キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

道志みちエリアのキャンプ場

道志みちは花のみち その1

今年の桜はどうも様子が例年と違う。

開花は早かったけれど、なんだかんだで足踏みして、各所で満開になるのが遅かった気がします。

我が家は4月第1週は都内で花見。第2週は道志みちで花見キャンプ、というのが例年の定番。

しかし今年は第1週は都内はまだ3〜5分咲きといった塩梅で、花見はやったものの今一つ物足りない。。。

第2週は法事で、桜が満開の関東を尻目に、まだ「梅」が満開の福島へ繰り出すハメに。(東北道から見た満開の桜はそれはそれで楽しめましたが)

そして当初は葉桜でも楽しもうと企画した第3週のお花見キャンプは、どうやら満開が見込めたものの所用が立て込んでキャンセルに。。。

というわけで3週にわたって不本意な週末となりましたが、どっこいこのままでは終われない!

というわけで第3週の日曜日(すなわち、こないだの日曜日)は道志みちにドライブにくり出すことにしました。(もろもろの都合がありデイキャンプすらなしのドライブのみ!)

毎年、春の道志みちは花が咲き乱れ、実によい風情です。

この日はまさに桜が満開で、なぜキャンプに来れなかったのかっ!という残念な思いと、それでも今年も春爛漫の道志に来れた!という満足の両方が入り乱れたドライブとなりましたw

いっやー、春の道志みちはキャンプせずともドライブだけで十分に楽しめますヨ、ほんと。(ワインディングがきついので、車に酔う人はちと厳しいですが。。。)

今日は道志みちの風景を車窓から撮った写真でお楽しみください。(中央道相模湖東IC→道志村久保)
20170416-104840-0
20170416-104855-0
20170416-104859-0
20170416-111202-0
20170416-111208-0
20170416-111312-0
20170416-111507-0
BlogPaint
20170416-112210-0
20170416-112343-0
20170416-112957-0
20170416-121047-0
20170416-121057-0
20170416-121231-0
20170416-125011-0
BlogPaint
う~ん、春の道志みち最高!

次回は青根キャンプ場と久保キャンプ場の桜の様子をお伝えします!

【続きはコチラ→道志みちは花のみち その2】

青野原オートキャンプ場 レビュー (2017年3月)

青野原オートキャンプ場は道志みちでも屈指の人気キャンプ場。

セマフカでも何回も訪れていますが、見どころはやはり桜。

3月は河津桜、4月はソメイヨシノが楽しめる贅沢なお花見キャンプ場と思います。 

さてセマフカでは過去2回レビューしていますので、まずはそちらを。

2014年3月編

2016年3月編

2017年版のアップデートはなんといっても男子トイレのウォシュレット化。

青野原オートキャンプ場はキャンプ場入口近くの管理棟のほか、場内に何か所かトイレがありますが、今回ウォシュレット化されたのは管理棟の男子トイレ。
20170319-054618-0
20170319-054210-0
個室4個中、3つにウォシュレットが設置されました。

2016年の秋に導入されたそうです。

いやぁ~これはウレシイ。

青野原オートキャンプ場はサニタリー設備の貧弱さが大きな弱点だっただけに、これでキャンプ初心者をはじめ誰にもオススメできるキャンプ場となった気がします。

そのほかは特段の大幅アップデート情報はなし。

いちおうサニタリー設備系の最新写真のみ掲載しておきます。
20170319-054601-0
20170319-054531-0
20170319-054632-0
20170319-054653-0
20170319-055211-0
20170319-055240-0
20170319-055808-0
20170319-055829-0
20170319-055837-0
20170319-055844-0
 (以上)

ついに嫁も薪ストーブデビュー 青根キャンプ場(2017年3月)その1

今年ようやく薪ストーブデビューを果たしたセマフカですが、3度の薪ストソロキャンプを経て、いよいよ嫁を薪ストキャンプに連れ出しました。

場所はいつもの青根キャンプ場。【ウォシュレット&給湯設備&温泉】と冬キャンプに嬉しい設備が揃ったナイスなキャンプ場です。

今回も電源が使えるムーンサイトを選択。眼下にグリーンサイトを臨む崖上のはじっこ22番サイトです。

デュオキャンプで薪ストインではタシーク単体だと狭いので、エクステンションを追加しました。車はいつものマツダCX-5(カレコカーシェアリング)です。
20170304-124627-0

インナーはいつものスノーピーク アメニティドームSです。タシークのエクステンション部分にすっぽり入ります。
20170304-124719-0

ひとりだとユニフレーム 焚き火テーブルだけでOKですが、デュオなのでスノーピークIGTを持ってきました。が、・・・なんか違和感があるのが分かりますか?
20170304-110915-0

下から見ると、
20170304-110937-0
じゃじゃーん!

キャンパーズコレクションのベンチを脚代わりに使ってみました。

って、単にIGTの脚を家に忘れてきた苦肉の策ですが、、、ネ(汗

いっやー、脚を忘れてきたことに気づいた瞬間は、白目をむいて30秒間がっくしと立ち尽くしました。。。

ベンチの上ではさすがに不安定かと思いましたが、IGTのテーブルがけっこう自重があるので思いのほか安定しています。

さてそんな涙ぐましいテーブルの上で昼食にします。今日はラーメンを作ることにしました。
20170304-121117-0

ユニフレームFan5Duoの大鍋にザルをインしてカット野菜をゆがきます。
20170304-121307-0
そのお湯で麺をゆがいて、
できあがり。
20170304-122233-0

スーパーで買った餃子も焼いていただきます。
20170304-122246-0
はぁ~、うま~。

というところで今日の薪ストーブのセッティング。
20170304-152748-0
基本的には前回(3度目の薪ストーブ ふもとっぱらでのセッティング)と同様ですが、今日は隙間を防ぐベニヤ板を忘れずに持ってきました。(幕除けバージョン1のベニヤ板(600*300mm)です)

幕除けのベニヤ板にぴたりとつけて立てて、ペグで打ち付けて固定します。
20170304-152710-0
ペグのフック部分がいい具合にベニヤ板にはまってよい感じに固定できました。

今日も煙突の支えは踏み台+薪+鍛造ペグです。
20170304-152701-0
煙突の支えだけがまだ決定版ではない気がしていましたが、、、なんか、もうこれで良くない?的な気もしてきました(笑

この日の青根キャンプ場は穏やかな天気で、午後15時頃の気温は15℃。薪ストーブを焚かなくてもシェルター内は25℃と実に快適な温度。
20170304-124655-0
たっぷりと昼寝をして、早春キャンプは過ぎていくのでした。。。ZZZ。。。

続きはまた明日。

次の記事→ついに嫁も薪ストーブデビュー 青根キャンプ場(2017年3月)その2

【↓今回の使用ギアはコチラ↓】


またしても青根キャンプ場で冬キャンプ(2017年2月)その3

ゆるゆると魚介のトマトソース煮込み(←その正体は鍋セットにレトルトパスタソースをぶっかけたやーつ)でビールを楽しみつつ、次の1品に取り掛かります。

じゃじゃーん。
20170204-180343-0_s
ピザ~♪(しかも50円引き)
 
うーむ、どこまでも手抜き。。。

グリドルにピザを乗せて、薪ストーブの上で裏面を焼きます。
20170204-180438-0_s

数分で裏面がこんがりと焼けたところで、薪ストの下でピザの上面の焼きに入ります。
20170204-181449-0_s

はじめは手で持っていたのですが、だんだん手が熱くなってくるし、腕は疲れるし、で、一計。
20170204-181700-0_s
ユニフレームのクッカースタンドに乗せて、
20170204-181820-0_s
薪ストーブの下にイン!しばし放置!

ちょっとピザと薪ストまでの距離が遠かったので焼き目がいまいちですが、チーズがぐつぐついってきたのでこれで完成にしますw
20170204-182013-0_s
ピザとビール最高♪ 薪ストキャンプ最高♪

しかもピザの耳は1品目のトマトソースにつけて食べると美味というおまけ付き♪
 20170204-182943-0_s

続いては、(←まだ食うんかい)、缶詰のタンドリーチキンを薪ストーブの上に乗せて温めます。
20170204-183807-0_s

このグツグツ感がたまらん。
20170204-184358-0_s

ビールが切れたので、ハイボールに切り替えます。
20170204-190202-0_s
家からスコッチを持ってくるのを忘れてしまったので、スーパーで買ったニッカw

午後19時で外気温は0.0℃。シェルターの中は18℃前後を維持。(←20℃超えはちょっと暑い。。。ヒートテックのタイツとか着込んでいるから。。。)

というわけで今夜も21時を待たずに酩酊し撃沈。

翌朝6時のシェルター内の温度は-0.3℃。外気温は-4.6℃でした。

昨夜、寝るときは電気毛布のおかげで布団の中はぬっくぬく。暑がりなので寝るときには消しましたが、寒くて起きることはありませんでした。

まだ薄暗い中、薪ストーブから出る煙が心強い。
20170205-061619-0_s

ビニール窓は霜で凍てついてバリバリです。
20170205-062601-0_s

が、間もなく薪ストーブの暖気で霜が溶解。お隣のシェルターがまだ霜で真っ白なのと比べると薪ストの威力がよくわかります。
20170205-070651-0_s

今日も土鍋で一人分のごはんを炊き、みそ汁の具はカット野菜「大根と水菜のサラダ」を使います。
20170205-071436-0_s
サラダ用だからといってひるんではいけません。大根も水菜も汁物にして全然おかしくない具材です!
20170205-072535-0_s
ほら美味しそうw

前回、温泉卵と間違えてゆで卵を買ってしまったので、今回は入念にパッケージを見て間違いなく温泉卵を買いましたw
20170205-072618-0_s
いただきます。

あぁ、いい朝です。
20170205-074354-0_s

というわけで、幕除けVer2デビュー&ビニール窓大作戦で薪ストキャンプにずぶずぶハマってゆくワタクシ。

あぁ!春が待ち遠しいやら、もっと冬続けよっ、とか。フクザツ~。

次回は3月頭、いよいよ嫁を薪ストキャンプデビューさせる予定です!

ちなみに今回の薪使用量ですが、1日目:夕方~夜、2日目:朝の計7~8時間燃やして、針葉樹半束・広葉樹1束半といったところでした。

もし1日目の朝から夜までずっと薪ストーブを燃やしていたら、使用量は倍はいったと思います。

ではまた~。

 

またしても青根キャンプ場で冬キャンプ(2017年2月)その2

青根キャンプ場に着いて、電気毛布付き寝床、薪ストーブ、ビニール窓をセッティングしたらもう午前11時半です。

この日の青根キャンプ場電源サイトはこのくらいの混みよう。
20170204-115005-0_s
だいたい1/3くらいの稼働率でしょうか。ゆったりしていて快適です。しかし真冬にこのくらいのキャンパーが利用するというのも凄い話です。

さすが、ウォシュレット・給湯設備・温泉施設完備のスーパー高規格のなせる技ですナ。

さて、この日の青根キャンプ場は快晴で無風。気温もぐんぐん上がり、薪ストーブに火を入れていない、かつサイドの扉全開のシェルターの中の温度は実に25℃。
20170204-113445-0_s
あぁ、実に快適です。。。

これだけの装備をセッティングしておいて、なんか、ちょっと不本意ですが、、、ぽかぽか陽気にうとうとしちゃいますヨ。

サイドドアから超広角で撮ったシェルター内はこんな感じ。
20170204-113525-0_s
いつもはインナーテントに対して背を向けるレイアウトですが、窓の位置関係から、インナーを正面に見るレイアウトにしてみました。

ソロだと大きなテーブルはなしで、ユニフレーム 焚火テーブル2台で済ませます。

このタイミングでマルエツ三ケ木店へ取って返し、夕食・朝食の買い出しを済ませたら、本日の昼のお楽しみ。

キャンプ場併設の「いやしの湯」でひとっ風呂浴びた後の至福の一杯。
写真 2017-02-04 12 58 22
おつまみは定番となりつつあるイカ揚げ・モツ煮・きゅうりのぬか漬け。

くぅぅぅぅぅぅ、たまらん。

そして猫たちも健在。
写真 2017-02-04 13 28 42
写真 2017-02-04 13 29 47

さてテントに戻ると、青根キャンプ場には早くも山の影が覆ってきています。
20170204-154331-0_s

陽が陰るとぐんぐん気温が下がり、16時には10℃を切ってきました。昼間の温かさが噓のようです。

もちろん、寒くならないと薪ストーブの出番がありませんw
20170204-155502-0_s
早速点火。

シェルターはフルクローズですが、窓から外が見えて、開放感があります。
20170204-162004-0_s

薪は針葉樹広葉樹併せて40kgあります。ふふっ、どっからでもかかってこいや!(←絶対に使いきれない)
20170204-162453-0_s
例によってユニフレーム フィールドラックを裏返して、薪ラックとして使っていますw(ほんと、いいなコレ)

あぁ、いい時間ですナ。
20170204-162554-0_s

午後17時半。外気温は4.0℃。シェルター内の温度は20.7℃です。

ふふっ、ぬくぬくですナw

というところで今日の晩飯はコチラ。
20170204-174750-0_s
魚介の鍋セット&レトルトのパスタソースで、魚介のトマトソース煮込みを作ります。

例によって下ごしらえ不要・包丁まな板不要の超手抜き料理シリーズですw

魚介は全部では多すぎるので半分だけ使いました。スノーピーク コロダッチ オーバルに魚介を入れて、ベイリーフを1枚。
20170204-175138-0_s

材料が半分隠れる程度の水か白ワインを入れて火にかけます。ふたは不要です。
20170204-175409-0_s

5分もぐつぐつすれば火は通ります。
20170204-175654-0_s

そこにパスタソース投入。
20170204-175720-0_s
クリーム系よりはトマト系のほうが合うと思います。今回は「アラビアータ」を使いました。普通のトマトソース(ポモドーロ)よりもニンニクの風味と唐辛子の辛味が効いています。

ソースが温まって全体がなじんだら完成。乾燥パセリなんぞを振れば、レストランで出てきてもおかしくない出来栄え。(←いや、おかしいだろ)(←いや、案外いけるかも)
20170204-180016-0_s

ビニール窓から暮れゆく空を眺めながら、薪ストーブの暖気に癒され、冷た~いビールを飲む。あぁ、最高の休日。

続きはまた明日。


【今回使用のギアはコチラ】


記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ