キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

ファイアグリル

もし失くしても間違いなく同じものを買う道具たち一覧

というわけで一覧してみます。

■GENTOS EX-757MS(LEDランタン)

単三4本で明るさ150lmで暖色でコンパクト。
なにしろ使い勝手がいい。
ソロキャンプなら1灯を吊るせば十分だし、ファミリーキャンプなら2灯吊るして事足りる。ハンディライトとしても使い勝手がいい。
すでに2個持っているけど、3個目を買ってもいい。

■SOTO ST-310(シングルガスバーナー)

なにしろコンパクト。とろ火が可能なところが使い勝手がよく、全開での火力も申し分ない。カセットガスが使えるのもうれしい。
1個持っているけど、これも2個目を買ってもいい。

■スノーピーク ヘキサM(タープ)

とにかく張った姿が美しい。
最初はしわしわにしか張れなかったけど、今はピシッと張れる。
タープをピシッと張れるか否かが初心者と中級者を分ける関門だが、特にスノーピークのヘキサは他のタープよりも美しく張ることが使命とされる厳しいタープである。

■スノーピーク アメニティドームS(テント)

テントは寝るだけの用途なので、ソロorデュオならSで十分。
前室が広いのが使い勝手がよく、他の性能も全般的に申し分なし。欠点が見当たらない優等生。
なによりスノーピークのヘキサと合わせるなら、これしか考えられない。

■ユニフレーム ファイアグリル(焚火台)

安い、美しい、使い勝手がいい。
でも買ったばかりのはピカピカでちょっと恥ずかしい。ユニさんで2、3回使ったのを出荷してくれるサービスないかしらん。。。

■ユニフレーム Fan5Duo(鍋セット)

中鍋・小鍋・ザル・フライパン・炊飯鍋がこれほどコンパクトにまとまるのは、たいへんよろしい。
特に炊飯鍋は秀逸。食べたい食べたくないにかかわらず、いつでも飯が炊きたくなる。そんな鍋。

■イスカ ノンスリップピロー(枕)

地味だけど、、、きっと同じものを買う。
人間は枕に対して異常に保守的な生き物だと思う。

■シアトルスポーツ ソフトクーラー40qt

キャンプに限らずどこにでも連れていけるナイスな相棒。
保冷性能はハードクーラーにかなわないが、乱暴に扱える柔軟さと、なんでも放り込める容量と、カジュアルなデザインと、とにかくいろいろ総合力で他のブランドの追随を許さない魅力がある、ソフトクーラーの絶対エース。

■スノーピーク ペグハンマーPRO.C

ソリステはエッリゼステークでも別にいいな、と思うけど、ハンマーは浮気できない。
しかも鉄ヘッドのPRO.Sじゃなく、絶対に銅ヘッドのPRO.C。
このハンマーでペグダウンするためにキャンプに行くと言って全く過言ではない。
靴を履きつぶすのが営業の勲章ならば、銅ヘッドを叩き潰すのがキャンパーの勲章と、かなり本気に思う。

【↓Amazon 一応リンクを張っておきます。お口に合えば、是非】



 

これが正解!焚火台の選び方

焚火台ほど、スペックとして必要要件の曖昧なアイテムもないでしょう。

LEDランタンなら明るさが最も重要なスペックで、ルーメンで表されますね。シュラフなら快適睡眠温度が重要なスペックで、これは厳密な指標ではありませんが、いちおうはメーカーの公称値があります。

焚火台はどのように選べばよいのか? 

メーカーによって価格に著しい差があることも焚火台という製品の特長ですが、何によって価格差が生まれているのか?







分からない。。。


いや、嘘です。だいたいは分かっています。単純に重量と形状の複雑さです。
重量はすなわち使っている金属の量が多く、その分原材料費がかかっているということ。
形状の複雑さはそれだけ製作の工程が複雑で、その分の工賃がかかっているということ。
それだけのことです。

製品のおおよその大きさが同じで重量が重い場合は、金属板がより厚いということを意味しています。金属板が厚いということは、その分耐久性があることを意味します。

製品の上で火を燃やすわけですから、当然金属板は熱によって変形してくるわけです。これはどんな高価な焚火台でも免れません。ただし、使用している金属板が厚ければ、その変形が緩慢であるということです。

つまり、焚火台の場合は、単純に「価格が高いほど耐久性も高い」ことを意味していて、価格と耐用年数が比例すると考えると、耐用年数で測った場合のコストパフォーマンスは同じということになりますね。

つまり、どれを買っても同じこと。

ということです。

ミもフタもありませんが、そういうことになるのです。

でも機能に差があるんじゃないの?というツッコミもあると思います。もっともです。

でも焚火台に必要な機能って、じゃあなに?ってことになりますよね。

なんでしょうね?

耐久性の問題は前述しました。高く買って長く使うか、安く買って一定期間で買い替えるか、という意思決定をすればいいのです。コスパはだいたいいっしょです。

では、薪の燃えやすさ?燃焼性能?

地面で普通にできる焚火をわざわざ金属板の上でやるわけですから、何も考えずに焚火台を作ったとしても、よく燃えるはずですね。

しかも燃焼性能がいいということは、薪がすぐ燃え尽きるわけですから、イコールそれが高性能とは言い難い気がします。

むしろ、ゆっくりじっくり燃えるのが焚火のいいところなのではないでしょうか。

では大事なのは逆に燃えにくさ?

なんかもうわけ分かりませんよね。


はっきり言いますが、燃焼性能なんてのは五十歩百歩です。言い方が悪ければ、どの製品も同じように優れています。焚火の燃え方は、焚火台自体の性能ではなく、薪の状態や積み方に90%依存しています。

最後まで薪が燃え尽きるかどうかという点でも、もちろん差はあるでしょうが、多少の薪の燃え残りがなんでしょうか。薪がきれいに燃え尽きようがどうせ灰は残ります。後片付けの手間はほとんど変わりません。

価格でも耐久性でも燃焼性能でもなければ、じゃあなんなのか?

デザインですよ。これしかないです。

パッと見いちばんカッコいいと思ったのを買う。

それが正解です。それしか正解はありません


まあ、ブランド力っていうのもありますので、自分がキャプテンスタッグの製品を使っている隣のサイトでスノーピークの焚火台を使われて、「悔しい」と少しでも思う方は、大人しくスノーピークを買ってください。ただし、スノーピークの焚火台の重さは異常ですから、その点気を付けてくださいネ。(僕は重いのは嫌いなので、絶対に買いません)

ちなみに我が家の焚火台はコレ。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

購入理由は「一番カッコいいから」です。

もうこれはその人の主観の問題ですから、自分がカッコいいと思ったら、それでOK

まあ、ただ僕として焚火台に求めることを敢えて言うならば、あまり深さがないほうがいいです。燃えていく木の様子じっと眺めるのが焚火の醍醐味だと思っています。だから浅い方がいい。

しかしユニフレームくらい浅いと、薪があまり入らないということをデメリットとする意見もあります。確かにその通り、薪はたくさん入りません。大きい薪も乗りません。ワイルドな丸太で焚火をするには相応しくないでしょう。ワイルドな丸太で焚火をしたいという目的意識があれば、大きくて深い製品を選ぶようにしてください。

僕の場合は薪をくべるという行為が好きなので、むしろ一度に焚火台に乗せる薪は少なめにしています。
台が浅いので新しい薪を適当に放り込むわけにはいきません。山形に組んだ形を崩さないように、1本入魂で丁寧に焚火の中に配置します。
炎に近いところに手を入れるので、薪をくべる時にはレザーのグローブをはめます。
面倒です。しかしそれが好きなのです。

酒をちびちび飲りながら、薪をぼちぼちくべながら、薪のはぜる音をBGMに、ゆっくりゆっくり更けていく夜。

キャンプは、最高ですナ。

↓各モデル揃えておきました。ビッと来た焚火台を(バナーを踏んでから)ぜひご購入くださいm(_ _)m↓




まとめて見たい方はこちら→【Amazon】「焚火台」検索一覧




ユニフレームのファイアグリルのみ、ナチュラムへのリンク付けておきます。「焚火台」検索画面に自動で飛ぶリンクも掲載しておきました。

naturum100


ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル





【→Naturum】「焚火台」検索画面


同様にユニフレームのファイアグリルの楽天市場での最安値検索付けておきました。

rakuten100


【→楽天市場】ユニフレーム ファイアグリル 最安値検索

 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ