キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

ロゴス

逸品か珍品かが悩ましいロゴスのランタン。

近ごろのロゴスの製品はけっこう「意欲的」なプロダクトが目立ちます。

なにか、こう、「一風変わった製品」を出してくる傾向が強くなりました。

カモ柄のテント・チェア群も「ほほぅ」とうなる展開ですし、ピンストライプ柄のコットンシュラフも「そう来たか!」と思わず膝を打つ妙手と感じました。

そしてこれが悩ましい一品。

【→Amazon ロゴス パワーストックランタン2000】

一瞬ジェントスのワークライトかと思うようなデザインですが、ロゴスです。

充電式のパネル式ライトで、携帯電話等への給電も可能です。

「はっ、よくあるやつね」と思ってスペックを見ると、、、

「ロゴス基準色(ナチュラル色みたいな色?)」で1200ルーメンとある。

1200ルーメン!?

ジェントスのランタンは全ラインナップの中でも最高がナチュラル色で1000ルーメンですから、明るさではそれをしのぐことになります。

また白色で1115ルーメン、暖色で1099ルーメンと、各色で明るさがあまり変わらないのが特徴。

ジェントスのランタンは暖色は600ルーメンが最高ですので、特に暖色での明るさが際立っています。

しかも円筒形のランタンのように周囲360°を照らすのではなく、パネル型で片面照射なので、実用的な明るさはルーメン(=全光量)で示されるよりもずっと明るいはずです。

が、、、しかしこの形はジェントスならば「ワークライト」と位置付けているプロダクト。

【→Amazon ジェントス ワークライト ガンツ GZ-303SU】

例えばこのモデルは最大で3200ルーメンの光量を誇ります。

ほとんど工事現場で使えるレベルではないでしょうか。(←いや、実際は知らんけど。。。)

とすると、ロゴスパワーストックランタンの1200ルーメンというのも、特段優れたスペックに思えなくなってきます。。。

2017年3月現在、ロゴスパワーストックランタンが約25000円で(←高っ)、同等光量のジェントスのワークライトが約5000円ですから、相当割高です。

ただしワークライトは暖色を備えているものは皆無なので、この形で暖色で光るタイプを探している場合は、ほとんど唯一無二の製品といえます。

さて、続いてはモバイルバッテリーとしての機能を見てみましょう。

例えばジェントスの新製品。

【→Amazon ジェントス LED ランタン パワーバンク EX-964DL】

これもモバイル機器への給電機能を備えていますが、充電池容量は3000mAhです。

iPhone7のバッテリー容量が1960mAhなので、単純に計算するとiPhone7を1.5回充電できることになります。

対してロゴスパワーストックランタン2000はバッテリー容量は20800mAhです。

20800mAh!?

こ、これは。。。

ジェントスの3000mAhは「モバイルバッテリーとしても使う」なら、容量がだいぶ心許ない。いざという時の備えとしてならアリですが、メインの用途で考えてはいけない性能と思います。

20800mAhなら、寝るまではライトとして使って、就寝時にはスマホの充電を、という使い方に十分に耐えられる大容量ではないでしょうか。

しかも2Aのポートをふたつ備えているので、iPadなどのタブレットの充電も問題ありません。

ジェントスの給電機能はほぼおまけレベルですが、ロゴスはモバイルバッテリーとしても十分なスペックといえます。

とはいえ、今どき20000mAhレベルの大容量モバイルバッテリーも2000~4000円で買えるので、コストパフォーマンス的にどうなの?という疑念はもりもりと湧き上がってくるのですが。。。

他のスペックでは、充電はAC電源からもDC電源からもできたり、防雨・防塵性能を備えていたり、カユいところにしっかり手が届いた製品です。

しかもこれだけの機能を備えながら重量は700gと意外に軽量なのも驚き。

と、いうことで、、、スペックだけ見ると、なんだかすごくいい製品なのですが、、、

なんでしょうね?この全く食指が動かない感じ。

機能は分かったけどさぁ、、、それ欲しい?的な感想に留まってしまいます。

防災用としてはそれなりに優れている気もしますが、、、キャンプ用としてはかなりオススメできる用途・条件が限られてくるような。。。

例えば、縦走登山で山の中に見事な桜の木があって、夜はその桜の下でテントを張って、ロゴスパワーランタンでライトアップして花見を楽しんで、寝ている間にスマホの充電をして、、、という感じならかなりオススメできます。

にしてもお値段25000円。。。うーん。。。

NEWS:これは!?ロゴス版アメニティドーム?

先日は「セマフカ的にほほぅと唸れないニュースリリースはスルー」と僭越なことを申しましたが、、、ロゴスの【neos リビングプラス・PLR XL】は、思わずほほぅと唸りました。

それはこの平面図。
l
むぅ!この形は!

スノーピークのアメニティドームと同じです。これがその平面図。
s
スノーピーク アメニティドームは実はこのような非対称の独特の形をしています。

キャノピーにもなる正面の大きな出入り口と、サイドに小さな出入り口を無駄なく備えるデザインがこのような形を生み出しました。

ロゴスの新製品も動線のデザインコンセプトはアメニティドームと全く同じですネ。サイドの入り口の向き逆にしているところは、なんか、大人の事情を感じさせますが。。。

しかしロゴスのは前室部分が高く作られており、大人の男性でも立って出入りが可能です。
l2
屈まないと出入りができないアメニティドームよりは使い勝手はよい感じです。(その分、耐風性が犠牲になっています)

キャノピーを跳ね上げれば、晴れの日で3人家族ならほぼ問題ない程度のリビングが作れそうですネ。

フロアサイズは270×270cmなので、マットやグランドシートはいろいろなメーカーのものが使えそうです。

パクりか!?と唸ったものの、使い勝手では改良されていて、なかなか悪くない完成度かと思います。(でも、オリジナリティを追求しようとしない姿勢は全く感心できない)

ともあれ、ドームテント+オープンタープというスタイルを目指すなら、一考に値するテントではないでしょうか。

ロゴスのロープライトが到着

ファミリーキャンプでお子さんがロープに引っかからないようにするための工夫はみなさん今まで苦慮されてきたことと思います。

セマフカで自転車のサドルにつけるライトを紹介(これ、意外にいいゾ。張り綱用のLEDライト。)してから約1年。ロゴスさんからとうとう専用品として発売されました。(ロゴスのロープライトがドストライク!

【→Amazon】ロゴス ロープライト(4pcs)

で、購入してみました。

所有している自転車用LEDライトと比べると、、、
20160317_060259_0_s
(左がロゴスロープライト、右が自転車用LEDライト)

おおっ、やはり(少なくとも外側は)全く同じ製品

表のここと、
20160317_060338_0_s

バッテリーパックにロゴが施されています。
20160317_060400_0_s
シールを貼ってあるだけのようですが。。。
l
(ていうか張り方、お粗末だな。。。)

輝度はロゴスの方が明るいでしょうか。
20160317_060513_0_s

ロゴスのオフィシャルページに使用イメージがありますが、使用感としてはほぼこの通りだと思います。
2797_7_s
【→ロゴス ロープライトページを表示する】


ロゴスの大きなロゴが気になる人は、好きなシールを貼るなりすれば、簡単にオリジナルのロープライトが完成すると思います。林檎マークとか、アスタリスクとかいかがでしょうか!

あ、使用レポートは近々必ずアップしますヨ。

【↓ナチュラム、楽天市場へのリンクは以下】


【→楽天市場 ロゴスロープライト一覧】

NEWS:ロゴスがキャンプHOW TOサイトをオープン

近ごろコンテンツに力を入れているロゴスさんが、「FAMILY OUTDOOR まめ知識」と銘打って、キャンプのHOW TOサイトを立ち上げました。

0302
【→ロゴス FAMILY OUTDOOR まめ知識 ページを表示する】


本当に基本的なノウハウが詰まっているので、初心者キャンパーはひととおり読んでみるとよいかもしれませんネ。 

今のところコンテンツは20個程度ですが、これからどんどん増えていく気配です。

ロゴスのロープライトがドストライク!

ロゴスさんから便利なロープライトが発売されました!

【→Amazon】ロゴス(LOGOS) ロープライト(4pcs)

って、コレ、なーんかパクられた気分ですが。。。 

というのもセマフカでは1年前に記事「これ、意外にいいゾ。張り綱用のLEDライト。」で同様の商品を紹介していました。

紹介した商品は本来自転車用のライトなのですが、テント・タープの張り綱用にちょうどいい、ということで記事を書いたわけですが、今回のロゴスさんの製品とこの商品を比べると、、、ほとんど同じ製品。

違うのはLEDの色だけですナー。でも、ロゴスさんのはナチュラルな暖色なので、使い勝手がいいと思います。

ところで自転車用のこの製品

スポーク LED ライト 自転車 サイクル 用 ぶら下げ 式

去年ボクが買った時には1個500円だったのですが、2016年1月現在、色にもよりますが1個100円を切ってます。。。なんというデフレ。。。

ロゴスさんのは4個セットで1600円なので、1個あたりは400円。「500円/個を下回ろう!」という戦略的なプライシングの痕跡を感じますが、、、ここまで元祖品がデフれてしまうと、1個400円がいかにも高く感じてしまいますネ。。。

うーん、でも、ナチュラルなLED色は、魅力だな。。。悩む。。。


【↓ナチュラムさんでも取り扱いがあります】

【↓楽天も掲載しておきます(ナチュラムだけど。。。)】


 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ