キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

タープ・ポール・ペグ

村の鍛冶屋さんのアルミタープポール続報

ま、続報というほどのものじゃあないんですが、、、

先日の記事でのコメントで
「先端の処理が酷く、タープの生地を傷める」
とあり、
さっそく村の鍛冶屋さんから
「初期仕様のものだと思います。誠にすみません」
と返答がありました。

ということで、スノーピークのウィングポールと村の鍛冶屋さんのアルミタープポールの先端の比較を今日は少し。

奥の赤が村の鍛冶屋製。手前がスノーピーク製です。(スノピのウィングポールはレッドを持っていないのでノーマル仕様です。。。)
DSC07333_s
パッと見ても工程の差がはっきりと見て取れます。

先端のアップはこんな感じ。上が村の鍛冶屋製。下がスノーピーク製です。
DSC07329_s
DSC07331_s
両社ともエッジを取ってあり、タープの生地を傷めるようなことはないように見えます。

スノーピークのほうがエッジがより丸みを帯びており、また側面は滑り止めの加工がしてあります。

【2016年8月17日追記→】ちなみに村の鍛冶屋さんのポールはデフォルトでは先端にゴムキャップがついています。セマフカ所有のは使っているうちに抜け落ちて失くしてしまったようです。。。

続いては先端下部。上が村の鍛冶屋製。下がスノーピーク製です。
DSC07330_s
DSC07332_s
蓋上の円盤部品に差があります。スノーピークは生地を傷めないように樹脂製の部品を使い、しかもエッジがラウンドしています。

村の鍛冶屋製はアルミですが、エッジはちゃんと角を処理してあり、生地をいたずらに傷つけることがないようになっています。

が、タープのグロメットに直接刺して使った場合には、ポール先端のエッジとタープ生地が直接触れることになりますが、その時に強い力がかかり続けると、あるいは生地を傷める原因になるかもしれません。

それにしても伸縮機構がついている村の鍛冶屋さんのアルミタープポールが、伸縮機構がついていないスノーピークのウィングポールより安いのは凄い。

要するに工程を簡略にすることで価格を抑えているので、ディテールはどうしても差がついてしまうのでしょう。

超高品質・超高価格のスノーピークに対し、高品質でありながらリーズナブルな価格を目指しているのが村の鍛冶屋さん。どちらを取るかはユーザ次第、ということですネ。

【2016年8月17日追記】
現在は完売中のアルミタープポールレッドですが、再販予定のロットは(現行のオレンジと同様に)全体的にラウンドしたパーツになっているそうです。(下写真参照)
pole
(写真:村の鍛冶屋さんより)

それにしても毎回発売後すぐ品切れとはスゴイ人気!

村の鍛冶屋さんのポールがとってもナイス

どうやらワタクシ、タープが好物なようでして、、、

もともとスノーピーク ヘキサのMとLは持っていたんですが、今年はポンタ、エルフィールドヘキサ(以下エルヘキ)、ヘキサエヴォと、ほぼ中毒レベルで買っております。

で、ポールの方はスノーピークのウィングポール280cm・240cmを1本ずつと、アップライトポール(190cm)を2本をもともと持っていました。

ポンタは小型のタープなので細身のアップライトポールで十分としても、これではエルヘキとヘキサエヴォがちと困る。

というのはスノーピークのヘキサは前後非対称がゆえにメインポールの高さに差をつけて張るのが基本ですが、エルヘキとヘキサエヴォは前後対称なので基本は2本のメインポールの高さを揃えます。

スノーピークの推奨はエルヘキは210cm×2本、ヘキサエヴォは280cm×2本。

ということは280cmのウィングポールを1本買えば全ての手持ちのタープに対応できることになります。(210cmは280cmの中間ポールを1本外す)

で、買っちゃったのが村の鍛冶屋さんの伸縮アルミタープ ポールレッドを2本。
なんでやねーん!(←自分ツッコミ)

ま、、、つい、、、ネ。

これ伸縮式で、デフォルトのセットは長さが185-215cmの範囲で調整可能ですが、中間ポールを1本足すと245-275cmで使えます。これが2セットあれば、215cm×2本=エルフィールド、275cm+245cm=ヘキサ、275cm×2本=ヘキサエヴォと万能に使えるのです。

しかも色もレッドで超かっちょいい。

ちなみにスノーピーク ウィングポールとのスペックの差はこんな感じ。

スノーピーク:直径30mm・板厚1.5mm・重量1200g
村の鍛冶屋:直径28mm・板厚1.4mm・重量985g

んまぁ~、村の鍛冶屋さんのほうがスペック的には若干華奢ですが、大型タープのメインポールとしては全く不足のない性能と思います。

気になるお値段は2016年8月現在で、スノーピークの280cmレッドが6800円、村の鍛冶屋さんの275cm相当(デフォルトのセット+60cm中間ポール)が4300円と、こちらは37%OFFでございます。スノーピークの280cmシルバーは4800円ですから、それと比べても安い。

はっきり言って、これは「買い」です。

購入してから今まで何回か使いましたが、伸縮部分の使い勝手・強度ともまったく不自由・不足なしです。 (なので自信を持ってオススメ)
20160724_072654_0
20160724_072635_0
というわけで村の鍛冶屋さんのアルミタープポールは、今シーズン買ったキャンプ道具の中では、ヘリノックス スウィベルチェアに次ぐマイヒット!

ポール選びに迷われている方はぜひ~。

【Amazon】


【本店もぜひ!】
伸縮アルミタープポール レッド

ガイラインアダプターのナゾが深まる

「ガイラインアダプター」とは文字通り、ロープとそのつなぐ先にかますアダプターなわけですが、強風時のタープに使うと衝撃を吸収してくれて強度が高まると言われています。

が、ワタクシ、あんなテンションがかかるところにゴムを使うのが不安で、一度もそうした用途で使ったことがありません。。。

レビューを見ても「フックが曲がって壊れた」とか「ゴムがすっぽ抜けて壊れた」などと書かれており、やはり不安が拭えない。。。

ワタクシの用途はだいたいこんな感じで、フライを外側にぐっと広げたいときに使っています。
IMG_7593
IMG_7596
フライシートのグロメットにガイラインアダプターのフックを引掛けて、ゴム部分をペグに引掛ける感じです。

で、近ごろ村の鍛冶屋さんがガイラインアダプターを発売したので、この機に各種ガイラインアダプターを比較することにしました。

下から村の鍛冶屋さん・ロゴス・キャプテンスタッグです。
IMG_5502
いちばん上はミンティア(と思う)のスターウォーズパッケージ。え、、、と大きさの分かるものが手近にこれしかなかったもので。。。

ていうか大きさにこんなに差があったんですネ!

で、困ったのはどう比較するのか。。。と、これは壊れるまで引っ張って強度を試すのがミッションだと思うのですが、、、

い、いや、、、壊したくないし、、、引っ張り強度を測る計器って、何?ということで、これ以上比較が進まず。。。

強いて言えば村の鍛冶屋さんのフックはステンレス製なので、フックの強度はありそうです。他のはスチール製です。

ゴムはキャプテンスタッグさんはやたら太く、強度的には抜群っぽいですが、それに比してフックはスチール製で、むしろここがウィークポイントではないか、、、と、、、実験していないので、全てが推測に過ぎません。。。

っつか、ガイラインアダプターはこれほど大きさのバリエーションがある必要がある道具なのか、と?

今まで使っていたロゴスに加え、村の鍛冶屋さん・キャプテンスタッグと購入してみましたが、ナゾは深まるばかりです。

どなたか、、、ナゾ解きをお願いしたい! じっちゃんの名にかけて!(←いや、全く意味はありませんが、、、言ってみたかっただけ)




スノーピーク ペグハンマーの銅ヘッドを交換するの巻

そうだ、ヘッドを交換しよう。

と思い立って、スノーピーク ペグハンマーの交換用銅ヘッドを購入し、道志の森キャンプ場に持っていきました。

スノーピーク(snow peak) 交換用銅ヘッド N-001-1

設営と昼食を終え、いよいよお楽しみの交換タイム!

使用中のヘッドのこのへたりよう!
20160723_153905_0
20160723_153912_0

交換用銅ヘッドはこんな感じ。
20160723_153924_0
20160723_154015_0
内容物は銅ヘッド・スプリングピンのほか、古いピンを抜いたり新しいピンを打ち込むための「ピンパンチ」と説明書です。

古いスプリングピンをピンパンチで打ち抜くので、こんな風に薪を使ってペグハンマーの下に空間を確保します。
20160723_154142_0

で、、、ワタクシ、はたと手が止まりました。そして気づいたのです。

スプリングピンを打ち抜くのには、別のハンマーが必要であることを!

くっ。。。

しかしフィールドにはごろごろと手ごろな石が転がっています。

ハンマーがなければ、石を使えばいいのよ!(←マリー・アントワネット風に読んでいただきたい)

かくしてピンパンチを拳大の石でがんがん叩いて間もなく、、、
20160723_154555_0
ぐにゃりと曲がったピンパンチが出来上がりましたとサ。チーン。(良い子と、良いオトナは真似しないように!)

ピンはまだ1mmしか抜けていません。。。
20160723_154619_0

これはやはりきちんとしたハンマーでなければダメだ、、、と、とりあえず曲がった鍛造ペグを直す要領で、ピンパンチをまっすぐに直して家で作業をすることにしました。

キャンプから帰って釘を打つトンカチで作業したところ、スプリングピンはすぐに抜けました。(といっても一発では打ち抜けませんヨ。何十回か叩いて根気よく打ち抜きます)

並べて見るとよく分かる。古いヘッドのこの潰れよう!まるで粘土のようです。
20160724_152154_0

新しいヘッドを装着し、スプリングピンをピンパンチで打ち込みます。これも特段の技術は要りません。コンコンと根気よく打ち込むだけOKです。

出来上がり!
20160724_152602_0
さすがに石では不可だったものの、ちゃんとしたハンマーを使えば、誰でもなんなく交換ができる感じです。

にしてもこの使い古した銅ヘッド。なんとなく捨てるには忍びない。

キャンプの思い出の詰まったシロモノだけに、なにかのオブジェとかにして飾っておきたいものですナー。

やっぱ銅ヘッドはやめられない。スチールヘッドにはない、数年に一度のお楽しみです♪

もうエリステのことしか考えられない。

スノーピークのソリッドステーク(通称ソリステ)と村の鍛冶屋さんのエリッゼステーク(通称エリステ)は鍛造ペグの両雄として、多くのキャンパーに知られている製品。

セマフカでも度々(僭越ながら)両者の対決などを企画してまいりました。

リニューアル前のエリッゼステークは炭素含有量の関係で華奢な印象がありましたが、現行モデルはまさに質実剛健。実に頼りになるペグです。

セマフカでは昔から持っているソリッドステークに、新しく加えたエリッゼステークの混成部隊で使用しています。

実は先日、両者の特質がまざまざと分かる出来事がありました。

硬いグラウンドで定評のあるボスコオートキャンプベースでのこと。強風に備えて持てる限りのペグをできるだけ深く打つというミッションをこなしていました。

鍛造ペグの凄いところは、途中で岩に当たっても、それを打ち抜いて地中に刺さっていくこと。

もちろん何度叩いてもペグがそれ以上入っていかない場合もあるので、その時は場所を変えて打ち直しです。

で、今回のボスコの超硬グラウンドでグイグイ入っていったのはスノーピークののソリッドステークの方。

エリッゼステークの何本かはどうしても打ち抜けない石に当たって止まってしまいます。

そして撤収時。

スノーピークのソリッドステークの抜けないのなんの!
20160505_093143_0
エリッゼステークは断面が楕円(というかほぼ長方形)であるがゆえに、いったんぐるりと回してしまえば、ボスコの超硬グラウンドといえど、するりと抜けます。

ソリッドステークは断面が正円であるがゆえに回してもわずかに緩くなる程度で、結局グイグイと力を込めて抜かないと抜けません。

そしてとうとう2本、どうしても抜けないペグが出てきました。どちらもソリッドステークです。

一度は置いて帰ろうと思ったけれど、次に入るキャンパーの邪魔になりかねないと思い、汗だくで悪戦苦闘しました。

思わず大きなカブのお話を思い出しましたヨ。

どうにか抜けたソリッドステークを見ると、への字に曲がっていました。

なるほど、それで合点がいったのです。

ボスコの超硬グラウンドでなぜソリッドステークだけが全て地中に入っていったのか?

それは石に当たった時に曲がったからです。

ソリッドステークもエリッゼステークも打ち抜けないような硬い石に当たった時、エリッゼステークは曲がらずに弾き返され、ソリッドステークは曲がって地中を進んだのです。

確かに「刺さる」という点ではソリッドステークに軍配が上がります。

曲がるのも、後から直せばいい話。

しかし、1本抜くのに10分も悪戦苦闘するのは、さすがにどうか、と。

ボスコオートキャンプベースという関東一の超硬グラウンド(←あくまで個人の感想です)で明らかになった両雄の差。

いずれも極めて優れた品質・性能だからこそ、この極限の条件でないとわからなかった差といえます。

で、結果、エリステを大量補充。もともと混成部隊であることが気に入らなかったし、長さ毎に色を変えて統一したいという動機もあり、でしたので。

揃えた結果は以下の通り。
DSC06276_s
38cmを銀色のクロームメッキ、28cmを金色のアルティメットゴールド、18cmを銅色のブロンズメッキを、それぞれ8本ずつ揃えました。

壮観ですナ。ふふっ。(趣味、悪い?)

メタリックカラーはなんといってもフィールドで目立つのがいい。けっして失くさないし、つまづく心配も少ないです。ゲストに手伝ってもらう時にも区別がつきやすい。

スノーピーク ソリッドステークは残念ながら二軍落ち。こうして部屋の片隅に使わないキャンプ道具がたまっていくのでした。。。

【→Amazon エリッゼステーク 一覧を表示する】
【→楽天市場 エリッゼステーク 一覧を表示する】
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ