キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

↓その他

Tips:撤収時のことを少し

なにか伝え忘れているTipsはないかな~、と思っていたら、ありました。(地味だけど)撤収時のちょっとしたコツのコツ。(←といっても、やはりたいしたことはない、と、思う)

セマフカ的ポイントはふたつ。

・グランドシート(レジャーシート)を活用する
・収納袋を予め用意しておく

とにかく写真で見ていきましょう。

撤収前にまずは車とサイトの間のあたりにグランドシートを敷いちゃいます。レジャーシート・ブルーシートでもOKです。
20161023_091629_0
ボクはアメドSを2張り持っている(よってグランドシートも2枚ある)ので、ここではアメドSのグランドシートを敷きました。

テントやタープを畳む時にこの上で畳むと幕が汚れずに済みます。

まずテントを撤収します。なので、アメドSの収納袋をこのように置きます。
20161023_092036_0
これは意味がふたつあって、ひとつはもちろん畳んだ幕をスムーズにしまうため。もうひとつの理由がポイントで
「どのくらいの大きさ・長さに畳むのか」を把握するためです。

まずフライシート。バサッと上に置いて、なんとなく畳んでいきます。
20161023_092326_0

畳んだ先に収納袋が来るように折り畳んでいきましょう。
20161023_092357_0
収納袋にぴったり収まるように幅を適宜調整するのがコツです。

コツのコツは収納袋よりちょっとだけ幅広く畳むこと。
20161023_092426_0
フライを畳むとどうしても中央付近がかさばりがちなので、こうしておくと収納袋に入れた時に比較的中央・端のバランスがよくなります。

ちなみに「フライシートがきれいに畳めない」というお悩みをお持ちの方が多いと思いますが、大丈夫です。フライシートはきれいに畳めないものなので、気にしないでくださいw

続いてインナー。
20161023_092802_0
ポールを外してパサッとフラットになったところ。

ボトムが外側になるように両端から半分の幅に畳みます。
20161023_092852_0
インナーのウォール部分を汚したくないので、ウォール部分とボトム部分が触れないように畳むのがコツのコツです。

小さくたたむ前に、やはり収納袋を先に置きます。
20161023_092956_0
収納袋に入る幅になるように畳み方を調整します。だいたいの場合は半分の半分に折るか、最初に半分にした後で1/3幅に畳めばOKと思います。

折り畳んだポールを置いてくるくる巻けば、巻きやすいし、ポールの保護にもなります。
20161023_093117_0

ぴったり入りました。
20161023_093208_0

収納できた荷物からグランドシートの上に置いていきます。
20161023_093641_0

収納できた順から車に積んでしまうときれいに積載できないので、いったんグランドシートにまとめてから車に積む作戦です。
20161023_094653_0

コツのコツ。ゴミ袋とティッシュ・ウェットティッシュは最後まで使えるようにしておきます。
20161023_094354_0
ギアに付いた汚れを適宜ティッシュ・ウェットティッシュで落としながら収納し、途中で出たゴミはキャンプフィールドに残さずにきちんとゴミ袋に入れます。

撤収完了。来た時よりも綺麗にして帰りたいものですネ。
20161023_101116_0

以上、たいしたコツはなんにもありませんでしたが、1個2個は使えるネタがあれば幸いです。

TIPS:小川張りのポール高さ考察

「小川張り」がなんのことか分からない方は、軽~くググってから読んで下さい。

ということで、今日は小川張りのコツのコツを伝授します。(←たいしたことはありません)

これ、先日のふもとっぱらでタシーク&ヘキサLで小川張りをした写真。
20161015_144731_0
タシークとヘキサが重なる部分は絶妙に10cmほどの隙間を空けています。これがタープの稜線の美しいシルエットを生み出しています。

何気な~く見えますが、実はメインポールは、フロント(写真右側)が275cm・リア(写真左側)が335cmと、リアを60cm高くしています。

このリクツを図にするとこんな感じ。
小川張り
これはフロントとリアのポールの高さを同じにした例ですが、リア(左側)のタープの頂点がポールの頂点より大きく下がっているのが分かります。

これ、小川張りの大きな特徴です。

例えばこれを通常通りリアのポールを240cm程度にしてしまうと、タープのリア側がとても低くなってしまうということが起こります。

小川張りでタープをねらった高さにするためには、延長長さに応じてリアポールの高さを足してやる必要があるのです。

使用しているポールは村の鍛冶屋さんのタープポール。
3本継ぎで、トップのポールが長さ可変式で全体で215cmまで伸ばせます。

これに別売りの中間ポールを1本足すと最長で275cm。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルミタープポール レッド 中間用太さ28mm×長さ60cm
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)


なのでボクは、ヘキサタープの場合は4本継ぎ275cm&245cmで使用。エヴォなど前後対称のタープは4本継ぎ275cm×2で使っています。

今回のヘキサLの小川張りではフロントを4本継ぎの275cm、リアを5本継ぎの335cmで使っているというわけです。

ちなみにセッティングテープの長さは4m。タシークの全長が5mなので、小川張りにした時にこの1m分がタシークの出入り口に重なって屋根になるという設計です。

しかしエクステンション使用時のことを想定していなかったので、今回は重なり部分が多すぎました。。。期待よりリビングが狭い。。。(エクステンションを使うと全長が1.4m伸びる)

ところでポールを高くすると風に弱くなるので、このようなセッティングの時は、くれぐれも天気に注意してくださいネ。

news:hinataさんがテント乾燥サービスをリリース

「hinata trunk!」 (https://trunk.hinata.me/)でキャンプ道具専門の保管&キャンプ場への配送サービスを展開しているhinata (https://hinata.me/)さんが、クラウドファンディングの形でテントの乾燥サービスをリリースしました。

ボクもそうですが、マンション住まいのオートキャンパーの悩みは雨撤収で持ち帰った大型幕をなかなか干せないこと。

先日のスノーピークウェイでも、本来はスノーピーク タシークを使いたかったところを、雨撤収の可能性を考慮して、コンパクトなアメニティドームに変更しました。

マンションの狭いベランダでは、シェルターの中では小型のタシークと言えど、ちと干すのがやっかい。

これ、例えばコールマンのタフワイドドーム等の大型テントでも同様ではないでしょうか。2ルームテントならなおさらです。

スノーピーク製品ならスノーピークの乾燥サービスが使えますが、他メーカーではお手上げ。困っているユーザの方は本当に多いと思います。

今回のhinataの乾燥サービスは全てのメーカーのテントを預かって乾燥してくれます。

正式にサービスインした場合には3500円~(税別・送料別)とのことで、これはスノーピークのサービスと価格帯は同等です。

テント干すだけで3500円かよっ!と一見高価に思えますが、大切なテントをカビさせることを思えば、出せない金額ではないのでしょうか。

クラウドファンディングで支援した場合には、4000円のコースなら2回の乾燥サービスを利用することができるので、1回あたり2000円とお得です。

 d7cd2486-cdc7-4010-b614-a1c48cf0ecfe_s
【→CAMPFIRE hinataテント乾燥サービス プロジェクトを表示する】

逆に大型幕の購入をためらっている方は「うちのベランダでは干せないなぁ~」というのが理由であることも多いようです。乾燥サービスが使えるなら、購入の後押しになるのではないでしょうか。


と、なんかhinataさんの回し者っぽくなりまして、、、ま、実際にhinataさんからご紹介も受けていますが、そういう場合でもボクがピンとこないサービス・製品は記事に取り上げません。

いや、実際にいろんな方から「当社のサービス・製品をぜひ取り上げてほしい!」という依頼はあるんですヨ。で、基本的には全て断っています。できるだけの中立性を保つためです。

ただし、ボクが知らなかったサービス・製品で、セマフカで取り上げたいと思うものは独自の基準・価値観で記事にすることはあります。

今回の乾燥サービスは都心のキャンパーなら必要としている方が多いと思うので、紹介をさせいただいた次第です。(hinataさん、バラしてごめんネ)

でもほんと、2ルームテントをマンションのベランダで干すとか、想像しただけでげんなりしますヨ。

気になる方はぜひ!

スノーピークウェイinHQ 短信 その4

スノーピークウェイ2016inヘッドクォーターズの最終日。

初日から降り続いた雨は止みましたが、最終日の朝はまだ雲がうっすらと空全体を覆っています。
20161010-064108-0
20161010-064119-0

朝ごはんはこれまた手抜き。
20161010-064956-0
前日に道の駅で買ってきた栗おこわを温めます。
20161010-071610-0
このように小鍋におこわを入れてラップして、大鍋で湯煎します。(もちろん大鍋のフタは閉めます。小鍋の取っ手が木製じゃなければ、ラップじゃなくフタでいいです。木製の取っ手だとカビちゃいます)

「鍋野菜セット」というカット野菜で具だくさんの味噌汁を作り、ハムエッグを作って、納豆を添えました。
20161010-072431-0
手抜きの割りにそれなりの朝食になりましたナ。(栗おこわに納豆はどうなんだ、、、というツッコミは心の中だけで叫んでいただきたい)

朝ごはんの後はさくさく撤収。
20161010-092134-0
3連休最終日の関越をできるだけ早く抜けるために、閉会式前に撤収を済ませてしまう作戦です。

車への積み込み完了後にしてようやく晴れ間が見えてきました。
20161010-100706-0
ギリギリ、乾燥撤収ができてなによりです。。。

さて、スノーピークウェイ最終日の目玉は恒例の紙飛行機大会。
20161010-103753-0
どれだけ的(パイルドライバー)に近く紙飛行機を飛ばせるかというコンテストです。

投げた後では、スタッフによる計測が入ります。
20161010-104350-0
ワタクシ2014年に続いて、ちっともかすらず。。。(きっと、みなさま家で練習を重ねてきたに違いない、と踏んでおります。)(←妄想)

賞品は「SPW2016」の限定ロゴが入ったスノーピークグッズ。うん、、、羨ましい。。。(←次回は家で練習を重ねて挑もうと決意した瞬間)

かくしてスノーピークウェイ2016 in ヘッドクォーターズは無事に閉会。
20161010-105815-0

11時にヘッドクォーターズを出発し、埼玉あたりで渋滞につかまり、15時半に世田谷の自宅に到着。

2泊3日のたいへん愉快なキャンプとなりました。


スノーピーカーの皆さんは行きつけの店舗がだいたい決まっているので、スノーピークウェイの地方大会では、ふだんは店でしか会わない店舗スタッフさんとキャンプ場で語らうのが愉しいというお話しでした。

一方でヘッドクォーターズ大会は本社スタッフが多く、スノーピーカーにとって顔なじみのスタッフがいないのが、やや物足りなかったとのこと。

逆にヘッドクォーターズはコアなスノーピーカーが多く参加していて、お互いに顔なじみというユーザ同士がたいへん多かったのが印象的でした。

皆さま過去のスノーピークウェイやその他のキャンプイベントで顔見知りになって、今ではいっしょにキャンプに行く仲だそうです。


最近は全国で様々なキャンプイベントが増えている印象ですが、今後どのようにスノーピークウェイが進化していくかが楽しみですね。

【スノーピークウェイinHQ 短信】
スノーピークウェイinHQ 短信 その1
スノーピークウェイinHQ 短信 その2
スノーピークウェイinHQ 短信 その3
スノーピークウェイinHQ 短信 その4 

スノーピークウェイinHQ 短信 その3

スノーピークウェイ2016 in ヘッドクォーターズの2日目。

一晩中雨が降り続いているので、朝の冷え込みがそれほどでもありません。朝8時の気温は16℃。上着がなくても平気な気温です。(とはいえ、長く外にいるとだんだん身体が冷えてくるという、絶妙な気温です)

朝ごはんはホットサンド。前日にスーパーで買っておいたメンチカツとスライスチーズをはさみます。
20161009-081609-0
たっぷりキャベツとたっぷりソースが吉ですゾ。

美味し!
20161009-082610-0

朝食後は車を30分ほど走らせて、「いい湯らてい」という日帰り温泉施設で入浴。広くて綺麗で、いいところでした。

いい湯らていの食堂で昼食も済ませ、ヘッドクォーターズに戻って散策タイム。

もはや廃盤となっているスノーピークの名品が見られるのもSPWの愉しみですネ。
20161009-133853-0
20161009-134054-0

おやつの時間にはお隣の方に誘われて、野点セットで抹茶をいただきました。
写真 2016-10-09 14 15 44_s
うーーん。まさにSPWクオリティ。

たいへん美味しゅうございました。ありがとうございました!

スノーピークのキャッチフレーズは「人生に、野遊びを」ですが、ブランドもユーザもしっかりそれを実践しているところがスゴイです。

さて降り続く雨のおかげで日中の気温がちっとも上がりません。むしろ下がる一方。

なので、夕方16時から焚火開始。
写真 2016-10-09 16 41 39_s

20161009-170750-0

暮れゆく空と焚き火がある風景は、ほんっといいですネ。
20161009-170650-0

夕食は本日も手抜き。
20161009-172005-0
ユニセラTGでイカ揚げとか豚肉を焼き焼きしていただきます。
20161009-175014-0
豚肉は地元産の「三条ポーク」。ちなみにキャンプの食事では必ずひとつは地元の食材を入れるように努めていますヨ。

2日目の夕方になってようやく雨があがったので、今夜の焚き火トークはタープが外され、オープンエアです。(スタッフの皆様は本当にたいへんだったと思います。)
20161009-193839-0
焚火BARがすぐいっぱいになるとのことで、急きょBARの前にテーブル席も設けられました。(この辺の臨機応変さもさすがですナ)

焚き火トークの間に「快適サイト」の表彰です。
20161009-203807-0
グループキャンプで複数のタープを組み合わせた、非常にリッチなサイトが多く表彰を受けていました。

これはもはや物量、もしくは経済力の勝負ではないか、、、と、ふと思ったりもするのですが、しかし受賞サイトはどれも緻密な計算と創意工夫に溢れて居て、なるほどこういう使い方・レイアウトがあるのか、と感心することしきりでした。いやはや、勉強になります。

この夜もワタクシ夜22時前に撃沈。。。(たまには夜更かししたいものですが、、、なぜこれほどまでに眠くなる?)

次回はスノーピークウェイ最終日の様子をお伝えします。

【スノーピークウェイinHQ 短信】
スノーピークウェイinHQ 短信 その1
スノーピークウェイinHQ 短信 その2
スノーピークウェイinHQ 短信 その3
スノーピークウェイinHQ 短信 その4 

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ