キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

その他小物

キャリーワゴンの車輪を交換するの巻

実はすでに2代目を使用中のドッペルギャンガーのキャリーワゴン。

マンションの部屋から正面玄関までキャンプ道具を運ぶのに重宝しています。

【→Amazon ドッペルギャンガー キャリーワゴン】

初代はアームの溶接部分がポキリと折れて廃車。およそ2年くらい使いました。

調子に乗ってグリグリと方向転換して引っ張り回していたのて、そりゃあ無理も来るってもんですナ。

2代目は反省してあまり乱暴な扱いはしてきませんでしたが、やはり2年でとうとうホイールが限界に。(キャンプ出撃回数でおよそ50回程度?)
DSC09678
今まで荷物の搬出中に2度ほどタイヤが外れてるんですが、その度にエイヤっとホイールに嵌めなおしてなんとか無事にキャンプに出掛けてました。

この週末は花見をするのに近隣の公園まで椅子・テーブルを運ぶ必要があり、さすがにマンション内のような短い距離ではないので、交換をすることにしたのです。

よぉく見ると4つの車輪中、3つがホイールにダメージがあったのでスペアホイールの4個セットを購入。

【→Amazon ドッペルギャンガー スペアホイール 4個セット】

リビングに運ぶのも面倒くさいのでキャンプ道具部屋で作業をすることにします。
DSC09680
ホンマ製作所の薪ストーブが入っているストッカーの上に、キャリーワゴンを逆立ちさせて置き、脚を気持ち広げました。

必要な工具は前輪がスパナ13mm・六角レンチ6mm、後輪がスパナ10mm・六角レンチ5mmです。

タイヤ・ホイールは前後の区別がありませんが、工具が前輪と後輪で違います。ここ絶妙に要注意事項です。

今回はこんな工具を使いました。
DSC09689
スパナは100円ショップで買っておいたものが使えましたが、六角棒レンチは家にあったのでは大きさが合わなかったので改めて購入することにしました。

【→Amazon KTC L型 六角棒レンチ セット】

アマゾンで約600円でした。100円ショップでも済ませることもできるし、、、しかし平日にわざわざ100円ショップに行く手間を考えたら600円でも高くはないかも、、、いやいやしかし値段6倍だぞっ、ま、でも、、、と葛藤はあったのですが。。。

さて作業工程を撮影することもなくあっという間に交換は完了。
DSC09682
作業で難しいところはなぁんにもありません。

ただし1点だけ、ナットをガッチガチに締め付けてしまうと車輪もガッチリ固定されちゃうので、締め付けはホイールと側板の間にわずかに隙間が空く程度に留めましょう。

本体がパープル&イエローの配色なので、イエローのホイールが映えますナ。
DSC09683
これで週末の花見も安心です。(へ?天気予報、雨?うそ?まじ?)

さて、取り外した車輪を並べました。(すぐに猫が寄ってくる)
DSC09684
だいたいホイールの壊れ方はいっしょです。

タイヤもまずまずすり減っていますネ。
DSC09688

ちなみにドッペルギャンガーのキャリーワゴンは後輪が固定式なので、マンションの廊下で90°方向転換などを繰り返すと後輪のホイール・タイヤに負担がかかります。

なので壊れやすいのが後輪。スペアホイールは2個セットの用意もあるのがウレシイですね。

【→Amazon ドッペルギャンガー スペアホイール2個セット】

以上、そんなわけでドッペルギャンガーキャリーワゴンのスペアホイールはあっという間に交換完了。

心配なのは天気だけ。。。くっ。。。

キャンパーズコレクションのベンチが地味ぃ〜にいいゾ

今年も我が家のキャンプシーズンが半分過ぎましたが、今年購入したギアのトップ3を挙げると、、、

第1位はヘリノックス スウィベルチェア。


第2位は村の鍛冶屋 アルミタープポール レッド。


そして第3位が地味だけど、コレ。

キャンパーズコレクションのスタイルベンチ。

非オシャレキャンパーのボクは荷物置きにウッドラックを使っていません。どうも、機能のわりに収納時の図体がデカい。。。というのが気になりまして。。。もっぱらユニフレームのフィールドラックを使っています。

が、フィールドラック4個でもクーラーとかギアが入ったコンテナとかを置くともういっぱいです。

かつ、フィールドラックの欠点が、高さが低いので、ウォータージャグを置きにくいこと。というかウォータージャグの蛇口の下には水受けのバケツを置くのですが、それが置きにくい。

高さ40cmのIGTの上か、ユニフレーム 焚き火テーブルの上がやっぱり使いやすい。でもテーブルなので、ウォータージャグに占拠されたくない。

ということで、高さ36cmのこのベンチを購入。
IMG_5688
いい感じです。

テントの入り口に設置して、ふだんはこのように上を空けておいて、バッグや上着などの荷物をちょい置きするのにちょうどいい。

数あるベンチの中でもこのキャンパーズコレクションを選んだ理由はカラーリング。
IMG_5689
この通りスノーピーク アメニティドームのベージュとよくマッチします。

ていうか色、寄せ過ぎだろ、オイっ!(←いや、まあ、他意はないんでしょうが。。。)
IMG_5690

ベンチという道具はなぜかブルー系のカラーリングが多く、こうしたベージュは実はこの製品以外に皆無です。

スノーピーカーにはちょっと嬉しい色使いですナ。

続いて家撮り。

収納時の大きさはこんな感じ。
IMG_5737_s
長さ(高さ)は約60cm。中央収束型のフォールディングチェアの多くが収納時80-100cm程度の長さなので、それと比べるとけっこう短いです。

逆に他の長尺ギアと長さが合わない分車への積載時に、ちょっと立場が浮く感じもありますが。。。どのみちコンパクトなのでちょっとした隙間に突っ込めます。

ていうか、、、あのね、、、尻尾が邪魔ですヨ、あなた。(写真を撮っていると猫がすぐじゃまをする。。。)
IMG_5736_s

付属のスタッフバッグも頑丈な生地(もちろん本体よりは薄い生地)で、たいへん好感が持てますネ。取っ手も付いています。
IMG_5740_s
ギアはしっかりしてるのに、付属のスタッフバッグがぺらっぺらのちゃっちいのだとガッカリしますが、キャンパーズコレクションさんはけっこうこういうところが真面目です。

以上、リビングの荷物置きはコット派とベンチ派がいますが、デュオキャンプが多い我が家は小さ目のベンチで十分。

とても良いギアに出会うことができました!
 

偉い人にはそれがわからんのですよ。

見せてやろうじゃないか!その脚がただの飾りではないということをなっ!

え、、、といろいろ混じってますし、ガンダム知らない人にはもうわけわからずで、もうページ閉じちゃえっって方も多いと思うのですが、もう少しガマンしていただきたい。。。

さて、今回整備したのが、コレ。
IMG_5490
畳んだ状態でアレですが、、、コーナンラックでございます。

購入してから早2年ほど、、、なのかな?で、たぶん1回か2回しか使っていないという「非おしゃれキャンパー」の名を欲しいままにしているセマフカでございますが、、、

なぜなら!木の部分が汚れるのがいやん☆ ・・・などという乙女チックな理由が実は1/3ほどありまして。(←いやいや、本当に)

ワタクシが出没するキャンプ場は道志の森キャンプ場とかボスコオートキャンプベースとかベアグラウンドが多く、たとえ雨が降らなくても木部分が汚れること必至。

というわけで脚をつけることにしました。

ジャジャーーン。
IMG_5489
ゴム脚~♪(←例によって、あのネコ型ロボットの口調で読んでいただきたい)

ゴム脚に加えて木ネジも入っているという親切セットです。
IMG_5492

コーナンラックの裏側にはいちおうフェルトが張ってあります。っつか、フェルトですから、、、ネ。本来は完全屋内仕様ですよね。。。
IMG_5491
写真右下の脚にも本来はフェルトが張ってあったのですが、わずか1、2回の使用でフェルトは取れ、ガッツリと傷がついてしまっています。

で、あっさり取り付け完了。
IMG_5493
電動ドリルを持ち出すまでもなく、プラスドライバーでさくっとねじ込むことができます。場所はテキトーですw

ちなみにこの部分の板の幅がちょうど20mmなので、ゴム脚の直径もぴったり20mmをチョイスしています。

ジャジャーーン。脚が付きました!
IMG_5494
IMG_5497
これで汚れを気にせずフィールドに持ち出せそうです。

ジオングの脚は、整備兵をして「ただの飾りですよ」と言わしめましたが、コーナンラックの脚はただの飾りではないことを祈りたい!

ちなみに仕様上、後ろ側の脚は畳んだ時に斜めになり、ちょっとだけ外にはみ出しますが、ま輸送上の問題になるほどではないです。脚の高さは12mmしかありませんし、ネ。
IMG_5500

というわけで、けっこううまくいった気がするコーナンラック改造第2弾「脚をつける」の巻でした。お試しあれ~。




※タイトル解説
機動戦士ガンダムが描いた「1年戦争」の最終局面において、主人公アムロの宿敵シャア・アズナブルが、まだ未完成であった大型モビルスーツ「ジオング」の脚がない ことを指摘したことに対し、ジオン整備兵が「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」と答えて出撃を促した有名なエピソードより。

ま、特に含意はありませんが。。。「脚」で、ただ思い出しただけでして、、、てへ。 

ガイラインアダプターのナゾが深まる

「ガイラインアダプター」とは文字通り、ロープとそのつなぐ先にかますアダプターなわけですが、強風時のタープに使うと衝撃を吸収してくれて強度が高まると言われています。

が、ワタクシ、あんなテンションがかかるところにゴムを使うのが不安で、一度もそうした用途で使ったことがありません。。。

レビューを見ても「フックが曲がって壊れた」とか「ゴムがすっぽ抜けて壊れた」などと書かれており、やはり不安が拭えない。。。

ワタクシの用途はだいたいこんな感じで、フライを外側にぐっと広げたいときに使っています。
IMG_7593
IMG_7596
フライシートのグロメットにガイラインアダプターのフックを引掛けて、ゴム部分をペグに引掛ける感じです。

で、近ごろ村の鍛冶屋さんがガイラインアダプターを発売したので、この機に各種ガイラインアダプターを比較することにしました。

下から村の鍛冶屋さん・ロゴス・キャプテンスタッグです。
IMG_5502
いちばん上はミンティア(と思う)のスターウォーズパッケージ。え、、、と大きさの分かるものが手近にこれしかなかったもので。。。

ていうか大きさにこんなに差があったんですネ!

で、困ったのはどう比較するのか。。。と、これは壊れるまで引っ張って強度を試すのがミッションだと思うのですが、、、

い、いや、、、壊したくないし、、、引っ張り強度を測る計器って、何?ということで、これ以上比較が進まず。。。

強いて言えば村の鍛冶屋さんのフックはステンレス製なので、フックの強度はありそうです。他のはスチール製です。

ゴムはキャプテンスタッグさんはやたら太く、強度的には抜群っぽいですが、それに比してフックはスチール製で、むしろここがウィークポイントではないか、、、と、、、実験していないので、全てが推測に過ぎません。。。

っつか、ガイラインアダプターはこれほど大きさのバリエーションがある必要がある道具なのか、と?

今まで使っていたロゴスに加え、村の鍛冶屋さん・キャプテンスタッグと購入してみましたが、ナゾは深まるばかりです。

どなたか、、、ナゾ解きをお願いしたい! じっちゃんの名にかけて!(←いや、全く意味はありませんが、、、言ってみたかっただけ)




スノーピーク ペグハンマーの銅ヘッドを交換するの巻

そうだ、ヘッドを交換しよう。

と思い立って、スノーピーク ペグハンマーの交換用銅ヘッドを購入し、道志の森キャンプ場に持っていきました。

スノーピーク(snow peak) 交換用銅ヘッド N-001-1

設営と昼食を終え、いよいよお楽しみの交換タイム!

使用中のヘッドのこのへたりよう!
20160723_153905_0
20160723_153912_0

交換用銅ヘッドはこんな感じ。
20160723_153924_0
20160723_154015_0
内容物は銅ヘッド・スプリングピンのほか、古いピンを抜いたり新しいピンを打ち込むための「ピンパンチ」と説明書です。

古いスプリングピンをピンパンチで打ち抜くので、こんな風に薪を使ってペグハンマーの下に空間を確保します。
20160723_154142_0

で、、、ワタクシ、はたと手が止まりました。そして気づいたのです。

スプリングピンを打ち抜くのには、別のハンマーが必要であることを!

くっ。。。

しかしフィールドにはごろごろと手ごろな石が転がっています。

ハンマーがなければ、石を使えばいいのよ!(←マリー・アントワネット風に読んでいただきたい)

かくしてピンパンチを拳大の石でがんがん叩いて間もなく、、、
20160723_154555_0
ぐにゃりと曲がったピンパンチが出来上がりましたとサ。チーン。(良い子と、良いオトナは真似しないように!)

ピンはまだ1mmしか抜けていません。。。
20160723_154619_0

これはやはりきちんとしたハンマーでなければダメだ、、、と、とりあえず曲がった鍛造ペグを直す要領で、ピンパンチをまっすぐに直して家で作業をすることにしました。

キャンプから帰って釘を打つトンカチで作業したところ、スプリングピンはすぐに抜けました。(といっても一発では打ち抜けませんヨ。何十回か叩いて根気よく打ち抜きます)

並べて見るとよく分かる。古いヘッドのこの潰れよう!まるで粘土のようです。
20160724_152154_0

新しいヘッドを装着し、スプリングピンをピンパンチで打ち込みます。これも特段の技術は要りません。コンコンと根気よく打ち込むだけOKです。

出来上がり!
20160724_152602_0
さすがに石では不可だったものの、ちゃんとしたハンマーを使えば、誰でもなんなく交換ができる感じです。

にしてもこの使い古した銅ヘッド。なんとなく捨てるには忍びない。

キャンプの思い出の詰まったシロモノだけに、なにかのオブジェとかにして飾っておきたいものですナー。

やっぱ銅ヘッドはやめられない。スチールヘッドにはない、数年に一度のお楽しみです♪
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ