キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

テーブル・チェア

不愛想なフォールディングテーブルに貼ってみた。

キャンプ部屋の片隅で眠っているのが天板が白い昔ながらの何気な~いアルミのフォールディングテーブル。

ボクがオートキャンプをはじめた頃に買ったものですが、さすがにデザインが不愛想過ぎて最近はめっきり出番が減っています。

熱々の脂が落ちて表面のメラミンがはじけ飛んだ跡も痛々しく。。。
IMG_5793_s

というわけで、今回買ってみたのがコレ。


ウッド調の壁紙です。

IMG_5792_s

裏面シール仕様なので、位置を合わせて貼り貼りして、余分をカッターナイフで切り取って、あっという間に作業終了。
IMG_5798_s
なかなかの見栄えになりました。

フィールドでのお披露目はまたいずれ。。。(デュオキャンプではスノーピークIGTしか使わないので。。。)

ちなみにこの壁紙。耐水仕様でも、難燃素材でもないので、ハードは使用はほどほどにするのがいいかと。

普通に水拭きは問題ないと思いますが。(いずれにしても自己責任で。。。)

キャンプの予定もなく、日曜日の暇つぶしでした。。。

ちなみに性能的にはこういうのがいいかもしれません。

これは台所のレンジまわりに貼るイラストレーションシートです。

普通の壁紙と違ってアルミ製なので、耐水性・耐熱性があります。裏面はシールになっています。実は以前にこれも入手しましたが、アルミ製なので表面がけっこう光沢があります。ニセモノ感はんぱない、的なw

古いフォールディングテーブルを持て余している方は、ぜひ(ヒマつぶしに)お試しあれ~。

オトコゴコロをくすぐる黒いヤツら

ひと昔前に黒い家電が流行った時期がありましたネ。

黒い冷蔵庫とか、黒い掃除機とか。

ま、メンズ単身者向け、ということだったのでしょうが、、、もうすっかり世の中から消えてしまいました。。。

が、アウトドアギアはここ最近、黒いギアが増えています。

例えば、黒ピルツ復活!なんてのは最たるニュースですね。
20160826_04_s
【→ZETT株式会社 ニュースリリースを表示する】


くぅ〜カッコいい。

黒ギアでちょっと好きなのが尾上製作所さんのコレ。(以下、画像はAmazonへのリンクとなっています)


工夫次第で使い方は無限大と思います。テーブルとしてだけではなく、荷物置きとしても高い実用性があります。

尾上製作所さんは主にBBQグリルを作っているメーカーですが、実に質実剛健なモノ作りをしているメーカーと感じます。

このマルチファイヤーテーブルも実に男臭い。むしろ漢臭いと書かせていただきたい。

同じ尾上製作所さんでは、このフォールディングラックも実に漢らしい。

世の中はオシャレなウッドラック全盛ですが、見よ!このスチールの無骨さを!

実はキャプテンスタッグさんも漢の黒ギアを展開しています。

まずはテーブル。

黒メッシュのテーブルトップが実にマッチョです。尾上製作所さんはムキムキのマッチョですが、キャプテンスタッグさんはシュッとした細マッチョ。セクシーささえ漂っていますナ。

このキッチンテーブルも唯一無二。

ザ・漢の台所ですナ。

ぜひ黒のタンクトップ(できればメッシュの)姿で使っていただきたいw

以上、近ごろ気になるマッチョな黒ギアでした。

ヘリノックス スウィベルをよぉく眺めてみた

以前の記事「ヘリノックス スウィベルチェア 礼賛」へのコメント「回転部の仕様や耐久性はどうか?」というのを受け、よぉく見てみました。

これが回転部のアップ。
 IMG_5726_s
白い樹脂製のパーツが境になって上下が回転します。パーツ同士の隙間はほとんどなく、砂等が入り込む余地はなさそうです。

角度を変えました。
IMG_5728_s
ネジ等もなく、簡単にバラせないように見えます。高い堅牢性を有しているようには感じます。

はい、以上。機械類のことは全く分からないワタクシ。眺めただけで終わりました。。。

ほんとすんません。ド素人なりに「きちんと作ってある」という感じはします。

実際に何度か使用していますが、堅牢性・耐久性への疑問は全く感じませんでした。

ちなみに回転部分を手で回そうとすると、けっこう負荷を感じます。たやすくくるくるは回りません。しかし座った状態で座面を回すと実にスムーズに回転します。この辺りの抵抗の調整は実によくできていると感じます。

ちなみにフレームが座面シートに差し込まれている部分はこんな感じ。
IMG_5730_s
非常に厚く丈夫な生地のポケットが、これまたしっかりと縫い付けられています。これも素人目線と実使用での感想ですが、堅牢性・耐久性に不安は感じません。

なお、ヘリノックススウィベルチェアは横方向に回転するスウィベル機構に加え、ゆらゆら揺れるロッキングも感じられますが、これはベアリング部分より上のフレームがしなることで生み出されるようです。

これも勝手にゆらゆら揺れる感じではなく、負荷をかけるとゆらゆらするという感じ。案外とこれがよい感じではあります。

え、、、と、以上!

ヘリノックススィベルは(ボクが見る限り)たいへん堅牢で耐久性も問題ないですヨ!(←説得力、、、ある?)

ヘリノックス スウィベルチェア 礼賛

今シーズン購入したキャンプ道具の中で、文句なしのナンバー1ギアがヘリノックス スウィベルチェアです。

Helinox(ヘリノックス) タクティカル スウィベルチェア コヨーテ

ヘリノックスのチェアと言えば、超軽くて超コンパクトで、それでいて座り心地と耐荷重に優れているという、ここ数年でアウトドアチェアの定番となりつつある椅子であることは言わずもがなですネ。

元祖チェアワンの生地がちょっとおしゃれなバージョンがヘリノックス コンフォートで、我が家ではベージュとラグーンブルーを所有しています。

ま、オートキャンプでは図体や重量はあまり気にしなくていいので、結局はオンウェーのコンフォートチェア2がレギュラーではありますが。。。

で、気になっていたのがヘリノックス スウィベルチェア。これ、水平方向に360°回転するスウィベル機構が付いている椅子。

で、ポチっとな。

さっそくコンフォートと比べてみます。座面の高さはスウィベルチェアの方が高いです。
20160626_134208_0
コンフォートがいわゆるローチェアの高さであるのに対し、スウィベルはレギュラーハイトと言っていい高さですネ。

さてスウィベルは「座り心地が浅い」と言われますが、横から見て比べるとコンフォートと顕著な差はありません。
20160626_134227_0
しかしこれが座ってみると全然違う。

これは背もたれの角度というより、お尻の沈み加減だと思います。確かに座り心地が浅い。

「身体を預けてくつろぐ」という感じではなく、「腰かけて待機する」という感じです。

家具でいうなら、コンフォートがソファで、スウィベルはダイニングチェアといったくらいの差でしょうか。

セマフカキャンプは400mm高さでキッチンも食卓も全て完結するスタイル。ほぼ100%座って料理をします。

先日の朝霧ジャンボリーではこんな感じ。
20160626_175020_0
座り心地が浅いので調理をする等の作業がたいへんやりやすいのです。

加えてスウィベル機構のおかげで左右のものが取りやすい。ゴミ箱なんかは椅子の後方に置く場合も多いのですが、これも実に捨てやすい。

ヘリノックス スウィベルチェアは「座って調理する」スタイルに最適な椅子と言えます。

いや、これ、ほんっといいですヨ。

ただ今のセマフカの定番パターンは、キッチン兼食卓のスノーピークIGTにはヘリノックス スウィベルチェア、焚き火の前にはオンウェー コンフォートチェア2という2台体制。

スウィベルチェアが非常にコンパクトなので追加で持っていくのに全く躊躇がありません。

いっやー、これ、ほんっと、いいですヨ。

座り調理のスタイルのキャンパーなら、これは買いだと思います!
20160724_072635_0

【↓各ショップへのリンクを掲載しておきます↓】


【楽天市場】ヘリノックス スウィベルチェア 販売店舗一覧


ヘリノックスコンフォートチェアのことを少し。

セマフカは夏はシーズンオフ!ということで更新が滞っておりますが、ワタクシ自身は冷房の効いた部屋でネコと戯れており、すこぶる元気です(爆

春に購入したキャンプギアをあまり紹介できず申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、、、なにしろブログ執筆時間であるはずの早朝は猫の遊んで攻撃と腹減った攻撃にさらされてですね、、、しかも部屋がネコグッズだらけで写真を撮るスペースがなくなり、、、あ、はい、言い訳ですネ。言い逃れです。スミマセン!!!

というわけで本日はヘリノックス コンフォートをちらりと。

Helinox(ヘリノックス) コンフォートチェア ベージュ

これがチェアワンですが、

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック

これ、スペックを見ると実は座面高が違いますね。。。

コンフォート:25cm
チェアワン:34cm

今、初めて知りました。。。この辺りはチェアワンをどうにか入手して、改めて座り心地などの違いをレビューいたします!(っつかこのスペック本当かな。。。?)

生地はコットンに見えますが、実はざっくりした風合いのポリエステル生地です。手触りはどちらかというと麻っぽい雰囲気です。いずれにしてもナチュラルな風合いで好感が持てます。

コットンでなくポリエステルなのは、やはり張りの耐久性の問題かと。コットンだとどうしても使い込むうちにだれーんとなってきてしまうのではないでしょうか。

で、重さはチェアワンと比べるとちと重いです。

コンフォート:980g
チェアワン:890g

やはり生地の分が重くなっているのでしょうか。しかし1kg未満というのは凄い。これで耐荷重145kgですから、その性能には頭が下がります。

ヘリノックスチェアの形だけ真似た製品が世の中に蔓延してますが、これだけの耐荷重を誇っているのは元祖ヘリノックスだけですゾ。

さて収納時の大きさはこんな感じ。
ヘリノックス_IMG_5221
2Lのペットボトルと比べるとふたまわりほど大きい感じ。しかし重さは半分です。

一升瓶と比べると存在感はどっこいどっこい。胴回りがひとまわり大きいくらいです。
ヘリノックス_IMG_5222

収納はテントと同じく、畳んだフレームを生地で巻くスタイル。
ヘリノックス_IMG_5226
ヘリノックスのチェアはフレームの機構もテントのポールと同じ。ポール内部にショックコードが通っていて、フレーム同士がカチャカチャカチャっと組み合わさる仕掛けです。
ヘリノックス_IMG_5227
これ、実に簡単で気持ちがいい。

フレームの組み立ては30秒あれば十分です。その後でシートを引掛けるのにさらに30秒。袋から出して1分で確実に組み上がります。

もしもヘリノックスチェア早組み大会なんてやったら、たぶん優勝タイムは15秒くらいになると思いますヨw

というわけでヘリノックス コンフォートのちょっとだけレビューでした。続きはまたおいおい。。。(猫の機嫌次第。。。)

お詫びと言ってはなんですが、サービスショットを1枚。
image
にゃ。

ではまた(笑)

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ