2019年01月15日

我家の庭畑の水仙を切り、寸胴に又木で三株の一種生けを活けました。

DSC04787


さんしゅゆと椿を青銅皿形花器に胴輪に又木で二種生けを活けました

DSC04790

南天、梅、水仙、シンピジューム、檜を合わせて自由花を活けました

DSC04795









takeharashizukatakeharashizuka at 21:09│コメント(0)水仙 | 山茱萸

2019年01月14日

1月14日(月)は成人式です。「華日記〜昭和生け花戦国史」」早坂暁作 朗読 藤田美保子の三回目と4回目をらじるらじるで聴きながら、玄関の花を活けました。

若松と薔薇の二種生けを活けました。薔薇は昨年の晦日に頂いた竹原のブランドの神田薔薇園の薔薇です。

DSC04785


昨年の12月の初めの京都池坊冬期講座で活けた、砂物のミニ立花の松などが、まだ元気なので水仙や椿を入れ替えました。

DSC04786


takeharashizukatakeharashizuka at 15:50│コメント(0)京都冬期講座 | 二種生け

2019年01月13日

1月12日の友人のブログ「晴耕雨読」で「華日記〜昭和生け花戦国史」早坂暁作 朗読藤田美保子をNHkらじるらじるで興味を持って聞いているとアップされていたので、早速、12月31日と1月1日に放送されたのを聴きました。

「華日記〜昭和生け花戦国史」は、池坊から他流である、勅使河原草月流、小原流、、安達式と様々な華の流派が、如何に生き残るかを戦前から戦中戦後と戦い、時代の流れ、そして、実在人物の華にかかわる人達の恋愛、ロマンスを入れて書かれた華の歴史作品です。

DSC04782


DSC04783



takeharashizukatakeharashizuka at 19:33│コメント(0)池坊 | 京都

2019年01月04日

元旦の午後過ぎに、年賀状が届きました。出した数より少ないですが、一週間位、出した人から、ぼつぼつと来るのも楽しみにしています。

手描きの様な年賀状をアップしました。

DSC04771





takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)正月 | 年賀状

2019年01月03日

1月2日(水)は、朝8時から始まり、テレビ応援した箱根駅伝が終わり、磯宮八幡神社へ初詣に行きました。今年は町並み保存地区を歩いていきました。

今年の干支の猪の絵馬と鈴の付いた破魔矢を買いました。

DSC04695


DSC04697


DSC04702


DSC04698


DSC04701


DSC04704


DSC04706


DSC04696


DSC04709


DSC04710


DSC04711


DSC04713


DSC04714


DSC04715


DSC04716


DSC04717


DSC04719


DSC04721


DSC04722


DSC04723


DSC04725


DSC04727


DSC04729


DSC04731


DSC04732


DSC04734


DSC04736


DSC04737


DSC04739


DSC04741


DSC04742


DSC04743


DSC04744


DSC04746


DSC04748


DSC04749


DSC04750


DSC04751


DSC04752


DSC04754


DSC04757


DSC04759


DSC04760


DSC04761


DSC04762


DSC04763


DSC04764


DSC04765



DSC04766


DSC04767


DSC04769


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)正月花 | 初詣

2019年01月02日


           二〇一九年  一月のうた 
 

ふくいくと水仙匂う玄関に年賀状を待つ初春の朝

白壁に朝陽さし映ゆ酒蔵は新酒の仕込みか湯気立ち上る

元朝の庭畑巡ればアネモネのくれない一輪陽に映え咲き初む

干支の亥の絵馬の破魔矢をあがないて無病息災願い参りぬ


DSC04680


我家の二階の窓から竹原の宝寿(藤井酒造)の酒蔵が見えます。藤井酒造の「龍勢」の吟醸酒は好評です。

DSC04512


DSC04681


DSC04682


DSC04684


DSC04676


DSC04650


DSC04705


DSC04707




takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)短歌・詩 | 正月

2019年01月01日

新年明けましておめでとうございます。今年もブログを楽しみにアップしますので、ほんの三分の時間を開いて見て頂けたら幸いです。

DSC04690



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(2)正月 | 亥年

2018年12月31日

松竹梅を御玄猪に井桁で活けました。正月花の活け込みも終わり、我が家の玄関の花を紅白を見ながら活けました。

DSC04688


松とカサブランカに千両を合わせて、生花正風体の三種生けを活けました

DSC04691


南天と薔薇の二種生けを活けました。今年も竹原のブランド神田農園の薔薇が届きました。

DSC04693


DSC04694




takeharashizukatakeharashizuka at 22:48│コメント(0)松竹梅 | 正月花

2018年12月24日

砂物の青翠の花器に竹シャガを真にアンスリューの真と活け替えました。請けは伊予ミズキを木瓜と入れ替えました。

DSC04664


DSC04665


DSC04672


DSC04675


DSC04674


takeharashizukatakeharashizuka at 13:33│コメント(0)正風体立花 | 竹シャガ

2018年12月17日

水仙の立花正風体を長瓶の銅器に小菊、シャガを合わせて活けました。

DSC04650


DSC04661



takeharashizukatakeharashizuka at 20:15│コメント(0)水仙 | 正風体立花

2018年12月13日

12月11日(火)は寒い雨の中、竹原西小学校の生け花クラブの二学期最後の生け花の指導に行きました。ハランを3枚づつ20名分を調達して持参しました。

生け花クラブの二階の図書室に入ると、4年生が花器・剣山・鋏を倉庫から出して、準備していました。成長を感じました。

ハラン3枚を立てて、工夫しながら、楽しそうに生徒達は活けていました。足元隠しに征木を切って、持参しました。

DSC04629


DSC04630


DSC04631


DSC04632


DSC04633


DSC04634


DSC04635











takeharashizukatakeharashizuka at 07:10│コメント(0)学校華道 | 竹西小学校

2018年12月11日


アンスリュームの葉を真に胴木にアレカヤシ、木瓜、水仙、松等の正風体立花の砂物を活けました。

DSC04628




DSC04596


DSC04597


DSC04598


DSC04599


DSC04600


DSC04601


DSC04602


DSC04603


DSC04604


DSC04605


DSC04606


DSC04591


DSC04607



















takeharashizukatakeharashizuka at 06:09│コメント(0)京都冬期講座 | 立花

2018年12月10日

12月8日(土)〜9日(日)に京都池坊華道家元で開催中の冬期講習の、「現代の環境をイメージした砂物コース」を勉強しました。一日目は松竹梅の砂物でした。

DSC04620


DSC04567


DSC04568


DSC04569


DSC04570


DSC04571


DSC04572


DSC04574


DSC04575


DSC04585


DSC04586


DSC04587


DSC04588







takeharashizukatakeharashizuka at 10:04│コメント(0)立花 | 京都冬期講座

2018年12月06日

照蓮寺の駐車場には、映画のロケの為の照明会社や映画に使う小道具を積んだトラックが駐車場を占めています。照蓮寺の階段の下の駐車場には、クレーンが町並みを照らすライトを20メートル位の高さに伸ばして夜の町並みを皓々と照らしています。


反対の広場からも、同じライトが高く照らしているのが見えました。町並みに入る、すべての路地にはガードマンが立ち、町並み保存地区には、入る事が出来ません。


12月1日(土)にフエンスの網から、ロケしているのが見えました。鹿鳴館の頃の服装をした、男女が立っているのが見えたので、明治維新の頃の映画かも知れません。


町並みの石畳みには、玉砂利がしかれたそうです。エキストラも何時間も待ち、何回もその砂利道を歩かされたと聞きました。それでも実際の映画で見ると、映っていないかもしれません。

DSC04536



DSC04530


DSC04528


DSC04526


DSC04521


DSC04524


DSC04522


DSC04523


この映画のロケの前日には、『吟ずる者たち」の映画で、東広島市安芸津町出身の三浦仙三郎氏(軟水から吟醸酒を作られた)の物語です。竹原出身の油谷誠至監督の映画となります。

来年の6月に公開されると聞きました。


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)映画 | 竹原

2018年12月05日

取り立てのジャンボ椎茸を山畑から帰りに、友人が届けてくださいました。大きいのは直径20センチ位ありました。二本、電気オープンで焼き、ゆずポン酢で、頂きました。湯割りのブランデーと、新鮮で、ぷりぷりしてとても美味しかったです。


残りはそのまま冷凍しました。冷凍から出して、そのまま焼いても味は少しも変わりません。今まで、干していたのですが、冷凍保存することを知り、最近は冷凍して食べています。

DSC04557


DSC04555


DSC04556







takeharashizukatakeharashizuka at 20:07│コメント(0)椎茸 | 

2018年12月04日

水仙、真と請け・控え・胴内、レンギョウ、流し・見越し・副下、しだれ柳、副え、デンハアレを正真、夾竹桃、前置き、木留め、椿、後囲い、若松、草留に小菊、枇杷の葉を見越し下、副え下にして活けました。

水仙の真は直ぐ真です。


DSC04548




takeharashizukatakeharashizuka at 17:18│コメント(0)水仙 | 正風体立花

2018年12月03日

ハランの7枚を吟味して、寸胴に又木で本勝手を活けました。

DSC04543


ハラン7枚を逆勝手に寸胴に活けました

DSC04542








takeharashizukatakeharashizuka at 14:20│コメント(0)寸胴に又木 | ハラン

2018年12月02日

我家の庭畑に水仙が咲き始めましたので切って鼎に井桁で活けました。


DSC04540



takeharashizukatakeharashizuka at 20:58│コメント(0)水仙 | 一種生け

2018年12月01日


       二〇一八年  十二月のうた
  

晴れ渡る空と聳ゆる富士山を走る車窓に飽かず眺めり

富士山は裾野広げて聳え立ち湖面に白き影は揺れいる

本栖湖に聳ゆる富士山眺め見る千円札の裏絵の位置とう

あかあかと満天(ドウダン)(ツツジ)照り映えて本栖湖の富士秋空に聳びゆる

眺むる間に富士の天辺雲の寄り鏡餅ごと傘雲になる

富士山を小さく映す鏡池忍野八海湧水巡る


DSC04345


DSC04352


DSC04448


DSC04250


DSC04230


DSC04239


DSC04264


DSC04279


DSC04298


DSC04324


DSC04390


DSC04110


DSC04183


熟れる枇杷葉っぱの濃淡いきいきと描かれし絵は文化団体連盟賞

DSC04412


餌に向かい群れ寄る鯉のたくましさ飛沫の玉は光を放つ

DSC04083


朝霧の立ちこむ海に陽が射して影絵のごとく帆船浮かぶ

DSC04079


紅葉の木立の森の一軒家人影もなく秋はふけゆく

DSC04098


文化祭の晴れの舞台に凛々しく舞う中学生勇海君の「黒田節」

DSC04486


少年の「黒田節」舞う舞台そで名取勘寿貴座して見守れり

DSC04483



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)短歌・詩 | 富士山

2018年11月30日

我家の庭畑はもみじや錦木・カシワバ紫陽花が紅葉してきれいです。その下辺りのあちこちで伸びている水仙の花が咲き始めました。

DSC04502


皇帝ダリアやヒマも霜が降りるとすぐに萎れてしまいます。

DSC04503


DSC04504


DSC04506


DSC04507


DSC04510

DSC04511


コブシの蕾

DSC04508


八重の椿

DSC04509


隣の家の古い家を壊されたので、我が家の庭から、酒蔵が見えます。早朝から窓に灯りがついていて、新酒の仕込みが始まっているのでしょう。

DSC04512










takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)水仙 | カシワバ紫陽花

2018年11月29日

11月28日(月)は、竹原西小学校の生け花クラブの指導に行きました。朝方、庭畑のニューサイランの葉を70本とヒマの赤い実がついている茎を30本と椿の葉、征木を切り持参しました。


生徒達19名は、二階のクラブ教室である、図書室に入ると机に新聞紙を敷き、花器に剣山を入れ、水を入れて待っていました。挨拶の後、6年生は、黒板に花の名前を書きました。


生徒達は静かに花を活けました。活けて、少し手直しをして、顧問の先生は、4名づつ、花と一緒に写真を撮られて帰る時にはその写真をコピーして生徒達に渡されていました。

6年生は、玄関に飾る花を活けました。

DSC04496


DSC04498


DSC04499


DSC04500




takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)生け花クラブ | 竹西小学校

2018年11月28日

11月18日(日)に、コーラスグループのうたと詩吟と日本舞踊を観ました。竹原市文化団体連盟に所属の友人・知人の日頃の練習の成果の発表会です。


DSC04421


DSC04424


DSC04425


DSC04426


DSC04428


DSC04435


DSC04447


DSC04450


小早川水軍太鼓

DSC04451


DSC04452


DSC04453


DSC04454


DSC04455


DSC04456


DSC04457


DSC04458


DSC04461


DSC04466


DSC04467


DSC04468


DSC04469


DSC04470


DSC04471


DSC04474


DSC04480


DSC04483


DSC04484


DSC04485


DSC04486


DSC04487


DSC04488


DSC04489


takeharashizukatakeharashizuka at 05:20│コメント(0)竹原市民館総合文化祭 | 竹原市民館

2018年11月27日

11月18日(日)9時半より竹原市民館で、竹原市美術展の表彰式が開催されました。前もって、たけはら美術館文化創造ホールで、美術展の作品を鑑賞していました。


竹原市長の祝辞等から、式典は始まりました。今年は絵画の作品が市長賞を授与されました。議長賞は書の部でした。後の賞は代表者が授与されました。

DSC04396


DSC04394


DSC04397


DSC04398


DSC04400


DSC04401


DSC04403


DSC04408


DSC04409


DSC04412


DSC04410


DSC04411


DSC04413


DSC04414


DSC04415


DSC04416


DSC04417


DSC04418


DSC04419


DSC04420


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)竹原市美術展表彰式 | 竹原市民館総合文化祭

2018年11月26日

箱根湯本駅より箱根登山電車に乗り、スイッチバックを体験しながら山岳鉄道の旅を楽しみました。強羅駅で乗り換えて、箱根登山ケーブルカー(高低差214mもの山道を上って行きました。

早雲山駅には、箱根ロープウエイに乗る登山客の長蛇の列が続いていました。富士山と360度広がるパノラマ風景、大涌谷の迫力ある谷底、美しい箱根芦ノ湖を空からの空中散歩を楽しみました。

念願の富士願望を堪能しました。

DSC04203


DSC04158


DSC04161


DSC04163


DSC04164


DSC04166


DSC04167


DSC04169


DSC04170


DSC04171


DSC04173


DSC04175


DSC04177


DSC04178



DSC04179


DSC04183


DSC04191


DSC04192


DSC04199


DSC04200


DSC04201


DSC04202


DSC04203


DSC04205


DSC04207


DSC04209


DSC04212


DSC04213


DSC04214


DSC04215


DSC04222


芦ノ湖畔の桃源台駅でバスは待っていました。東富士五湖道路を走り、河口湖温泉にバスは走りました。
DSC04223


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 世界遺産

2018年11月25日

朝6時18分、南伊豆下田温泉のホテルより、太平洋の水平線に昇る朝日をながめました。朝7時50分ホテルを出て、海の絶景と満点のスリルが味わえる長さ48メートル、高さ23メートルの「海の吊り橋」を渡りました。

DSC04144


DSC04137


DSC04138


DSC04140


DSC04141


DSC04142


DSC04143


DSC04145


DSC04147


DSC04149


DSC04151


DSC04152


DSC04154


DSC04155


DSC04156


車窓より富士山を眺めながら、バスは小田原を過ぎて、箱根駅伝で有名な、箱根大涌谷へと峠を上って行きました

DSC04157


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)世界遺産 │

2018年11月24日

11月15日(木)朝6時、竹原から西条駅行きの芸陽バスのローカルバスに乗りました。車内は旅友と二人だけの貸切です。新幹線東広島で下車。7時2分の広島方面の下りの新幹線こだまに乗車、広島駅で下車、改札には出ず、上りのホームに上がりました。

新幹線のぞみで大阪駅まで、駅で下車、新幹線こだまに乗り換えて、岐阜羽島駅で下車、名鉄観光バスに添乗員さんの指示で41名のツアーは乗り込みました。新東名高速道路を走り、伊豆半島へ向けてバスは走りました。

浜松のパーキングエリアを出て、しばらくして雪帽子の富士山が雲の上にくっきりと見えました。昨年、一昨年と毎年富士見旅行に出かけましたが、二回とも見る事が出来ず、三度目の友との挑戦の旅です。

DSC04111


DSC04106


DSC04110


DSC04112


DSC04114


駿河湾沼津サービスエリアより、駿河湾を眺めました。

DSC04115


DSC04116


DSC04117


伊豆中央道・修善寺道路をバス走り、、石川さゆりさんの「天城越え」で有名な浄蓮の滝に着きました。落差25メートル幅7メートルの滝、浄蓮の滝を見る為に原生林の生い茂る、静寂な雰囲気の石段を深く降りて行きました。

激しい音を立てて流れ落ちる迫力のある浄蓮の滝を眺めました。傍には山葵畑があり、山葵の緑葉の上に、紅葉が降りかかっていました。下り上りの石段はとてもしんどかったです。

DSC04120


DSC04136


DSC04121


DSC04123


DSC04126


DSC04124


DSC04127


DSC04129


DSC04130


DSC04131


DSC04132


DSC04133


DSC04134


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 世界遺産

2018年11月23日

薄の原富士演習場の道路を走る車窓から、青空に聳える富士山を眺めました。春には、この薄の原に生える蕨取りで賑わうと聞きました。

DSC04366


DSC04369


DSC04370


DSC04373


DSC04376


DSC04377


DSC04378


DSC04381


DSC04384


DSC04385


DSC04386


DSC04389


DSC04390


DSC04391


DSC04392


DSC04393


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 世界遺産

2018年11月22日

河口湖遊覧船(アンソレイユ号)に乗り、約20分間の湖上遊覧して、雄大な富士山を眺めました。

DSC04312


DSC04310


DSC04311


DSC04314


DSC04315


DSC04316


DSC04317


DSC04319


DSC04320


DSC04321


DSC04322


DSC04323


DSC04324


DSC04325


DSC04326


DSC04327


DSC04328


西湖・精進湖を車窓から眺めました。抱き富士を写すことが出来ました。


DSC04338


DSC04331


DSC04340


DSC04342



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 世界遺産

2018年11月21日

富士山の麓の忍野八海は富士山の伏流水で出来た湧水池です。富士山専門ガイドさん(文化遺産解説員)のわかりやすい説明を聞きながら、透き通る富士山の湧水の小さな池や小川を巡りました。


富士山信仰の行者たちは、この水でお祓いをしました。小さな池に映る逆さ富士を見る事が出来ました。

DSC04260


DSC04264


DSC04265


DSC04267


DSC04269


DSC04270


DSC04271


DSC04272


DSC04273


DSC04274


DSC04276


DSC04278


DSC04279


DSC04280


DSC04282


DSC04283


DSC04284


DSC04287


DSC04290


DSC04292


DSC04293


DSC04294


DSC04298


DSC04301


北口本宮浅間神社にお参りしました。富士登山堂の入り口として、西暦1480年には富士山の鳥居が建立されていたと伝わっている。

DSC04303



DSC04305


DSC04307


DSC04308


DSC04309



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 世界遺産

2018年11月20日

富士五湖巡りの観光バスは、山中湖[長池親水公園]に入り、山中湖に薄っすらと映る逆さ富士、雲のかからないすそ野まで続く富士山を眺めました。

DSC04247


DSC04249


DSC04250


DSC04251


DSC04257



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 世界遺産

2018年11月19日

庭畑の錦木の紅葉が始まりました。白い椿も次々と咲いています。小菊は買いました。この錦木と小菊、椿を二重切の竹筒に活けました。

DSC04493


錦木と小菊の一重生け

DSC04492


小菊の釣船の出船

DSC04490



takeharashizukatakeharashizuka at 16:27│コメント(0)二重切に立ち昇り生け | 

河口湖温泉の世界一富士山に近いリゾート「フジ プレミアムリゾート」のレストランの窓越しに朝食をしながら、富士山に傘雲が掛かるのを眺める事が出来て、とてもラッキーでした。

DSC04230


DSC04226


DSC04227


DSC04228


DSC04231


DSC04232


DSC04233


DSC04234


DSC04236


DSC04237


DSC04238


DSC04239


DSC04241



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)富士山 | 温泉

2018年11月18日

富士山願望三度目にして、前景を見る事が叶いました。本栖湖より千円札と同じ絵の場所より富士山を眺める事が出来最高でした。お札の裏の絵のように逆さ富士は映っていませんでした。


DSC04344


DSC04448


DSC04343


DSC04345


DSC04346


DSC04351


DSC04353


DSC04355


DSC04356


DSC04357


DSC04358


DSC04360


DSC04361


DSC04362



takeharashizukatakeharashizuka at 14:20│コメント(0)富士山 | 旅行

2018年11月14日

11月13日(火)〜18日(日)に竹原美術展がたけはら美術館文化創造ホールで開催されています。ホールに入るとすぐに、市長賞の洋画と竹原市出身で文化勲章を授与された陶芸家今井正之氏の象嵌の壺がガラス張りのケースの中に置かれて展示してありました。

DSC04086


日頃お世話になっている先生の枇杷の水彩画(熟れるとき)に文化団体連盟賞の札が貼ってあり、とても嬉しかったです。

DSC04072


先生のご主人の鯉の写真(こちらへおいで)も依頼の部で展示されて有りました。

DSC04083


DSC04076


DSC04077


DSC04078


DSC04079


DSC04080


DSC04081


DSC04082


DSC04084


DSC04085


DSC04087


DSC04088


DSC04089


DSC04090


DSC04091


DSC04092


DSC04093


DSC04094


DSC04095


DSC04096


DSC04097


DSC04098


DSC04099


DSC04100


DSC04101


DSC04102


DSC04103


DSC04104


takeharashizukatakeharashizuka at 07:17│コメント(0)竹原美術館 | 竹原市総合文化祭

2018年11月13日

皇帝ダリアが二株に分かれて、茎太く伸びて蕾を沢山付けて天辺より咲き始めました。昨年株付の芽を頂いた、本元の友人の山畑にも皇帝ダリアが沢山咲いたとブログで見ていました。

DSC04053


DSC04055


山茶花も咲いています。

DSC04052


棟ゴマも沢山の実を付けています。来年は零ればえに芽が出て大変なことになると思います。


DSC04057


薔薇も沢山咲いています。花が終われば11月中に剪定します。

DSC04059

DSC04061


紅葉、錦木が少しづつ紅葉が始まりました。クロガネモチの実も色付きました。

DSC04063


白い椿が咲き初めました

DSC04065


DSC04067


南天も色づきました

DSC04069


カシワバ紫陽花の葉が紅葉してます。

DSC04070


ヤツデの花が咲いてます。
DSC04071





takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(1)皇帝ダリア | 

2018年11月12日

京都駅よりJR奈良線に乗り25分、黄檗(おうばく)駅に着きました。歩いて7分位の所に萬福寺はありました。満員の電車の客はほとんど伏見稲荷で下車、黄檗駅では、他の客は少なかったです。静かな町並みを歩き萬福寺に着きました。


萬福寺は、1654年(江戸時代)中国福建省から渡来した隠元禅師によって、1661年に開創された寺院であり、日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗)の一つ、黄檗宗の大本山です。

萬福寺総門

DSC03966


総門をくぐり参道を歩いて行くと右手に放生けがあり、蓮の朽ち葉が水の中にたくさんあり、紅葉を見る事が出来ました。

DSC03967


DSC03968


DSC03970


DSC03971


DSC03972

三門は巨大でした

DSC03973


DSC03975


DSC03976


参道の両脇には松が並んで植えられてました。

DSC03978


DSC03980

天王殿には布袋尊が祀られていました。

DSC03981


DSC03982

石畳の長い回廊を歩きました。

DSC03983


DSC03984


DSC03986


DSC03988


開版(魚梛)(かいぱん)濟堂前にある魚板で木魚の原形になっているものです。時を報ずるものとして今も使われていますが、観光客はだめでした。

DSC03989


DSC03990


DSC03991


DSC03992


DSC03994


DSC03995


DSC03998


DSC03999


DSC04001


DSC04002

大雄宝殿

DSC04003


DSC04004


DSC04006


DSC04008

DSC04009


萬福寺では、毎年5月と10月の上旬に秋の夕べ(月見茶会)があり竹原からも煎茶道の方達が行かれると聞いていました。


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)黄檗山萬福寺 | 京都

2018年11月11日

11月9日(金)に京都へ行きました。京都六角堂と高島屋で開催中の旧七夕会池坊全国華道展を巡りました。今年も池坊の素晴らしい作品の数々に酔いしれました。


地元では見る事の出来ない花材を使い、大作の立花・生花・自由花の古典から現在そして未来に向かってのさまざまな作品に圧倒されながら大勢の来場者の中を見て回りました。花の会場は、再会の場でもあります。嬉しいひと時が過ごせます。


会場は池坊道場、本館4階〜7階、ウエスト7階、四条河原町の高島屋7階グランドホールの何か所を巡りました。今年は、妹も娘も見に来ました。

DSC03944


DSC03945


DSC03946


DSC03947


DSC03948


DSC03949


DSC03950


DSC03965


DSC03958


DSC03961


DSC03956


DSC03957


DSC04015


DSC04016


DSC04017


DSC04018


DSC04019


DSC04020


DSC04021


DSC04022


DSC04023


DSC04019


DSC04015


DSC04016


DSC04017


DSC04018


DSC04019


DSC04020


DSC04021


DSC04023


DSC04025


DSC04026


DSC04027


DSC04028


DSC04029


DSC04030


DSC04031


DSC04032


DSC04033


DSC04034


DSC04035


DSC04036


DSC04037


DSC04038


DSC04039


DSC04040


DSC04041


DSC04042


DSC04043


DSC04044


DSC04045


DSC04046


DSC04047


DSC04048


DSC04049


DSC04050


DSC04051


takeharashizukatakeharashizuka at 10:57│コメント(0)京都池坊 | 旧七夕会池坊全国華道展

2018年11月08日

旧七夕会池坊全国華道展「いけばな大作戦」what`s kEBANA?いけばながいろいろ分かる展覧会が、11月7日(水)〜12日(月)京都高島屋7階グランドホール。11月9日(金)〜12日(金)池坊(烏丸六角)で開催されます。


9日(金)〜10日(土)に華道展を見に京都へ友人と楽しみに行きます。

DSC03942





takeharashizukatakeharashizuka at 08:00│コメント(0)京都 | 旧七夕会池坊全国華道展

2018年11月06日

木瓜を真と請け、副、流しにトガ、オクラレルカ控え、椿を前置き、木留め、小菊を草留に、後ろ囲いに若松、胴に伊吹、正真やあしらいに菊、リンドウを胴内に活けました。大葉にゴムの葉を入れて、引き締めました。

DSC03941





takeharashizukatakeharashizuka at 21:58│コメント(0)立花 | 木瓜

2018年11月05日

我家の庭畑には、ヒマもニューサイランの沢山生えています。それらの花にトルコキキョウを合わせて新風体生花を活けました。

DSC03831


DSC03927


DSC03928


DSC03925









takeharashizukatakeharashizuka at 14:16│コメント(0)ヒマ(トウゴマ) | ニューサイラン

2018年11月04日

映画「旅猫リポート」を観に広島バルトへ行きました。猫とは、もの心ついた頃から猫が里の家にいて、我が家にも30年前から4匹の猫を飼い、交通事故死や、19年も生きて老衰を看取った猫、現在は二匹の仲良しの猫がいるので、この映画を見たくなりました。

ストーリーのあらすじを知らないで行きました。この映画がこんなに悲しい映画とは知らず最後まで、涙をハンカチで拭きました。

DSC03871



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)映画 | 広島バルト

2018年11月03日

11月3日(土)は午後4時30分から開演の浅田真央 サンクスツアーのフイギアスケートショーを観に、ひろしんサンウエーブに行きました。運よく一列目に当たり、浅田真央さん舞さんの美しく、そして可愛く、華麗なるフイギアスケートを目の前で見る事が出来ました。

前列は滑るスケートの音まで聞こえ、ジャンプの着地の音、ショーでありながら、流石オリンピック選手の迫真の演技に魅了され、拍手は鳴り響きました。何度も素敵な衣装に変えてのショーでした。

DSC03874





takeharashizukatakeharashizuka at 21:50│コメント(0)浅田真央サンクスツアー | ひろしまビッグウエーブ
11月3日(土)〜4日(日)午後4時の竹原市文化祭合同花展がたけはら美術館創造ホールで開催されます。11月2日(金)は活けこみでした。それぞれに秋を彩る草木花を遅くまで活けて、展示されました。

DSC03837


DSC03834


DSC03835


DSC03838


DSC03840


DSC03841


DSC03842


DSC03867


DSC03870


DSC03877


DSC03878


DSC03843


DSC03844


DSC03845


DSC03850


DSC03851


DSC03853


DSC03854


DSC03857


takeharashizukatakeharashizuka at 05:43│コメント(0)竹原市文化祭合同花展 | 竹原美術館

2018年11月01日



               二〇一八年       十一月のうた
  

「山まどかに」近藤芳美の歌碑に合う世羅の台地の空はさやけし

いけばな展の卒寿の友の立花(りっか)見る庭で育てし花木を活けし

いけばなの趣味を生かして教えゆく心豊かに日日是好日

繊細に色鉛筆で描かれし芋・無花果の届く秋の日

琉球の三線・太鼓に花のうたワラビの歌はイッペーウムサン(とても嬉しい

    
DSC03496


DSC03499


DSC03506


DSC03438


DSC03810


DSC03472



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)

2018年10月31日

実のついた真弓とヒマを合わせて、11月3日〜4日から開催される文化祭の合同花展の立花の花材にしようと思っています。山茶花が1輪咲いていました。


皇帝ダリアは、冬を庭畑の土の中で過ごし、高く伸びて沢山の蕾をつけています。咲くのが楽しみです。10月のはじめに植えたアネモネの芽が出て来ました。

今年もクロガネモチの高い木にたわわに実がついています。

DSC03799


DSC03800


DSC03801


DSC03802


DSC03803


DSC03804


DSC03805


DSC03806


DSC03807


DSC03808


DSC03809



takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)ヒマ(トウゴマ) | 山茶花

2018年10月30日

お花の稽古にママと一緒に去年から来てます。最初は甘える新君をおんぶしてママはお花を活けていました。今回は4歳の姉の茉奈ちゃんと2歳の新君は、ブロックやお絵かきで、遊び、ママは、ゆっくりと文化祭の花展の自由花を活ける事が出来ました。


二人は、お行儀よく椅子に腰かけて、ママと一緒にお花を活けました。赤ちゃんからお花が活けれる様になるまでの成長を見れて嬉しいです。


ママとお友達で柚希ちゃん2歳のママも8月に日向(ひなた)君を出産されて、今日は来れなかったけど、又一緒に稽古できるのを楽しみに待っています。

DSC03591


DSC03589


DSC03590


DSC03592








takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)自己啓発・稽古・勉強 │

2018年10月29日

10月27日(土)午後二時から開催されました神楽公演を観に竹原小学校の体育館に観に行きました。竹原市制施行60周年を記念し、開催されたイベントでした。

北広島町から雄鹿原下組神楽団を招いて、公演されました。太鼓、小太鼓、横笛、鐘(タンバリンを小さくした楽器)に合わせて、二幕とも豪華絢爛な衣装を纏った二人の武将が鬼退治しながら舞う神楽でした。素晴らしい神楽を観る事が出来ました。

山との大蛇の神楽を楽しみに行きましたが今回はありませんでした。終了後、豪華絢爛な鬼の重い衣装を子供さん達は羽織っておられました。

DSC03603


DSC03601


DSC03602


DSC03604


DSC03605


DSC03606


DSC03608


DSC03609


DSC03611


DSC03613


DSC03614


DSC03615











takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)神楽団 | 竹原小学校

2018年10月28日

10月28日(日)午後6時から始まった、西方寺主催の「いろは」ピアノと尺八のアンサンブルコンサートを聴きに行きました。

竹原に因み、竹の模様の着物を、アレンジした衣を着た二人の美しい奏者のピアノと尺八の「見上げてごらん空の星を」のメロデイが本堂に流れてきました。

DSC03822 - コピー


DSC03823 - コピー


西方寺から竹灯りの町町並みを眺めました。

DSC03812


DSC03813


DSC03814


DSC03816


DSC03818


takeharashizukatakeharashizuka at 21:20│コメント(0)いろはコンサート | 西方寺

10月27日(土)〜28日(日)午後5時〜9時たけはら憧憬の路 町並み竹灯りが開催されました。竹原の町並みは幻想的な世界に変わりました。

DSC03753





DSC03728


DSC03730


DSC03732


DSC03734


DSC03736


DSC03737


DSC03739


DSC03741


DSC03742


DSC03745


DSC03747


DSC03749


DSC03751


DSC03753


DSC03754


DSC03755


DSC03756


DSC03757


DSC03759


DSC03760


DSC03761


DSC03762


DSC03763


DSC03767


DSC03768


DSC03770


DSC03772


DSC03773


DSC03774


DSC03776


DSC03777


DSC03779


DSC03781


DSC03782


DSC03783


DSC03784


DSC03788


DSC03790


DSC03791


DSC03794


DSC03796


DSC03797


takeharashizukatakeharashizuka at 00:00│コメント(0)たけはら憧憬の路の竹灯り | 竹原町並み保存地区

2018年10月27日

10月27日(土)〜28日(土)午後5時〜9時に たけはら憧憬の路 町並み竹灯りが町並み保存地区で始まりました。竹をさまざまな形に切り抜き、竹ひごの籠に、ライトアップされたり、蝋燭に午後5時に点火されました。


午后6時過ぎ竹灯りの町並みを歩きました。

DSC03627


DSC03619


DSC03622


DSC03628


DSC03629


DSC03632


DSC03635


DSC03637


DSC03639


DSC03641


DSC03643


DSC03644


DSC03645


DSC03647


DSC03653


DSC03655


DSC03656


DSC03657


DSC03659


DSC03661


DSC03661


DSC03661


DSC03662


DSC03665


DSC03666


DSC03668


DSC03669


DSC03671


DSC03673


DSC03676


DSC03679


DSC03680


DSC03682


DSC03684


DSC03686


DSC03688


DSC03690


DSC03691


DSC03694


DSC03695


DSC03696


DSC03704


DSC03706


DSC03708


DSC03710


DSC03712


DSC03713


DSC03714


DSC03715


DSC03716


DSC03717


DSC03718


DSC03719


DSC03720


DSC03721


DSC03616


DSC03617


DSC03618


takeharashizukatakeharashizuka at 21:55│コメント(0)竹灯りたけはら | 竹原町並み保存地区