キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

アメニティドーム

ところでペグは何cmを何本揃えればいいの?

テントに付属していたプラペグを卒業して、ちゃんとしたペグを買うぞ!という場合、オートキャンプであれば鍛造ペグを選択するのがベターでかつポピュラーだと思います。

で、鍛造ペグって、おおまかに40cm・30cm・20cmがあるけど、どれを何本買えばいいの?というのが次に立ちはだかる疑問のはずです。

で、これけっこう人によって意見がマチマチなようです。 なので、今日はセマフカ的見解をひとつ。(っつか、今週はペグウィークですナ。。。)

以前の記事「プラペグ&プラスチックハンマーからの卒業を考えている貴殿へ」・「究極のペグは本当にソリステか?」で考察はしていますが、もっと具体的に検討してみましょう。

まずはサイズ別に用途を考察します。

■40cmクラス(ソリステ40cm・エリステ38cm) 

きわめて単純に言えば「非自立型タープのメインポールの張り綱に使う」べきペグです。

ここで非自立型というのはヘキサタープ・レクタタープといったタイプを指しています。これらタープは張り綱で強いテンションをかけることで、ピンっと張ることができています。特にメインポールにつながっている張り綱はもっとも重要な張り綱であり、かつ常時強いテンションがかかっています。

万が一この部分のペグが抜けた場合には、強いテンションが解放されるためにペグがすごい勢いで飛びます。重量がある鍛造ペグが高速で飛んでくるわけですから、とても危険です。

なので、この部分の張り綱は必ず40cmクラスを使いたいものです。

ヘキサ・レクタタープは、メインポールが2本なので、40cmペグは4本必要になります。

■30cmクラス(ソリステ30cm・エリステ28cm)

最も汎用性の高いペグと言えます。用途としては、「ヘキサ・レクタタープのサブの張り綱に使う」「テント・スクリーンタープのメインの張り綱に使う」の2パターンと考えればよいと思います。

まずヘキサ・レクタタープのサブの張り綱としてですが、前述の通り非自立型のタープは常に一定のテンションがかかっているので、20cmでは少々役不足。30cmクラスの使用をおススメします。

また、自立するテント・スクリーンタープのメインの張り綱としてですが、これら自立型テント・タープをペグダウンする目的は風対策です。強風にあおられて動いたり、倒れたりしないようにするためと考えてください。

テントの説明書を見ると、おそらくどのようなテントでも10か所前後をペグダウンするように解説されていると思います。そのすべてに30cmペグを使うことはさすがに非現実的です。

「テントのメインフレーム線上から伸びる張り綱がメインの張り綱」とし、この部分についてのみ30cmクラスのペグを使うという考え方がいいと思います。

例えば、スノーピークのアメニティドームの場合。
sp
説明書ではこのように10か所のペグダウンを推奨しています。そこで、テントのメインフレームはどれか?ということですが、「テントのボトムの対角線を構成しているフレームがメインフレームである」と判断してほぼ間違いはないです。

アメドの場合だと、この赤いラインで示したフレームがメインフレームとなります。
bf85bceb



よって「C」がメインフレームから伸びている張り綱となりますので、Cには必ず30cmクラスのペグを使います。Bはメインフレームにつながっていませんが、Cの反対側という根拠で、ここにも30cmを使った方がいいと思います。(いきなり例外で恐縮ですが。。。)

で、残りA・Dは20cmクラスでいいか、というと、正直な話、通常のオートキャンプ場でキャンプをする限り、この部分のペグダウンは必ずしも必要ないというのがボクの見解です。

これは実際の天候の状況、また天気予報をにらみながらの判断になりますが、全個所風対策の張り綱をしないとテントが飛んでしまうような状況のもとでは、そもそもキャンプを中止したほうがいいです。

これらテントに多くの張り綱が張れるようになっているのは、強風にさらされる場所での使用までカバーしているためで(例えば山岳地帯など)、普通にサービスを行っているオートキャンプ場では、たいていの場合、全個所のペグダウンは必要ないと考えます。

アメドの場合、強風時にはB・Cに加え、サブフレームから伸びているAの全6か所をペグダウンすれば十分だと思います。Aは20cmクラスのペグでよいのではないでしょうか。

コールマンのタフワイドドームの場合。
c
説明書は8か所のペグダウンを推奨しています。これも前述のセオリーに則って、通常は対角線の4か所を30cmクラスでペグダウンすれば十分だと思います。

下図の赤丸の部分ですね。
d37ae64c


強風時にはサブフレームが入っている部分をケアすべきですので、上図の青丸の部分を追加でペグダウンすればOKと思います。ここは20cmクラスで十分です。

■20cmクラス(ソリステ20cm・エリステ18cm)

40cm・30cmクラスに比して抜けやすいので、タープのメインの張り綱や風対策のメインの張り綱に使うにはふさわしくない長さです。

ではどのような用途にふさわしいかというと、「大きな力が加わらない個所」に主に使います。

これは具体的に説明したほうが分かり易いです。
スノピのアメドの場合。
sp2
上図の前室の2か所。そして後室の1か所(矢印マークの箇所)が20cmペグを使ってペグダウンすべき個所です。

これはテント全体を支えてるのではなく、前室・後室のスペースを作るためのペグダウンです。ちなみに風対策のペグダウンをサボるようなキャンパーでも、この3か所は必ずペグダウンをするものです。

このペグは部分的にフライシートを引っ張っているだけですので、長いペグは必要ありません。

コールマン タフワイドドームの場合も同じです。
c2

合計5か所。それぞれ前室・後室のスペースを作るためと、サイドのベンチレーションを確保するためのペグダウンで、いずれも省かないほうがいいでしょう。

また前述の通り、風対策のメインのペグは30cmが推奨ですが、めったに使わない風対策のサブの張り綱は20cmでよいと思います。

■まとめ

□スノーピーク アメニティドームの場合
・メインの張り綱として30cmを4本(B・C)
・サブの張り綱として20cmを5本(常時前室・後室に3本。強風時にAに2本)

□コールマン タフワイドドームの場合
・メインの張り綱として30cmを4本
・サブの張り綱として20cmを7本(常時前室・後室・サイドで5本・強風時に前室フレームに2本)

テントのボトムやグランドシートも、説明書ではペグダウンするよう推奨されていますが、ボクは特に必要とは思いません。(ただしテントの中でもティピー・ワンポールタイプはインナーテントのボトムのペグダウンは必須なものが多いですヨ。)

アメニティドーム・タフワイドドーム以外のテント、また異なるタイプのテント・スクリーンタープなども、上記で示したセオリーを活用すれば、ペグダウンが必要な個所、必要なペグの種類・本数が判断できると思います。 

適切にペグを使って安全で楽しいキャンプを!

アメニティドームか、タフワイドドームか、それが問題だ。

当ブログとしては、いつかは向き合わねばならない問いが、

「スノーピーク アメニティドームと、コールマン タフワイドドームでは、どちらを買うのがよいのか?」という問いです。
p_s
初めてテントを買う人、または安価なテントからの卒業を考えている人がそのようなお悩みをお持ちなのでしょうが、明確な回答のない問いであるがゆえに、定番の問いとなっている気がしなくもありません。。。

まあ、キャンプ道具を選ぶという行為は、思う存分悩む時間が楽しいというのも真実でしょう。「旅行は計画を立てているときが一番楽しい」的なやつですネ。

そしてこの問いに答えるという行為は、あるいはファミレスで「ハンバーグとオムライスとどっち食べるのがいいと思う~?」という問いに答えるのにも等しい気がひしひしとしています。

「どっちでも好きなの食べなよ~」と無邪気に答えて反感を買う方ですね、僕は。。。「真面目に考えてんの?」バシィッ!みたいな。。。(だって、どっちでもいいじゃん。。。)みたいな。。。

・・・というわけで回答します。

耐水圧や前室の広さなどは、まあクリティカルな差ではないので、この際比較要素から外してしまった方がスッキリしますね。

ちなみに「耐水圧が高い=高性能」とは言えません。耐水圧の高さと通気性の良さはトレードオフの関係なので、耐水圧3000mmだから凄い!てなことにはならないのです。布1枚で雨をしのぎつつ適度な通気性を確保するというのがバランスの取りどころで、1500~2000mmのあたりがほどよいところではないかな、と僕は思っています。耐水圧1500mmと1800mmとを比較して「1800mmのほうがフライシートとして優れている」とは単純に言えないわけです。

脱線しました。

同様にフレームの素材や堅牢性、また設営のし易さなどもほぼ同等なので比較要素としては考えなくてよいと思います。

僕が思うに、スノーピーク アメニティドームとコールマン タフワイドドームを比較する場合の最重要フォーカスポイントは以下の2点です。

■天井高さ
■ブランドイメージ


まず天井高さですが、これもよく言われるのが風に対する強さとのトレードオフという点です。しかし普通にオートキャンプ場でレジャーとしてキャンプをするなら、テントがつぶれるような超強風の日にはベテランキャンパー以外はキャンプを中止すべきですから、そもそも論点に挙げるべきではない気がします。

ノーブランドのド3流のテントならいざ知らず、その名も「タフワイドドーム」ですから、たいていの風にはへっちゃらです。

なので、スノーピーク アメニティドームとコールマン タフワイドドームを比較する1点目としては、天井が高いコールマン タフワイドドームに圧倒的に軍配が上がります。

テントの中で着替える時に、まっすぐ立って着替えられるのと、常に中腰で着替えなくてはならないのとでは使い勝手がまるで違います。

次にブランドイメージです。1流2流みたいな言い方で乱暴に独断すれば、スノーピークは1流、コールマンは1.5流くらいです。

スノーピーク アメニティドームの方が優越感があります。

また他の人とかぶるかぶらないという問題もありますが、オートキャンプ場では5割がコールマンのテントであると思って間違いないです。「他の人とかぶりたくない」と思うなら、コールマンは避けなければなりません。かといって3割はスノーピークなので、スノーピーク アメニティドームだろうがコールマン タフワイドドームだろうが、結局かぶります。

ちなみにアメニティドームはスノーピークブランドのテントの中でのエントリーモデルなので、ランドロックなどの上級モデルの前には優越感もかすんでしまいますネ。

さて実は、僕としてちょっと気にしていただきたい要素がもうひとつあります。それはスノーピークが日本の企業であるのに対し、コールマンは外資企業である点です。

僕は日本大好きなナショナリストですので、日本をもっと盛り上げたい、日本をもっと豊かにしたい、と思って仕事にも取り組んでいます。なので、あっちの製品かこっちの製品か迷った時には、できるだけ日本の製品を選ぶようにしています。

日本の製品を買うことで、日本の企業が豊かになり、結果日本の国民が豊かになるというのは、単純ですが間違いのない考え方だろうと思います。

もちろん海外の企業の製品のほうが優れている場合には、より劣った日本の企業の製品を買う義理は全くないわけです。僕はiPhoneのユーザですし、コカコーラだって1日2本飲んでいます。

コールマンのアウトドアグッズはいくつも持っていてそれぞれに愛用していますが、スノーピーク アメニティドームと、コールマン タフワイドドームを比べると、さて、総合的な製品のエクセレンスは甲乙つけがたい気がしますナ。

と、いうわけでフォーカスポイント3点。どの要素を重視するか、ビビッと来たその直感を信じて、選んで欲しいものですね。

いずれにしてもどちらも定番で名品のテント。どちらを買っても間違いはないはず。悩む時間をぜひ楽しんでほしいものです!


 

テントのフロアサイズ300か270かは、永遠に繰り返される問いなのか

ヤフー知恵袋などで、アウトドア関連の質問での定番。

「300にするか、270にするか、迷っています」

わかります!

これ、わかりますよね。

で、だいたい「大は小を兼ねるので300」というのがお決まりの回答

確かにその通り!

確かにその通りなのですが、、、ならば、製品ラインナップとして270は不要ですよね?でも存在するということは、一定の用途、一定の需要があるわけですよね。。。

ファミリーテントで最もポピュラーなドーム型テントでは、フロアサイズが正方形のテントが多く、中でも一辺のサイズが270cmのものと、300cmのものが主流です。

で、初めてファミリーテントを購入する場合に、どちらを選ぶべきか分からない、、、という方が続出するわけですね。

オートキャンプで最もポピュラーなテントブランドである、コールマンとスノーピークだとこんな感じ。
Coleman(コールマン) タフワイドドームIV/300
Coleman(コールマン) タフワイドドームIV/300

ボトムサイズ300×300cm
約27000円
【→Naturum】

Coleman(コールマン) BCクロスドーム/270
Coleman(コールマン) BCクロスドーム/270

ボトムサイズ270×270cm
約23000円
【→Naturum】



スノーピーク(snow peak) アメニティドームL [5~6人用] SDE-003
ボトムサイズ300×300cm
約48000円
【→Amazon】


スノーピーク(snow peak) アメニティドーム [4~5人用] SDE-001
ボトムサイズ270×270cm
約32000円
【→Amazon】

どちらのブランドも形はほぼ同じで、きっちり270モデルと300モデルとをラインナップしていますね。

で、どっちがいいの?という話ですね。

やはりこの時ピンと来ないのは、270cm角と300cm角のそれぞれの広さですね。
270cm角は古典的な畳で表せばちょうど3畳ということになります。300cm角は3畳よりも縦横とも30cmずつ広いということになります。
うーん、やはりピンと来ませんね。。。

270cmというのは、300cmに比べて「1割短い」だけですから、イメージ的には「大差ない」というレベルかもしれません。

手っ取り早く図にしてみました。
270_300
人物アイコンは一番左が身長170cm設定です。順に160cm、140cmとしています。要するにお父さん・お母さん・子どもたちという設定です。幅は手を広げた状態で設定しているので、170cm設定のときで60cm強です。パーソナルマットがおおよそ50~64cmなので、身体に合ったパーソナルマットを敷いた状態、と捉えてよいと思います。

これを見るとよくわかるのですが、ボトムサイズ270cmでは3人家族でゆったり使えても、4人家族だとやや窮屈感がありますね。
スペック的には細めのパーソナルマットが横に5枚並ぶので、最大5人はいけるのでしょうが、もはやパンパンですね。4人でも、荷物を置くスペースなどを考慮するとけっして余裕があるとはいえません。
それにテントは天井にいくほど狭くなるドーム型ですので、壁際に寝転ぶとやや圧迫感があります。できれば荷物は両端に置いて、寝るときは中央寄りに横になりたいものです。

総合的にボトムサイズ270cmは家族3人に最適。家族4人ではやや窮屈だが使えないことはない、と言えそうです。

続いてボトムサイズ300cmは家族4人でも余裕がある、と言えます。家族4人分の荷物も十分収納できそうです。
家族3人はちょっとスペースに無駄があり過ぎますね。「大は小を兼ねる」ということで、問題はないように感じますが、以下の2点は考慮する必要があるでしょう。

まずはテント内の温度です。テントは小さければ小さいほどテント内の温度が温かく保たれますので、春・秋キャンプがメインである場合には小さいテントが有利と言えます。

次にキャンプサイトのサイズです。首都圏からアクセスしやすいオートキャンプの区画サイトは狭いので、サイトを広く使おうと思ったら、テントは小さい方が有利です。

なので、広いサイトで夏キャンプがメインである場合は、3人家族でもボトムサイズ300cmを選択するとよいと思いますが、そうでないなら将来的なことも含めキャンプに参加する人数を考慮して決めるとよいと思います。

また、270と300ではテントの設営のし易さが変わるといわれます。
僕がいままでいくつかの種類のテントを設営してきた経験から言うと、テントの設営の容易さとテントサイズは単純に比例します。
小柄な女性でもテントが設営しやすいのは270のほうだと言えるでしょう。

ファミリーキャンプ用のテントは製品として最も多くの選択肢があるがゆえに、初めての場合は何を買っていいのか迷うものですが、必要なボトムサイズが明確になるだけで、ぐっとテントが選びやすくなりますね。

過不足ないサイズのテントを選んで、楽しいキャンプを!
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ