キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 現在多忙につき、不定期更新中です。

EX-1000C

ジェントスランタン早わかり表 2015年版

アウトドア用LEDランタンで圧倒的なシェアを誇っているジェントスのLEDランタン性能早見表2015年版を作りました。

ジェントス2015
※クリックすると拡大します
※「重さ」は電池込みの重さです

2015年の注目はエース格のEX-1000C。明るさは1000ルーメンの大台に乗りました。光色も3種の切り替えができて、かつ無段階調光機能付きと、パワフルかつ小回りの利くLEDランタンに仕上がっています。

早見表2015年版は「最大明るさ」の項目を光色ごとに分けて掲載しました。

ちなみにジェントスさんのホームページでは「白色→昼白色→暖色」と表記されており、白色より昼白色のほうがなんとなく黄味がかってるイメージですが、「白色」は白色LED・暖色LEDの両点灯、「昼白色」は白色LEDのみ点灯、「暖色」は暖色LEDのみ点灯です。よって「昼白色」の方が青白い光です。

また、光色が切り替えできるタイプは白色LEDのみ点灯時の光色を「昼光色」としていますが、白色LEDのみ搭載しているランタンの光色は「白色」としています。

英語の表記は「Natural White→Cool White→Warm White」となっているので、こちらの表記の方が直感的にわかりやすく、また表記の揺れもないことから、早見表では光色を英語で表記しています。Naturalは黄味がかった白色、Coolは青みがかった白色、Warmは黄色の電球色です。

価格は2015/05/28時点のAmazonの価格です。「価格下落率」は2014年の調査時からの変動を示しています。どのモデルもおおよそ10%程度価格が下がっていますが、生産終了品はプレミアがついて逆に値上がりしています。

また逆さにして吊下げが可能かどうかも調べましたが、最新のEX-1000Cを除いて全て可能でした。

じぃ〜っくり表を見て、あなたのキャンプに最適なランタンを選んでください!

最新価格は下記のリンクからご確認ください。
【→Amazon ジェントスLEDランタン 一覧】 

ジェントスEX-1000Cのフィールドテストぉ!

今年のジェントスさんの新作LEDランタンEX-1000Cは、その名の通り1000ルーメンの驚異的な明るさを誇ります。

部屋でのテストの結果はこちらの記事(ジェントス EX-1000C レビュー第2弾)でお伝えしましたが、先日のお花見キャンプでフィールドデビューも果たしましたので速報いたします。(っつか全然速報じゃないですが。。。)

ジャーン。
IMG_0728
え?どれがEX-1000C ?と心の中で突っ込んだアナタ。ありがとうございます。

左から、
SOL-036C 昼白色モード
EX-1000C 暖色モード
EX-757MS (暖色)
SOL-036C 暖色モード
です。

雨でけぶってなんかもやっぽくなってますが、あまり気にせずに。。。

左奥のSOL-036Cは桜のライトアップのためにけっこう奥に置いてありますので、明るさの判断としては無視してください。

リビングにジェントスのLEDライトを3灯用いており、内訳としては、メインがリビング前方EX-1000C、サブがリビング後方SOL-036C、BBQグリルの直上にEX-757MSという構成です。

まー明るいのなんの!

後日嫁が「キャンプって、あんな明るさ、必要?」とぼやいていたほどの明るさです。(←な、なんかネガティブ。。。)

しかし、ついこないだまで「LEDランタンは、ガソリンランタンに比べたら、暗すぎてクソ」ってくらいにけちょんけちょんに言われていたのが、少なくとも大型ガスランタンに匹敵するくらいには明るくなりましたヨ。

とにかく、EX-1000Cはソロ・デュオキャンプでは完全に持て余す明るさですネ。ファミリーキャンプ・グループキャンプならばっちりメインを張れる頼もしいやつだと思います。

【↓いちおうAmazonへのリンクを掲載しておきます】
左からEX-1000C、SOL-036C、EX-757MSです。

ジェントス EX-1000C レビュー第2弾

ジェントスの2015年新作ランタン「EX-1000C」

前回の記事では大きさこそ比較したものの、電池のストック切れで肝心の明るさ比較ができませんでした。

で、コンビニにダッシュしてきまして、比較撮影。

今回の比較対象は同じジェントスのSOL-036C

_SL1000__s

単三電池が使えるので、我が家では常にエネループを使っています。 明るさは最大で380ルーメン。暖色モードで160ルーメンです。我が家では2個所有していて、デュオなら1灯、グループキャンプなら2灯用いてメインランタンとしています。

ところでジェントス エクスプローラーシリーズの仕様なのですが、多くの機種でHP等ではボタンを押すたびに「白色>昼白色>暖色>キャンドルモード」と表記されており、スペックも「白色」が最大光量のモードと表記されている個所がありますが、実機を扱う限り、

昼白色>白色>暖色>キャンドル

の順で、

最大光量モードは「昼白色」

だと思います。

これはたった今気づいたことで、ジェントスさんにも確認を取っていないのでなんですが。。。(今度確認しておきます)

さて、前置きがすっかり長くなりました。

まずはSOL-036Cの昼白色モード。380lm。
IMG_4503
明るいです。デュオキャンプのみならず、少人数のファミリーキャンプなら十分にメインランタンを張れる明るさです。

さあ、ついに登場。EX-1000Cの昼白色モード。1000lm。
IMG_4509
な、、、

こ、これがジェントスの新型ランタンの威力なのか!

っつか、目が眩んで、しばらくカメラの操作ができないではないか。。。

いや、まじ、驚きました。1000ルーメンの明るさがこれほどとは。はっきり言って次元を超えています。

380ルーメンVS1000ルーメンは確かに3倍の違いがありました。

続いて各モードを比較していきましょう。

上がSOL-036C、下がEX-1000Cです。明るさをルーメン(lm)で併記しました。

ちなみにカメラのパラメータは以下です。
ISO:800 SS:1/4 F値:8.0 WB:太陽光

白色 SOL-036C 230lm 540lm
IMG_4504
白色 EX-1000C 540lm
IMG_4510

暖色 SOL-036C 160lm
IMG_4505
暖色 EX-1000C 400lm
IMG_4511

ちなみに上・SOL-036Cの昼白色モード(380lm)と下・EX-1000Cの暖色モード(400lm)を並べてみます。
IMG_4503
IMG_4511
なるほど確かにEX-1000Cの方が若干明るい。この明るさで暖色モードが使えるのは、本当にありがたいですね。

メインスイッチは「押しボタン」と「ダイヤル」兼用になっていて、一回押すごとに「昼白色>白色>暖色>キャンドルモード」と切り替わります。好みのモードにしたら、ダイヤルを回すことで明るさが無段階に調整できます。従来機種より、使い勝手がよくなっていると思います。

また、ジェントスのランタンといえば伝統的に電池蓋が閉めにくいので有名。しかし2014年モデルから改良が進み、今回のEX-1000Cはこんな感じ。
IMG_4517
IMG_4518
噛み合わせの溝や「→」マークはいっさいなく、四角の部分を噛み合わせて中央のネジで締める仕様です。ま、ぱっと見ではわかりにくいですが、取り扱いは容易です。

これまでのジェントス製品は「ちゃんと噛み合わせないとフタが閉まらない」感じでしたが、EX-1000Cは「テキトーにやってちゃんと電池蓋が閉まる」感じです。これは進化だと思います。

ん?

待て待て待て待て。

IMG_4517
フックがない。。。。。

なんと逆さに吊り下げるためのフックが付いていません。電池蓋の仕様があだとなったようです。

我が家は常にシェードを外して逆さに吊るすスタイルなので、これはイカンです。なにか工作を施さねば。。。

さて、以上検討してきましたが、EX-1000Cは本当に異次元の明るさでした。単一電池仕様なのでエネループが使えないことと、実用点灯時間が短く非経済的であること、底面吊り下げフックがないこと、の3点が欠点になりますが、「異次元の明るさ」というメリットとどう判断するかは、各人分かれるかと思います。

次回は実際のキャンプでフィールドレビューをする予定です。(時期未定)



最新価格の確認は下記からどうぞ。

【Amazon】

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ1000ルーメン/実用点灯5.5時間】 EX-1000C

【ナチュラム】

【楽天市場】
【楽天市場 EX-1000C 検索結果一覧】

ジェントス EX-1000C レビュー第1弾

と、いうわけでジェントス(GENTOS)の2015年新作ランタン「EX-1000C」がやってきました。
 IMG_4475
(早朝の外光と部屋の白熱球の交じった光源での撮影につき、色味がやや気味悪いですが、ご容赦)

これだけでは大きさの実感が分からないので、早速、比較してみます。 

缶ビールレギュラー缶と比べるとこう。
IMG_4476
EX-1000C、デカっ。 

缶ビールロング缶と比べるとこう。
IMG_4477
ぬぅ、まだ全然余裕。 

500gのアウトドアガス缶と比べるとこう。(近頃はCB缶なので、物置の奥から引っ張り出してきました。。。)
IMG_4478
お、なんか幅だけは互角になってきたような気が。っつか、本体部分はほぼ同等の大きさ!

さて次は、、、

ガンダム(1/100)と比べるとこう。
IMG_4479
 ガンダム、劣勢ですな。。。

こんな感じ?
57_s
こちらのページから拝借)

え、、、と、ジェントス エクスプローラー EX-1000Cでしたね。RX-78の話じゃなかったですね。。。

で、真打登場。名機EX-777XPと並べてみました。
IMG_4481
EX-1000Cデカっ。

こ、この新旧の差は、、、
DSC02797_s
こんな感じ。。。?(こちらのページから拝借)

あ、、、と、スマセン。

っつか本来なら、直前のフラッグシップ機である、SOL-016Bと比較しなければならないところですが、
_SL1000__s
あいにく持ち合わせていませんので、スペックのみ比較してみましょう。

SOL-016B:122×240、1650g(電池含む)

EX-1000C:129*246、1255g(電池含む)

大きさはわずかにEX-1000Cが大きい程度でほぼ差はないですが、重量が違いますね。これは単一乾電池6本と4本使用の差でしょう。

明るさではSOL-016Bが電池6本で600ルーメンに対し、EX-1000Cは電池4本で1000ルーメンです。ただし、点灯可能時間が違います。

EX-1000CはMAX点灯で5.5時間という公称値なので、一晩で電池を使いきることになります。単一電池はエネループの使用が意味がありませんので、非充電タイプの普通の乾電池を使うことになりますが、一晩で4本を使いきるのは、ちともったいない気がしますね。。。

ここまでの結論は、ジェントス EX-1000Cは1000ルーメンという超絶的な明るさを誇るが、非常に不経済、という感じでしょうか。

ざっと並べて俯瞰します。2Lのペットボトルも置いてみました。
IMG_4483
IMG_4484

シェードは外すとこんな感じ。
IMG_4485
IMG_4488
やはり本体はOD缶とほぼ同等の大きさと思っていただいて間違いないです。

ちなみに、LED部分がなんかすごいです。
IMG_4492

で、肝心の明るさですが!

なんと!

単一乾電池のストックが、、、ない!


orz

第2弾を待たれたし!(まじスンマセン!)


※第2弾アップしました。「ジェントス EX-1000C レビュー第2弾」

最新価格の確認は下記からどうぞ。

【Amazon】

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ1000ルーメン/実用点灯5.5時間】 EX-1000C

【ナチュラム】

【楽天市場】
【楽天市場 EX-1000C 検索結果一覧】

 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ