キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

ルー・ガービッジ

有野実苑オートキャンプ場 短信(2015年5月)

先週は有野実苑オートキャンプ場を1週間に渡ってレビューしてきましたが、今日はまとめとしてキャンプの様子の短信をお送りします。

この日は午前中に用事があったので、昼前の出発。世田谷の自宅から有野実苑オートキャンプ場までは首都高・京葉道路を経て、寄り道しなければ1時間半もかからない距離です。今回は途中で買い出しをして14時着。併設のレストランで思いがけず美味しい昼食をいただくことができました。
20150516_143804_0
こちらがメニュー。拡大できます(ピンぼけてますが。。。く、、、申し訳ないっ!)
20150516_140010_0

15時頃にコテージ泊の知人ファミリーと合流した後でテント設営。ちなみに宿泊コテージはこのサイトの真後ろ。サイト脇の小道を通って30秒です。
20150516_153850_0
今回の車はカレコカーシェアリングでフォレスターを借りました。2列目シートを倒せば、2人分のキャンプ道具が余裕で詰めます。幕はスノーピーク タシークとヘキサM。

車とタシークを奥に置いて、タープは入り口に向けてサイドを高く上げて開放的なリビングを作りました。2家族、大人4人・子供1人が快適に過ごせるリビングになりました。サブポールはスノーピークのアップライトポール 高さ190cmです。

通路から眺めるとこんな感じ。
20150516_153905_0
隣とは背の高い垣根で仕切られ、全く隣が気になりません。向かいは広いサイトになっていますが、この日は宿泊の方はいませんでした。サイトの向かい合わせを避けるように、キャンプ場のスタッフがサイトの指定を調整しているのだと思います。

嫁はさっそく、小2のお子さんと遊びに行きます。
20150516_173522_0
ブランコやツリーハウスのような2階建てのウッドデッキ(?)にまずは飛びつきます。
20150516_173910_0
子供の体力と動きのクイックネスにはおじさんついていけません。。。(嫁もね)
20150516_173631_0

ちなみにタシークは中に荷物も置かず、インナーを入れただけなのでペグダウンもせずだらしない姿。。。
20150517_062003_0
タシークのインナーにはアメドSをインしているので、これならいっそフライ含めたアメドSだけで良かったのではないか。。。タシークの意味全くなし。。。
20150517_062336_0

タシークとヘキサタープMとの位置関係はこう。コテージ泊の知人ファミリーといっしょだったので、リビングとテントの動線は完全に無視、むしろ視線をさえぎるようにサイドも低く抑えました。
20150517_062227_0

お向かいのサイトから見るとこう。向かいのサイトは2家族用の広いサイトなので、なんかものすごい空いているキャンプ場のように写ってますが、、、実際は2/3程度の客入りでした。
20150517_061920_0

買ったばかりのコカ・コーラ柄ルー・ガービッジもデビュー。左から燃えるゴミ・缶ゴミ・瓶ゴミです。分かりやすい!
20150517_062050_0

メインランタンは実はけっこう気に入ってしまったテントファクトリーのクラシックLEDランタン。案外、いい雰囲気なのですヨ。
20150517_062026_0

今日の料理は男たちの当番。メインは本格パエリアパンで作るパエリアです!(ま、僕は見てただけですが。。。)
20150516_181525_0

写真左がテントファクトリーのクラシックLEDランタン。サブランタンは下への照射能力に優れたジェントスEX-757MSをテーブル直上に吊るしました。
20150516_213653_0
20150516_213710_0
コンテナ一杯の薪で焚き火を楽しみつつ、夜は更けていきましたとサ。

有野実苑オートキャンプ場は標高の高くない農村部に位置しているので、夜もそれほど冷え込まず快適に寝ることができました。

緑が濃いので、朝は早朝から鳥の鳴き声がたくさん聞こえます。いつの間にか白い花が車のルーフ一面に散り落ちていました。(なんという樹なのかは分かりませんが。。。)
20150517_062212_0

以上、有野実苑オートキャンプ場の短信でした。農村部にあるとはいえ、キャンプ場の中からは外の様子は見えず、深い森の中でキャンプをしているようでした。植栽はよく手入れしてあって、自然とよく調和した素敵なサイトデザインです。サニタリー設備も高規格で清潔に保たれており、総合的にハイレベルなキャンプ場と感じました。

00_logo-on
【→有野実苑オートキャンプ場 オフィシャルサイト】
 

【有野実苑オートキャンプ場 レビュー記事一覧】
有野実苑オートキャンプ場 レビュー 環境編
有野実苑オートキャンプ場 レビュー サイト編
有野実苑オートキャンプ場 レビュー 設備編1
有野実苑オートキャンプ場 レビュー 設備編2
有野実苑オートキャンプ場 レビュー 売店・レストラン編

使用ギアの関連記事
地味ぃ〜に最高!スノーピーク アップライトポール
NEWS:コカ・コーラ× ルー・ガービッジ のコラボ商品登場!
テントファクトリーの新作クラシックLEDランタンが来たゾ

NEWS:すごいぞルー・ガービッジ!続々とコラボ商品を発見

連日に渡ってコールマンやコカ・コーラなどのビッグブランドとのコラボ商品の情報をお届けてしてきましたが、、、まだありました。

まずはキティとのコラボ。

HELLO KITTY×ROOTOTEルー・ガービッジMOOK ([バラエティ])
これ、「MOOK」「大型本」と書かれていますが、、、たぶんルー・ガービッジだと思います。

そしてなんとビームスとのコラボ。

[ビーピーアールビームス] bpr BEAMS ROOTOTE × BEAMS / Garbage PEANUT 3P 33610263742 90 (30L 3PCS/ONE SIZE)
これ、側面にスヌーピーのキャラクターの柄が描かれています。
_UL1500__s

アウトドアショップWild-1さん限定発売のルー・ガービッジもあるようです。
RG_campers_img_20150428_s
【→ルートート 製品情報ページを表示する】


いっやぁ~、ルートートさん、いっそガンダムとのコラボとか、スターウォーズとのコラボとか、いかがっすかぁ!
 

NEWS:コカ・コーラ× ルー・ガービッジ のコラボ商品登場!

ルートートさんのルー・ガービッジが熱いゾ!

先日お伝えしたコールマンとのコラボ商品の他にコカ・コーラとのコラボ商品も登場しました。

コレ。

Coca-Cola×ROOTOTE ルーガービッジ ロゴ 30L (コカ・コーラ× ルートート)

うっはー!コカ・コーラファンにはたまらない商品じゃないですか?

他にもバージョンがありますヨ。

Coca-Cola×ROOTOTE ルーガービッジ Have a Coke 30L (コカ・コーラ× ルートート)

以上が30L。45Lのごみ箱は以下です。


Coca-Cola×ROOTOTE ルーガービッジ ポーラベア 45L (コカ・コーラ× ルートート)

Coca-Cola×ROOTOTE ルーガービッジ Have a Coke 45L(コカ・コーラ× ルートート)

ちなみにルー・ガービッジとは、アウトドア・キャンプでごみ袋を内蔵して、ごみ箱として使うアイテムです。スノーピークでガビングスタンドという製品がリリースされている以外は、実はアウトドアでごみ袋を入れて使うギアはほぼ皆無なのではないでしょうか。

それぞれ市販の一般的なごみ袋がぴったり入るようなサイズ設計になっていて、内側にはスナップボタンがついていてごみ袋をしっかり留めることができます。

キャンプでリビングの美観を損ないがちなごみ袋を、おしゃれに変えてくれるナイスアイテムですヨ。

これ複数枚買って、柄と容量ごとに燃えるゴミ・缶ゴミ・瓶ごみ・不燃ごみなどと分別すると吉です。

我が家ではかご柄の45Lが燃えるゴミ、キャンベルスープ缶柄の30Lが缶ゴミ、というふうに使い分けています。今まで瓶柄がなく、キャンプで「瓶はどこに捨てるんだっけ?」と迷うことがありましたが、このコカ・コーラの瓶柄で瓶ゴミは決まりですナ!

NEWS:コールマン オリジナル ルー・ガービッジが登場

当ブログでも推しているアウトドアごみ箱「ルー・ガービッジ」にコールマンのオリジナルデザインが登場しました。
RooGarbage_1_s
 【→コールマン 商品ページを表示する】 


グリーンもあります。
RooGarbage_5_s
ルー・ガービッジは本当によい製品なので、コールマンユーザはぜひ!


ルートートオリジナルはコチラ。

【→Amazon】[ルートート] ROOTOTE ルートート ルーガービッジ トート型ダストボックス 2Pセット 793501 02 (ivy-green)  

ルーガービッジ キャンベル缶柄を速攻でゲットした件

「話題のゴミ箱 ルーガービッジに新柄登場!」の記事(記事はコチラ)をアップした当日、たまたま自転車で代官山付近を通ったので、、、つい買ってしまいました。

じゃじゃーん!
IMG_3687_s

お店の人に聞くと、新柄のアンディ・ウォーホル4柄のうち、ダントツでこのキャンベル缶柄が売れているとのこと。お店同士で在庫の取り合いだそうですヨ。

45Lタイプと比べるとこんな感じ。
IMG_3690_s

内側にはスナップボタンがついていて、ごみ袋を8か所で留めることができます。これはルーガービッジシリーズ共通の仕様です。
IMG_3692_s
写真はごみ袋がすでに装着されています。(実店舗のラスト1個の展示品だったためです。。。)ごみ袋は薄いので、特にごみ袋を工作することなくスナップボタンでしっかり留めることができます。

仕様上どうしても上の縁が汚れがちですが、使用中は気にせずにどんどんごみを放り込んで、帰宅してからキッチンで洗剤で全体を洗ってベランダに干しておきます。ブルーシートのような素材なので、汚れがすぐ落ちるのがいいです。

ちなみにアンディ・ウォーホルシリーズシリーズにはこんなマークが入ってますヨ。
IMG_3694_s

このルーガービッジ キャンベル缶、いかにも「缶ゴミ捨ててください!」的な感じで、分別に迷わないのがいいですね。いっそ同じくアンディ・ウォーホルのコーラ柄も商品化していただけませんかネ。
cora

価格のご確認・購入はぜひ下記からどうぞ
【→Amazon ルーガービッジ一覧を表示する】
【→楽天市場 ルーガービッジ一覧を表示する】




 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ