キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

キャリーワゴン

キャリーワゴンの車輪を交換するの巻

実はすでに2代目を使用中のドッペルギャンガーのキャリーワゴン。

マンションの部屋から正面玄関までキャンプ道具を運ぶのに重宝しています。

【→Amazon ドッペルギャンガー キャリーワゴン】

初代はアームの溶接部分がポキリと折れて廃車。およそ2年くらい使いました。

調子に乗ってグリグリと方向転換して引っ張り回していたのて、そりゃあ無理も来るってもんですナ。

2代目は反省してあまり乱暴な扱いはしてきませんでしたが、やはり2年でとうとうホイールが限界に。(キャンプ出撃回数でおよそ50回程度?)
DSC09678
今まで荷物の搬出中に2度ほどタイヤが外れてるんですが、その度にエイヤっとホイールに嵌めなおしてなんとか無事にキャンプに出掛けてました。

この週末は花見をするのに近隣の公園まで椅子・テーブルを運ぶ必要があり、さすがにマンション内のような短い距離ではないので、交換をすることにしたのです。

よぉく見ると4つの車輪中、3つがホイールにダメージがあったのでスペアホイールの4個セットを購入。

【→Amazon ドッペルギャンガー スペアホイール 4個セット】

リビングに運ぶのも面倒くさいのでキャンプ道具部屋で作業をすることにします。
DSC09680
ホンマ製作所の薪ストーブが入っているストッカーの上に、キャリーワゴンを逆立ちさせて置き、脚を気持ち広げました。

必要な工具は前輪がスパナ13mm・六角レンチ6mm、後輪がスパナ10mm・六角レンチ5mmです。

タイヤ・ホイールは前後の区別がありませんが、工具が前輪と後輪で違います。ここ絶妙に要注意事項です。

今回はこんな工具を使いました。
DSC09689
スパナは100円ショップで買っておいたものが使えましたが、六角棒レンチは家にあったのでは大きさが合わなかったので改めて購入することにしました。

【→Amazon KTC L型 六角棒レンチ セット】

アマゾンで約600円でした。100円ショップでも済ませることもできるし、、、しかし平日にわざわざ100円ショップに行く手間を考えたら600円でも高くはないかも、、、いやいやしかし値段6倍だぞっ、ま、でも、、、と葛藤はあったのですが。。。

さて作業工程を撮影することもなくあっという間に交換は完了。
DSC09682
作業で難しいところはなぁんにもありません。

ただし1点だけ、ナットをガッチガチに締め付けてしまうと車輪もガッチリ固定されちゃうので、締め付けはホイールと側板の間にわずかに隙間が空く程度に留めましょう。

本体がパープル&イエローの配色なので、イエローのホイールが映えますナ。
DSC09683
これで週末の花見も安心です。(へ?天気予報、雨?うそ?まじ?)

さて、取り外した車輪を並べました。(すぐに猫が寄ってくる)
DSC09684
だいたいホイールの壊れ方はいっしょです。

タイヤもまずまずすり減っていますネ。
DSC09688

ちなみにドッペルギャンガーのキャリーワゴンは後輪が固定式なので、マンションの廊下で90°方向転換などを繰り返すと後輪のホイール・タイヤに負担がかかります。

なので壊れやすいのが後輪。スペアホイールは2個セットの用意もあるのがウレシイですね。

【→Amazon ドッペルギャンガー スペアホイール2個セット】

以上、そんなわけでドッペルギャンガーキャリーワゴンのスペアホイールはあっという間に交換完了。

心配なのは天気だけ。。。くっ。。。

ドッペルギャンガー キャリーワゴンへの積載レベルが向上中。

自宅マンションの2階の部屋からキャンプ道具の搬出入に大活躍のドッペルギャンガー キャリーワゴン

以前の記事「ドッペルギャンガー キャリーワゴンはどれだけ積めるのか?」ではこの程度の積載でした。
20140524_073323_0

今はこうです。
写真 2015-03-29 16 44 52_s
おおおおぉぉぉーーーー!!!(←自画自賛)

キャリーワゴンの前後にテーブルを入れて、中の荷物を挟むのがコツです。チェアなどもあえて前後に分けて積載し、シュラフなど不安定なものを挟むと安定します。

ただし、写真のように雑多なもの満載のプラカゴをトップに載せたりしていると、万が一の時に大惨事になるので慎重に。ワタクシ、マンションのエントランスをコーヒーまみれにしたことがあります。。。アハ。

あ、ちなみに同じマンションにお住いの方で、全く同じキャリーワゴンを使っている人を見かけました。売れてるんですねー、ドッペルギャンガーキャリーワゴン。

【↓Amazon 価格の確認・ご購入は下記からどうぞ】

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア フォールディングキャリーワゴン C2-97 [ 容量 約150L 積載重量 約100kg ]


DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア フォールディングキャリーワゴン C2-46 (容量 約150L 積載重量 約100kg)

NEWS:なんかよさげなキャリーワゴン コールマンから真打ち登場!

_SL1500__s
コレ。コールマンのキャリーワゴン、その名も「アウトドアワゴン」です。

今まで見かけたことがなかったので新製品だと思うのですが、スミマセン、詳細確認してません。。。

写真・スペックを見る限り、大きさも十分だし、なにより堅牢性に優れている感じがします。

当ブログのイチオシキャリーワゴンのドッペルギャンガーは、実はハンドル途中の溶接部分が弱点。ここにストレスがかかりすぎると溶接部分から破損します。(我が家のキャリーワゴンは2代目です)

このコールマンのアウトドアワゴンは、パーツ同士の接続部分が実にしっかり作られている感じが見て取れます。

デザインもいいし、これ、けっこう「買い」かもですよ!


Coleman(コールマン) アウトドアワゴン 2000021989  

あ、ニュースリリース出てますね。
c_s
【→コールマン アウトドアワゴン ニュースリリースPDFを表示する】



 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ