頃の気温は約15℃。

長く外に出ていると少し肌寒く感じる気温ですが、特段上着は必要ない絶妙な気温。男性ならTシャツ+長袖シャツでOKです。女性は上に羽織るものが何かあったほうがいいかもしれません。

ちなみにキャンプサイトの東側が山なので、朝日がすぐには差してきません。朝はゆっくり寝ていたい御仁にはうれしいキャンプ場ですw

8時頃、ようやく朝日が差してきました。
IMG_5681
いっきに周辺の気温が上がります。もちろんテント内の室温も急上昇で、おちおち寝ていられません。(まもなく嫁も起き出してきましたw)

朝食はこれまた簡単にウィンナーとキャベツを炒めたのと、スクランブルエッグを作って、
IMG_5668
ユニフレーム マルチロースターで温めたロールパンをいただきます。
IMG_5669

で、この後で嫁のたっての希望で那須のアウトレットに出掛け、嫌々付き合ったワタクシがシャツ4枚・靴3足というプチ爆買い。。。散財しました。。。

ちなみに那須のアウトレットは車で1時間弱です。

アウトレットで昼食も済ませ、日帰り温泉に寄って、スーパーで買い出しをしてキャンプ場に帰ると、すっかり夕方。

ま、子供のいない夫婦の2泊3日のキャンプなんて、こんなもんです。2日目はヒマなんです。夜に焚火ができれば、それでいい、的な。。。w

というわけで続きは次回。

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場 レビュー 【設備編】

今日はナラ入沢渓流釣りキャンプ場の設備の紹介です。(【環境・サイト編】はこちら

コチラがキャンプ場で一番大きい建物である通称「山小屋」です。
IMG_5720
メインの機能は蕎麦屋さんw 売店ではありません。

ていうかナラ入沢渓流釣りキャンプ場には、いわゆる「売店」がありません。

受付は山小屋の横です。この受付でレンタルの受付と、薪の販売をしています。
IMG_5562
レンタル品はテント・シュラフ・ランタンなどキャンプに必要最低限の道具が借りられます。

キャンプ用品の販売は極端に少なく、薪・木炭のほかは、山小屋の中に乾電池が売っていますが、その他の燃料や調味料・食料等は見当たりませんでした。(お盆で混雑していたので、他の燃料の有無はキャンプ場の方に訊き損ねてしまいました)

が、虫取り網や花火は売っていました。必需品より、遊び道具優先・・・?

ちなみに薪はコンテナ売りです。
IMG_5622
けっこうワイルドで、セマフカ的にはたいへん好感の持てる薪です。

太いのから細いのまで様々で、焚き付けの割りばしも付いていますw(山小屋のソバ屋で使用済みの割りばし・・・か?)
IMG_5623

自販機は山小屋前の一か所。
IMG_5603
ソフトドリンク各種とビールが買えます。

またナラ入沢渓流釣りキャンプ場は基本ごみ持ち帰りですが、有料のごみ袋を買えば引き取ってもらえます。ゴミ袋も受付で買えます。

受付の脇では湧水が飲める場所が。
IMG_5602

山小屋の横がトイレ棟。
IMG_5563
左が女性用。右が男性用。手洗い場は正面の一カ所です。

男性は小用が5個・個室が3個。女性用は個室が7~8個だそうです。(少なくとも扉は8個。うち1個は掃除用具入れの可能性があるので、7個かもしれません。すません、、、あてにならない嫁情報なもので。。。)
IMG_5604
男性の個室は全て和式で、女性用は少なくともひとつが洋式だそうです。

設備はけっして新しくはありませんが、たいへん清潔に保たれています。

ちなみにユニークなのが、この自転車。
IMG_5620
トイレ棟がこの一か所なので、フリーサイトからだとけっこう歩きます。なので、自転車が大活躍。場内何カ所か自転車置き場があります。

特に一番奥の林間のフリーサイトからだと自転車を使わないと、うっかりもれちゃう距離です。膀胱に余裕を持っておでかけくださいw

トイレから山小屋をはさんで反対側が炊事棟です。
IMG_5624
IMG_5625
清潔なステンレスシンクで、背中側に台があります。給湯設備はありません。

キャンプサイトには一か所だけ小さな炊事棟があります。
IMG_5642
場所は草むら区画サイトと草むらフリーサイトの間なので、やはり一番奥の林間フリーサイトからは激遠です。

ちなみにここも自由に使える自転車置き場です。


以上、魚釣り関連は他の方のブログに詳しいので割愛しました。またバンガロー関連もセマフカがオートキャンプ専門ブログであることから割愛!(←書くのが面倒なわけではありません。。。けっして、面倒なわけでは。。。おほん)

次回は実際のキャンプの様子をお届けします。

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場 レビュー 【環境・サイト編】

今年のお盆休みは栃木県のナラ入沢渓流釣りキャンプ場で2泊3日のキャンプを楽しんできました。

ロケーションは、こんな山の中。Mapionで調べたところ、標高は約740mです。
map
東北自動車道の西那須野塩原ICから45分程度、幹線道路からすぐと、アクセスはまずまず良好。都心からなら2時間半〜3時間程度で到着できます。

周辺にスーパーがないので、出発前に揃えておくか、ICの周辺にいくつかあるスーパーで買い出しをするとよいでしょう。

最寄りのコンビニまでは車で25分です。

また那須塩原温泉に近く、ナラ入沢渓流釣りキャンプ場で割引のある前売り券を販売しています。温泉街までは車で30分程度です。那須塩原の他にも日帰り入浴施設があちこちにあるので、温泉好きの方はよぉく調べてお風呂を楽しんでください。

またキャンプ場は幹線道路から外れているので、携帯電話の電波がすごく悪いです。ボクのiPhone6(docomo)は常に圏外。iPad miniはなぜだか感度がちょっといいらしく、LTEと3Gが交互に電波レベル1だけ入るといった感じ。。。

電波デトックスにはもってこいのキャンプ場ですナw (施設周辺はWiFiが飛んでますが)

さてこちらが管理棟、、、ではなく、通称「山小屋」と呼ばれているソバ屋さん。
IMG_5720
これを中心に各設備が整っています。

サイトは区画サイト・フリーサイトの両方があり、それぞれに林間サイト・草むらサイトがあるので好みのサイトを選ぶことができます。

場内は道路が1本延びていて、奥に奥にとサイトが続いていきます。
IMG_5595

山小屋のすぐそばが【区画サイトの林間サイト】
IMG_5633
広葉樹の林が広がっていて、日射しがやわらかく、かつ明るい雰囲気のサイトです。

その奥が【区画サイトの草むらサイト】
IMG_5640
IMG_5638
さすがにお盆なので、すごい混雑。。。

1区画の広さは十分にあります。混雑していて実測はできませんでしたが、車・テント・タープが余裕を持って設置できます。

サイトの区画はロープもしくはこのような背の低い植栽で区切られています。
IMG_5639
ちなみに道路を挟んだ川沿いにもサイトがあります。

さらにその奥が【フリーサイトの草むらサイト】
IMG_5665
開放的な雰囲気です。木立も適度にあり、木陰も確保できます。

トイレが山小屋横の一か所だけなので、ここまで奥に来るとトイレが遠いです。

お盆の最繁忙期にも関わらずフリーサイトに余裕があるのは、トイレが遠いから、、、と思われます。

しかしてさらにさらに奥に進むと、やがて【フリーサイトの林間サイト】にたどり着きます。
IMG_5658
ここも明るい広葉樹の林で、トイレ・炊事場は遠いものの、静かにキャンプを楽しむにはもってこいのロケーション。

林の中で見上げると、緑のレースのカーテンがかかっているようです。
IMG_5661

以上、次回は設備編をお届けします。

道志の森キャンプ場 超短信(2016年8月)

先週の土日は、みんなで道志の森キャンプ場に行くというので、じゃオレも~、乗っかりましたら、総勢大人12人・子供5人、しかも2組がキャンプ未経験というたいへんなキャンプになりました。

で、慌てて買ったのがスノーピーク ヘキサエヴォ。
20160806_135901_0
初張りでしたが、うまく張ることができました。ちなみにメインポールは村の鍛冶屋さんのアルミタープポール275cm長さ。サブポールはスノーピークのアップライトポール190cmです。

テーブルを長~く展開する貴族のダイニングスタイルw
20160806_135925_0
さすがにちょっとはみ出しましたが、、、

ヘキサエヴォを正面から見るとこんな感じ。太陽の動きや木陰を考慮して、ヘキサエヴォに対してテーブルは斜めに展開しています。
20160806_135912_0
スノーピーク ヘキサエヴォはさすがのプロ幕。しっかり遮光・遮熱をしてくれます。有効面積も広く、グループキャンプのメインタープとして申し分なし。

下から見上げると木漏れ日が映えてよい感じですナ~。
20160806_104317_0

ギアはとにかく寄せ集めのがちゃがちゃですが。。。
20160806_135944_0
小さな子供が多かったので、ベンチが重宝したようですネ。

今回は夏休み中ということで朝7時過ぎに現地集合にしたのですが、すでにほとんどのサイトが埋まっている状態でした。金曜以前からの連泊組が多いのだと思います。もうお父さんも夏休みなんですネ。

池の周りは超満員です。
20160807_062126_0

新設の山の上のサイトはまだまだ余裕あり。
20160807_062518_0
ここはサニタリー棟がなく、仮設トイレと簡易なシンクしかないので、ちょっと不便なんですネ。木も少ないので、夏はちと厳しめ。

今回のワタクシのキッチンはこんな感じ。
20160807_094255_0
正面に作業台兼食卓。左に調理器具とクーラーボックス、右にガス台と調味料、水、背後にゴミ袋という、名づけて「コックピットスタイル」(またの名を小室哲哉スタイルw)

ヘリノックス スウィベルチェアならではのスタイルですネ。この椅子は本当に便利!

以上、飯作りで忙しくて全く写真が撮れなかった道志の森キャンプ場でした。

8月の道志の森キャンプ場はとぉ~っても混んでいるので、土曜インはけっこうシビアですぜぃ!

また、朝の最低気温は19℃でした。薄着で寝るとちょっと肌寒い。寝具はタオルケットか封筒型シュラフを広げて掛けるくらいでちょうどいいかもしれません。

ではまた~。
 

道志の森キャンプ場 短信 (2016年7月)その3

朝の最低気温は14℃。
20160724_070634_0
今回の寝具は羽毛の薄掛け布団でしたが、ちょうどいい寝心地でした。

普通のシュラフであれば夏用の薄いので十分で、夏だからといってなにも掛けずに寝るとちょっと肌寒い思いをする感じでしょうか。

朝の散策に出掛けます。
20160724_070052_0
さすがの夏休み。テントがぎっしりですネ。

これは池の周辺。場内ところどころから朝の焚火の煙があがり、良い朝です。
20160724_064228_0

西の空にうっすらと月が出ていました。
20160724_064319_0
20160724_064314_0
いつもキャンプに持参しているキヤノンSX60なら、月もこんなに大きく撮れます。(っつか、初めて撮ったな。。。こんなに大きく撮れるのか!)

散策から帰るとコーヒータイム。
20160724_072635_0
テーブルはユニフレームの焚き火テーブル、チェアはヘリノックス スウィベルチェアです。

この椅子、実はかな~り気に入りつつあります。とにかく左右にぐるぐる回るのがいい。座ったまま横にある調理器具を取ったり、後ろにあるゴミ箱にゴミを捨てたりという動作が、非っ常~に楽。

これは改めて徹底レビューいたします!

それにしても、気持ちのいい朝。
20160724_072654_0
村の鍛冶屋さんのアルミポールレッドと道志の森の濃い緑のコントラストが実に鮮やか。

あ、このポールも実にいいです。これもいずれレビューを改めて。

朝食はハムと卵を焼いて、
20160724_080623_0

トーストとサラダを添えて、喫茶店(カフェではなく)のモーニングセット風。
20160724_081340_0
スープはレトルトパウチの冷製スープ。ひと晩クーラーボックスでひんやり冷えてよい感じです。

いつもながらとっ散らかっている我が家のサイト。
20160724_090030_0
ちなみにヘキサタープはメインポールの他にスノーピーク アップライトポールで対角線2か所を跳ね上げて広々とした視界を確保。

両隣のサイトの視線を遮るために、サイドは思い切って下げています。万が一の雨の時にもこのような張り方をしておけば、雨の流れ道ができて安心です。

ところで猫を飼っていると、午前中ゆっくりしてから帰るという発想がなくなります。朝飯を食べたらそそくさと撤収。昼過ぎには世田谷の自宅に帰り着き、猫と戯れましたとサ。

ではまた!
 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ