先日訪問した昭島のアウトドアヴィレッジで思わず買ったものが、このシャツ。(撮影場所:我が家のせまいベランダ。。。)

IMG_0325
「Sanseisha=(山晴社)」のコットンシャツです。

わたくし恥ずかしながら、知りませんでした。「山晴社」が日本が誇る登山靴ブランド「キャラバン」の前身であることを。

ま、ま、初めて買った登山靴はボクが大学生の時で、その時にすでに「キャラバン」」だったんで、知る由もないっちゃあ、ないんですが。。。

今回のモリパーク アウトドアヴィレッジ訪問は買い物目的ではなく、あくまでこのブログのための取材だったので、モノを物色することなく全てのショップをぐーるぐると回っていました。

で、キャラバンさんも訪問。
20150314_123914_0
そして目に飛び込んできたのが今回のシャツだったんです。

あ、ボク、特にオシャレなわけでは全然なくて、インナーはグンゼかユニクロ。服はもっぱら嫁について行くアウトレットで年に何回か適当に買うという感じです。

ただし、仕事でジャパンメイドの服には何年か携わっていますので、服のクオリティに関してはそれなりに理解があるつもりです。

そんな僕がふと目を留め、足を留め、手に取って、試着して、買っちゃったのがこのシャツです。

生地はコットン100%ですが、いわゆるデニム生地ではなく、わりあいテロンとした生地感です。糸が細いのでしょうか。生地にはかすかな光沢感も感じられます。遠目にデニムシャツに見えながら、ドレスシャツのような優雅さと繊細さがあるシャツです。

デザインはザ・ベーシック。ふだんのファッションで着るよりは、やはりキャンプで着るのに相応しい気がします。

唯一、襟の後ろのデザインがアウトドアの雰囲気を主張していますね。
IMG_0328

ボタンには「Sanseisha」と刻まれています。(く、、、写真では見えん。。。すんません。。。)
IMG_0326
貝ボタン、、、なのかな。美しい光沢が服の上質さを裏打ちしているようですね。

しかしそれにしてもなんにしても、このシャツのうれしいのは「Made in JAPAN」であること。
IMG_0327
あの震災以降、ボクも強烈に「日本」というものを意識するようになりまして。。。モノを買うときは「Made in JAPAN」を優先的に買うようになりました。

日本の誇り、日本の技術、そしてなにより日本の経済力(=豊かさ)を保っていくには、我々消費者が積極的に日本製のモノを買い、日本のメーカーを元気にしていくしかないのだと思っています。

このシャツは品質のよさに加え、日本産であることのうれしさが味わえる、すんごくいい製品だと思います。お値段は1万円(税別)。けっして高くはないです。

あぁ~、早くキャンプに行きたいナ~。