キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

ソリッドステーク

もうエリステのことしか考えられない。

スノーピークのソリッドステーク(通称ソリステ)と村の鍛冶屋さんのエリッゼステーク(通称エリステ)は鍛造ペグの両雄として、多くのキャンパーに知られている製品。

セマフカでも度々(僭越ながら)両者の対決などを企画してまいりました。

リニューアル前のエリッゼステークは炭素含有量の関係で華奢な印象がありましたが、現行モデルはまさに質実剛健。実に頼りになるペグです。

セマフカでは昔から持っているソリッドステークに、新しく加えたエリッゼステークの混成部隊で使用しています。

実は先日、両者の特質がまざまざと分かる出来事がありました。

硬いグラウンドで定評のあるボスコオートキャンプベースでのこと。強風に備えて持てる限りのペグをできるだけ深く打つというミッションをこなしていました。

鍛造ペグの凄いところは、途中で岩に当たっても、それを打ち抜いて地中に刺さっていくこと。

もちろん何度叩いてもペグがそれ以上入っていかない場合もあるので、その時は場所を変えて打ち直しです。

で、今回のボスコの超硬グラウンドでグイグイ入っていったのはスノーピークののソリッドステークの方。

エリッゼステークの何本かはどうしても打ち抜けない石に当たって止まってしまいます。

そして撤収時。

スノーピークのソリッドステークの抜けないのなんの!
20160505_093143_0
エリッゼステークは断面が楕円(というかほぼ長方形)であるがゆえに、いったんぐるりと回してしまえば、ボスコの超硬グラウンドといえど、するりと抜けます。

ソリッドステークは断面が正円であるがゆえに回してもわずかに緩くなる程度で、結局グイグイと力を込めて抜かないと抜けません。

そしてとうとう2本、どうしても抜けないペグが出てきました。どちらもソリッドステークです。

一度は置いて帰ろうと思ったけれど、次に入るキャンパーの邪魔になりかねないと思い、汗だくで悪戦苦闘しました。

思わず大きなカブのお話を思い出しましたヨ。

どうにか抜けたソリッドステークを見ると、への字に曲がっていました。

なるほど、それで合点がいったのです。

ボスコの超硬グラウンドでなぜソリッドステークだけが全て地中に入っていったのか?

それは石に当たった時に曲がったからです。

ソリッドステークもエリッゼステークも打ち抜けないような硬い石に当たった時、エリッゼステークは曲がらずに弾き返され、ソリッドステークは曲がって地中を進んだのです。

確かに「刺さる」という点ではソリッドステークに軍配が上がります。

曲がるのも、後から直せばいい話。

しかし、1本抜くのに10分も悪戦苦闘するのは、さすがにどうか、と。

ボスコオートキャンプベースという関東一の超硬グラウンド(←あくまで個人の感想です)で明らかになった両雄の差。

いずれも極めて優れた品質・性能だからこそ、この極限の条件でないとわからなかった差といえます。

で、結果、エリステを大量補充。もともと混成部隊であることが気に入らなかったし、長さ毎に色を変えて統一したいという動機もあり、でしたので。

揃えた結果は以下の通り。
DSC06276_s
38cmを銀色のクロームメッキ、28cmを金色のアルティメットゴールド、18cmを銅色のブロンズメッキを、それぞれ8本ずつ揃えました。

壮観ですナ。ふふっ。(趣味、悪い?)

メタリックカラーはなんといってもフィールドで目立つのがいい。けっして失くさないし、つまづく心配も少ないです。ゲストに手伝ってもらう時にも区別がつきやすい。

スノーピーク ソリッドステークは残念ながら二軍落ち。こうして部屋の片隅に使わないキャンプ道具がたまっていくのでした。。。

【→Amazon エリッゼステーク 一覧を表示する】
【→楽天市場 エリッゼステーク 一覧を表示する】

新型エリッゼステークを試し打ってみた

鍛造ペグはいくつかのメーカーから販売されていますが、セマフカのお気に入りはスノーピークのソリッドステーク(以下ソリステ)と村の鍛冶屋さんのエリッゼステーク(以下エリステ)。

ソリステは圧倒的な信頼感。エリステは豊富なカラーがお気に入りの理由。

でしたが、この夏、村の鍛冶屋さんがグイグイと攻めていることは、セマフカでも紹介済み。

攻めの内容は2点。
・ペグの素材をS45C→S55Cへと順次切り替え中
・究極のペグ「アルティメット」をリリース

というわけで、今日は以下の4本を叩き比べてみました。

・30cm ソリステ
・28cm エリステ アルティメット
・28cm エリステ(S45C)
・28cm エリステ(S55C)

※以上の並びは写真左から順です
IMG_2263

ちなみにこの実験。性能を比べるという趣旨ではございません。あくまで「叩き心地」。フィーリングの話ですので、120%主観で語っていることをあらかじめご了承ください。

さてこの4本の中で素材の組成が異なるのがエリステS45Cだけで、残りの3本はみなS55Cです。

S45CやS55Cというのは炭素鋼のJIS規格で、45や55という数字が炭素の含有量を示しています。45Cは0.45%前後、55Cは0.55%前後の炭素を含んでいることを意味します。

一般に炭素の含有量が少ないと、その炭素鋼はしなやかになり、そして曲がりやすくなります。炭素の含有量が多いと固くなり、そして脆くなります。どちらが優れた素材か、ということではなく、特性が異なるということです。

で、以前に40cmクラスのソリステとエリステ(S45C)を叩き比べた時には、素材特性通りの手応えの違いをはっきりと感じることができました。

それをセマフカでは「ソリステは松井秀喜。エリステは新庄剛志」と形容しました。(→「王者ソリステを脅かす実力派「エリッゼステーク」を試してみた」

さてさて、新戦力のソリステ(S55C)と鳴物入りのアルティメットはどうか?というところですが、今回の試し打ちは全て30cmクラスなので、いちおう全てを同じ地面に打って比べてみました。

まずは基準となるソリステ(←やっぱ使っている年数が長いので)。うん。打ち下ろしたハンマーを弾き返すこともなく、力を着実に地中に伝えてくれている感じがします。さすがの名品です。

続いてエリステ(S45C)。うんうん。40cmクラスの時と同じような感触。ハンマーを打った瞬間に、わずかに弾力を感じます。ペグがしなやかに震えるような感触が伝わってきます。

さて、ここからが本番。

エリステ(S55C)。ほうほう。従来モデルのようなしなやかなニュアンスがほとんどなく、叩いた感じはソリステとほぼほぼ同じです。

そして、これは軸と先端部分の形状に由来するのだと思いますが、ソリステよりも、もうちょっとシャープな刺さり心地があります。

ソリステの軸はほぼ円形。エリステはエリッゼ(楕円)の名のごとく、コーナーが大きくラウンドした長方形です。30cmソリステの軸の直径が8mm。エリステの軸は9×7mmです。厳密な断面積の測定はしていませんが、断面積はほぼ同等と思われます。

先端部分はエリステのほうが若干シャープですが、これは実験に用いたソリステが新品ではないことが影響しているのかもしれません。。。

いずれにしても新素材S55Cは従来モデルS45Cとは明らかに別物になっています。

この件で村の鍛冶屋さんに問い合わせた時には「新庄剛志からイチローくらいまでなってくれることを期待」とおっしゃっていましたが、、、ハイ、間違いございません。野球選手に例えるなら「エリステS55Cはイチロー」です。

おめでとうございます。パチパチパチ。

って、エリステ アルティメットが残っていました。これが今回の本命です。

アルティメットの素材はS55Cですが、レギュラー品との違いは「焼き入れ」を行っていること。焼き入れとは包丁や日本刀で使われる技法で、簡単に言えば高温に熱した後で水などで急激に冷やすことです(よくドキュメンタリー番組とかで、じゅわわ〜と蒸気が上がっているアレです)。この処理を施すことにより硬度が格段に増すのです。

と、能書きはたいがいにして、、、アルティメット。むぅ!むむむ!

これは!異次元の感触です!

叩いた瞬間に、ハンマーとの一体感が感じられます。打ち下ろしたハンマーがペグヘッドに当たった、という感覚ではなく、ペグヘッドがハンマーに吸い付いたような感覚、まるで磁石に鉄ハンマーを振り下ろしたかのような感じです。

これはスノーピークの銅ヘッドのペグハンマーを使っていることも大きいと思います。銅ヘッドの食い込みのよさと、アルティメットの圧倒的な剛性の相乗効果なのでしょう。

一打ごとにスムーズかつ着実に地面に刺さっていく感じは、まるで鍼灸師がツボに針を打っていくが如しです。

これはゴイスーですよ。

アルティメット=究極と名付けられた意味も分かります。ソリステを超える価格設定ですが、十分にその価値があると思います。

しかし困りました。ソリステは松井秀喜。エリステS45Cは新庄剛志。エリステS55Cはイチロー。

アルティメットを例えるなら誰なのか。。。?

ズンズンと敵地に入っていく圧倒的なタフネス。

強靭な身体。

ひたむきな職人気質。

寡黙にして骨太。

揺るぎない信頼感。

・・・

野茂英雄!

いっやー、いましたヨ。凄い人が残ってました。ペグを野球選手に例えるなら「アルティメットは野茂英雄」として認定させていただきます。

初回生産分は100本限定生産とのことで、すぐに売り切れてしまいましたが、2015/8/20現在、再販が確認されています。早く欲しい方は売り切れないうちに急いで下さーい。

っつか、個人的には38cmアルティメットを試してみたいー!


というわけで今回4種のペグを試し打ちしましたが、もう一度念のため。これはペグとしての性能の優劣を判定する企画ではなく、あくまで「叩いた時のフィーリング」を紹介したに過ぎません。

「炭素含有量が増えた分脆くなってんじゃないのー?」とか「ペグに焼き入れとかマジやりすぎで意味不明」とかいうコメントは何卒ご遠慮いただきたい!

あー、なんか、ペグ打ちたくなってきた(爆

ところでペグは何cmを何本揃えればいいの?

テントに付属していたプラペグを卒業して、ちゃんとしたペグを買うぞ!という場合、オートキャンプであれば鍛造ペグを選択するのがベターでかつポピュラーだと思います。

で、鍛造ペグって、おおまかに40cm・30cm・20cmがあるけど、どれを何本買えばいいの?というのが次に立ちはだかる疑問のはずです。

で、これけっこう人によって意見がマチマチなようです。 なので、今日はセマフカ的見解をひとつ。(っつか、今週はペグウィークですナ。。。)

以前の記事「プラペグ&プラスチックハンマーからの卒業を考えている貴殿へ」・「究極のペグは本当にソリステか?」で考察はしていますが、もっと具体的に検討してみましょう。

まずはサイズ別に用途を考察します。

■40cmクラス(ソリステ40cm・エリステ38cm) 

きわめて単純に言えば「非自立型タープのメインポールの張り綱に使う」べきペグです。

ここで非自立型というのはヘキサタープ・レクタタープといったタイプを指しています。これらタープは張り綱で強いテンションをかけることで、ピンっと張ることができています。特にメインポールにつながっている張り綱はもっとも重要な張り綱であり、かつ常時強いテンションがかかっています。

万が一この部分のペグが抜けた場合には、強いテンションが解放されるためにペグがすごい勢いで飛びます。重量がある鍛造ペグが高速で飛んでくるわけですから、とても危険です。

なので、この部分の張り綱は必ず40cmクラスを使いたいものです。

ヘキサ・レクタタープは、メインポールが2本なので、40cmペグは4本必要になります。

■30cmクラス(ソリステ30cm・エリステ28cm)

最も汎用性の高いペグと言えます。用途としては、「ヘキサ・レクタタープのサブの張り綱に使う」「テント・スクリーンタープのメインの張り綱に使う」の2パターンと考えればよいと思います。

まずヘキサ・レクタタープのサブの張り綱としてですが、前述の通り非自立型のタープは常に一定のテンションがかかっているので、20cmでは少々役不足。30cmクラスの使用をおススメします。

また、自立するテント・スクリーンタープのメインの張り綱としてですが、これら自立型テント・タープをペグダウンする目的は風対策です。強風にあおられて動いたり、倒れたりしないようにするためと考えてください。

テントの説明書を見ると、おそらくどのようなテントでも10か所前後をペグダウンするように解説されていると思います。そのすべてに30cmペグを使うことはさすがに非現実的です。

「テントのメインフレーム線上から伸びる張り綱がメインの張り綱」とし、この部分についてのみ30cmクラスのペグを使うという考え方がいいと思います。

例えば、スノーピークのアメニティドームの場合。
sp
説明書ではこのように10か所のペグダウンを推奨しています。そこで、テントのメインフレームはどれか?ということですが、「テントのボトムの対角線を構成しているフレームがメインフレームである」と判断してほぼ間違いはないです。

アメドの場合だと、この赤いラインで示したフレームがメインフレームとなります。
bf85bceb



よって「C」がメインフレームから伸びている張り綱となりますので、Cには必ず30cmクラスのペグを使います。Bはメインフレームにつながっていませんが、Cの反対側という根拠で、ここにも30cmを使った方がいいと思います。(いきなり例外で恐縮ですが。。。)

で、残りA・Dは20cmクラスでいいか、というと、正直な話、通常のオートキャンプ場でキャンプをする限り、この部分のペグダウンは必ずしも必要ないというのがボクの見解です。

これは実際の天候の状況、また天気予報をにらみながらの判断になりますが、全個所風対策の張り綱をしないとテントが飛んでしまうような状況のもとでは、そもそもキャンプを中止したほうがいいです。

これらテントに多くの張り綱が張れるようになっているのは、強風にさらされる場所での使用までカバーしているためで(例えば山岳地帯など)、普通にサービスを行っているオートキャンプ場では、たいていの場合、全個所のペグダウンは必要ないと考えます。

アメドの場合、強風時にはB・Cに加え、サブフレームから伸びているAの全6か所をペグダウンすれば十分だと思います。Aは20cmクラスのペグでよいのではないでしょうか。

コールマンのタフワイドドームの場合。
c
説明書は8か所のペグダウンを推奨しています。これも前述のセオリーに則って、通常は対角線の4か所を30cmクラスでペグダウンすれば十分だと思います。

下図の赤丸の部分ですね。
d37ae64c


強風時にはサブフレームが入っている部分をケアすべきですので、上図の青丸の部分を追加でペグダウンすればOKと思います。ここは20cmクラスで十分です。

■20cmクラス(ソリステ20cm・エリステ18cm)

40cm・30cmクラスに比して抜けやすいので、タープのメインの張り綱や風対策のメインの張り綱に使うにはふさわしくない長さです。

ではどのような用途にふさわしいかというと、「大きな力が加わらない個所」に主に使います。

これは具体的に説明したほうが分かり易いです。
スノピのアメドの場合。
sp2
上図の前室の2か所。そして後室の1か所(矢印マークの箇所)が20cmペグを使ってペグダウンすべき個所です。

これはテント全体を支えてるのではなく、前室・後室のスペースを作るためのペグダウンです。ちなみに風対策のペグダウンをサボるようなキャンパーでも、この3か所は必ずペグダウンをするものです。

このペグは部分的にフライシートを引っ張っているだけですので、長いペグは必要ありません。

コールマン タフワイドドームの場合も同じです。
c2

合計5か所。それぞれ前室・後室のスペースを作るためと、サイドのベンチレーションを確保するためのペグダウンで、いずれも省かないほうがいいでしょう。

また前述の通り、風対策のメインのペグは30cmが推奨ですが、めったに使わない風対策のサブの張り綱は20cmでよいと思います。

■まとめ

□スノーピーク アメニティドームの場合
・メインの張り綱として30cmを4本(B・C)
・サブの張り綱として20cmを5本(常時前室・後室に3本。強風時にAに2本)

□コールマン タフワイドドームの場合
・メインの張り綱として30cmを4本
・サブの張り綱として20cmを7本(常時前室・後室・サイドで5本・強風時に前室フレームに2本)

テントのボトムやグランドシートも、説明書ではペグダウンするよう推奨されていますが、ボクは特に必要とは思いません。(ただしテントの中でもティピー・ワンポールタイプはインナーテントのボトムのペグダウンは必須なものが多いですヨ。)

アメニティドーム・タフワイドドーム以外のテント、また異なるタイプのテント・スクリーンタープなども、上記で示したセオリーを活用すれば、ペグダウンが必要な個所、必要なペグの種類・本数が判断できると思います。 

適切にペグを使って安全で楽しいキャンプを!

ソリステだって曲がるのダ

先日、撤収時にろくに拭かずに仕舞ってしまったソリッドステークを、ふと思い出してまとめて洗って並べました。

実は撤収時にペグを抜いている時に、30cmのうちの1本が曲がっていることに気づいていたのですが、改めて見るとけっこうな曲がり具合でした。

こんな感じです。
写真 2015-07-29 8 19 38_s
我が家のキャンプはキャンプ初心者のゲストにも設営・撤収を手伝ってもらうことがあるので、あるいはその時に不適切な方向からハンマーで打ったか、あるいはボクが調子に乗って無理に叩きまくったのか、、、原因は定かではありませんが、ちとこのままでは使用困難な曲がり具合です。
写真 2015-07-29 8 21 32_s
うーむ、どうしたものか。。。(←マンション住まいでは、部屋の中で叩いて直すのも、ちょっと、、、ネ)(←意外に小心者)

で、こんな折にエリッゼステークの新作「アルティメット」が今日にも届きます。楽しみだナー( ̄▽ ̄)

お盆、、、キャンプ行っちゃおうか、、、ナ。。。(←帰省しか予定がない)

ややウケ:他社メーカー鍛造ペグの結果

エリッゼステークの新作「アルティメット」の商品ページに曲げ試験結果が仔細に紹介されていますが、プッと噴出したのが他社製品との比較のコーナー。

「他社メーカーの鍛造ペグ」とはもちろんスノーピークのソリッドステークなのでしょうが、、、、なぜアスタリスクで塗りつぶす!(笑
1
全く塗りつぶされていないんですケド。。。(爆

いっやー、じわじわ来ますね、これ。村の鍛冶屋さん、センスいいす。


 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ