アイカツアイカツ

あんまりにもカレンさん回がとんでもなかったので文字に起こした。
神回とかいう雑なカテゴリ分けを控えようと思った。

タイトルは何を思ってHow to にしたのだろう
カレンさんの仕方、カレンさんの方法、カレンさんの流儀、カレンさんの道

カレンさんがあんまりにも名言を叩き込んでくるので、
メモをとらざるを得なかった。

「私は道を究めたい。ただそれだけなのです。
人から与えられる称号や肩書より努力の末に得た結果にこそ価値がある。
そう信じていますから

↑あくまでも私はこう思っている。貴方も自由に信じるといい。
チガカワがいい。

「勝ち負けがそんなに大切ですか?
道を究めるということは自分自身との戦いです
敵は外にいるのではなく自分の中にいるのです。
勝敗にとらわれていては物事の本質を見失ってしまいますよ。

アイカツに置き換えてみるとわかりやすいかもしれません。
みおちゃんは誰かに勝つためにアイカツをしているのですか?」

「ビビっと?大切なことですね」

(アイカツをしている理由を問われて)
「皆さんに愛を届けたいからです。
アイカツの「アイ」は愛情の愛ですから。
ウフフ、冗談です。
でも私はそう思って日々アイカツをしているんですよ」

「アイカツの道は 一日にしてならず」

↑字幕を見て気づいたんですが、「極める」ではなく「究める」なんですね。
「究める」は“研究して,物事深奥まで達する”の意 だそうです。
アイカツに真摯に向き合うカレンさんの人物像が
最大限に発揮されていて、美しい話だった。

ライブ後の観客
「明日からまた頑張ろう」
↑そ、それ~~~!それな~~~~~~~。

収納術、節約術
みらいさんのミライミラクル、才能だとか偶然だとかに全く頼ってはおらず
確かな技術の蓄積をもとにしているといったことを自然な流れで提示してくる制作陣の
手腕こそが奇跡だと思った。

みおちゃんがガチアイドルオタクなの最高に好き。
ラブミーティア物語カレン編第12巻4章をそらで言えるのすごいでしょ。
アイカツ第何話のAパートのそのシーンね?みたいなそういうスキル。

ライブ後、月を見上げるみおちゃん
アイカツ9話「美月さんにはまだまだ遠い」といって夜空を眺める
いちごちゃんを想起せざるを得なかった。
2人でいるというシチュエーションの最高の解を見せつけられた。

〆切ギリギリでした。。。

表紙ロゴなし

かえユリです。
A5 16p 300円。


アイカツカーニバル4 きい06
雨跡オーラ

ポスター

新刊表紙横の4コマでだいたいの流れは説明していると
思っている。
よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ