キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

道志の森キャンプ場

道志の森キャンプ場 短信(2017年9月)その1

久しぶりのキャンプでございます。

お盆休みにキャンプに行って以来、荒天や急用で中止になること2回。もうキャンプ欲が抑えきれません。。。土日の天気予報は土曜午前が雨という予報でしたが、出撃することにしました。

我が家は賃貸マンションなので、マンションの前に車を止めてキャンプ道具の積み込みをします。当然屋根はないので、雨の中での積み込みは避けたいところ。

というわけで前夜から降り続く雨が止むのを待って、9時頃にようやく搬出開始、10時に出発です。

土曜日のこんな時間に出かけたら当然なのですが、、、中央道の渋滞にたっぷり巻き込まれ、途中のスーパーで買い出しをして、コンビニで昼食を買い食いし、道志の森キャンプ場到着がなんと14時半。。。

ふだんなら1時間半で着くはずが、買い出し・昼食を挟んだとはいえ、4時間半の道のり。。。ツラい。。。

こうしてたどり着いた道志の森キャンプ場が、な、な、なんと!激混み!

ふだんは2組くらいしか入っていない車が入れないゾーンもテントがぎっしり。
20170923-162343-0

当然、人気のプール周りもぎっしりです。
20170923-162523-0

プールの奥のゾーンもこの密度。。。
20170923-162755-0

広大な道志の森を往復して空いているサイトを探しましたが、、、どこにも入り込めず。。。

仕方がない。。。こんな時はあそこです。

知られざる、高台ゾーン。
20170923-163116-0
広大な広場におよそ10組ほどがテントを張っていました。

GW以外ならたいてい空いているこの高台ゾーン。欠点はサニタリー設備が貧弱なコト。仮設のシンクとトイレがわずかにあるだけです。

また道志の森キャンプ場といえば、川沿いの林の中の野趣あふれるサイトでのキャンプが醍醐味。このような広場では道志の森キャンプ場に来た甲斐がありません。。。

とはいえ、背に腹は代えられず。。。ま、川がなくても、焚き火ができればいいんです。焚き火さえできれば。。。

というわけで設営完了。
20170923-163435-0
幕はアメドSとヘキサMです。

晩春~初秋の1泊キャンプならアメドSが我が家の定番。スカートがないので暑い夜でも通気性が抜群で快適だし、小さいので雨撤収の時も家で乾かすのが簡単だし、なにかと取り回しがよいです。

また今回は土曜昼からは雨の心配がなさそうなので、タープは小型のヘキサMというチョイス。要するに夜露を避けるだけの役割です。

それにしても、どんなに混んでいても、このミニマム装備ならどこかしら紛れ込めると思っていたのが、初の高台デビューです。

先週の3連休が台風に重なって、みなさんキャンプがキャンセルになったのと、今週土曜が秋分の日と重なって、ふだん土曜休みじゃない人も2連休になったことなどが要因かもしれません。

GWか!っとツッコミをいれるほどの混み方です。

ま、さておき、今回はもうすぐ10月ということで、ハロウィンを意識したリビングに仕立てました。
20170923-163354-0
滅多に持ってこないウッドラックにお飾り。(←こなれてない感が半端ない。。。普段の非オシャレ度がバレる。。。)

一番上の段の3つはうちの会社でやっている店のひとつ「ガーデン用品屋さん」で売っているアイテム。
20170923-163415-0
オフィスに保管してあったサンプルを「週末だけ貸して」と、くすねてきました。

ま、品揃えはたいしたことはありませんが、、、よろしければ覗いてみてくださいw
pg
【→楽天市場 ガーデン用品屋さん ハロウィン特集】

ちなみに夜はこんな感じ。
20170923-193351-0

ガーランドもタープのメインポールを中心に展開。
20170923-163444-0 (1)

このフェルトのガーランドはネコがラブリー♪
20170923-163512-0


黒猫なので、夜は完全に闇夜に溶け込んでしまいますが。。。
20170923-204915-0

というところで続きはまた明日。

【→その2はコチラ】

道志の森キャンプ場 写真集(2017年5月)

2017年GWの道志の森キャンプ場の写真集です。

車が入れない川向こうのサイトはプライベート感満載。
20170506-091907-0
20170506-091957-0

GWはまだ池に水が張られていないけれど、子供たちの絶好の遊び場所。
20170506-092131-0

炊事・トイレ棟の近く、かつ川のほとりの一等地。
20170506-092544-0

川と広葉樹の明るい林が道志の森の特徴。
20170506-092700-0

一本桜がキャンパーを見守る。
20170506-093101-0

道志の森は、やっぱり川沿いがいい。
20170506-094209-0
20170506-094656-0
20170506-101407-0
20170506-101453-0
20170506-110404-0
20170506-110429-0

これは我がサイト。5月の道志の森はほんとうに美しく、キャンプにはもってこい季節。
20170506-120452-0

おわり

道志の森キャンプ場 短信その1 (2017年5月)

今年のGW(ゴールデンウィーク)はカレンダー通りに休むと5/3-7の5連休でした。

ワタクシ、5/3-5でボスコオートキャンプベースでデュオキャンプ。5/5-6で道志の森キャンプ場でソロキャンプ。まさにキャンプ漬けのGWでしたw

というわけで5/6の朝。今回の車は日産ジューク(カレコカーシェアリング)です。
20170506-072013-0
ソロなのに、ジュークの後部座席を倒した荷室はパンパンです。

デュオだとクーラーはスチベル(コールマン スチールベルトクーラー)とシアトルスポーツのソフトクーラー40qtの2個体制ですが、ソロだとシアトルスポーツのみ。

ジュークでキャンプに行くのは初めてですが、我が家の場合はジュークではデュオキャンプはちょっと厳しめのようです。(←だいたいが荷物多過ぎ)

今回の日程で普通にキャンプするだけなら、道志の森キャンプ場へは11時頃の到着がベストだと思います。この日は5連休の4日目。たいていは連休最終日は家でゆっくりしたいものなので、4日目の昼前にはほとんどのキャンパーが撤収していると見込んでいるからです。

ただし今回は3日目の混み具合を見たくて早朝から出撃ですw(←皆様の撤収前に到着すれば、前日の混み具合が分かる)

というわけで9時には道志の森キャンプ場に到着。

管理棟より下流側のメインストリートはけっこう混んでますね。
20170506-095532-0

池の周りはところどころ歯抜け状態。
20170506-092131-0

車が入れない橋の向こうは数張りとまずまずの混み方。
20170506-091907-0

管理棟斜め向かいの川沿いもまずまずの人口密度です。
20170506-094209-0

という感じで激込みというわけでもなく、一等地サイトだけ見ると入居率80%くらいのノリ。

今年のGWキャンプのおススメは初日からの2泊3日(5/3-5)ではなく、3日目からの2泊3日(5/5-7)がいいのではないかと思いましたが、まさしくそんな感じで間違いなかったようです。

山の上の広場は10組程度と広々使っているようでした。
20170506-092903-0

また池からさらにさらに奥の方はまるっきりのガラガラで、静かに過ごしたいキャンパーがたまにいらっしゃる程度。
20170506-093420-0

道志の森キャンプ場に到着してしばらくは、このように散策して過ごしていましたが、10時台になると撤収作業しているサイトの中から、今夜の寝床の品定めですw

池の近くの川沿いサイトで撤収中の方がいたので、声をかけさせていただき、超一等地をゲット。
20170506-120536-0
今回のセッティングはスノーピーク アメドS(アメニティドームS)とスノーピーク ポンタ(ライトタープ ポンタ シールド)の組み合わせ。

アメドSはいい幕なんですが、、、色がタープと合ってないのが玉に瑕。。。(アメニティドームシリーズは「エントリーモデル」を示す明るいカラーリングに対し、タープのほとんどは「スタンダードモデル」以上なので、色が濃い)

かといってスタンダードモデルのテントであるランドブリーズはスカート(マッドガード)付きなので、なーんか夏には使いたくないし(寒い季節はどうせシェルターに薪ストインだし)、FALは山岳モデルなので専用テントマットの設定がないし、、、うーん、悩ましい。


ともあれ、道志の森に乾杯です。
20170506-120325-0

うん。新緑に日産ジュークのイエローが映えますナ。
20170506-120525-0

大きな楓の木の下にタープは張ったので、木漏れ日の模様がタープに浮き上がります。
20170506-120846-0
昼12時頃の気温は23.5℃。直射日光は暑いものの、木陰とタープで日差しを2重でさえぎり、タープ下は実に心地よい空間。

あぁ、至福の時。

というわけで続きはまた次回。

【→続き その2はコチラ】

道志の森キャンプ場 写真集 (2016年10月)

今日は先日ソロキャンプを楽しんだ道志の森キャンプ場の風景をどぞ。
20161022_163032_0
20161022_163119_0
20161022_163135_0
20161023_061914_0
20161023_062140_0
20161023_062359_0
まだまだ緑の樹々の中に、ちらほらと黄や赤に染まった葉もあり、秋の深まりを予感させます。

名物のプールの周りは濃い赤に色づいた樹が多いですネ。
20161023_063040_0
20161023_063051_0
20161023_063108_0
20161023_063117_0

逆さ富士ならぬ、逆さアスガルドw
20161023_063219_0

サニタリー棟の上は、良い雲です。
20161023_063144_0

山の上の広場は静かに過ごしたいキャンパーの絶好のオアシス。
20161023_063909_0
20161023_063943_0

相変わらずバイクのキャンパーも多いです。
20161023_065526_0
20161023_063732_0
20161023_065636_0
今のところバイクには興味がありませんが、こういうミニマムなキャンプはちょっとグッときます。

フィールドキャンディのテント&タープは女性ライダーでしょうか?
20161023_065621_0

タープを撤収した後で見上げる樹々は緑から黄のグラデーションが美しい。
20161023_085458_0
20161023_085506_0

稲刈り前の黄金色の稲穂を前景に、はざかけの稲と色づき始めた森。いい風景です。
20161023_102200_0

道志の森キャンプ場と道志村、ほんっといいところですナー。

道志の森キャンプ場 短信 (2016年10月) その3

起きたのは6時。ジジイ体質のワタクシとしては遅い時刻です。
20161023_061759_0

派手に燃やした焚き火台には、盛大な灰が。。。
20161023_061719_0
ピカピカだった表面が、赤く焼けてよい感じになりました。

革製品や木製家具と同様、焚火台もこうした「エイジング」が楽しめるギアかと。

スノーピーク ポンタの上には落ち葉がチラホラ。
20161023_061735_0
あぁ、秋ですナ~。

空には月が。
20161023_062114_0

鉈で割ったようなハーフムーンです。
20161023_062059_0

朝の散策を終え、
20161023_064954_0

今日の朝ごはんは、、、ランチパック!(←朝ごはんなのに)(←しかも半額)
20161023_072255_0

これをコールマン ホットサンドイッチクッカーに乗せて、
20161023_072341_0

焼きます。
20161023_072417_0

はれ?
20161023_072659_0
パンの厚みが足りないために、焼き目が綺麗につかない。。。

ま、中の具材は温まって美味かったですが。。。

次は2枚まとめてイン。
20161023_072820_0

ふむ。焼き目はそれなりにつきましたが、
20161023_073405_0
ピーナツソースがはみでて端っこがぐちゅぐちゅです。。。

一口かじると、ピーナツソースがとろ~りとはみ出して、ウマーーーーーー!
20161023_074304_0

っつか手がめっさ汚れる。。。
20161023_074348_0

ちなみに今朝の最低気温は10.0℃。
20161023_085056_0
紅葉は最低気温が1ケタになると色づきが進むと言われます。道志の森はこれからぐんぐん紅葉が進んでいくのでしょうネ。

朝10時に撤収。
20161023_101116_0
すでに気温は15℃ですが、、、汗だくです。。。(ひとりだと撤収作業量が倍)

道志村は稲刈りが済んだ田んぼも多く、これは自家消費米でしょうか、はざかけの風景がちらほら見られます。
20161023_102014_0
車を停めて写真を撮っていたところ、地元の農家さんらしき方がいたので、お話しを伺ったのですが、、、

ワタクシのヒアリング能力が至らず、、、ほとんど何を言っているかわかりませんでした。。。

以上、セマフカのホームグラウンド道志の森キャンプ場でのソロキャンプでした。

【登場のギアはコチラ】




 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ