キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

青野原オートキャンプ場

青野原オートキャンプ場 レビュー(2016年3月)

セマフカとして2年ぶりに訪れた青野原オートキャンプ場。

2年前のレビュー記事はコチラ(青野原オートキャンプ場レビュー(2014年3月)) をご覧ください。

で、今年はというと、、、ほとんど何も変わってませんでした!

終わり!

というのもアレなんで、変わったところを紹介すると、、、

こんな看板が出来ていました。
20160327_061533_0
A~Fまでゾーン分けされています。

ま、、、サイト指定で予約ができるわけでも、値段が変わるわけでもないんですが、、、ネ。

それと、HPがリニューアルしていますね。
a
【→青野原オートキャンプ場 オフィシャルページを表示する】


ま、、、こちらも特段アカ抜けたわけでも詳しくなったわけでもないようで。。。

うん。いろいろな意味で青野原オートキャンプ場は相変わらず。とてもいいキャンプ場ですヨ。

ということで今回は春の青野原オートキャンプ場の様子をちらっと紹介して終わりましょうw

20160327_061304_0
20160327_073150_0
河津桜が満開だったらピンクの帯ができるのですが。。。

青野原オートキャンプ場は毎年3月中旬~下旬にかけて河津桜が楽しめるので、開花状況などは直接キャンプ場に問い合わせてみるといいでしょう。

以上、いつも通りの青野原オートキャンプ場でした。

青野原オートキャンプ場でお花見キャンプ

道志みちの青野原オートキャンプ場は、春には河津桜とソメイヨシノが時間差で楽しめる稀有なキャンプ場です。

毎年3月中旬~下旬にかけてが河津桜、4月上旬にはソメイヨシノが見ごろを迎えます。

2014年には4月に訪問してソメイヨシノのお花見キャンプを楽しみました(青野原オートキャンプ場でお花見キャンプの巻)が 、今年は河津桜を狙っての訪問。

事前にキャンプ場に問い合わせたら「今年は開花が早かったでしょ。それでこないだの雨でけっこう散っちゃったのよ。手前はもうダメね。奥の方はまだ残ってるわ。」とのことで、わりと意気消沈しながらの出発でした。

結果、青野原オートキャンプ場はこんな感じ。
20160327_061304_0
うーむ、見事に葉桜です。

しかしよぉく寄って見れば花と派のハーフアンドハーフ。5分葉桜といった趣デス。
20160326_091529_0

咲いている桜はちゃんと美しい。
20160326_092347_0

たくさんのメジロが鳴いていましたヨ。
20160326_092519_0

テント設営後にナラの薪を求めて久保の吊り橋の売店へ。車で20分ちょっとです。

ソメイヨシノの頃にはタラの芽も売っているのですが、今日はフキノトウのみ。山菜はあきらめて、薪×4束のみをゲットして、帰りは寄り道して青根のいやしの湯でひとっ風呂。

ちなみに久保の吊り橋あたりからの風景はこう。
20160326_101903_0
なんと雪を被っています。下界ではお花見だというのに、、、自然のダイナミックさを感じますナー。(このあたりの山の標高は1500m前後です)

今回はデイ組3人・宿泊4人のグループキャンプ。昼は簡単にBBQです。
20160326_134709_0

友人の愛犬フレブルのハナちゃんは初キャンプ。
20160326_134634_0
ランタンスタンドをペグダウンして、リードをつなぎました。

夜の風景はハイアマチュアのフォトグラファーである友人が綺麗な写真を撮ってくれました。
12524394_1019461254786016_3718436386966858494_n
12524239_1019461224786019_4019096182048713963_n
12592511_1019470018118473_9172701130948016896_n

で、ボクが撮った写真は、、、そりゃあ、酔っぱらって寝ちゃいましたヨ。(とほほ)

気温は朝までかけて3℃くらいまで冷え込み、この時期にしては寒い夜となりました。

このようにお花見キャンプは下手をすると氷点下近くまで気温が下がることがありますので、くれぐれも防寒対策は万全でお願いします!

ところでここ青野原オートキャンプ場はネコがいます。夕方や早朝などはテントの近くまで寄ってきます。

朝は車の下に白茶トラのコが。毛艶がいいですネ。。。けっこういいご飯もらっているんだろうなぁ。。。
20160327_061218_0

場内を散策するとここにも。
20160327_061337_0
模様が似ているので兄弟でしょうか。

夜はごみ袋や食料を荒らされる可能性があるので、厳重に口を縛っておきましょう!

以上、青野原オートキャンプ場の河津桜お花見キャンプでした!再来週はいよいよソメイヨシノのお花見キャンプに繰り出します!

青野原オートキャンプ場のGW(ゴールデンウィーク)

道志みちのキャンプ場といえば忘れちゃあいけないのが青野原オートキャンプ場。

MAX500台収容するという、道志みちきっての大容量を誇る青野原オートキャンプ場のGW(ゴールデンウィーク)の様子を紹介します。

訪問したのは5月4日の午前中。今年のGW(ゴールデンウィーク)後半4連休の2日目ですね。連休の中ではもっとも混んでいる時ではないでしょうか。

場内に一歩足を踏み入れるとこの有り様。入口付近に車があふれていますね。
20140504_111354_0

そして場内はこんな感じ。
20140504_111542_0
20140504_111633_0
20140504_111753_0
20140504_112010_0
テント・テント・テントです。ものすごいことになっています。

ふだんは完全フリーサイトですが、GW(ゴールデンウィーク)やお盆に限ってはこのように白線を引いて秩序を保つ工夫をしているそうです。
20140504_111643_0
20140504_112339_0

あまりの混みっぷりに紹介を忘れてしまいそうになりますが、鯉のぼりが壮観です。
20140504_112648_0

今年もMAXの500台が入場したそうで、普段の週末は管理棟に1~3人のスタッフの方がいらっしゃるところを、この日は6~7人はいらっしゃったのではないでしょうか。

いやはや、たいへんな騒ぎです。

やはりGW(ゴールデンウィーク)は区画サイトに早め早めに予約を入れて、ゆったりとキャンプを楽しみたいものですね。。。

以上、GW(ゴールデンウィーク)の青野原オートキャンプ場レビューでした。


青野原オートキャンプ場でお花見キャンプの巻

2014/04/12(土)-13(日)で青野原オートキャンプ場にお花見キャンプに行ってきました。

道志みちは春爛漫の風情で、車から降りなくても十分お花見ドライブが楽しめました。この辺りに春に来たのは初めてだったのですが、桜の咲く頃の定番にしてもいいくらいの、本当に良いところでした。

都心からちょうど1週間~10日間遅れで桜が満開になる感じだと思うので、4月の第1週は都内でお花見。第2週は道志みちでお花見キャンプというのがベストスケジュールではないでしょうか。

さて、2日間ともよく晴れ、風も穏やかで、キャンプにはもってこいの天気。
青野原キャンプ場は河津桜がほぼほぼ終わって葉桜となり、ソメイヨシノ(かどうかはわかりませんが)がちょうど満開~満開過ぎでした。

我が家のサイトはこんな感じ。河原に近い場所で、満開を少し過ぎた桜の下にテントを張りました。桜を楽しめるように、あえてタープを張らずにオープンリビングにしました。
IMG_9633

河原から見た青野原オートキャンプ場はこんな感じ。ちなみに河原が広く、「川沿い」といっても川までは少し距離があります。水を間近に感じられるわけではありません。ただ、視界は開けているのが気持ちいいです。
IMG_9628
川から、ソメイヨシノ(たぶん)・河津桜・車が通れるメイン通路という順に並んでいるので、メイン通路から川沿いのサイトを見ると、葉桜が中心に見えます。3月は河津桜でお花見キャンプも楽しめると思います。これは来年ぜひレポートしたいところです。
IMG_9514

場内全般としてはソメイヨシノ(たぶん)と河津桜が混在していて、3月~4月中旬にかけて長くお花見キャンプが楽しめると思います。
IMG_9620

キャンプ場入口あたりから撮るとこんな感じ。ソメイヨシノだけが密集している人気ゾーンですね。我々がキャンプ場に到着したのは土曜日の午前9時半くらいでしたが、すでに20~30組くらいのキャンパーがテントを張っていて、すでにこのゾーンは車とテントで隙間なく埋まっていました。
IMG_9596

山側のゾーンもソメイヨシノ(たぶん)が立ち並び、川沿いにこだわらないのであれば、こちらもお花見キャンプに最高です。川沿いは砂敷きですが、こちらは芝生になっています。
IMG_9586

夜はジェントスSOL-036Cをランタンスタンドに上向きにくくりつけて桜をライトアップして、夜桜を楽しみましたが、残念ながら写真はありません。やはりお酒を飲んでしまうと、写真を撮るのが面倒に、、、いや、スミマセン。もっと頑張りマス。。。

朝も桜の下でまったり。風が吹く度に桜吹雪が舞って最高のお花見キャンプでした。
IMG_9664

青野原オートキャンプ場は桜が満開!というだけでなく、トイレ・炊事場の清潔感も申し分なく、とても良いキャンプになりました。またぜひ来年も来たいと思います!


青野原オートキャンプ場のお花見キャンプ直前のレビューはコチラ

青野原オートキャンプ場レビュー(2014年3月)

お花見キャンプがしたい!

という動機に駆られて出かけた道志みちへのキャンプ場レビュー旅のまとめはコチラ

本稿は青野原オートキャンプ場のお花見シーズン直前レビューです。

【青野原オートキャンプ場レビュー(2014年3月)】

このキャンプ場は予約なしで利用できるフリーサイトです。
入口の管理棟で入場時に支払うか、時間外(夜から早朝にかけて)に入場した場合には8時くらいから管理人の方が場内に集金に回るシステムです。

管理棟に近いトイレ、シャワー室はこんな感じ。。
2014_0315_124018_0_s











コカ・コーラとペプシの自販機に加え、なんとアイスの自販機もあります。夜中にアイスが食べたくなった時に嬉しいですね。コカ・コーラとペプシの距離の置き方が、なんか意味深ですね。仲でも悪いんでしょうかねw

左側がトイレになっています。
2014_0315_124107_0_s






 





男性小用。清潔が保たれていますね。
2014_0315_124116_0_s












個室はこんな感じ。
2014_0315_124122_0_s
 
















洋式がひとつと、あとは和式でした。ウォシュレットではない普通の水洗です。清潔感はあります。

サイト入り口。
2014_0315_124242_0_s











写真に写っている場内のほとんどの木が桜です。

桜・桜・桜です!
(まだ咲いてないので、説得力ないですね。。。)

桜の木に囲まれてキャンプをされている方もいました。桜の花が咲いている頃なら最高のシチュエーションだと思います。(無断で撮ってしまいました。ごめんなさい!)
2014_0315_124443_0_s












キャンプ場内のトイレはこんな感じ。キャンプ場にはよくある仮設トイレを利用したタイプ。
2014_0315_124654_0_s












中はこんな感じ。場所により和式・洋式があります。女性用では一部ウォシュレットがあるとのことですが、基本は普通の水洗です。清潔に保たれていますね。
2014_0315_124707_0_s









 








場内の炊事場はこんな感じ。写真には写っていませんが、飲み物の自販機が併設されています。
2014_0315_125200_0_s
 










シンクはステンレスで、清潔感があります。給湯設備はありません。
2014_0315_124931_0_s












場内は砂敷きの場所と芝生の場所があります。全体的に開けていて、開放感があります。桜は川沿いの砂敷きのサイトがメインですが、山側の芝生サイトにも桜の木はけっこうあります。
2014_0315_125010_0_s













2014_0315_125408_0_s

 












【青野原オートキャンプ場まとめ】

【サイト】
山に囲まれた川沿いに細長く伸びるサイトです。開放的で、目に入る範囲に人工物が少ないです。砂敷きと芝生敷の場所があり、川沿いが砂敷き。山側が芝生敷です。芝生といっても丁寧に手入れされているわけではないので、凸凹があります。すべてフリーサイトになっています。

【トイレ】
基本は洋式(一部和式)・水洗です。女性用が一部ウォシュレットになっているようです。設備は新しくはないものの、清潔に保たれています。

【炊事場】
管理等近くに大きな炊事場があり、こちらはシンクはコンクリート。場内はこじんまりした炊事場があり、シンクはステンレスです。どちらも給湯設備はありません。サイトの広さに比べて炊事場は少なめです。

【総評】
設備はいたって普通ですが、お花見キャンプをするには最高のキャンプ場ではないでしょうか。僕もぜひお花見キャンプに行きたいキャンプ場です。


【おまけ】
今回はオススメするモノがないので、最近購入した中でヒットをおひとつ。
手のひらサイズのフィギュアですが、ずっしり重量感にハートを射抜かれること間違いなし。我が家では出雲大社の木札を仁王像よろしく守っています♪


記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ