キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

利用したキャンプ場や使っているキャンプ道具のことを紹介するブログです。キャンプ場やキャンプギアの本当に知りたい情報を具体的にお伝えします! 初心者のキャンプ道具選びにも役立つ情報を心掛けています。 また、アウトドアブランドのニュースリリースや様々なアウトドアイベントも目についた限り紹介します。 春・秋は平日ほぼ毎日更新。夏・冬は不定期更新となります。

EX-757MS

ジェントスランタン早わかり表 2015年版

アウトドア用LEDランタンで圧倒的なシェアを誇っているジェントスのLEDランタン性能早見表2015年版を作りました。

ジェントス2015
※クリックすると拡大します
※「重さ」は電池込みの重さです

2015年の注目はエース格のEX-1000C。明るさは1000ルーメンの大台に乗りました。光色も3種の切り替えができて、かつ無段階調光機能付きと、パワフルかつ小回りの利くLEDランタンに仕上がっています。

早見表2015年版は「最大明るさ」の項目を光色ごとに分けて掲載しました。

ちなみにジェントスさんのホームページでは「白色→昼白色→暖色」と表記されており、白色より昼白色のほうがなんとなく黄味がかってるイメージですが、「白色」は白色LED・暖色LEDの両点灯、「昼白色」は白色LEDのみ点灯、「暖色」は暖色LEDのみ点灯です。よって「昼白色」の方が青白い光です。

また、光色が切り替えできるタイプは白色LEDのみ点灯時の光色を「昼光色」としていますが、白色LEDのみ搭載しているランタンの光色は「白色」としています。

英語の表記は「Natural White→Cool White→Warm White」となっているので、こちらの表記の方が直感的にわかりやすく、また表記の揺れもないことから、早見表では光色を英語で表記しています。Naturalは黄味がかった白色、Coolは青みがかった白色、Warmは黄色の電球色です。

価格は2015/05/28時点のAmazonの価格です。「価格下落率」は2014年の調査時からの変動を示しています。どのモデルもおおよそ10%程度価格が下がっていますが、生産終了品はプレミアがついて逆に値上がりしています。

また逆さにして吊下げが可能かどうかも調べましたが、最新のEX-1000Cを除いて全て可能でした。

じぃ〜っくり表を見て、あなたのキャンプに最適なランタンを選んでください!

最新価格は下記のリンクからご確認ください。
【→Amazon ジェントスLEDランタン 一覧】 

コンパクトこそ正義だっ!単三ランタンと単一ランタンの比較

近頃、ジェントスEX-1000CやらテントファクトリークラシックLEDランタンやら、単一電池仕様の大きなLEDランタンを立て続けに紹介してきましたが、そんな中で思ったこと。

「キャンプ道具は、コンパクトさこそ、正義だ!」

・・・ま、オートキャンプなら、道具の大きさなんて、どーでもいいんですケド、、、愛用のLEDランタン「ジェントス SOL-036C」は、やっぱいいなぁ~、と改めて思ったもので。。。

これは先日、テントファクトリークラシックLEDランタンの大きさ比較をする際になんとなく撮っておいた写真。
IMG_4836
左から、EX-1000C(単一×4本・暖色モードで400lm)、SOL-036C(単三×6本、暖色モードで160lm)、キリンラガーロング缶(内容量500ml、アルコール度数5%)、EX-757MS(単三×4本、暖色150lm)

単三仕様のLEDランランは、明るさの絶対値では単一仕様であるEX-1000Cにとうていかないませんが、「明るさ体図体」という比較であれば、5分以上の勝負だと思います。

SOL-036Cはふだんシェードを外して、逆さに吊るして使用しているので、シェードを外した状態の比較はこう。
IMG_4837
コンパクト過ぎます。

まさに手のひらサイズ。
IMG_4876_s

これ収納・運搬時にけっこう威力を発揮します。我が家ではライト関連とガスバーナー関連を小さなコンテナにひとまとめにしています。
IMG_4868_s
こんな感じ。中にはSOL-036C×2、EX-757MS×2、EX-837NX×1、他ネックライト等こまごましたLEDライト、またガスバーナー関連ではSOTO ST-310×2とカセットガス缶×2、他SOTOフィールドチャッカーなどの小物が入っています。

これ、例えばガソリンランタンとツーバーナーだったら、体積的にはこの3~4倍は必要ではないでしょうか。上記のギアであれば、ファミリーキャンプに必要十分な明かりと調理道具が非常にコンパクトに収まります。

特にSOL-036Cは2灯あればファミリーキャンプのメインランタンに十分な明るさを誇りつつ、2個でカセットガス缶1個よりひとまわり大きい程度の体積。
IMG_4879_s

我が家ではデュオキャンプの時はSOL-036C×1灯をリビング全体を照らすメインランタンとし、テーブルの直上にEX-757MS×1灯を吊るしてテーブルの明かりとしています。2組以上のグループキャンプなら、状況に応じてSOL-036CやEX-757MSをもう1灯追加します。

ちなみにSOL-036CとEX-757MSの使い分けですが、SOL-036Cはシェードを外せば全方位を等しく照らすので、広範囲を照らす用途、すなわちリビング全体を照らすために使っています。EX-757MSは集光レンズが付いているためにランタンの真下への照射能力が高く、局所的に明るく照らしたい用途に最適なので、主に食卓やBBQグリルを照らすために使います。

また、EX-757MSは集光レンズ搭載ゆえにハンディライトとしての使い方もできるので、トイレに行く用のライトとしても活用できます。

以上、単三仕様のLEDランタンは、単体での明るさは単一仕様のLEDランタンにはかないませんが、それぞれソロ・デュオキャンプでは必要十分な性能ですし、ファミリーキャンプ・グループキャンプなら複数灯を使えばいい話なので、性能不足は全く感じていません。なによりソロ・デュオ・グループに関わらず持っていくギアはいつもいっしょ。コンテナの中身を入れ替えることはありません。これが楽です。1個1個がコンパクトだからこそできる技ですナ。

単一充電池東芝インパルスに比べて単三エネループのほうが安いし、やっぱLEDランタンは単三仕様が地味ぃ~にいいなぁ~、と思う今日この頃なのでした。



当ブログ超推しの単三仕様LEDランタン、SOL-036C・EX-757MSの最新価格の確認、ご購入は下記からどうぞ。

【→Amazon】GENTOS(ジェントス) エクスプローラー LEDランタン SOL036C ライトモカ [明るさ380ルーメン/実用点灯14時間] SOL-036C

【→Amazon】GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS


 

もし失くしても間違いなく同じものを買う道具たち一覧

というわけで一覧してみます。

■GENTOS EX-757MS(LEDランタン)

単三4本で明るさ150lmで暖色でコンパクト。
なにしろ使い勝手がいい。
ソロキャンプなら1灯を吊るせば十分だし、ファミリーキャンプなら2灯吊るして事足りる。ハンディライトとしても使い勝手がいい。
すでに2個持っているけど、3個目を買ってもいい。

■SOTO ST-310(シングルガスバーナー)

なにしろコンパクト。とろ火が可能なところが使い勝手がよく、全開での火力も申し分ない。カセットガスが使えるのもうれしい。
1個持っているけど、これも2個目を買ってもいい。

■スノーピーク ヘキサM(タープ)

とにかく張った姿が美しい。
最初はしわしわにしか張れなかったけど、今はピシッと張れる。
タープをピシッと張れるか否かが初心者と中級者を分ける関門だが、特にスノーピークのヘキサは他のタープよりも美しく張ることが使命とされる厳しいタープである。

■スノーピーク アメニティドームS(テント)

テントは寝るだけの用途なので、ソロorデュオならSで十分。
前室が広いのが使い勝手がよく、他の性能も全般的に申し分なし。欠点が見当たらない優等生。
なによりスノーピークのヘキサと合わせるなら、これしか考えられない。

■ユニフレーム ファイアグリル(焚火台)

安い、美しい、使い勝手がいい。
でも買ったばかりのはピカピカでちょっと恥ずかしい。ユニさんで2、3回使ったのを出荷してくれるサービスないかしらん。。。

■ユニフレーム Fan5Duo(鍋セット)

中鍋・小鍋・ザル・フライパン・炊飯鍋がこれほどコンパクトにまとまるのは、たいへんよろしい。
特に炊飯鍋は秀逸。食べたい食べたくないにかかわらず、いつでも飯が炊きたくなる。そんな鍋。

■イスカ ノンスリップピロー(枕)

地味だけど、、、きっと同じものを買う。
人間は枕に対して異常に保守的な生き物だと思う。

■シアトルスポーツ ソフトクーラー40qt

キャンプに限らずどこにでも連れていけるナイスな相棒。
保冷性能はハードクーラーにかなわないが、乱暴に扱える柔軟さと、なんでも放り込める容量と、カジュアルなデザインと、とにかくいろいろ総合力で他のブランドの追随を許さない魅力がある、ソフトクーラーの絶対エース。

■スノーピーク ペグハンマーPRO.C

ソリステはエッリゼステークでも別にいいな、と思うけど、ハンマーは浮気できない。
しかも鉄ヘッドのPRO.Sじゃなく、絶対に銅ヘッドのPRO.C。
このハンマーでペグダウンするためにキャンプに行くと言って全く過言ではない。
靴を履きつぶすのが営業の勲章ならば、銅ヘッドを叩き潰すのがキャンパーの勲章と、かなり本気に思う。

【↓Amazon 一応リンクを張っておきます。お口に合えば、是非】



 

道志の森キャンプ場へGO!(2014年6月)

6月最初の日曜日!梅雨まで秒読みになってくるこの時期、貴重な晴れの週末ということで今回は道志の森キャンプ場に行ってきました。
20140601_084448_0

車はいつものカレコカーシェアリングで新型フィットをチョイス。
20140531_065436_0
2列目シートが倒れてフラットになるので、積載が非常にしやすい。僕は荷物が無駄に多いキャンパーですが、余裕で積むことができました。後方視界もバッチリです。

ドリンクと食材はハードクーラーにほとんど入ってしまったので、シアトルスポーツのソフトクーラーはスカスカ。急きょ入れたやかんが?な感じですが、それもシアトルスポーツソフトクーラーの懐の深さということで(笑
20140531_065934_0

朝7時に世田谷の自宅を出発したのですが、中央道は渋滞です。
20140531_073507_0

道志の森キャンプ場到着は10時。川沿いの場所はだいたい埋まっています。さすがの人気ですね。しばらく場内をうろうろし、川を見下ろす場所にテントを張ることにしました。

今回はスノーピークアメニティドームSをフライなしで設営しました。タープは同じスノーピークのシールドヘキサM。狭い場所での変則的な張り方で若干しわが出ちゃってますが、やっぱヘキサMは美しいですナ。
20140531_132610_0

この日は全国で今年初の真夏日を記録するなど、ものすごい暑さでしたが、道志の森キャンプ場も昼の気温は27度とかなりの暑さ。しかし、木陰は涼しいので、快適に過ごせました。

タープに浮きあがる木漏れ日の模様がいい感じです。ランタンスタンドに早くも吊るされているのはジェントスEX-757MS。ソロキャンプには最適のLEDランタンですね。
20140531_121141_0

設営後は森に入って倒木を採取。これだけあればたっぷり焚火ができそうです。
20140531_131038_0

昼寝をしているともう夕方。さっそく夕飯です。

まずは焚火。広葉樹は拾いますが、針葉樹の薪は管理棟で買います。最初は勢いよく燃やして火床を作ります。
20140531_160710_0

だんだん火の勢いを落として、まったりと焚火を楽しみます。
20140531_161656_0

ゆるゆるとビールを飲みながら、手羽中を焼きます。塩胡椒を振って炭火で焼くだけ。手がかからず抜群に美味い。
20140531_204348_0

ビールからハイボールに切り替え。道の駅道志で買ったクレソンの苦味がいい感じです。
20140531_200919_0

たらふく飲んで23時頃に就寝。

翌朝はコーヒーです。なぜか家のキャンプ道具置場にコーヒー専用ポットが見当たらず、普通のやかんを持参しました。(それゆえシアトルスポーツソフトクーラーの中に急きょやかんが入ることに、、、)
20140601_061238_0
キャンプの朝に飲む淹れたてのコーヒーの美味さは抜群です。

朝6時の気温は12度。長袖のシャツだけでなんとかいける感じです。

散策。
20140601_081624_0
20140601_082548_0

朝からキッズが人工池で遊んでいます。子供の歓声と新緑が五感に眩しいですナー。
20140601_083142_0

次のキャンプは再来週!楽しみだナ~。


【↓Amazon 今回登場のキャンプギアはコチラ】




ソロキャンプに最適のメインランタンを考察してみる

アウトドアのランタンは燃料別に大別してガソリン・ガス・LEDの3種が一般的ですが、それぞれにメリットが異なりますよね。

ガソリンは使い方に慣れが必要だったり、メンテナンスが必要だったりと、アナログな道具感が強いですね。まさに道具を使うヨロコビを思う存分味わえるタイプです。

ガスはガソリンよりは手軽に使えて、キッチンのバーナーと燃料を兼用できるところが良いところですね。

LEDはメンテナンスフリーであるところ、またコンパクトであるところがメリットでしょうか。

LEDはここ数年で急激に性能とバリエーションが増してきました。明るさで比べると他のタイプに全く引けを取らないレベルに達していますね。僕はガスランタンからアウトドアの世界に入りましたが、今や完全にLEDに移行しました。

さて、今回は道志の森キャンプ場でソロキャンプを満喫してきたのですが、ひとりのリビングに過不足ないランタンはなにか?ということを所有のLEDランタンで考察してみたいと思います。

僕の所有は以下の4機種。
・SOL-036C 単3×6 380lm 中型
・EX-777XP 単1×3 280lm 大型
・EX-757MS 単3×4 150lm 小型
・EX-837NX 単3×3   80lm 超小型


今回のソロキャンプは車で行ったので積載容量に制限はありません。バイクや自転車だとどれだけコンパクトかということが焦点になりますが、今回はひとりのリビングを照らすのに過不足ない明るさはどのようなものか、ということに焦点を当てています。

EX-777XP 280lm
20140504_190326_0

ふだんグループキャンプやふたりキャンプでメインランタンとしているランタンです。

最大光量は280lmですが、単一仕様なのでエネループは使わずに、普通の単一アルカリ電池を使用しています。今季はキャンプや花見などですでに数回使っているので、だいぶ電圧が落ちてしまっているはずです。

なので、実質的に150lm程度かもしれません。この点はエネループを使っていると、電圧がほぼ一定で光量が落ちることがないのがメリットなのですが。。。

SOL-036C 380lm(全点灯)
20140504_190359_0

白色・暖色LEDを両方搭載したSOL-036Cですが、全点灯でこの光色となります。家庭用の蛍光灯で言えば「昼光色」というタイプが近いと思います。

これはめちゃめちゃ明るいです。380lmというのは伊達ではないですね。ひとりでは完全に持て余す光量です。

いずれにしても、僕は暖色系のランタンが好みなので、これはちょっとメインで使う気にはなれませんが。。。

SOL-036C 160lm(暖色のみ)
20140504_190425_0

SOL-036Cの暖色LEDのみを点灯させた場合です。最大光量は160lmです。最初のEX-777XPと同じくらいの明るさなので、やはりEX-777XPがフルパワーでは全くなかったということですね。。。スミマセン。

これはグループキャンプなら1灯ではややツラいかもしれません。ふたりキャンプ・ソロキャンプであれば十分な光量だと思います。

EX-757MS 150lm
20140504_190540_0

EX-757MSはLED光源を180度回転させることによって置きランタンとしてもハンディライトとしても使えますが、これはハンディライトモードにして逆さに吊るしています。

集光レンズによって光束が下方に集中するため、上のタープが比較的暗いのがわかるでしょうか。lm(ルーメン)とは「全光束」の明るさなので、全方向に拡散するライトよりも、一定方向に光が集中するタイプのほうがスペック値よりも照らされた部分の明るさが明るい場合があります。

このEX-757MS(150lm)の場合も、SOL-036C(暖色160lm)よりも真下のテーブルの荷物やバケツが明るいのが分かるでしょうか。

なお、今回はSOL-036Cはすでに数時間使った普通のアルカリ単三電池。EX-757MSは満充電のエネループなので、完全にフェアな比較となっていません。(重ね重ねスミマセン。。。)また次回以降に同条件で実験してみます。。。

EX-837NX 80lm
20140504_190638_0

さすがにこれは暗いですね。。。

ソロキャンプとはいえ、今回はファミリーキャンプに匹敵する広さのリビングを設置していますので、これはツラいです。

しかしバイク・自転車ツーリングでの小型のチェア・テーブルのみのキャンプであれば、それなりに使える明るさだと思います。

結論

オートキャンプの場合

積載容量に制限がないので、なんでもいいと思います。(ミもフタもないですが。。。)
食事時でも150lm以上あれば十分なので、小型のEX-757MS以上で問題ないです。

食事を終えて、焚火を眺めながらまったり飲むモードになったら、逆に150lmでも明るすぎるので、光量が約半分のLowモードにするとよいですね。

ソロならトイレに行っている間にリビングを照らす必要はないので、小型のEX-757MSをメインランタン・ハンディランタン兼用にする使い方なら無駄がないと思います。その場合は超小型のEX-837NX等の小型ライトをテント周りを照らすサブランタンとして持参するとよいですね。

バイク・自転車ツーリングの場合

積載量にある程度の制限がありますので、図体の大きいEX-777XPは除外して考えたほうがいいですね。
中型のSOL-036Cなら性能としては申し分ないですね。比較的コンパクトで、全点灯時の明るさはもちろん、夕食時は暖色モードでもかなりの明るさです。無段階光量調整が可能なので、くつろぎの時間も抑えた光を得られます。

ハンディランタンとしても使い勝手のいい小型のEX-757MSも性能として過不足なくよい選択だと思います。

バックパッキングの場合

重量をできるだけ抑えたいので、事実上小型のEX-757MSか超小型のEX-837NXの2択でしょうか。

一台でなんでもこなせるライトを求めるなら小型のEX-757MSでしょうし、ランタンにそれほど明るさを求めないなら超小型のEX-837NXでしょう。その場合は別途ハンディライトがあったほうがいいですね。超小型のEX-837NXは非常にコンパクトなので、ハンディライトとふたつ持っても実質的に小型のEX-757MS1個よりもコンパクトかもしれません。

ソロトレッキングであれば僕なら超小型のEX-837NXですね。暗闇の歩行なら別の高性能のハンディライトを使い、夜くつろぐ時だけランタンを使うという感じですね。小型のEX-757MSはどっちの用途としてもちょっと中途半端な性能かもしれません。



以上、少しでも参考になったでしょうか。

一口にソロキャンプと言ってもオートキャンプからトレッキングまで様々ですし、ランタンに何を求めるかによってもどのモデルを選択すべきかが変わってきます。なので、一概にこれがソロキャンプのベストランタン!と言うことはできません。

どのランタンにすべきか思う存分悩むのも、また楽しみではないでしょうか。


今日はこの辺で。

【↓各モデルの価格の確認・ご購入はぜひ下記からお願いしますm(_ _)m】
左からEX-777XP・SOL-036C・EX-757MS・EX-837NX








 
記事検索
タグクラウド
livedoor プロフィール
【読者の皆様へ】
当ブログ記載のキャンプ場・キャンプ道具についてご質問があれば、メッセージにてお気軽にご相談ください!できるだけお答えさせていただきます!
メッセージ

名前
メール
本文






Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ