キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

3ルームテント

NEWS:3ルームテントの新選択 キャプテンスタッグのお手頃テント

我が家はキャンプ初心者の友人を招いてのグループキャンプが多いので、テント等の装備がたくさんあります。

そんな中で、夫婦・カップル毎にテントを割り当てたい場合、サイトのルールで「1サイト1テントに限る」という時に活躍するのが3ルームテントです。

今所有のはこれ。
tent001_s
キャンパーズコレクションで、実売2万円台前半と購入しやすい価格です。

しかしこれ、ファスナーが壊れてしまったりと、安価なだけに耐久性がありません。定期的な買い替えが必要なテントです。すでに生産終了品で在庫限りなので、いつ買えなくなるかという懸念があります。

それに、どのみちリビングは別に作るので、無駄にデカいという難点もあります。

ま、グループキャンプでの多寝室対応はスノーピークの大型シェルターにインナーを複数仕込むというやり方もありますが、いかんせん予算が厳しい。。。

という地味ぃ~な悩みを抱えていたところに、これ発見。


【→Amazon】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS 3ルームドームテントUV 4人用 キャリーバッグ付 UA-15

これ、3~4人用ドームテント的なコンパクトな図体ながら寝室を2室備える、れっきとした3ルームテントです。
_SL1500__s
インナーのボトムサイズは230×140なので、2人用の寝室としては(寝るだけなら)十分な大きさ。

リビングをできるだけ広く取ってテントは寝るだけにすれば、ゲスト2組4名がコンパクトに収まります。

これは、いい!

しかし、キャンパーズコレクションの3ルームもまだ使えるっちゃあ、使えるし、、、

うーん、悩むっ!

3ルームテントの話

今年もキャンプの季節がやって来る。
4月は花見キャンプだ。今から気分は高まる。
しかしあと一カ月の間、特にやることもないので、去年買ったギアについて紹介していきたいと思います。

2013年のヒットはなんといってもキャンパーズコレクションの3ルームテント。

夫婦ふたりのキャンプではスノーピークのアメニティドームSを使っています。



これはさすがに大人2人がいいところ。友達も誘って2組でキャンプとなると、もっと大型のテントがふさわしい。とはいえそこはいい大人の友人同士。寝る場所はふたつに分けたいところです。

しかし多くのキャンプサイトは【1サイト1テント】が原則。テント数の縛りがなくとも、狭い首都圏のオートサイトでは2テント+1タープはとてもとても無理。

そこで探したのが3ルームテント。寝室2部屋なら「2ルーム」かと思いきや、一般的に2ルームと言えば「寝室+前室」のことなので、「2寝室+前室」で「3ルーム」なんですね。

ところがほとんど3ルームの製品はありません。僕が買ったキャンパーズコレクションのほかには、ケシュアの製品があるだけです。



今回はまあ、とにかく安いのでいいや、ということでキャンパーズコレクションの製品にしました。
新しいカテゴリの製品を最初に買う時には安い製品を買っておいて、「このカテゴリの製品は使えるな」という確信が生まれたら、長く使える良い製品を買う、というのがいいと思います。

さて使っての感想ですが、けっこう重いです。15.5kgあります。といっても、ファミリーキャンプでは最もポピュラーと思われるコールマンのタフワイドドーム300EXIIIが約13kgですから、まあテントの中では中級クラスでしょうか。女性がひとりで持つにはちと辛いものがあるでしょう。

設営は約30分ほどでしょうか。
まずはフライを6本のポールで立て、左右にインナーを吊下げる方式です。ポールは3種×2本で、一見どのポールをどこに刺すか迷うところですが、ポールを通すスリーブにポールと同じ色の生地が縫い付けられているので、2回目からは説明書不要で立てられます。さすがに大きいので1名ではツラいでしょう。大人2名が適正です。

インナーは入り口側(内側)と窓側(外側)にメッシュがほどこされており、夏場でも通気性は良いです。どちらのメッシュパネルもファスナーで通常の生地を閉めれらるようになっており、寒い時期でも使用できます。

インナーはひとつにつき大人2名+子供1名程度でいっぱいでしょうか。寝るだけのスペースですが、高さがあるので圧迫感は感じません。
荷物は中央の前室に置くこともできるので、インナーは寝室としてめいっぱいに使えます。

去年3~4回使いましたが、生地の破れ・ほつれやポールの傷み・曲がりもなく、耐久性としては合格点でしょうか。

2回ほどは大雨に見舞われましたが、雨漏り・浸水もなく、耐水性も十分です。

欠点は専用のテントマットとグランドシートがないことでしょうか。
テントマットは一般的な銀マットをサイズが合うように加工し、グランドシートは大判のブルーシートをやはり大きさが合うように切ったものを使っています。

製品に付属しているグランドシートは中央の前室部分しかカバーしないので、グランドシートの本来の用途である「テント底面を保護する」役割を果たしません。これはこれで普通にレジャーシートして使えますが。

今までの使用パターンは、
我々夫婦+友達(女性)2名
男性2名(僕と会社の同僚)+女性2名(嫁と会社の同僚)
男性2名・男の子1名+女性2名・女の子1名→(夫婦2組と甥っ子姪っ子)
という感じです。
それぞれの寝室が分かれているので、着替えなどプライバシーがしっかり保てるのがいいところです。

総じて、テント1張りで2組が気兼ねなくゆっくり休めるというニーズであれば、ぴったりの製品です。機能性や耐久性も特に難点がなく、どなたにもおススメできる製品と思います。おそらくすでに生産終了しているので、在庫品だけだと思います。ご購入をお考えの方はお早めに☆

記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ