キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

↓その他

NEWS:村の鍛冶屋 本店オープン

セマフカ御用達の鍛造ペグ「エリッゼステーク」を製造・販売している「村の鍛冶屋」さんが本店をオープンさせました。

おめでとうございますー!
(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*) 

kanban
【→村の鍛冶屋 本店を表示する】


今なら会員登録で300円分のポイントプレゼント中なので、みなさまぜひ本店でお買い求めください〜。

(※重ね重ね言っておきますが、セマフカは村の鍛冶屋さんの回し者ではございませんっ)(←単なるファンでございます)


 

NEWS:カユいところに手が届く ドッペルギャンガーのパーソナルマット

コレ、案外良さそうなんですヨ。

【Amazon】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 丸洗いシーツエアマット 綿100% サラサラ 自動膨張式 ダブルサイズ CM2-268

ドッペルギャンガーの地味シリーズ?ということで、「らしからぬ」ブラウンカラーのダブルサイズのパーソナルマットです。

特徴3つ。

1.サイドのスナップボタンで連結して無限に広くできること
2.スナップボタンで留められるシーツが付属していること
3.丸める時にスナップボタンで左右の端を留められること

と、全てセマフカ的にはスナップボタン関係に興味が集中です。

1.はまあよくあるパターンです。幅が1150mmなので、ベッドであればセミダブルサイズ。ふたつ連結すれば2300mmとキングサイズを凌ぎます。これなら家族4人が仲良く寝れますネ。

ファミリーサイズのテントの幅が2700mmとか3000mmなので、フロアのほとんどを広々としたベッドとして使える感じです。

2.は意外とニーズがあったのではないか、とセマフカは推測しています。

パーソナルマットの、あのシャカシャカした表面の感触って、眠る時にはちょっと気になる方が多いのではないでしょうか。

セマフカ的アイテムはコレ。

【Amazon】mofua natural 防ダニ・抗菌防臭ふんわりタオル地敷パッド

いわゆる「敷パッド」というやつで、四隅の裏にゴムが付いていて、パーソナルマットの角に引掛けられるところが使い勝手がいい。

夏はファブリックのさらりとした感触が心地よく、秋もやわらかなぬくもりが気持ちいいというオールシーズンOKなアイテムです。

セマフカ御用達のパーソナルマットは(今や廃盤となった)コールマンのキャンパーインフレーターマットWですが、これは幅が1300mmあるので、ダブルサイズ用(幅1400mm)がぴったり。

ま、こうした使い方で全く不便はないのですが、今回のドッペルギャンガーのはジャストサイズのコットンのシーツがスナップボタンでしっかり留められるというのだから、これはうれしい。

3.はなかなか目のつけどころがシャープです。

ダブルサイズのパーソナルマットは予め縦に二つ折りにしてからくるくる丸めるのですが、どうしても端っこがズレてきちゃう。

これはスナップボタンで左右の端を止められるので、ズレない、という仕掛けです。ま、別にパーソナルマットについてクリティカルな機能ではないのですが、ちょっと嬉しいゾ、と。


他のスペックとしては厚さが4.5cmと、この手の製品群の中ではかなり厚い方です。これを超えるのはロゴスの超厚マットの5.0cmのみ。コールマンは4.0cmです。寝心地は申し分ないと思われます。

以上、アッというコンセプトやカラーリングで世を沸かせているドッペルギャンガーですが、このマットはかな~り正統派の佳品ではないでしょうか。

ダブルサイズのマットを検討している方は、選択肢に加えてみてもいいと思いますヨ。

Amazon以外のお店へのリンクは以下です。

【→楽天市場 ドッペルギャンガー 丸洗いシーツエアマット ブラウン】



NEWS:コールマン インディゴレーベルがいよいよ!

コールマン×モンローによる新ブランド「Indigo Label(インディゴ レーベル)」の商品ラインナップがコールマン オフィシャルサイトで公開されました。
plate_L_indigo-label
【→コールマン Indigo Label ページを表示する】


なんか、なんでしょうネ。良いとか悪いとか、欲しいとか要らないとか言う前に、なぜかしらワクワクする感じがあります。

ほとんどの商品が6/16に販売開始されるそうですので、ビビっと来たかたは是非!

TIPS:タープのしわはどう直すのか?

先日のバウアーハウスジャパンではヘキサタープ派がいつになく多く見られました。

上手に張れているサイト、うまく張れていないサイトがそれぞれありましたが、こんな感じです。

こちらは稜線に大きなたるみが出ていますね。
20160522_061009_0

こちらはほぼしわもなく完璧な張り方。素晴らしい。
20160522_060842_0

うーん、こちらはテンションは十分ですが若干のしわが寄ってます。ま、及第点といえば及第点ですが。
20160522_060805_0

これらはいけません。風に弱そうな危険な張り方です。
20160522_060720_0
20160522_060649_0
見ると、テンションがほとんどかかっていない張り方はキャビン泊の方々。初心者なので、まずはキャビン泊で、ということでしょうが、タープはビシッと張らないと、強風にあおられた時にペグが抜けやすいですし、ポールも倒れやすく危険です。

このキャビン泊の例は極端としても、ヘキサタープをしわなくビシッと張るのはなかなか難しいもの。

そこで今日はどのようにすればしわがなくなるかをワンポイントアドバイスいたします。

まずはこちらの例。
20160522_060805_0
テンションはけっこう効いていますが、全体にしわが出ている状態。

こういう時はしわの方向をよぉく見てください。
1
タープというものは基本的にはしわと平行方向のテンションが過剰になっていると考えていいです。この場合は矢印方向のテンションが強いということです。

よってこの場合は写真右下のロープのテンションを弱めてやるとしわは解消されます。

しかしそれだけだと全体的にテンション不足になっていると思うので、各ロープのテンションをもう少しずつ均等にかけ直してやるといいといいでしょう。

それでも小さなしわがとれない場合はペグダウンの位置をずらす必要があります。また、しわなしにどこまでこだわるか、ですが、、、自分でヘキサの端をつまんで左右に引っ張ってみて、しわがなくなる方向にペグをずらすといいでしょう。

さて続いての症例。
20160522_061009_0
稜線に大きなたるみが出ています。これは「しわ」の原則と逆で、メインロープのテンションが足りていないときに起きる現象です。稜線のカーブが急すぎて、中央部にテンションが効いていない状況です。

この場合はいったんサイドロープのテンションをゆるめてから、メインロープにテンションを加えてください。
2
その後であらためてサイドロープのテンションをかけると、稜線のたるみは解消されるはずです。

ヘキサタープはメインとサブのテンションのかけ方のバランスで稜線のカーブの形が決まります。この辺の絶妙な加減は経験あるのみですナ。

え、、、と、こちらはもはや論外に近いのですが、、、各ロープのテンションが全く足りていない一方で、右下のロープだけに過剰にテンションがかかっています。
20160522_060720_0
まずは右下を緩めてから、メイン→サイドの順でテンションをかけるといいでしょう。

以上、簡単でしたが、ヘキサタープのしわをなくすワンポイントアドバイス。ぜひ参考になさってください。

NEWS:これは!?ロゴス版アメニティドーム?

先日は「セマフカ的にほほぅと唸れないニュースリリースはスルー」と僭越なことを申しましたが、、、ロゴスの【neos リビングプラス・PLR XL】は、思わずほほぅと唸りました。

それはこの平面図。
l
むぅ!この形は!

スノーピークのアメニティドームと同じです。これがその平面図。
s
スノーピーク アメニティドームは実はこのような非対称の独特の形をしています。

キャノピーにもなる正面の大きな出入り口と、サイドに小さな出入り口を無駄なく備えるデザインがこのような形を生み出しました。

ロゴスの新製品も動線のデザインコンセプトはアメニティドームと全く同じですネ。サイドの入り口の向き逆にしているところは、なんか、大人の事情を感じさせますが。。。

しかしロゴスのは前室部分が高く作られており、大人の男性でも立って出入りが可能です。
l2
屈まないと出入りができないアメニティドームよりは使い勝手はよい感じです。(その分、耐風性が犠牲になっています)

キャノピーを跳ね上げれば、晴れの日で3人家族ならほぼ問題ない程度のリビングが作れそうですネ。

フロアサイズは270×270cmなので、マットやグランドシートはいろいろなメーカーのものが使えそうです。

パクりか!?と唸ったものの、使い勝手では改良されていて、なかなか悪くない完成度かと思います。(でも、オリジナリティを追求しようとしない姿勢は全く感心できない)

ともあれ、ドームテント+オープンタープというスタイルを目指すなら、一考に値するテントではないでしょうか。

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ