キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

朝ごはん

河津桜お花見キャンプ 青野原AC(2017年3月)その5

→その1はコチラ

2泊3日お花見キャンプの最終日の朝。

寒さのせいもあるのか、メインカメラ(CANON SX-60HS)のバッテリーがなくなりました。。。チーン。

急きょサブで持ってきた超広角レンズ装着のカメラ(SONY α6000)とiPhoneで撮影することに。(←ていうか、全く困っていない)

というわけで、iPhoneで対岸の新戸キャンプ場をパノラマ撮影。
20170320-054323-0
思うんですが、一昨年くらいはテントといえばコールマンかスノーピークか、という感じでしたが、近ごろはノルディスクや小川さんのトンガリテントもすっかりメジャーになりましたし、ヒルバーグやノルディスクレイサやMSRなど通好みのギアもけっこう見かけるようになりました。

リビングを見ても、ひと昔前のアルミのフォールディングテーブルや中央収束型のフォールディングチェアなど安価なギアを使っているキャンパーが少なくなり、ウッドのテーブル・チェアが目立つようになりました。

なんだか、キャンプがキてるな、としみじみ思いますし、SNSの影響もあって「魅せるキャンプ」がメインストリームになりつつあるのでしょう。

(ふっ、、、セマフカはどうせ非オシャレキャンパーさ。。。)

さておき、3連休は天気にも恵まれ、3分咲きだった河津桜も最終日は、
20170320-055518-0
うーん、あんまり変わらない。。。

サブカメラのSONY α6000で頑張って作画すると、こう。(←っつか、ふだんから頑張れよ、的な)
20170320-055539-0

と遊んでいるうちに嫁が起きてきたので朝食です。
20170320-073426-0
今朝も安定の手抜き料理。出汁パックとカット野菜の「けんちん汁のもと」と「カット白菜」をユニフレームFan5duoの大鍋に入れ、薪ストーブのふたを外して直火にかけます。

一昨日の「焼きすき」の余りの長ネギとしいたけ、そして豚小間をキッチンバサミで切って投入。まな板と包丁を使わないだけでグッと料理は楽になりますw
20170320-074306-0

野菜が煮えたら、出汁パックを取り出し、味噌・醤油で味を調えて、うどんを入れたらできあがり。
20170320-080731-0
あぁ、暖まる。。。

ちなみに朝8時の気温は約6℃。朝までの最低気温は-1.5℃でした。

空を見上げれば桜の天井(3分咲きだけど。。。)
20170320-091337-0
よい花見キャンプになりました。

9時半に撤収をはじめ、11時に出発。
20170320-110224-0
咲き方はいまひとつだったけれど、これだけの河津桜に囲まれた花見キャンプができるキャンプ場はなかなかありません。

3月末の青野原オートキャンプ場は、まさに絶品ですナ。

河津桜お花見キャンプ 青野原AC(2017年3月)その4

→その1はコチラ

8時になってようやく嫁が起きてきたので朝食にします。

ちなみにこの時の気温は約6℃。早春のキャンプは朝晩の冷え込みが厳しいですネ。

今日は三軒茶屋のパン屋で買ったパン・ド・カンパーニュでホットサンドにします。
20170319-083717-0

グリドルでベーコンをこんがり焼いて、
20170319-084515-0

スライスチーズを敷いたパンに、
20170319-084609-0

焼いたベーコンとベビーリーフを乗せます。
20170319-084755-0
この時軽く塩・コショーで味付け。お好みでマヨネーズなんかもよいと思います。

上にパンを乗せて、
20170319-084829-0
弱めの中火で両面こんがり焼けば、
20170319-085204-0
ふふっ、美味そう。

レタスではなくベビーリーフなので、ちょっとほろ苦い大人の味わい。
20170319-085435-0

スープはレトルトを温めるだけ。
20170319-083533-0
薪ストーブ万能ですナ。

朝食を食べ終えた午前9時の気温が約10℃。まったりしているともう午前10時で、気温は約17℃。ぐんぐん気温があがります。

昼は暖かいけど、朝晩は冷え込む。これが春キャンプ。

服装は昼はシャツ1枚くらいで、日が暮れていくにつれ1枚もう1枚と重ね着するのが吉。

今回のボクの服装は日中がTシャツ+デニムシャツで、ちょっと肌寒いと感じるとその上にフリースのベスト。さらに寒いなと思ったらその上にウルトラライトダウンジャケットを着ます。

薪ストーブが効いたシェルターに籠っている時はデニムシャツ一枚なので、トイレに行くときには厚手のダウンジャケットを羽織ります。

という感じでセーターなど1枚で防寒を決めるよりは、薄手の服を何枚か用意して、上手に組み合わせるのが賢いやり方ですゾ。

さて、青野原オートキャンプ場の河津桜も咲き方がいまひとつだし、昼にやることがありません。(←満開の河津桜を見ながらひたすら飲んだくれようと思っていた)

というわけで宮ケ瀬湖までドライブです。

湖畔には河津桜がほぼ満開。。。
20170319-114003-0
う、ううむ。。。

昼食はびんずるというレストランにて。
20170319-121254-0

地元の恵水(めぐみ)ポークを使ったソテーです。
  20170319-115305-0
恵水ポークは柔らかくて味が濃く、たいへん美味でした。

昼食を食べたら道志みちに取って返し、いやしの湯で入浴。
20170319-140630-0
いやしの湯の食堂でいただくおやつはきつね焼きと漬け物ですwww

テントに帰ってちょっとくつろぐともう夕食の時間です(←食ってばっか)

まずは冷凍のピザ。グリドルに乗せて薪ストーブの上で底面を焼いた後で、薪ストーブの下で表面に火を入れます。
20170319-185941-0
ユニフレーム クッカースタンド+フライパンで薪ストーブ底面ギリギリの高さに調整しました。

薪ストの火力が弱く焦げ目がつくまでいかないので、フィニッシュはSOTOフィールドチャッカーの出番。
20170319-190027-0

うん、やっぱ焦げ目がついていた方が美味そう。
20170319-190207-0

二品目はヒレステーキ フォアグラ乗せを作ります。(ていうかテーブルごちゃごちゃ。。。)
20170319-191541-0

軽くレシピを。

常温に戻して、表面の肉汁を拭いて、塩・コショーしたまヒレ肉を、グリドルでレア(ミディアムレアではなく)に焼きます。いったん肉を取り出しアルミホイルで包んで保温しておきましょう。

グリドルにバターを半かけ入れて、塩・コショー・小麦粉をまぶしたフォアグラを強火でソテーします。

両面はカリッと香ばしく焼けていて、中はほんのり温かい、くらいの状態を目指して焼いてください。(←慣れないとこれが案外難しい。とにかく強火で手早く、がコツです)

焼けたフォアグラもいったん取り出し、グリドルを気持ち冷まして、バルサミコ酢(大さじ1)と醤油(小さじ1)と肉を包んだアルミホイルにたまった肉汁を注いで火にかけ、少し煮詰めます。(別皿に取り分けて食べる時には1/3くらいまで煮詰めますが、今回は熱いグリドルの上に肉を戻していただくので、食事中に煮詰まる分を計算して、半量以上は煮詰めない方がいいと思います)

ヒレ肉とフォアグラをカットして、グリドルに戻し、バルサミコのソースをスプーンか何かでちょいとすくって上からかければ完成です。
20170319-193336-0
お好みで黒コショーを挽いて仕上げればなおGOODです。

肉はレアに仕上げているので、ひと切れずつグリドル表面にじゅっと焼き付けながら食べると、ミディアムレアでいただけます。(←セマフカ的にはミディアムレアが一番好きです)

逆に言うと、食べている間にグリドルの余熱で少しずつ肉に火が入っていくので、最初の火入れはあっさりでいいのです。

夜20時で外の気温は7℃。極寒というほどではありませんが、薪ストーブがうれしい気温です。

ステーキの後は、エクレアとハイボールなんぞをいただき、そしてもちろん21時には布団の中。。。

続きはまた明日。Zzz。

【→続きはコチラ】

【使用ギアはコチラ】

 

子供も大人も大好き。フレンチトーストを作るの巻

先日の3家族グループキャンプでは、別家族が朝ごはんにうどんを作ってくれるとのことで、こちらは洋風にキメることにしました。

キッズも多かったので、ここはいっちょう甘いものを!と思い、、、

フ レ ン チ ト ー ス トォ♪ (←ドラえもん風に叫んでいただきたい)

ま、、、初めて作るんですが、、、ね(爆

というわけで、材料です。
・フランスパン・・・食べたいだけ
・牛乳・・・1人前につき1個
・卵・・・1人前につき少な目のコップ1杯
・三温糖(グラニュー糖でも上白糖でもなんでもOK)・・・好きなだけ
・バニラエッセンス・・・1〜2滴
・バター・・・適当に
・パウダーシュガー・・・ま、あれば、で大丈夫

四角い食パンで作るのがポピュラーですが、それだと一度に数が作れないので、フランスパンを使います。
IMG_3192
厚さ3〜4cmくらいに切りましょう。
IMG_3193
ま、この辺は作る量とフライパンの大きさで加減してください。作る量に対してフライパンが小さい場合は、いっそ5〜6cmの超厚切りにしてじっくり焼いて、みんなでいっせいに食べられるようにするといいと思います。(2度に分けて作る手もありますが、朝ごはんはみんなでいっせいにアツアツを食べて、いっせいに後片付けをしたいところ)

続いてフレンチトースト液を作りましょう。(←「フレンチトースト液」で合ってるの、、、か?)
IMG_3191
卵・牛乳・砂糖をよぉく混ぜて、バニラエッセンスを1〜2滴垂らせば完成です。(足柄という土地柄、「きんたろう牛乳」というのが売ってました。思わず買ったw)

砂糖の量はお好みで加減してください。

今回の作例にはありませんが、砂糖を控えめにしてハムやチーズを乗せるという手もあります。

液が出来たら、フランスパンを浸します。
IMG_3194
大きいバットに平らに並べて置くのがセオリーですが、道具が自由にならないアウトドアでは適当でOK。少なくとも30分は浸してくださいネ。前の晩から浸しておいてもよいです。その場合はきちんと冷蔵しておいてください。

たっぷりとフレンチトースト液を吸ったパンを、バターをひいたフライパンでじっくり焼きます。
IMG_3195
焦げやすいので弱火でじっくり焼いてくださいネ。

作例ではバナナをスライスしたのを乗せてパウダーシュガーを振りました。ベリー系の果物も合うと思います。
IMG_3198
全部バナナバージョンだとくどいので半分だけにしました。おしゃれに皿に盛りつけてもいいですが、アツアツを保つためにフライパンのまま供してもいいでしょう。

一見炭水化物オンリーに見えますが、1人前につき卵・牛乳をそれなりに使っているので、実はタンパク質も摂れます。ビタミン・食物繊維が不足しているので、生野菜のサラダなどをいっしょに添えるといいと思いますヨ。

以上。フレンチトーストが作れるおしゃれなお父さんを目指して下さいネw

キャンプ場でいただく由緒正しき日本の朝ごはん~完結編~

前回から引き続き日本の正しい朝ごはん、別名「普通の朝ごはん」を作っています。(ご飯を炊く編はコチラ

ご飯は炊きあがって蒸らしに入っています。ハンカチを乗せていますが「蒸らし中だよ」という合図で、あまり意味はありません。いちおう、気持ちだけ保温している感じですが。。。
20140505_055920_0
 
さて、この間に味噌汁を作ります。今回は道志の森キャンプ場の近くの道の駅「どうし」で買ったこごみを使います。朝食でも夕食でも、必ず地元の食材をひとつくらい入れてやると、食事が生き生きとしてきますね。
20140505_060300_0

めちゃめちゃ新鮮です。
20140505_060323_0

切っていきます。ひとりの時はできるだけ料理を簡素に行いたいので、極力まな板を使わずにキッチンバサミ等で素材を切ります。
 20140505_060548_0

出汁投入。これも普段の家やファミリーキャンプ・グループキャンプでは天然素材で出汁を取りますが、ひとりの時はサボります。同じ料理でも誰かに食べてもらう料理と、ひとりで食べる料理では、楽しさが全く違うものなのですね。。。
20140505_060642_0
ちなみに鍋はソロ時代からお世話になっているEVERNEWのクッカーセット。購入から十数年は経っているはずですが、ほとんど茹でるとかの料理しかしていないので綺麗です。

なべいっぱいにこごみが入りました。贅沢!
20140505_060853_0

再沸騰して30秒くらいしてから火を止め、味噌投入。新鮮な素材なのであまり火を通さずにフレッシュな食感を楽しみたいと思います。味噌は岐阜の赤味噌です。
この後で豆腐を入れるので、気持ち味を濃いめにします。豆腐から水気が出てくるからです。
20140505_061157_0

豆腐投入。丸ごと入れちゃいます。
20140505_061410_0

豆腐を丸ごと食べるわけではありません。お玉でくずします。これも調理のステップをできるだけ省く工夫です。
20140505_061444_0

出来ました。
20140505_061742_0

サバ缶と納豆と生卵を添えて完成です。どうですか?普通でしょ(笑
20140505_062104_0
20140505_062119_0
20140505_062112_0

玉子をのせて、いいビジュアルです。
20140505_062302_0
卵かけご飯には香川空港で買った出汁醤油を使います。うどん県香川はこうした出汁醤油が豊富です。しかもお土産用に小さな容器で売っているので、キャンプに持ってこいです。(我が家は普段の家でも使っていますが)
20140505_062222_0

うーん、いいビジュアルです。(←しつこい)
20140505_062415_0

納豆でダメ押し。
20140505_062638_0

金のサバ缶。チョコボールで金のエンゼルを出すと当たります。嘘です。普通にスーパーで売っています。
20140505_062800_0
ただし値段はちょっとお高め。このサバ缶も日常の朝食でいただいているものですが、原材料がシンプルなので、この銘柄を選んでいます。
日常食で原材料に「調味料(アミノ酸)」などと書いてあるものは、できるだけ避けるようにしています。(たまにしか食べないものは全く気にせず食べます。マックのハンバーガーも大好きです)
20140505_062816_0

ごちそうさまでした。(ひとりでサバ缶1缶を食べたので、チト塩分過多ですナ。。。)
20140505_063737_0

ご飯がまったくこびりつかないのがユニフレームfan5炊飯鍋のいいところですね。
20140505_063902_0

道志の森キャンプ場はゴミ持ち帰りなので、缶詰の空き缶は中をペーパーでふき取って奇麗にしておきます。キャンプ場では炊事場の排水がどこに行っているか不安なこともあり、塩分の含まれた排水をできるだけ流さないようにも心がけています。
20140505_064323_0
このくらい綺麗になれば十分ですね。これを適当に放置すると、帰りの車の中がとっても臭くなります。
20140505_064434_0

以上、「キャンプ場でいただく由緒正しき日本の朝ごはん」でした。(ほとんど役に立たない記事で申し訳ない!)

しかし、キャンプという非日常で、日常の朝ごはんをいただくというギャップが萌えるんですよ、これが。ぜひお試しあれ。

【↓Amazon 本稿で使用している道具の詳細は以下からご覧ください】


Fan5Duoの兄貴分Fan5DXはコチラ。


【↓Naturum ご購入の際は価格を比較してからどうぞ】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】

単体よりガスカートリッジ付きのほうが安いという挑戦的なセットです。おススメ。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo



 
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX




エバニュー(EVERNEW) チロルコッヘルM
エバニュー(EVERNEW) チロルコッヘルM



 

キャンプ場でいただく由緒正しき日本の朝ごはん~ご飯を炊く編~

みなさんのキャンプの定番朝ごはんは何ですか?

我が家の朝ごはんは、
「普通の朝ごはん」
です。

と、いうわけで早速ですが、今回は鍋で炊く、ご飯の炊き方をお届けします。
とにかく作っていきましょう!

今回のギアは鍋がユニフレームのFan5Duoの炊飯鍋。バーナーはSOTOのST-310です。
20140505_054025_0
ST-310は微妙な火力調整ができるので、ご飯を炊くのにもってこいです。

Fan5Duoの炊飯鍋は3合まで炊けます。内側に米の量と水の量が示されているのが便利ですね。今回はひとりなので1合で炊いています。ちなみに米は研いだ後で20~30分くらい吸水させてくださいね。
20140505_053838_0

炊き方は結構てきとーです。
はじめは強火で、沸騰してきたら弱火。基本それでOKです。

沸騰後はこんな感じのぶくぶくが絶え間なく続く感じの火力。フタが上下してカタカタ言っている状態ですね。
20140505_054435_0

やがてぶくぶく・カタカタしなくなります。
そしたら、フタを開けちゃいます。
20140505_054947_0

「え!?開けていいの?」という声が聞こえてきそうですが、、、

いいんです。開けちゃっていいんです!(川平慈英風で)

ぶくぶく・カタカタがなくなったら、開けちゃっていいんです!

もちろんそれがベストの炊き方ではないですが、炊飯のステップの途中で中がどのような状態なのかを確かめることが、鍋で上手にご飯を炊くことの学びにつながります。

「外から見てこんな感じなら、中はこんな状態」ということを繰り返し繰り返し体験することで、炊飯のメカニズムがわかってきますし、メカニズムが理解できれば、飯盒だろうが土鍋だろうがバケツだろうが、どんな道具でもご飯が炊けるようになるはずです。(バケツでご飯を炊いたことはありませんが、、、)

さて、上の写真ではまだご飯がだいぶ水っぽいのがわかるはずです。ぶくぶく・カタカタが終わっても、まだ相当の水分が鍋の中に残っているのですね。

フタを戻して、さらに弱火で加熱を続けます。

しばらくしてまたフタを開けてみます。まだ水っぽいものの、なんとなく「ご飯っぽい」ですね。もうひと息です。
20140505_055246_0
このくらいになると、フタの隙間から登る湯気が少なくなってきます。中の水分量を判断するのに、飯盒だとよく「叩く」という方法が取られます。鈍い音ならまだ水分が残っていて、軽い音に変わったらOKというやつですね。しかし、鍋で炊く場合は湯気の状態を見ればだいたい中の状態が分かるものです。

フタの隙間から洩れる湯気が、「お湯が沸騰して勢いよく湯気が上がっている」という感じから、「熱いお湯から自然と湯気が上がっている」みたいな感じに変わってきたら、中の水分がだいぶ飛んできた証拠です。ここで火を止めてしまってもOKです。

そこからさらに加熱を続けるとおこげができるわけですが、ここまできたら匂いをかいでみるのも方法です。かすかに香ばしいおこげの香りが感じられたら火を止める、という感じに僕はしています。

こんな状態ならだいたい大丈夫でしょう。
20140505_055621_0

ちょっと見にくいですが、ほんのりとおこげができているのが分るでしょうか。このくらいの微妙なおこげが僕の好みです。
20140505_055728_0

この状態ではまだご飯に芯が残っているはずです。試しに一口食べてみるといいでしょう。これも学びです。

さっくりと底のほうから混ぜてから、20~30分程度蒸らします。布等でくるんで保温しておけばベストですが、今回はハンカチを乗せただけ。保温にはほとんど役にたっていませんが、「ただいま蒸らし中」という目印のために、毎度なにかしらのものを巻いたり、載せたりしています。
20140505_055920_0

ちなみにおこげを作らない場合は、混ぜなくても大丈夫ですし、おこげのパリパリ感を楽しみたい場合は、あえて混ぜないほうがいいでしょう。

さて、ご飯を蒸らしている間に味噌汁やおかずを作りましょう。ご飯と味噌汁は同時進行しなくていいので、シングルバーナーで十分間に合うところがいいですね。

以上、鍋で炊く、ご飯の炊き方でした。

次回は味噌汁付きの「由緒正しき日本の朝ごはん」完結編です。お楽しみに!


【↓Amazon 本稿で使用している道具の詳細は以下からご覧ください】


Fan5Duoの兄貴分Fan5DXはコチラ。


【↓Naturum ご購入の際は価格を比較してからどうぞ】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】
SOTO レギュレーターストーブ+パワーガス【お得な2点セット】

単体よりガスカートリッジ付きのほうが安いという挑戦的なセットです。おススメ。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5duo



 
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX
ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX



 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ